注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

ファミリー・ホームスクーリング関係

表示数
ウェブリンク チア・にっぽん
■「チア・にっぽん」とは■ 「チア・にっぽん」は、日本でのチャーチスクーリング、ホームスクーリングのネットワークと情報提供をめざして、2000年5月に旗揚げされた新しいミニストリーです。 ■チア・にっぽんの目的とビジョン■ 「これからの日本と世界を担う子供たちが全科目において、創造主と聖書を見つめながら学び、そしてその愛とゆるしを伝える新しい時代の青年へと成長していく」これが私たちの目標でありビジョンです。聖書に示されている、子供の教育に関する親の権利と責任、教会の使命を見つめ直し、家族、教会、そして社会が、健全に前進することをめざします。全ての人々にキリストの愛と赦しを伝え、クリスチャン子弟への信仰継承を進め、新しい国際社会への貢献をしていく手段として、家庭や教会等における教育の普及と推進を図ります。そのための環境整備、教会を基盤とした各地域・草の根・社会的な啓蒙活動、さらに実践者、教会、グループまたは会員への支援と親睦融和を目的としています。主は私たちの神、主はただ一人である。心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。主が今日、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。これをあなたの子供たちによく教えこみなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。(旧約聖書・申命記6章)
1027
ウェブリンク ファミリーネットワーク
ファミリーネットワークは、「家庭の回復」をテーマに、講演会、セミナー、カウンセリング等を通じて家庭の諸問題に取り組み、皆様の家庭生活のお手伝いをしています。
797
ウェブリンク ファミリンク
ファミリンクは、日本の家族を守り、良い価値観を保ちながら、啓蒙する運動です。
1044
ウェブリンク ファミリー・フォーラム・ジャパン
ファミリー・フォーラム・ジャパン(FFJ)は、家族・家庭のための講演会やセミナーの開催、ビデオや書籍の制作、ラジオ番組の制作などを通して、家族の諸問題に取り組み、日本の家庭を支える、非営利団体です。伝統的なキリスト教と聖書に基づいて活動をしています。(米)フォーカス・オン・ザ・ファミリー(FOTF)/Dr.ジェームス・ドブソンとも協力関係にあります。
820
ウェブリンク 父の学校
1995年10月、韓国のDuranno書院から始まりました。今の社会が抱えている様々な問題は家庭から始まり、家庭の問題は父親に原因があるという認識の基に、本来あるべき父親象を追及し、失墜していく父親の権威を回復し、間違って行っている父親の権威を正し、父親不在の家庭へ父親を送り返そうという目的で開設されました。 なぜ、Duranno父の学校なのか 家庭の中で 、父親の存在が確立されない限り家庭は確立できず、また家庭が確立されない限り社会が確立できません。ひいては、世の中すべてが危うくなり
596
ウェブリンク 小さないのちを守る会
小さないのちを守る会は、予期せぬ妊娠に悩む方のために、聖書が示すいのちの尊厳に立ち、以下のような働きをしています。 (1)中絶防止 神から与えられた尊いいのちを守るため、予期せぬ妊娠をされた方に「生む使命」を果たすよう励まします。 (2)養子縁組 中絶を思いとどまった女性にできる限りの援助をします。また、生んでも育てることができない場合は、養子縁組のお世話をし「育てる使命」を養親に委ねます。 (3)啓蒙活動 中絶の背景にある生命軽視と性の乱れ重く受け止め、聖書に基づいて「
769
ウェブリンク ACTS
特定非営利活動法人 10代の性行動の危機を考え行動する会 10代の性感染症、少女売春、妊娠が急増しています。これは東京などの大都市のみならず、県内でも同じ状況にあります。我々、医師、教育関係者、心理カウンセラーは、このような10代の性行動の急速な変容に深刻な危機感を抱いております。つい最近の情報(国立国際医療センター、丸岡慎一所長)によれば、東京都内山手線管内のエイズ罹患率は、既に米国のそれを超えたとのことです。 規範意識を喪失した10代の(もちろん大人も)性的行動の変容が、日本社
844
ウェブリンク ファミリー・ネットワーク(尾山謙仁先生)
ファミリーネットワークは家族の大切さを主張する運動です。 夫婦関係、親子関係が崩れている家庭が増えています。その結果日本の社会が崩壊しつつあり、大きな社会問題が次々と起こっています。離婚、家庭内暴力、心の病、登校拒否等様々の問題は家庭の崩壊が原因となっているケースが多いのが現状です。  ファミリーネットワークでは、上記の様々の問題に取り組みつつ、アメリカの優れた著書やセミナーなどを通し、家庭の大切さを訴えています。 また、日本の教会をサポートする働きをします。牧師夫妻の研修や、
816
ウェブリンク ファミリー・ジャーナル
ファミリー・ジャーナルは、アブステナンスの考え方を中心に家族・結婚・性などを考える雑誌のようなウェブサイトです。健康で、健全な家族になるために必要とされる情報の発信を通して日本の家族生活に少しでも役立つ事を願っています。
869

