注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

QTを方法 (2)

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的成長の第1段階:クリスチャンの少年期 : QTの方法

QTを方法 (2)

I.デボーションは赤ちゃんがお母親の乳を飲むように、私たちが神様から得る霊的な食べ物です。

マタイ4:4 イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。』と書いてある。」

2。ユダヤ人が出エジプトする時神様が天から食べ物を与えて下さいました。それが、マナという物です。

出16:4 主はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。

16:5 六日目に、彼らが持って来た物をととのえる場合、日ごとに集める分の二倍とする。」

16:31 イスラエルの家は、それをマナと名づけた。それはコエンドロの種のようで、白く、その味は蜜を入れたせんべいのようであった。

16:35 イスラエル人は人の住んでいる地に来るまで、四十年間、マナを食べた。彼らはカナンの地の境に来るまで、マナを食べた。

3.デボーションの過程

形はありませんが、基本的な原則があります。デボーションの中に賛美、祈り、主との交わりを取り入れると良いでしょう。

主の御言葉が私たちの日々の霊的な糧になるまで、次のようなステップがあります。

1)御言葉を読む

御言葉を読む時、どこを読むかは自分で決めるか、主に求めて示されたところを読むと良いでしょう。人によって読む長さは違うと思いますが、8節―12節くらいの長さが適当でしょう。

§ 一回目の読み方

一回目は全体を理解するために読みます。文脈を追い、全体的な流れを知る事が必要となるので、素早く読み進んでください。

§ 2回目の読み方

2回目に読む前に、主にお祈りします。「この個所から、主が私に教えたいことを私の心に示して下さい。」とお祈りします。

二回目の目的は、主が今日あなたに語りたい御言葉を見つける事です。その個所は、決まったパターンはなく、一つの単語、一節、または一語の漢字かもしれません。

主が私に教えようとする御言葉は私の心に他の御言葉より強く感じられます。

2)黙想する。

§ 強く感じた御言葉に集中してその意味を主に求めます。

これから、黙想に入ります。強く感じられた御言葉をもう一度読む前に、「主よ、この御言葉は何の意味がありますか?」とお祈りします。

デ ボーションは聖書研究と違って、知識的に学ぶ事ではなく、主からの召し、啓示、知恵を受ける時です。ですから、正しいかを心配せずに、主から受けとってく ださい。聖書研究の時は「どのように?」、「正しいか?」という質問をしますが、デボーションの時には「なぜ?」「わたしの状況に合う主からの答えは何で すか?」と質問します。

その意味を求めるときには、色んな角度から、いただいた御言葉を観察します。その中で示された意味を自分の生活と関連付けます。

3)実行する。

§ 教えられた意味を自分の生活に適用する。

自分の生活に適用する為にお祈りします。「主よ、今、教えられた御言葉を私の生活に適用する為に、今日何をすれば良いですか?」とお祈りします。その祈りの中で示された事を自分の生活において実行します。

実行する時は、ただ、「聖書をもっと読む」「もっと、祈る」などといった、一般的な適用ではなく「1週間に1章を読む」「寝る前に5分間祈る」のように具体的な適用をします。

全ての事に心を込めて主の前に出る事が必要です。神様は私達の心の中心を見るからです。ただ、しなければいけないからする事は、宗教的な行いで、主を喜ばれる事になりません。

結論的に、毎日新しい主の恵みを体験する事が必要です。

哀歌 3:23-24 それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。 主こそ、私の受ける分です。」と私のたましいは言う。それゆえ、私は主を待ち望む。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • テレビ見る子供たちQ うちの子が一緒に遊ぶ、近所のお子さんたちは、あきれるようなテレビ番組を見ています。親たちが、暴力やセックスを子どもたちに見せていることが信じられません。こういう番組を見ていると、後々どのような影響が出るのでしょうか。

    A  あまりにも多くの親たちが、テレビを子どもの好き放題に見せていることは、悲しく、また理解しがたいことです
    「何を見せてもいいじゃないか。」と言う方々に、私はこう聞きたいと思います。
    見ず知らずの人が、あなたの家を訪ねてきて、「お疲れのようですね。一日二日、お子さんたちの面倒を見てあげましょうか。」と言ったとします。「やあ、ありがたい、ぜひ、頼みます」と答える人は、まずいないでしょう。
    これは、「子どものテレビを考える会」代表のペギー・チャレン女史が使った例です。彼女の言いたいことは明らかです。

    子 どもたちをテレビの前に座らせる時、私たちは彼らを見ず知らずの他人の手に任せているのです。子どもに自由にテレビを見せることによる危険性は、ますます 大きくなりつつあります。テレビでの暴力が、後になってしばしば子どもや十代の若者による暴力となって現われることは、数多く実証されてきています。

    中でも、レナード・D・アロン博士の研究は、大変に説得力のあるものです。
    複数の子どもたちを、まず8歳、次に19歳、最後に30歳の時に調査しました。国は、米国、豪州、フィンランド、イスラエル、ポーランドにまたがりました。結果は、どこでも同じでした。
    8歳の時に暴力番組をひんぱんに見ていた子ども程、30歳の時に犯罪者となっていた確率が高く、飲酒時の行動は節度を欠いていました。

    親は、子どもたちのテレビを見る時間と番組の内容を規制しなくてはいけません。さもないと、恐ろしい結果になるかもしれません。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 救いとは何ですか?

    A. 主イエス・キリストにより、この罪(Q2)から救われることです。主は自ら十字架に架かり、血を流し、世のために命を捧げ、このことを成し遂げてください ました。主は3日後に復活され、罪と死の力に勝利されました。こうして神と人、人と人とが平和に結ばれる道が開かれたのです。救いはキリストの十字架と復 活に始まり、終末への完成に向かって今も働き続けているのです。神さまがこの平和が達成される日をキリスト再臨の日、終末の日といいます。
  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • Q. 聖書で言う罪は、何ですか?

    A. 創造者である真の神に背を向けて、自分中心に人生を生きることです。
    聖書の中に「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。(箴言 第14章12節)」と書かれています。創り主から離れた生き方が不信仰や不従順であり、そこから人間は多くの罪を犯すようになったのです。
    ギ リシャ語で「罪」を表す言葉に「ハマルティア」というのがありますが、それは「的を外す」「誤る」「迷う」ということを意味しています。聖書の語っている 罪の根本は、真の神を無視する人生を指しています。聖書はそのような人間の姿を「羊のようにさまよい」と表現しています。
    神の御子イエス・キリストがこの地上に来られたのは、十字架で私たちのために罪の身代わりとなることにより、神との和解と、新しい神との交わりの道をイエス・キリストを信じるすべての者に与えるためでした。罪は、目に見えなくても、人生を縛り、呪いをもたらすものです。