注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

デボーションの第三ステップ 適用

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 


生活への適用の方法

1.    適用のための祈り

静聴によって私たちが教えを受けるのは、神さまが、私の人生のどこかの部分に、語っておられるからです。そこで、神さまが
自分の人生において、適用すべきところを示して下さるよう祈ることが大切です。  

ここで示唆的なのは、ルカ24章のエマオ途上の物語です。

悲しみで暗い顔をした二人の弟子が、エマオの村に向かって歩きながら、キリストの十字架と、女たちはキリストがよみがえられたと報告したことについて話し合っていました。そこに主イエスが近づくのですが、彼らの目がさえぎられていて、主イエスだと気がつきません。

「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く、預言者たちの言ったことをすべて信じられない者たち」と二人に向かって主イエスは嘆きました。でも、主 イエスは彼らに聖書をもとにして、キリストが十字架につくことと復活することを解き明かされました。聖書の理解が与えられ、二人の弟子たちは心が燃えまし た。でも、彼らの目はまだ開かれておらず、主イエスが語っておられることに気がつきません。 エマオの村に近づいたとき、イエスはなおも先に行こうとされたので、二人は自分の村に来るよう、イエスに無理に頼み込みました。そして彼らの家で、夕食を したとき、二人の目が開け、その方がイエスだと弟子たちは気がつきました。その途端、イエスの姿が消えてしまいましたが、二人は、急いでエルサレムに戻って「主は復活された、主に会った」と証言しました。

彼らは聖書の語っていることがわかって心が燃えました。心の感動は適用して行いとならなければなりません。彼らは強いてイエスを自分たちの村に連れていきました。そしてイエスと食事をしているときに目が開けます。適用するとき、私たちはしつこく、祈ることが大切です。「開いて下さい、心 の目を。開いて下さい、心の耳を」。目が開けてイエスだとわかった弟子たちは、自分たちの為すべきことが即座に分かり、彼らは早速行動しました。エルサレ ムに戻って、イエスの復活を証言したのです。

心の目が開けると、適用がわかるのです。私たちの生活のどの分野に適用するのか、神さまに教えていただくために、祈ることがとっても大切となります。 適用が難しいとおっしゃる人は少なくないのですが、大切なのは、祈ることです。神との交わりを深め、目を開かせ、適用がわかるように祈り求めることです。

2.    適用の原則  適用を考えるとき、3P2Cの原則を適用すると便利です。

o    適用は、必ず自分に適用すること(Personal)

他の人に適用せず、自分に適用します。

o    適用は、実際的具体的であること(Practical)

いつ、どこで、だれに、何をするのか、具体的実際的に適用します。

o    適用は、可能なことから(Possible)

可能なことから、時間的に現在必要なことから適用します。

o    適用は、継続的(Continuous)

段階を踏んで、適用が明らかになることもあります。適用が明確になるよう祈り続けることが大切となります。デボーションをする中で明らかになっていきます。

o    適用は、あまり飛躍しない(Common)

神さまは非常識なお方ではないので、とんでもない適用を願ってはおられません。

3.    応答の祈り

多くの場合、私たちは、私たちの祈りが聞かれるかどうか、ということに大きな関心を持っています。祈りの答えがなければ、徹夜祈祷をしたり、断食をした り、泣いたり、神さまを恨んだりすることもあります。しかし、その反対に、神さまが私たちに対して、お願いし、命令されたことに対しては、私たちは答えな いで、沈黙を守ろうとします。 (ユン・チョンハ『黙想の時間』より)

デボーションの中で、神さまからのお願い(勧め)とか命令、約束、忠告、また祝福をいただいたら、それに対して今度は、私たちがどう するかを神さまに答える番です。悟った命令や、警告に対して、「従います」または「注意します」という答えと告白を、神さまは待っておられるのです。

o    感謝と賛美の祈り

神さまの祝福、約束、慰めなどに対しては、感謝と賛美の祈りをささげて、神さまに答えるべきです。

o    悔い改めの祈り

戒めと警告に対して、自分の罪が具体的に示されたのなら、悔い改めの祈りをささげます。

o    対話式の祈り

適用がわからないとき、さらに祈ります。神さまに対話するように語りかけ、神さまに聞きます。たとえば、「神さま、聖書 からこのように勧めを受けました。私の生活のどの分野に適用されるのでしょうか。教えて下さい。・・・家族に対して適用されるのでしょうか。・・・職場の 人に対してでしょうか。・・・」。・・・の部分は沈黙して神さまの語りかけを待ちます。その時、具体的にあの人この人と、人を思い浮かべます。

o    従順の祈り

神さまのみ声に対して、私たちの側の応答は、積極的、肯定的でなければなりません。「神さま・・・・させて下さい」ではなく、「神さま、・・・・します」と応答の祈りをするのです。「・・させて下さい」、これは神さまへの命令になり、私たちの応答ではありません。

o    賛美せよ

ここまで来ると、私たちは聖霊に満たされてきます。そこで神さまを賛美します。デボーションの祝福の時です。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q 既婚女性が情緒的な満足を得るには、結婚生活以外のところに目を向けるべきだということですか。

    A  まさしくその通りです。情緒的な弱さを持った女性が、ストイックで、女性の心の機微を理解しない男性と結婚している場合は特にそうです。

    もし、彼女が、意味ある全ての会話の相手、また情緒的な全ての必要を満たしてくれる相手を夫に期待するならば、結婚生活は長続きしないでしょう。妻の「魂 の渇き」をどう処理したらいいか、どうしたら妻が幸せになれるのか、夫には全く見当がつかないのです。夫が、自分の願うような夫になってくれる見込みがな いと分かった時、二人の間には不満がわだかまり始めます。この問題で行き詰まった結婚の例を、私は限りなく見てきました。解決はどこにあるのでしょう。普 通の情緒的な必要のある女性ならば、そのままではいられません。心の底で悲鳴をあげています。

    ひとつの答えは、他の女性たちと意味ある人 間関係を築くことによって、夫が満たしてくれないものを満たすことです。心から話し合い、聖書を学び、笑い、泣き、子どもを育てることのできる、女性の友 人を持つことは精神衛生のために必要です。まさにこの方法で、多くの女性たちは過去何世紀もの、自分たちの情緒的な必要を満たしてきたのです。多くの男性 たちは週に60、70時間も働いて、妻の心の必要に答える時間もエネルギーもなかったのです。しかし、女性たちのネットワークがその空洞をみごとに埋めて いました。彼女らは一緒に働き、一緒に料理し、一緒に教会に行きました。それで、どうにか満足できたのです。

    今日、女性たちのネットワー クはどこへ行ってしまったのでしょう。多くの女性は仕事を持ち、近所に女性たちの姿がなくなり、人々はよく引っ越すようになりました。血縁者のつながりは 薄くなり、文化は進みました。そのため女性同士の友情は見い出しにくく、多くの若い女性たち、特に二人以上の就学前の子どもを持つ母親たちは友人を探すこ とをあきらめています。あまりに面倒なためです。しかしながら、若い主婦の読者の方々は、このようなパターンに陥らないように願ってます。どれほど忙しく ても、同性の友情を育むために時間を費やしてください。家に閉じこもって、誰かが話しかけてくれるのを待つ誘惑に負けないでください。あなたの必要に答 え、聖書のみことばを宣べ伝えているキリスト教会に家族で出席してください。同じ様な気持ちを持った女性たちが周りには大勢います。彼女たちを探し出し、 愛し、そして自分を与えるのです。そのうちにあなたの自尊心も高まります。あなたが満足していれば、結婚生活もうまく行きます。

    簡単すぎる答えに聞こえるかも知れませんが、人間はそのように造られています。人間は、社会的な生き物として、神を愛するように創造されており、孤独ではうまくいかないのです。孤独を避けてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 子育てQ 息子の部屋をそっとのぞいてみて、何をしているのか確かめるのはどうでしょうか。親はそんなことをしたらいけないでしょうか。

    A 十代の子どもたちのプライバシーを冒してでも、両親が秘密に調査をしなければならないときは確かにあります。ある俳優が十代の娘が麻薬を使っていることを 発見したとき、この問題はメディアで広く話題になりました。問題がついに表面化した時、この母親は事実をつきとめる努力を怠ったことを後悔していると述べ ました。彼女は多くのトークショーに出演し、「ああいうケースの子どもたちは親に見つかった方がよい」という意味のことを語りました。プライバシーうんぬ んもさることながら、目の前で進行している犯罪行為を目をつむって見ようとしないことの方が問題です。
    息子さんのしていることを確認してくださ い。もちろん、親は自分の子供をよく知っているべきです。違法なことや自分の害になることなど全く興味がないという青年たちもいます。そういう子どもたち の部屋や私物まで調べるようにとは、私も勧めません。しかし物陰に隠れてはあやしげなことをし、おかしな友だちを集め、家の中では親を決して部屋に入れな いような子の場合は、私なら遅くならないうちに事実を確認する努力をするでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • Q 夫は、私の必要をわかっていませんが、もし私が女性と男性の違いを教えてあげれば、理解する努力をしてくれると思います。問題は、どうやって私の必要を夫に分かるように伝えられるかなのですが。

    A  まず、何をするべきでないかをお教えしましょう。私流の言い方ですが「打ちのめし戦術」は避けてください。すなわち、際限なく、責め、懇願し、叱りつ け、不満を言い、非難するという戦術です。これではご主人の注意を引くことはできません。それどころか、角材で殴りつけるようなもので、怒りを買うか、黙 らせてしまうか、またはその両方でしょう。
    「打ちのめし戦術」の代わりに、一番ご機嫌のよさそうな時間にご主人を「教育」する機会を探すのです。そのためには、適切なタイミング、セッティング、そしてマナーが必要です。では、この三つの要素を見てみましょう。

    1.タイミング
    ご主人が、よりリラックスしていて、応答しやすい時間を選びます。朝、それも仕事のプレッシャーのない土曜日が良いかもしれません。くれぐれも、彼が疲れて、空腹の時に、いらいらさせるような口調でこきおろさなければ、あなたの努力は徒労に終わらないでしょう。
    2.セッティング
    理想を言えば、一晩もしくは週末をかけて二人で出かけるように提案するのです。経済的な理由でご主人がしぶるようなら、家計をやりくりして貯金をします。 泊りがけが無理ならば、外食に行くだけでも良いでしょう。それさえも問題外とおっしゃるなら、子どもたちが何かに熱中していて、また電話にわずらわされな いような時間を選びます。一般的に言うと、心配ごとや、問題や、ストレスのある家から離れれば離れるほど実のある会話が望めます。
    3.マナー
    ご主人が、あなたの話を個人攻撃と受け取らないように計らうことが大変重要になります。けなされると防御が堅くなからです。ですからそのメカニズムを刺激 しないようにします。できる限り、暖かく、愛と優しさに富んだ雰囲気を作ります。夫の欠陥を強調するのではなく、あなた自身の必要を伝えようとしているの だということを分かってもらうのです。
    これらタイミング、セッティング、そしてマナーがあいまってチャンスが到来したら、できる限り効果的にあな たの気持ちを表現してください。どうして、夫の気持ちをつかむ方法について私がそんなに詳しいかとおっしゃるならば、以上のような方法で、家内は私にアプ ローチし、彼女の気持ちを伝えるのに成功したのですと申し上げましょう。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • 子育てQ. うちの中学生の息子は勉強に関して、だらしがありません。宿題は忘れるし、提出物の期限も守りません。どうしたらよいでしょう。

    A.  教育コンサルタントのチェリー・フラー女史が、学校での問題行動の原因で一番多いものをあげていますが、それはあなたの息子さんのケースによく当てはまります。

    彼女によれば、それは怠け心でも勉強の仕方がまずいのでもないのです。主な原因は息子さんのように、整理能力が著しく欠けていることです。フラー女史によれば、生徒のノートを見ると、その成績がほぼ分かります。
    優秀な生徒のノートは、プリントや宿題を入れる仕切りページやフォルダーがきれいに並んでいます。
    成績が劣る生徒のノートは、普通めちゃくちゃで、全く使われていないかもしれません。
    生まれつきだらしがない子もいますが、ほとんどの生徒は、よりよい整理の仕方を身につけることができます。この技術は小学校で教えるべきだというのが、フラー女史の意見です。

    中 学校へ入るや否や、何人もの先生方が違った教科書、問題集、プリントを配り、またいろいろな教科の宿題を出します。ものを整理する訓練を受けなかった生徒 に、それら細かな事柄を整理し、また取り出せるように期待するのは無理なことです。子供の学校生活を有意義なものにしたいなら、そのために不可欠な手段を 教える必要があります。

    また、お子さんがADD(注意力欠如症)か、整理をすることが難しい、何らかの気質的な特徴を持っているかどう か確かめるために、診察を受けた方がよいかもしれません。その結果を見た上で、担任や保健の先生と相談して、もう少しきちんとした学校生活ができる方法を 考えてみてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから