注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

第3期若者訓練学校

投稿者: Administrator on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

 
2009年1月4日から14日までゴスペルハウスでは、小グループの若者が集まり、集中冬季英語とビジョンスクールが開かれました。

今回の集中英語・ビジョンスクールは、これで3回目の若者訓練学校となりました。1日8時間~9時間程度集中して学びをし、昼や週末には、BBQハウス作りや外でそり遊びなどをしました。

英語は、アメリカのカリキュラムであるACEの教材を利用したり、英検の教材やTOEIC教材を利用して、マンツーマン形式や自習形式で行いました。


学びの内容

全体には、二つのテーマがありました。一つは、英語の実力向上ともう一つは、ビジョンを受け取る、あるいは、将来に自分が行くべき道を知るということでした。

まず、一つ目の英語力向上のためには、アメリカのACE教材を利用している子供には、実際英語で表現できるように英語で話す機会を設けました。すべての子供がそれぞれ英語の能力が異なるレベルにいるため、すべての授業は、マンツーマンで行いました。英検4級レベルから英検準1級レベルまで、それぞれ違うステージにいました。それで、マンツーマンで各個人の必要なところから学ぶようにしました。

午前7時起床、各自デボーション、7時30分から共同デボーション・聖句暗記など、共に朝食を準備し、楽しい朝食。9時から12時まで、午前の学び。12時昼食、昼食後雪のBBQハウス作り。2時ごろから5時まで午後の学び。そして、夕食後から、9時まで学びを続く・・・ 寝る前に、聖書の学びをし、就寝。

1週間が経った時から、すべて英語でしゃべることにし、英語で話す機会を設けました。高校生には、自分の証を英語・日本語で書く練習をしました。これは、終了式の時に発表しました。

集中して普段自分の勉強がルスになったりするが、このような機会で、自分で進み学ぶ習慣つくりが出来ることを願っています。


二つ目は、ビジョン(神様からの召しを受け取る)を知ることの大切さについて学びました。将来、自分が何をすべきであるか?をまだ、十代の時に知り、迷うことなくまっすぐな主への道を歩むために、自分が何を見て歩むべきであるかを知ることと主により頼むことから、また、神様がどのように私たちを導いて下さるのかを学ぶことから、身近なところで出来ることを行うように指導しました。

将来をあきらめる・あるいは、無知のままふたを開かないのは、自分に与えられた人生を無駄にすることであり、与えられた賜物(タラント・才能)を無駄にすることとなります。いち早く自分の生まれた理由を解り、それを成し遂げるために自分の生涯を献身する若者を育ってることがゴスペルハウスの一つのビジョンであります。

ここに二人の高校生の証を紹介します。

Isaac’s Testimony

2009.1.12

I want to share with you my salvation story. I was born in a Christian family. So I should have grown up as a good boy. I don’t say every Christian child is good or perfect, but at least they are walking towards God. In my case, it was not. As you know, I was a very naughty boy especially when I was in my first to third grade years. I did a lot of bad things; stealing money from the church, many Pinpon Dash, telling a lie, and bothering many people. In short, I was fearless of God.

When I was in third grade, I gradually became shy and negative without noticing. I was afraid of communicating with other people and easily discouraged. It lasted until my junior high school years. In that period, I realized my guilt and sin strongly. One day, I repented my guilt and asked God for forgiveness. Then I got peace and joy. I felt I was forgiven by Jesus. And I was baptized to express that I became a Christian at the age of 13.

I am still bad at communicating with other people and shy and easily discouraged. But now I know that Jesus loves me as who I am. So I want to do something great in the future for Jesus Christ.

高校1年生の女

I was born in Christian family. I’ve learned about Jesus and Bible. Bible says faith can not inherit from parents, but from his own decision. When I was a little child, I thought I was a Christian because I went to the church every week. But I was a Christian only outside.

About the time when I became a Jr. High school student, although I knew God, I didn’t think about God because I was focusing on my school work. Even though I knew God, I was living in vanity. I began to have time to think about my life after I began homeschooling since my high school. I began to have questions about my life. Without knowing other religions, how can I assure Christianity is right one? Is there really God? My faith was greatly shaking. Although I have been learning a lot of things at the church, I thought God created me when I did not want to be born. So, I thought I was supposed to live for God as a result. If I had a choice not to be born to this world, I thought I would like to choose that option. Before I went to sleep, I complained about it. God heard and answered my prayers on this issue. I remembered a saying from a book; God did not have to create man since He is a perfect being, but He created us as to have loving relationship with us. I felt that God embraced me with His love beyond my absurd heart.

From my high school, I began to have more time to think about my future and to pray for my future. In my normal daily life, suddenly a thought, “He does not use me because I have the worth and ability, but even though I am not worthy, He has given me talents in order to use me for His purpose,” came to my mind. At that time, I was reminded of a parable of talent in the Bible. The two servants, who multiplied two times from talents they received from the master, were blessed and rejoiced much. I realized that when we use the talents for God’s glory according to His good purpose, there are much blessings and joy. I also thought that I would like to use my talents for God’s glory. I do not know how God actualize this, but I would like to continue to pray for His guidance.

