注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

第7回国際キャンプ2009・15日間の若者の宣教訓練・ビジョンスクール

投稿者: Administrator on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

第7回国際キャンプ2009

15日間の若者の宣教訓練・ビジョンスクール

ご挨拶

このサイトへ訪問してくださった皆さんに感謝を申し上げます。

ゴスペルハウスのアブラハム・リーです。

ゴスペルハウスは、日本の田舎の未開拓地に家の教会を立て上げる働きをしています。現在、北海道十勝にある、幕別町と浦幌町で活動をしています。ゴスペルハウスの活動の一つに、国際交流・文化宣教があります。今年の国際キャンプは、第7回目を迎えます。海外から数多くの方々が来られ、その国の文化・言語・ゲーム・衣食などを紹介しながら、自分の生き方を通してキリストの香りを放つことが大きな目標の一つであります。

ローマ12:1-2 「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい(Transform:metamorphose)。」

神様が語られた今回のテーマは、Transformation(性質の変化:ギリシャ語での意味は、metamorphose: 例文: A caterpillar metamorphoses into a butterfly. いも虫チョウ変態する.)

いもむし から 蝶 に成ることを期待しています。

今回のキャンプでは、若者の訓練(ビジョンスクール)と同時に、外国から来られた短期宣教チームと共に、交流・親睦をしながら、宣教する機会を設けております。

北海道十勝の雄大な大地をバックグラウンドに御霊の一致を持ちながら、主のために共にに走ることを願っています。

よろしくお願いします。

アブラハム・リー

ゴスペルハウス代表: アブラハム・リー

※ キャンプのチラシは、こちらです。

※ お申し込みは、こちらです。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. ハレルヤは、どういう意味ですか?

    A. ハレルヤは「神を賛美します!」という意味です。世界中のクリスチャンの共通語です。クリスチャンは、いろんな時に「ハレルヤ!」と告白して神を崇めます。
  • Q. クリスチャンになったら、仏壇はどうするの?

    A. 信仰は個人の意思によって決められるべきものとして、日本の法律でも保証されていますが、現実には、昔からの家の宗教や伝統が根強く残って力をふるっているのは事実です。
    し かし、あなたにとってまず大事なことは、あなた自身の人生を本当に自由にし、幸せにするものは何か、ということです。それを選ぶことはわがままでも家を不 幸にすることでもありません。むしろ、その逆です。あなたの子孫は、あなたがその自由と信仰を勝ち取ってくれたことをきっと喜んでくれるでしょう。勇気を 出して決断してください。神がその勇気と力をくださり、あなたの選択が正しかったことを必ず証ししてくださいます。仏壇のことは、その後で、あなたが自ず とどう処分したら良いかを見出すようになります。
  • 聖餐は洗礼を受けたクリスチャンが、イエス・キリストが私たちの救いのために肉を裂き、血を流して死んで下さったことを記念し、その体と血とをあらわすパ ンと杯にあずかる儀式です。礼拝の中でそれが行われます。礼拝において、説教を聴き、聖餐にあずかることによって、今も生きて共にいて下さるイエス・キリ ストと共に生きるのがクリスチャンの生活です。
  • Q テレビに映る暴力や、退廃について私たちができることはないのでしょうか。

    A  私たちは、自分で考えている以上にテレビに対する影響力を持っているのです。ある調査によれば、テレビ局が受け取る一通の手紙は、同じように感じたが、 手紙を書こうとはしなかった他の4万人の視聴者を代表していると推測されるそうです。しかしながら、誰に手紙を書くかを知ることは重要です。

    私はかつて大手ネットワーク・テレビのディレクター、プロデューサー、また重役たちに手紙を書いたことがありますが、あまり効果がなかったと感じました。
    私が発見したのは、お金を出しているスポンサーに訴えることの方がより効果的ということです。彼らは我々視聴者の意見には敏感です。なぜなら、彼らがあるプログラムを支持する理由は、スポンサーの製品に我々視聴者を引きつけようとすることだからです。

    ブラウン管の中に流れていることに私たちは賛成できないことを知らせることによって、スポンサーにプレッシャーをかけることができますし、そうすべきなのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A