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. どうしてクリスチャンは、日曜日に礼拝をするの?

    A. 日曜日に行くだけではなく、 しばしば週日にも教会に行きます。礼拝は通常日曜日が中心ですので(時間はまちまちですが)神を生活の第一として礼拝し、聖書のメッセージを聞き、そのみ ことばから励ましや希望、力をいただくのです。教会によっては、日曜日以外の曜日にも礼拝が持たれています。また、聖書の学びや賛美集会、祈り会などの集 会も開かれていますので、お近くの教会にお尋ねください。
  • 弟子たちは、イエスの教えと復活の事実を伝える証人として任命されました。 「都で留まっていなさい」とありますが、この都とはエルサレムを指しています。 イエスのこの命令どおりに弟子たちはエルサレムに留まり、神からの賜物である力を待っていました。

    1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示され た。1:4 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっていま す。1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの 証人となります。(使徒行伝1:3-8)

    弟子たちはイエスの命令に従い、エルサレムで待っていました。この時、イエスが言われたように、 弟子たちは聖霊で満たされたのです。そして、弟子の一人、ペテロがエルサレムに集まっていたユダヤ人たちの前で、イエスの死と復活について語り始めます。 ここで書かれている記録が、教会の初めであり、始まりだったのです。 

    2:22 イスラエルの人たち。このことばを聞いてください。神はナザレ人イエスによって、あなたがたの間で力あるわざと、不思議なわざと、あかしの奇蹟を行なわれ ました。それらのことによって、神はあなたがたに、この方のあかしをされたのです。これは、あなたがた自身がご承知のことです。

    2:23 あなたがたは、神の定めた計画と神の予知とによって引き渡されたこの方を、不法な者の手によって十字架につけて殺しました。

    2:24 しかし神は、この方を死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。この方が死につながれていることなど、ありえないからです。……。

    2:32 神はこのイエスをよみがえらせました。私たちはみな、そのことの証人です。

    2:33 ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて、今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。……。 

    2: 36 ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」 

    2:37 人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。   

    2:38 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。 そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。 

    2:39 なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたちならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」

    2:40 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。

    2:41 そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日三千人ほどが弟子に加人々えられた。

    2:42 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。

    (使徒行伝2:22-42)
  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • Q 夫は過去3ヶ月、別の女性と暮らしています。もし彼が彼女のところから私のところへ帰ってきて「赦してほしい」と言ってきたらどうしたらいいでしょうか。両手を開いて受け入れ、浮気などなかったかのようにしたらいいのですか。

    A  もちろんご主人を受け入れてあげてください。それが私の書き表わしてきた全ての本の趣旨です。
    し かし、これからのことについてご主人とじっくりと話し合うことを強く勧めます。事を急ぐべきではありません。「すぐに、夫婦に関するカウンセリングを受け る」という約束を書面にしてもらいなさい。何週間も延ばしてはいけません。自分を変えようという真剣な努力をしない限り、古い習慣は残るのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから