注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

堀江明夫先生の証:デボーションについて1997年

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

堀江明夫先生の証:

私にとってのデボーション(1997)

聖書を仕事で読むことをしなくなった


牧師が陥りやすい過ちの一つは、聖書を仕事として読むことです。それは必要なことですが、それだけになってしまい、一人の信仰者としてみ言葉に生 かされることがなくなってしまう危険があります。説教も教える説教になってしまい、み言葉が人を生かすことを伝える説教にならない危険があります。

知的信仰からの飛躍

何かで読みました。韓国の教会はよく祈る。台湾の教会はよく賛美する。日本の教会はよく学ぶ。

聖書を学ぶことは大切なことです。学べば、聖書の知識は増えていきます。理解も進みます。聖書的なものの見方、考え方が身について、それによって歩むことができます。それは必要なことです。でもそれだけでは不十分です。

今日、自分の与えられた場で生きる私に対する神の語りかけを聞くことも必要です。モーセは何故、約束の地に入れなかったのでしょうか。それは彼が、今語りかけて下さる神の声に聞き従わないで、信仰的常識的判断で行動したからではないでしょうか。民数記20章に次のような物語があります。荒 野を旅していたイスラエルは飲み水に困り、モーセに不満を言いました。モーセが神に解決を求めたとき、神は、「岩に命じて水を出させなさい」と答えまし た。しかし、モーセは、杖で岩をたたいて水を出しました。何故なら、以前、杖で岩をたたいて水を出した経験があるからです。彼の信仰的常識からすれば、杖 で岩をたたいて水を出すのが、神の解決でした。しかし神は、今回は、杖を使わず、岩に命ぜよ、でした。今、この時、語りかけて下さる神のみ声に聞くことは 大切なことなのです。

聖書を漠然と読むことをしなくなった

日々聖書を読むとき、ある目標・方法によって読めばよいのでしょうが、持ち合わせていませんでした。心惹かれる聖句に下線を引いたり、感想をノートに書いたり。今考えれば、漠然とした読み方でしたが、卒業しました。

私は信じる・・・

私はあなたを母の体内に造る前からあなたを知っていた。 私はあなたを聖別し諸国民の預言者として立てた」 (エレミヤ 1:5) 私の目にあなたは価高く、貴く 私はあなたを愛し (イザヤ 43:4)

私は信じます、
神のみ心によって私は誕生した。
神はかけがえのない存在として私を創造された。
神は私の人生に対して計画をもっておられる。
神の計画は私にとって最善の計画である。
神の計画に生きることが私の幸福である。
神が与えられる祝福、それは神の計画に生きることである。

私は日々生きる。 様々な問題、課題に直面しながら。
聖書に基づく、信仰的な判断を私は必要とする。
だから、聖書の学びは欠かせない。

神は、聖書を通して日々、私を導くべく語って下さる。
日々、神のみ心を知って私は生きてゆく。
私は日々、神のみ声を聞く。
だから私はデボーションをする。

あなたのみ言葉は私の道の光、 私の歩みを照らす灯。 (詩篇 119:105)

語りかける神

聖書は昔書かれた古典です。それが書かれた当時、その内容がどういう意味を持っていたのか理解することが大切なことは言うまでもありません。だから、聖書の学び、聖書の研究が必要となります。

しかし、聖書は信仰者にとっては、古典と言うだけではなく、信仰と生活のための規範ともいうべき書物です。あるいは、神の言葉であると言 えます。聖書を通して神さまは私たちに語りかけて下さいます。礼拝の説教において、説教者を通して語られる神の声に私たちは耳を傾けます。 

また私たちは聖書を開き、自分で神さまの語りかけに聞くことができます。デボーションをして、自分に語りかけて下さる神の声を確かに聞くことができますし、神の導きを受けることができます。聖書の言葉によって、私の置かれた状況が照らし出され、聖書の言葉を通して、神さまが私に導きを与 えて下さいます。その導きを受け取る、それが私にとってのデボーションです。信仰者として生きる限り、デボーションなしに済ませることはできない、そう考えています。

神の導きを受けて生きている、と実感させてくれるのがデボーションです。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • しつけQ. 私の友人の子どもたちのことですが、今まで見たこともないようなしつけの悪さで、そばにいられると話もできません。なんとかしつけの手助けをしたいのですが、どうしたら友人を傷つけずに良いアドバイスができるでしょうか。

    A.  誰かの行動や性格について傷や欠点を指摘するには、ヤマアラシが愛しあうようにすべきです。すなわち相手を傷つけないように、細心の注意を払うのです。 そうでないと、友人を失うことになります。まして、親としての間違いを指摘することは、さらに危険が伴います。全くの善意から、相手の子どものことを考え て注意したとしても、注意した方が反対にとばっちりを受けるのがおちです。
    ですから、いかに必要を感じたとしても、私は人様の子どもについて頼まれもしないアドバイスはしないようにしています。どうしても聞き心地のよくないことを相手に対して言わなければならないとしたら、まず彼女との友情を築くための時間をとる努力をすることを勧めます。
    注意深く信頼関係を築いたあとで初めて、あなたはやさしくアドバイスする権利を手にすることができます。このやり方に近道はありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 退屈Q 「子育てや家事は退屈でつまらない」という人に博士は何とお答えになりますか。

    A 主婦の仕事をそのようにしか見られない女性たちがいますが、実はほとんどの仕事は退屈なものです。毎日お給仕ばかりするウェイターはどうでしょう。朝から 晩まで顕微鏡のスライドとバクテリアの世界を調べる病理学者。患者の歯を掘っては埋め、掘っては埋めている歯医者さん。図書館の片隅でほこりっぽい文献を あさる法律家。来る日も来る日も原稿用紙のます目を埋め続ける作家など・・・。ほとんどの職業は、ときめくような興奮を絶えず味わってはいないのです。人 にうらやまれる仕事にも退屈な側面はつきものです。
    数年前ワシントンD.C.に出かけた時のことですが、ホテルの隣の部屋に、その晩市内のコン サートで演奏をする予定のチェロ奏者が泊まっていました。彼が練習する音が壁を通して何時間も聞こえました。美しい交響曲を演奏したのではなく、音階と パッセージと練習曲を何度も何度も繰り返していたのです。早朝からコンサートの直前までです。その夜、彼がステージに上がった時、聴衆は「何と魅力的な人 生だろう」と思ったことでしょう。大変な「魅力」です。彼がチェロを友として一日をホテルで過ごしたことをたまたま私は知っているのです。寂しくても、楽 器は口を利いてはくれません。家庭外の人とのコンタクトを保つように女性たちが努力さえするなら、主婦としての仕事がことさらに退屈なものだとは私は思い ません。
    その仕事の大切さから言えば、ひとりの人間を幼い時に養い育てるほどの責任は他と比べられません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • Q 50代を過ぎると性欲が減退するのは避けられないことですか。

    A  年を重ねるにつれて欲求がなくなるという器質的な理由は何もありません。
    肉体的な年齢よりは、性欲の場合、心の持ち方と情緒的な条件により左右されます。夫と妻が自分を年老いて魅力がないと考えるなら、年齢よりも、二次的な理由からお互いに対する関心を失います。
    しかし、肉体的な観点からは更年期の男女が性的に無関心になるという根拠はありません。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • Q. 教会は楽しいところですか?

    A. もし世の中の楽しみのようなことを期待されるならば、場違いだと感じるかも知れません。教会には、年齢や性別、国籍を越えて、いろいろな方々が来られています。神による不思議な平安や暖かさが満ちていま すので、何回か来られるならば、この世の中には無い、素晴らしい喜びが神によって与えられることに気づくでしょう。その時には、教会に来ることが何よりも 楽しくなります。考えていないで、一度勇気を出して足を運んでください。