注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

第3期若者訓練学校

投稿者: Administrator on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

二つ目は、ビジョン(神様からの召しを受け取る)を知ることの大切さについて学びました。将来、自分が何をすべきであるか?をまだ、十代の時に知り、迷うことなくまっすぐな主への道を歩むために、自分が何を見て歩むべきであるかを知ることと主により頼むことから、また、神様がどのように私たちを導いて下さるのかを学ぶことから、身近なところで出来ることを行うように指導しました。

将来をあきらめる・あるいは、無知のままふたを開かないのは、自分に与えられた人生を無駄にすることであり、与えられた賜物(タラント・才能)を無駄にすることとなります。いち早く自分の生まれた理由を解り、それを成し遂げるために自分の生涯を献身する若者を育ってることがゴスペルハウスの一つのビジョンであります。

ここに二人の高校生の証を紹介します。

Isaac’s Testimony

2009.1.12

I want to share with you my salvation story. I was born in a Christian family. So I should have grown up as a good boy. I don’t say every Christian child is good or perfect, but at least they are walking towards God. In my case, it was not. As you know, I was a very naughty boy especially when I was in my first to third grade years. I did a lot of bad things; stealing money from the church, many Pinpon Dash, telling a lie, and bothering many people. In short, I was fearless of God.

When I was in third grade, I gradually became shy and negative without noticing. I was afraid of communicating with other people and easily discouraged. It lasted until my junior high school years. In that period, I realized my guilt and sin strongly. One day, I repented my guilt and asked God for forgiveness. Then I got peace and joy. I felt I was forgiven by Jesus. And I was baptized to express that I became a Christian at the age of 13.

I am still bad at communicating with other people and shy and easily discouraged. But now I know that Jesus loves me as who I am. So I want to do something great in the future for Jesus Christ.

高校1年生の女

I was born in Christian family. I’ve learned about Jesus and Bible. Bible says faith can not inherit from parents, but from his own decision. When I was a little child, I thought I was a Christian because I went to the church every week. But I was a Christian only outside.

About the time when I became a Jr. High school student, although I knew God, I didn’t think about God because I was focusing on my school work. Even though I knew God, I was living in vanity. I began to have time to think about my life after I began homeschooling since my high school. I began to have questions about my life. Without knowing other religions, how can I assure Christianity is right one? Is there really God? My faith was greatly shaking. Although I have been learning a lot of things at the church, I thought God created me when I did not want to be born. So, I thought I was supposed to live for God as a result. If I had a choice not to be born to this world, I thought I would like to choose that option. Before I went to sleep, I complained about it. God heard and answered my prayers on this issue. I remembered a saying from a book; God did not have to create man since He is a perfect being, but He created us as to have loving relationship with us. I felt that God embraced me with His love beyond my absurd heart.

From my high school, I began to have more time to think about my future and to pray for my future. In my normal daily life, suddenly a thought, “He does not use me because I have the worth and ability, but even though I am not worthy, He has given me talents in order to use me for His purpose,” came to my mind. At that time, I was reminded of a parable of talent in the Bible. The two servants, who multiplied two times from talents they received from the master, were blessed and rejoiced much. I realized that when we use the talents for God’s glory according to His good purpose, there are much blessings and joy. I also thought that I would like to use my talents for God’s glory. I do not know how God actualize this, but I would like to continue to pray for His guidance.

 

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • ユダヤ人たちは、イエスについての死と復活のことばを聞き、自分たちが神の子であるイエス・キリストを十字架につけたという事実を知る時に、彼らは心を打 たれ 「私たちは何て事をしてしまったのだろう。何をすれば神に赦されるのだろう。このままでは神の怒りは私たちに来てしまう」 と途方にくれてしまいました。そこで彼らはペテロに「私たちはどうしたらよいでしょうか」と尋ねました。 ところが、ペテロの答えは予想外に簡単であったのです。ペテロは38節で非常に重要なことを3つ言います。

    (1)悔い改めるとは、生 き方の方向を変えると言う意味です。自分中心の生き方、人が作った善悪の基準による生き方、また人間の作った宗教による生き方から、神の教えに従っていく 生き方に変えるのです。人は「自分が一番かわいいもの」ですが、このような生き方から改めて、神を心から愛し、その教えに従い、隣人を自分自身のように愛 せるように方向転換するのです。 これが悔い改めです。

    (2)イエスの名によってバプテスマを受けるのです。バプテスマは信仰告白した者の全身が、水の中に浸され、象徴的にイエスともに死に、またその全身が水からあがる時、イエスとともによみがえさせられるのです。その結果

    (3)バプテスマを受けたものは、神の霊である聖霊を、神の賜物として受けるのです。
  • Q 主人と私は、結婚前はどんなことでも、何時間でも話すことができたのに、結婚してみたら外食に出かけても何一つ話題がないのです。何がいけないのでしょうか。主人は何を考えているのか教えてくれないのです。

    A  多くのご夫婦が同じ様な経験をします。結婚前は絶え間なくおしゃべりしたのに、結婚後数年たつと話す話題がなくなるのです。

    プ ロポーズした後は、ある人々は自分の気持ちを正直にオープンに話すことに困難を感じます。この原則は、一般的に女性よりは男性に当てはまります。女の子た ちの方が、男の子たちよりも話す力において優れているという明白な調査結果があり、この違いは生涯変わりません。簡単に言うなら、女性は男性よりもよく しゃべるということです。

    通常、妻は自分の気持ちや考えを夫よりもずっと上手に表現し、夫の無口さにしばしばいらだちます。神は、女性に 一日50,000語を与え、夫には25,000語を与えたのかもしれません。夫が帰宅した時、彼は24,975語を使い果たしており、夕方にはうめくこと 位しかできません。夫がナイター中継にのめり込んでいる間、妻は残りの50,000語を使いたくて必死なのです。

    有能な結婚カウンセラーなら誰でも、夫が心のうちを妻に明かさないことが、女性の不満の最たるものであることを知っています。
    妻は、夫の考えていること、職場で起きたこと、子どもをどう考えているか、特に自分をどう思っているのかを知りたいのです。
    対照的に、夫はある事柄については話題にしない方が良いのだと感じます。これは妻の典型的な不満の例です。

    自分の悩みを夫に打ち明け、より良いコミュニケーションを計ろうと共に努力するなら、この問題は克服できます。それこそ、結婚生活成功の鍵です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • Q 妻も私も引退の年に近づいています。私たちは経済的には大変祝福されてきました。いくつかの大きな会社とかなりの不動産を三人の子どもたちに残すことにな ります。多額の財産を次世代に残すことについてはどうお考えになりますか。気をつけるべき点は何でしょうか。

    A この話についての私の意見は、耳ざわりかも知れませんが、自分が観察したところと私が固く信じるところを申し上げる以外にありません。端的に言って、労さずに大金を手にすることはとても危険なことです。

    「裕 福な子供たち」と題した社会学上の研究結果がしばらく前に発表されましたが、私の懸念を裏書きするものでした。著者たちは、「多額の信託財産は通常相続者 の破滅の元である」という結論を得ました。引用された事例は説得力のあるものでした。人類史もお金の危険について証しています。男も女も金をむさぼり、殺 人を犯し、命を落としまた「永遠の命」を失いました。お金は友情を引き裂き、おごる者や力ある者は倒れました。そして数え切れぬ家庭が無残に崩壊しまし た。

    またお金ほど兄弟の仲を引き裂くものもありません。莫大な財産を相続することにより家族の中に緊張と不調和が生まれる確率は高まります。お子さんたちはあなたが残された会社をめぐって争い、決定権を委ねられた人を恨むでしょう。

    責 任ある生活をする意欲を失い、お酒やギャンブルなどの中毒症状に陥る人も出ます。このような否定的結果にはもちろん例外もあり、富と権力を上手に取り扱う 人々もいます。しかし、これはよく行っても困難な仕事で、最高度の成熟と自制心とが要求されます。「私が子孫に残す多大な財産は、愛する者たちに及ぼす危 険に見合っているだろうか」と自問すべきです。

    あなたご自身が成功するために勤勉に働き、節約し、貯蓄し、築き、額に汗して生産に従事したという 苦労を、お子さん方には味わわせたくないのかどうかをまず決めなければなりません。彼らが自分を鍛練し勤勉に働くという必要を感じず、出来合いの事業を引 き継いでその処置を誤り、乱費してしまうとしたらどうでしょう。

    私の見解が人気のあるものではないことは承知しています。人々が懸命に働く理由の 一つは、子どもたちに苦労させたくないからです。子どもを愛する余り、安楽な人生を歩ませようとします。それに、一生をつぎ込んで発展させたビジネスと築 いた富を売り飛ばして自分は消え去るというのは、どんな親にとっても愉快な選択ではないでしょう。もちろん、自分の財産をどうするかは、親が自分で決めね ばなりません。私にできるのは、ただ自分の見た通りの事実をお知らせすることです。

    私の経験では、富の相続は家族関係、自制心、信仰心また責任ある社会人としての生き方を危うくする傾向があるということです。もし相続させるなら十分に注意をし、何年もかけて準備し、祈り深くなすべきです。

    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)