 

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. 三位一体とは何ですか。キリスト教は唯一の神ではないのですか。

    A. 今も教会の「神認識」を根幹をなす、最も重要な教理です。 万物の造り主である父なる神と、子なる神であるわたしたちの救い主イエス・キリスト、そして今も共にいる慰め主なる聖霊はそれぞれ固有の人格(ペルソナ) であり、共に交わり、一つとなっている、ということです。これは神を分析した結果 、判ったものではなく、聖霊と聖書に導かれた教会が信仰の告白として言い表したものであり、わたしたちはその信仰を受け継いでいます。
  • 子育てQ 子どもをしつける親が、最も犯しやすい過ちとは、どのようなものでしょうか。

    A .  私の見てきているところ、それは、親が怒りによって子どもをコントロールしようとすることだろうと思います。
    どんな年齢層を対象にしても、怒りで人を動かそうというのは最も非効率的な方法です。それなのに、多くの大人たちは子どもをしつけるのに、自分の感情的な言動に頼ろうとします。

    ある先生が、全国ネットのテレビ番組で言っていました。

    「教師であることには誇りを持っています。でも毎日子どもたちを教えるのは嫌で仕方がありません。生徒たちは全く言うことを聞かないので、教室の秩序を保つために、私は絶えず怒っていなければなりません。」

    明けても暮れても、嫌みで怒りっぽい先生を演じつ続けなければならないとは、何ともご苦労なことと言わねばなりません。

    しかし多くの先生方や親たちはそれ以外の指導の仕方を知らないのです。これは、疲れるやり方であり、そして効果がありません。自分自身がどういう風に人から動かされるかを考えてみたら分かり易いでしょう。

    今晩帰宅途中に60キロオーバーのスピード違反をしてしまったとしましょう。街角に警官が立っていますが、彼にはあなたを捕まえる方法がないとします。パ トカーも白バイも持っていません。肩章も拳銃も違反切符もありません。できることは、ただ街角に立ってスピード違反をしているあなたに向かってののしるこ とだけです。警官がこぶしを振り上げるのを見てあなたは減速するでしょうか?もちろんしません。そばを通り過ぎながら手を振って挨拶するかもしれません ね。怒ったからといって、警官は何もすることは出来ません。漫画のような話です。

    一方、バックミラーの中に黒と白の車が頭上に赤いランプ を回しながら近づいてくるのを見ることほど、スピード狂のドライバーをおとなしくさせるものはありません。路肩に停車すると、威厳があり、礼儀正しい警官 が運転席に近づいてきます。2メートルもあろうかという大男で、ローン・レンジャーの様な声をし、銃身をごく短く切った散弾銃を両腰に下げています。彼は 丁寧ながら毅然とした態度で、「お急ぎのところ恐縮ですが、レーダーよると制限速度40キロのところを、100キロで走っておられたようですね。免許証を 拝見します。」と言います。
    警官は革表紙の召喚状を開いてあなたの方に顔を寄せます。彼は敵意を表したり、非難をしたりはしないのに、あなたは即座に求めに応じます。まごまごしながら、気に入らない自分の写真のついた免許証を財布の中から取り出します。
    な ぜあなたの手は汗ばみ、口はカラカラなのでしょう。どうして心臓は喉から飛び出しそうなほど脈打っているのでしょう。それは、警官がしようとしている手続 きが不愉快極まりないからです。あなたのこれからの運転癖を劇的に変えてしまうのは、警官のこの一連の行動なのです。怒りではなく、懲らしめの行いが行動 を直すのです。

    実は、大人の怒りは子どもの心に破壊的な軽蔑心を引き起こすと私は信じます。子どもには、私たちの怒りは、事態をどうに も出来ない無能さと映るのです。正しいことを教えようとするのですが、効果がないのでやたらと手を振り回し、涙を流さんばかりにして実行もしない脅迫を繰 り返すのです。
    お聞きしますが、あなたご自身はそんな風に感情的な方法で法律を守らせようとする裁判官がいたとしたら、尊敬なさるでしょうか。答えを待つまでもありません。ですから、法律の世界は意図的に、客観的で、合理的で、威厳に満ちたものとされているのです。

    私は、親たちや先生方が正当な感情を子どもたちから隠すようにと言っているのではありません。あるいは、全てをうちにしまい込んだ、応答をしない、面白味 のない、ロボットの様な人間になれと言っているのでもありません。子どもたちが侮辱的な態度を取ったり、不従順になることはありますし、私どもがいら立つ のは、無理のない場合はあります。そういう場合は、むしろ怒りを表現するべきです。そうでなければ、偽善者でしょう。

    私のポイントは、怒りがしばしば子どもたちの、行儀を直すための道具として意識的に使われるということです。しかしこれは効果がないばかりか、子どもの信頼を失うことにもなるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 洗礼とは、キリスト信者となり、教会の一員に加えられるための儀式です。洗礼は、聖餐(せいさん)と並んで、主イエス・キリストご自身がお命じになった、 神様の救いのしるしです。それを聖礼典(せいれいてん)と言います。洗礼を受けることによって、私たちの罪の赦しのために身代わりになって十字架にかかっ て死んで下さったキリストの救いにあずかり、キリストの復活によって打ち立てられた新しい命に生きる者となり、礼拝を守りつつ生涯を歩むキリスト者(クリ スチャン)となるのです。教会が言い表している信仰を自分も信じ、受け入れることを表明する「信仰告白」をした人に洗礼が授けられます。
  • Q. 教会に行くには、どうしたらよいのですか?

    A. もし近くに教会があれば、思い切ってたずねてみてください。少し不安を感じる方は、まず電話で、その教会の「牧師(ぼくし)」に、礼拝や他の集まりの時間などを聞いてください。個人的に話をされたい場合は、やはり電話で訪問予約を取ることがいいと思います。