注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

デボーションをして得られる三つ益

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

デボーションをして得られる三つ益

1. 神の導きに生きることができます

デボーションのサンプルが明確に示しているように、私たちの具体的な生活に神さまは導きを与えてくださいます。デボーションの時、聖書を読み、思 いめぐらし、祈りながら導きを受け取ります。導きは私たちの思いの中に与えられますが、これを神さまの導きと信じて受けとめます。
私たちが直面している問題や、課題、悩み、心を満たしている感情などにも神さまは導きを与えてくださいます。神さまは私たちのことをよく ご存じであり、私たちを愛してくださり、「あなたの御言葉は、私の道の光り、わたしの歩みを照らす灯」(詩編119:105)なので、私たちの生活に対して具体的な導きを受け取ることができ、神の口から出る一つ一つの言葉によって生きることができます。

2. 信仰者として成長します

聖書の言葉で言えば、
成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長」(エフェソ4:13)します。

サンプルに登場した三人は、デボーションによって得た導きを実践します。それによって彼らは「変えられる」のです。ある学生は、「それでもクリス チャンなの」と言われることを恐れずに未信者の人たちと交わり、なお神の真実が現れることを信じます。女性の信仰者は、自分だけでなく他者のことも考える 配慮に生きようとします。ある男性は、部下を責めたり、怒ったりする人から、部下の失敗をカバーする人になります。

そしてこのような変化がデボーションを通して繰り返されていきます。するとどうなるのでしょうか。
「思い」は「行動」となり、「行動」は「習慣」となり、「習慣」は「性格」をつくります。デボーションをする人の「思い」は、神の言葉に 従いたいという思いですから、デボーションを続ける人は、神さまに対して従順な人となり、愛の配慮に満ちた人になり、謙遜な人に成長していきます。信仰の 成長が確実に期待できるのです。

3. ありのままの自分でいられます

「ありのままでいいんですよ」と、色んな人が言います。でもなぜ、ありのままでいいのでしょうか。わたしの答えはこうです。
「ありのままの自分」を神さまは導いてくださるから。
「ありのまま」の自分が嫌になることってよくありますよね。人をねたんだり、自分の力のなさを思い知らされたり、人を赦せない思いが心に 溢れていたり、妻と喧嘩して口を聞いていない状態が続いたりの自分。成績が悪い自分、出世できない自分、信仰が成長していない自分。と言われればほっとしますが、ありのままでいいとは思えないのが現実です。

神さまは「ありのまま」の私に導きを与えて、わたしを別の所に導いて下さいます。神さまは御言葉を通して、励ましてくださいます。成長へと導いてくださいます。

今日の「ありのまま」は明日の「ありのまま」とは違うのです。

私はいつも神さまに愛され、いつも神さまの導きを受けることができます。神さまの導きの対象は「ありのまま」の私なのです。だから「ありのまま」の自分をいつも喜ぶことができます。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q テレビが引き起こす悪影響を考えたら、子どもが大きくなるまでいっそのことテレビなどなくしてしまったらよいとは思われませんか。

    A  あるご家庭では、おっしゃる通りのことを行いました。そのような勇気は立派と言う他ありません。

    しかし私は、テレビをつけても、それに支配されずにいることは可能と考えます。私の提案は、家族全体でテレビについて話し合ってみることです。
    何が悪いのか、どうしたら良いか、子どもたちがどうしたら番組の良し悪しを判別することを学べるかなどです。

    もう一つは、ご両親がお子さんたちと一緒にテレビを見ることです。見ていることを理解させようとするだけではなく、家族としての楽しい団らんの一つとしてです。

    正しいアプロ一チを用いれば、テレビは、教育やディスカッションの大変有益な道具となりえるのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ 16歳の息子がどうも薬物を使っているようなのです。前とは様子がだいぶ変わり、友だちも見慣れない子ばかりが集まります。薬物使用者の症状のうちでよく見られるものは何ですか。どういう点に気をつけたらいいのでしょう。

