注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

第1回 ビジョン セミナー in 北海道

投稿者: Administrator on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
Vision Seminar-s
第1回ビジョンセミナー


開催日:7月25日(金)~7月31日(木)

オプション:自分で決めた期間に継続的にステーすることができ、
ビジョンセミナーで学んだ事を自分のものにすることや神様との集中した時間を持つことができます。



info-s

作業の時間を持つ(一つのプロジェクトを完成させる)

午後3時~

講義:

1.神様と自分との関係(神様の御声を聞く)
2.自分自身との関係(セルフイメージ、セルフトーク)
3.家族と自分との関係(生まれつき与えられたもの)
4.社会と自分との関係(ビジョンとミッション)



費用: 19800円

特設ホームページ: http://www.gospel-house.com/visionhouse/vision-seminar

参加申し込み: http://gospel-house.com/visionhouse/index.php/event-list/1-1-in/event_registration


到着: 7月25日の午後3時までに必着

お帰りは、それぞれのスケジュールに合わせますが、基本的に7月25日(金曜日)の午前中となります。

※オプションステーを希望される方は、事前に申し込みの際にお知らせください。

ゴスペルハウス
ビジョンスクール
アブラハム・リー

住所: 〒089-1542 北海道河西郡更別村更別南1線89-57
電話: 090-8270-7121 (アブラハム・リー)
メール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • Q. クリスチャンになったら、仏壇はどうするの?

    A. 信仰は個人の意思によって決められるべきものとして、日本の法律でも保証されていますが、現実には、昔からの家の宗教や伝統が根強く残って力をふるっているのは事実です。
    し かし、あなたにとってまず大事なことは、あなた自身の人生を本当に自由にし、幸せにするものは何か、ということです。それを選ぶことはわがままでも家を不 幸にすることでもありません。むしろ、その逆です。あなたの子孫は、あなたがその自由と信仰を勝ち取ってくれたことをきっと喜んでくれるでしょう。勇気を 出して決断してください。神がその勇気と力をくださり、あなたの選択が正しかったことを必ず証ししてくださいます。仏壇のことは、その後で、あなたが自ず とどう処分したら良いかを見出すようになります。
  • Q. 本当に神は居られるのですか?

    A. はい、おられます。聖書には「初めに、神が天と 地を創造した。(創世記第1章1節)」と書かれています。神が私たち人間や、すべての自然界を創造されました。自然の神秘やコンピューターよりも精密な人 間の体が偶然に出来たと思われますか?神は存在され、あなたや私を愛してくださっています。
  • Q. イエス・キリストとはどのような方ですか。どうすれば知ることができますか。

    A.  イエスは真実に人間となった神の子、そしてわたしたちの主キリストです。 それは聖書全巻を通して、神さまからわたしたちに証言されています。この方を知るには、信仰という神さまからの恵みに依らなければなりません。神さまは聖書を用いて、礼拝において、言葉を語り、わたしたちはこの方を知るのです。 人間の能力では決して知ることが出来ない人類最大の秘義です。