注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

バイブルしましょう! Daily Devotion

バイブルしましょう! Daily Devotion
表示数
タイトル 投稿者 参照数
確信の重要性 Administrator 9627
救いの確信 Administrator 8891
あなたの証を分かち合う Administrator 12709
QTのフォーマット Administrator 8175
QTを方法 (2) Administrator 5712
QTの方法 Administrator 10649
デボーションの第六ステップ 実践 Administrator 9140
デボーションの第三ステップ 適用 Administrator 19052
デボーション:静聴の方法 Administrator 14498
デボーションの第二ステップ 静聴 Administrator 9866
デボーションの第一ステップ:礼拝(神の前に出る) Administrator 10323
堀江明夫先生の証:デボーションについて2003年 Administrator 8626
堀江明夫先生の証:デボーションについて1997年 Administrator 11148
実例(『幸いな人』 2003年2月号から引用) Administrator 12291
受けた恵みの証の仕方 Administrator 17769
恵みの分かち合い Administrator 8051
デボーションの七つのステップ Administrator 7829
デボーションをして得られる三つ益 Administrator 8903
デボーションとは何か? Administrator 8362
ある人のデボーションノート 例3 Administrator 14190
ある人のデボーションノート 例2 Administrator 14551
デボーションのサンプル その1 Administrator 15852
システム全体のアクセス数が、百万を超えました! Administrator 7374
今日もバイブルしましょう!について Administrator 7585

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 三位一体とは何ですか。キリスト教は唯一の神ではないのですか。

    A. 今も教会の「神認識」を根幹をなす、最も重要な教理です。 万物の造り主である父なる神と、子なる神であるわたしたちの救い主イエス・キリスト、そして今も共にいる慰め主なる聖霊はそれぞれ固有の人格(ペルソナ) であり、共に交わり、一つとなっている、ということです。これは神を分析した結果 、判ったものではなく、聖霊と聖書に導かれた教会が信仰の告白として言い表したものであり、わたしたちはその信仰を受け継いでいます。
  • Q. 教会に行くには、どうしたらよいのですか?

    A. もし近くに教会があれば、思い切ってたずねてみてください。少し不安を感じる方は、まず電話で、その教会の「牧師(ぼくし)」に、礼拝や他の集まりの時間などを聞いてください。個人的に話をされたい場合は、やはり電話で訪問予約を取ることがいいと思います。
  • Q. 聖霊とは何ですか。

    A. 父なる神(万物の造り主)と子なる神イエス・キリスト(わたしたちの救い主)とともにあがめられ、今も見えない形で共にいて下さる神さまです。聖霊は全て のものの内に働き、また聖書の御言葉の活きた語り手として、信じる者に信仰、希望、愛をもたらしてくださいます。 聖書で「霊」という場合、心霊写真の「霊」とは違います。霊は神であり、命だからです。
  • Q テレビに映る暴力や、退廃について私たちができることはないのでしょうか。

    A  私たちは、自分で考えている以上にテレビに対する影響力を持っているのです。ある調査によれば、テレビ局が受け取る一通の手紙は、同じように感じたが、 手紙を書こうとはしなかった他の4万人の視聴者を代表していると推測されるそうです。しかしながら、誰に手紙を書くかを知ることは重要です。

    私はかつて大手ネットワーク・テレビのディレクター、プロデューサー、また重役たちに手紙を書いたことがありますが、あまり効果がなかったと感じました。
    私が発見したのは、お金を出しているスポンサーに訴えることの方がより効果的ということです。彼らは我々視聴者の意見には敏感です。なぜなら、彼らがあるプログラムを支持する理由は、スポンサーの製品に我々視聴者を引きつけようとすることだからです。

    ブラウン管の中に流れていることに私たちは賛成できないことを知らせることによって、スポンサーにプレッシャーをかけることができますし、そうすべきなのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A