    A.  ご質問に完璧に答えようとしたら一冊の本を書かねばなりません。なぜなら出回っている麻薬の数は余りにも多く、それぞれが特有の症状を表すからです。
    しかし、息子さんについて気をつけるべき8つのよくある身体的また情緒的な症状があります。

    1. まぶたと鼻の炎症が起きます。服用する麻薬により、瞳孔が極度に広くなるか逆に狭くなります。
    2. エネルギーが極端に変化します。ものぐさく、陰鬱で、ひきこもるか、騒々しく、ヒステリックで、興奮してピクピクします。
    3. 食欲が急変します。大食になるか、少食になり、体重が減ることもあります。
    4. 性格が急変します。いらいらし、注意散漫になり、途方にくれるか、攻撃的で、疑い深く、爆発しやすくなります。
    5. しばしば体臭や口臭がします。清潔と言う言葉など忘れたようになります。
    6. 消化器官がやられます。下痢、吐き気がしたり、戻したりします。頭痛がし、物が二重に見えたりもします。肉体的な変化の中では、肌のはりがなくなり、姿勢が悪くなることも含まれます。
    7. 一般的には、腕に注射針のあとがあることは重要な兆候です。これらのあとは時に感染してただれたり、はれものになります。
    8. 道徳心が弱まり、新しい前衛的考えや価値観がとって代わります。

    注意すべきなのは、上手に隠れて麻薬使用を続けている若者たちがいることです。

    お近くの警察で麻薬担当の専門家に会うことが必要かもしれません。息子さんのケースに当てはまるより具体的なアドバイスが得られるでしょう。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. プロテスタントとカトリックは、どう違うのですか?キリスト教の 派閥ですか。一致することはないのですか。

    A. 宗教改革以後、教会はローマカトリック教会と、ルター派、及び無数のプロテスタント諸教派とに分裂し、それぞれの伝統を形成し今日にまで至っていま す。(もう少し正確な説明が必要ですが、今日は省略しておきます。)いかに真理のためとは言え、本来一つであるはずのキリストの体なる教会が事実上、分断 されているのは、決して本来的ではなく、教会は一つのものであると信じられるべきです。このような中で、20世紀からエキュメニカル(教会一致)運動が起 こり始め、教派の壁を超えた対話や協力関係の模索が続けられています。また1999年にはカトリック教会とルター派との間で「義認の教理に関する共同宣 言」が交わされ、大きな前進を見せています。

  • 子育てQ. 最近、子どもと過ごす時間があまりとれないのですが、一緒にいられる時は大事にしたいと思っています。子どもと過ごす時間の質が、長さよりも大事だという意見に、先生は同意なさいますか。

    A.  私には、その考えの論法があやまりだと思えるのです。
    なぜ、時間の質と、長さのどちらかを選ばなければいけないのでしょうか。私たちの生活の他の場面で、そういう選択を迫られることはありません。どうして、子どもと過ごす時間についてのみ、そのように考えるのでしょう。

    例 えばの話です。あなたが、町で有数のレストランで食事をするのを楽しみにしているとします。ウェイターが持ってきたメニューを見て、あなたは、一番高級な ステーキを注文しました。ところが、出てきたのは、お皿の真ん中に、三センチ四方の小さなお肉が乗っているだけです。あなたが苦情を言うと、ウェイターは 答えます。
    「確かに小さいことは小さいですが、最高品質のビーフでございます。これ以上の味はどこでもお目にかかれないと思います。なにしろ、大 事なのは量ではなく、質でございますから。」当然ながら、あなたは憤慨します。なぜなら、食事はもちろん、多くのものは質、量ともに大事だからです。

    子どもと過ごす時間についても、同じです。子どもたちは、親と過ごす時間が必要であり、私たちは最善のものを彼らに与えるべきです。私には、「量か質か」という議論が、子どもたちにそのどちらも与えない言い訳に使われているような気がしてならないのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから