注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

ある人のデボーションノート 例3

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

ある人のデボーションノート 例3

――――――――――――――――――――――――――

聖書 コリント一 13章1~13節
題目 怒るのはなぜか


パウロはコリントにある教会の人たちに向けて、どんなにすばらしい賜物を持っていたとしても、愛がなければ何の意味もないと語り、預言や知識はすたれてしまっても、愛だけはなくなってしまうことがないと教えています。


4節

愛がある人は人をねたまず、自慢せず、高慢にならないとパウロは教えています。どんなにすばらしい働きをしたとしても、愛がなければ何の役にも立たないのですから(1~3節)、もしねたみや自慢や高慢などがわたしの心にあるなら、まずそれを悔い改めなければなりません。私はクリスチャンになって何年もたちますが、成熟した愛を持っているでしょうか。私の中にねたみや自慢、高慢はないでしょうか。

<祈りと適用>
最近、人の欠点ばかりが目についてしまい、人の欠点や失敗を見つけると、つい責めたりさばいたりしてしまいます。先日は約束をした時間に遅れてきた人を責めてしまいました。また仕事を夜までにやっておくと言いながら、その時間までにしてくれなかった人 に対して、怒りの声を上げてしまいました。これが高慢だったのですね。私が怒ってしまうのは、その根底に「私だったらそんなことはしない」とか、「私なら失敗しない」という思いがあったからです。愛のないそのような行為、高慢だったわたしの態度を悔い改めます。そして怒ってしまった人に謝ります。これからは人に対して責めたり、怒ったりする前に、自分の内にある高慢に目を留めます。

<今日の優先順位>
・自分が高慢だったことを主の御前に悔い改め、怒ってしまった人に謝る。
・仕事において失敗します。間違えた人がいたとしても、怒らず、失敗をカバーする。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)
  • Q. 聖書ってどんな本?

    A. 聖書とは、旧約聖書39巻と新約聖書27巻、計66巻が一 つにまとめられた本です。「聖書(Bible)」という言葉は、ギリシャ語の「ビブロス(本)」から来ています。約1600年の間 (B.C.1500~A.D.100)に、40人以上の人々(王様、学者、農夫、漁師、医者など)が、神に導かれて記した不思議な書物です。
    聖書の中には、神から人間に対するみこころが文書のかたちで啓示されています。天地創造からイスラエル民族の歴史、初代キリスト教の歩みや、この世界の未来に対する預言などが書かれています。その中心的主題は「イエス・キリストによる救い」です。
    毎年世界で一番多く印刷され、世界でもっとも多くの言語に翻訳され、世界中の国々で読まれているのが聖書です。
  • 日曜日は、イエス・キリストの復活を記念する日です。その日に教会は礼拝を行ってきました。そのキリスト教が社会の中心となっていったことによって、紀元 4世紀に、ローマ帝国で、日曜日を休日とすることが定められたのです。日曜日が休日だから礼拝をしているのではありません。教会がキリストの復活を記念し て日曜日に礼拝をしていたから、日曜日は休日になったのです。
  • Q 私たちはもうやり直しが利かないように思えます。主人は別の女性を何人も作っており、離婚すると言っています。希望はまだあるでしょうか。

    A  具体的なことが何もわからないまま答えるのはどうかと思いますが、これだけは言えます。あなたと同じようなことを言っていながら、今は幸せにしている何十もの家庭の例を私は知っています。
    私は若い夫婦のための講座を何年も教会で教えましたが、私の出席していた保守的な教会で、驚くほど不倫が多かったのです。

    あ る時、不倫をしているか、かなり危ないところにあるという19もの夫婦をお助けしていた時期があります。今でも私はこの人達を知っていますが、このうち9 家族は10年後の今、幸せな結婚生活をしています。これは低い率だと言われるかもしれませんが、この人たちの結婚は破滅の淵まで行きながら救われたことを 覚えておいてください。キリスト教信仰が重要な要素でありましたが、厳しさの伴う愛がその回復には必要でした。ですから、希望はいつもあるのです。

    最後に励ましのことばをさしあげましょう。人間の感情ほど、変わらないように見えながら実はすぐに移り変わるものはありません。
    男女の愛に関しては、一日二日で感情は180度変わることもあります。「もう二度とあなたには会いたくない」などと言った夫や妻が、数時間後には相手の胸に泣き崩れるのを私は何度も見ました。
    ですからあきらめないでください。神はあなたとご主人を見捨ててはおられません。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから