注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

デボーションの第三ステップ 適用

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 


生活への適用の方法

1.    適用のための祈り

静聴によって私たちが教えを受けるのは、神さまが、私の人生のどこかの部分に、語っておられるからです。そこで、神さまが
自分の人生において、適用すべきところを示して下さるよう祈ることが大切です。  

ここで示唆的なのは、ルカ24章のエマオ途上の物語です。

悲しみで暗い顔をした二人の弟子が、エマオの村に向かって歩きながら、キリストの十字架と、女たちはキリストがよみがえられたと報告したことについて話し合っていました。そこに主イエスが近づくのですが、彼らの目がさえぎられていて、主イエスだと気がつきません。

「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く、預言者たちの言ったことをすべて信じられない者たち」と二人に向かって主イエスは嘆きました。でも、主 イエスは彼らに聖書をもとにして、キリストが十字架につくことと復活することを解き明かされました。聖書の理解が与えられ、二人の弟子たちは心が燃えまし た。でも、彼らの目はまだ開かれておらず、主イエスが語っておられることに気がつきません。 エマオの村に近づいたとき、イエスはなおも先に行こうとされたので、二人は自分の村に来るよう、イエスに無理に頼み込みました。そして彼らの家で、夕食を したとき、二人の目が開け、その方がイエスだと弟子たちは気がつきました。その途端、イエスの姿が消えてしまいましたが、二人は、急いでエルサレムに戻って「主は復活された、主に会った」と証言しました。

彼らは聖書の語っていることがわかって心が燃えました。心の感動は適用して行いとならなければなりません。彼らは強いてイエスを自分たちの村に連れていきました。そしてイエスと食事をしているときに目が開けます。適用するとき、私たちはしつこく、祈ることが大切です。「開いて下さい、心 の目を。開いて下さい、心の耳を」。目が開けてイエスだとわかった弟子たちは、自分たちの為すべきことが即座に分かり、彼らは早速行動しました。エルサレ ムに戻って、イエスの復活を証言したのです。

心の目が開けると、適用がわかるのです。私たちの生活のどの分野に適用するのか、神さまに教えていただくために、祈ることがとっても大切となります。 適用が難しいとおっしゃる人は少なくないのですが、大切なのは、祈ることです。神との交わりを深め、目を開かせ、適用がわかるように祈り求めることです。

2.    適用の原則  適用を考えるとき、3P2Cの原則を適用すると便利です。

o    適用は、必ず自分に適用すること(Personal)

他の人に適用せず、自分に適用します。

o    適用は、実際的具体的であること(Practical)

いつ、どこで、だれに、何をするのか、具体的実際的に適用します。

o    適用は、可能なことから(Possible)

可能なことから、時間的に現在必要なことから適用します。

o    適用は、継続的(Continuous)

段階を踏んで、適用が明らかになることもあります。適用が明確になるよう祈り続けることが大切となります。デボーションをする中で明らかになっていきます。

o    適用は、あまり飛躍しない(Common)

神さまは非常識なお方ではないので、とんでもない適用を願ってはおられません。

3.    応答の祈り

多くの場合、私たちは、私たちの祈りが聞かれるかどうか、ということに大きな関心を持っています。祈りの答えがなければ、徹夜祈祷をしたり、断食をした り、泣いたり、神さまを恨んだりすることもあります。しかし、その反対に、神さまが私たちに対して、お願いし、命令されたことに対しては、私たちは答えな いで、沈黙を守ろうとします。 (ユン・チョンハ『黙想の時間』より)

デボーションの中で、神さまからのお願い(勧め)とか命令、約束、忠告、また祝福をいただいたら、それに対して今度は、私たちがどう するかを神さまに答える番です。悟った命令や、警告に対して、「従います」または「注意します」という答えと告白を、神さまは待っておられるのです。

o    感謝と賛美の祈り

神さまの祝福、約束、慰めなどに対しては、感謝と賛美の祈りをささげて、神さまに答えるべきです。

o    悔い改めの祈り

戒めと警告に対して、自分の罪が具体的に示されたのなら、悔い改めの祈りをささげます。

o    対話式の祈り

適用がわからないとき、さらに祈ります。神さまに対話するように語りかけ、神さまに聞きます。たとえば、「神さま、聖書 からこのように勧めを受けました。私の生活のどの分野に適用されるのでしょうか。教えて下さい。・・・家族に対して適用されるのでしょうか。・・・職場の 人に対してでしょうか。・・・」。・・・の部分は沈黙して神さまの語りかけを待ちます。その時、具体的にあの人この人と、人を思い浮かべます。

o    従順の祈り

神さまのみ声に対して、私たちの側の応答は、積極的、肯定的でなければなりません。「神さま・・・・させて下さい」ではなく、「神さま、・・・・します」と応答の祈りをするのです。「・・させて下さい」、これは神さまへの命令になり、私たちの応答ではありません。

o    賛美せよ

ここまで来ると、私たちは聖霊に満たされてきます。そこで神さまを賛美します。デボーションの祝福の時です。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q 夫は過去3ヶ月、別の女性と暮らしています。もし彼が彼女のところから私のところへ帰ってきて「赦してほしい」と言ってきたらどうしたらいいでしょうか。両手を開いて受け入れ、浮気などなかったかのようにしたらいいのですか。

    A  もちろんご主人を受け入れてあげてください。それが私の書き表わしてきた全ての本の趣旨です。
    し かし、これからのことについてご主人とじっくりと話し合うことを強く勧めます。事を急ぐべきではありません。「すぐに、夫婦に関するカウンセリングを受け る」という約束を書面にしてもらいなさい。何週間も延ばしてはいけません。自分を変えようという真剣な努力をしない限り、古い習慣は残るのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • Q. 本当に神は居られるのですか?

    A. はい、おられます。聖書には「初めに、神が天と 地を創造した。(創世記第1章1節)」と書かれています。神が私たち人間や、すべての自然界を創造されました。自然の神秘やコンピューターよりも精密な人 間の体が偶然に出来たと思われますか?神は存在され、あなたや私を愛してくださっています。
  • Q 既婚女性が情緒的な満足を得るには、結婚生活以外のところに目を向けるべきだということですか。

    A  まさしくその通りです。情緒的な弱さを持った女性が、ストイックで、女性の心の機微を理解しない男性と結婚している場合は特にそうです。

    もし、彼女が、意味ある全ての会話の相手、また情緒的な全ての必要を満たしてくれる相手を夫に期待するならば、結婚生活は長続きしないでしょう。妻の「魂 の渇き」をどう処理したらいいか、どうしたら妻が幸せになれるのか、夫には全く見当がつかないのです。夫が、自分の願うような夫になってくれる見込みがな いと分かった時、二人の間には不満がわだかまり始めます。この問題で行き詰まった結婚の例を、私は限りなく見てきました。解決はどこにあるのでしょう。普 通の情緒的な必要のある女性ならば、そのままではいられません。心の底で悲鳴をあげています。

    ひとつの答えは、他の女性たちと意味ある人 間関係を築くことによって、夫が満たしてくれないものを満たすことです。心から話し合い、聖書を学び、笑い、泣き、子どもを育てることのできる、女性の友 人を持つことは精神衛生のために必要です。まさにこの方法で、多くの女性たちは過去何世紀もの、自分たちの情緒的な必要を満たしてきたのです。多くの男性 たちは週に60、70時間も働いて、妻の心の必要に答える時間もエネルギーもなかったのです。しかし、女性たちのネットワークがその空洞をみごとに埋めて いました。彼女らは一緒に働き、一緒に料理し、一緒に教会に行きました。それで、どうにか満足できたのです。

    今日、女性たちのネットワー クはどこへ行ってしまったのでしょう。多くの女性は仕事を持ち、近所に女性たちの姿がなくなり、人々はよく引っ越すようになりました。血縁者のつながりは 薄くなり、文化は進みました。そのため女性同士の友情は見い出しにくく、多くの若い女性たち、特に二人以上の就学前の子どもを持つ母親たちは友人を探すこ とをあきらめています。あまりに面倒なためです。しかしながら、若い主婦の読者の方々は、このようなパターンに陥らないように願ってます。どれほど忙しく ても、同性の友情を育むために時間を費やしてください。家に閉じこもって、誰かが話しかけてくれるのを待つ誘惑に負けないでください。あなたの必要に答 え、聖書のみことばを宣べ伝えているキリスト教会に家族で出席してください。同じ様な気持ちを持った女性たちが周りには大勢います。彼女たちを探し出し、 愛し、そして自分を与えるのです。そのうちにあなたの自尊心も高まります。あなたが満足していれば、結婚生活もうまく行きます。

    簡単すぎる答えに聞こえるかも知れませんが、人間はそのように造られています。人間は、社会的な生き物として、神を愛するように創造されており、孤独ではうまくいかないのです。孤独を避けてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q 博士は「健全な夫婦は喧嘩の仕方を知っている」とおっしゃいますがそれはどういう意味ですか。
    A 私の言いたいのは、フェアな争いの仕方を学ぶ必要があるということです。結婚生活では健全な争いもあれば不健全な争いもあります。不安定な家庭では、ののしりの言葉が相手のもっとも弱い所に向けて投げつけられます。
    「あなたって何一つまともにできないわね。」
    「そもそもおまえと一緒になったのが間違いの元だった。」
    「おまえ、ますます母親に似てきたよ。」こういう攻撃的な言葉は、あなたの伴侶の自尊心の中核を傷つけます。
    反対に、健全な争いは不一致をもたらした問題点に焦点を当てます。例えば、「夕食に間に合わない時には連絡してくれないと困るわ。」あるいは、「夕べのパーティーであんなふうに言われちゃ、まるで僕が馬鹿に見えるじゃないか。」という具合です。
    違いが分かりますか。前者は相手の尊厳を傷つけ、後者は摩擦の元になった問題を追及しているのです。この大切な違いを夫婦が学びとるなら、互いを傷つけたりおとしめたりせずに不一致を解決していくことができるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから