注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

デボーションの七つのステップ

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

デボーションの七つのステップ(概論)

デボーションの準備

静かな場所で心を神様に向けられる時を用意します。デボーションした内容はノートに書いておくと忘れないし、神の導きを振り返ることができます。 30分~一時間位、時間を確保します。それだけの価値のある時間となります。また時間を確保することにより、御言葉を大切にするライフスタイルがつくられ ます。時間の使い方は、人が何を大事にしているかを表しています。

デボーションの七つのステップ

1.    礼拝(第一ステップ)

デボーションは聖書を読んで理解し学ぶことではなく、聖書を通して神に聞く行為です。私たちは神様の前に出ることになります。それ故、心を静め、賛美し、祈ります。

デボーションの時働かれるのは聖霊様ですので、その働きを求めることが大切です。聖書を読み、理解・悟りが与えられるように、実践に移れるように聖霊の導きを求めます。そしてみ言葉に従う従順な思いのあることを告白するとよいと思います。

2.    静聴(第二ステップ)

聖書を開き、2~3度声を出して聖書を読みます。そして内容観察として、読んだ聖書の内容を2~3行に要約してノートに書きます。的確に要約しようと神経を使わず、大ざっぱな要約でかまわないでしょう。聖書は10節くらいの一段落をデボーションの対象とします。

次に聖霊の導きを心の中に祈りながら、今日のテキストは、神について何を語っているのかを注意深く観察します。私たちの信じる神様は三位 一体の神様ですから父について、御子について、聖霊について何を語っているかを観察してノートに書きます。私たちは聖書を通して神がいかなる方かを具体的 に理解します。

次にテキストはわたしに何を教えているのかを観察します。

観察の目安として<SPACE>(スペース)という言葉がありますが、知っていれば役に立ちます。テキストから私たちが読みとる教えは、

o    私たちの罪(Sin)、
o    神様の約束(Promise)、
o    避けるべき行為(Action to avoid)、
o    なすべき行動(Command)、
o    ならうべき模範(Example)


をテキストの中から読みとります。このような目安を念頭において聖書を読むと聖書からの教えを的確に受け取ることができます。 これ以外の目安をもうけても差し支えありません。私の場合では「教え」「黙想」などの目安を必要に応じてもうけています。示された事柄をノートに書きます。なお<SPACE>のすべての教えを読みとる必要はありません。

3.    適用と祈り(第三ステップ)

聖書の内容を聞いたのなら次にそのみ言葉が私たちの生活の中にどのように適用されるのかを思いめぐらし、神の導きを求めます。

自分自身(最近起きた事柄、最近の気持ち、状態、仕事、課題、教会)のこと、家族、近所の人、職場の人、教会の人々、友人知人など周囲の 人やその人たちとの関わり、などを思い浮かべつつ、テキストから教えられたことがどのように具体的に適用されるのかを思いめぐらします。そして神様の導き を受け取ります。(デボーションのサンプルを参考にしてください。) 

祈りながら思いめぐらすなかで、自分の現実に光りが当てられ、適用が心の中に「思い」として与えられます。

教えられたことを神さまに語り、適用を導いてくださいと祈り、思いめぐらし、導きを受け取ります。この過程は祈りであり、そのままノートに書くとよいと思います。

4.    応答の祈り(第四ステップ)

神様がみ言葉を通して私たちに対する導きを与えてくださったことを感謝し、導きに従いますと神さまに告白します。

5.    優先順位(第五ステップ)

神様から示された事柄を書きます。その他、その日なすべき事柄を書きます。優先順位をつけて書くとよいと思います。今日一日それを行う行動指針とします。

6.    実践(第六ステップ)

今日の一日を過ごしますが、示された事柄を行うことが大事なことですので実践します。

7.    夕べの黙想(第七ステップ)

一日を振り返り、実行したことにはその結果を書きます。結果について神様の導きみ業が示されれば感謝を持って書きとめます。実行できなかったことについては、反省をします。

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 子育てQ どのようにしたら他人種、他民族に対する健全でオープンな態度を子どもたちに持たせることができるでしょうか?

    A.  子どもを教えるのに親の模範に優るものはありません。

    ある人が言いました。「子どもがたどる足跡は、親がもう消してしまったと思っている足跡だ。」と。よく言ったものですね。子どもたちは我々親を良く見ており、本能的に我々の行いを真似るのです。

    ですから、私たちが心狭く、差別をしていながら、子どもたちには「みんなと仲良くしなさい。」とは言えません。
    同じ様に,私たちが家でも外でも礼儀をないがしろにし、感謝を表さないでいて、子どもたちに「感謝を表せ」と言っても無理というものです。
    都合の悪い人から電話がかかってきた時に、「パパはいないって言いなさい」と子どもに教えているなら、正直な子どもを育てることはできないでしょう。

    こういうことについて、子どもたちは大人の言行不一致にすぐ気がつきます。そして、得てして子どもは我々の空しいお題目より、行ないの方に習ってしまうのです。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • Q. 罪とは何ですか?私は罪人ではないと思っていますが。

    A. 罪とは、一言で言って、神と人間の裂け目、対立です。 これによって人間同士もまた互いに裂かれた者となりました。ここから憎しみ、悲しみ、身勝手な思い、不和、相互不信などが生まれ、人生が死の彩 りを帯びたものとなるのです。例えばあなたが自分を正しいと思う心の中にもう既に罪は潜んでいます。