注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

あなたの証を分かち合う

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的成長の第1段階:クリスチャンの少年期 : あなたの証を分かち合う

あなたの証を分かち合う

個人的な証しを洗練する

あ なたならではのキリストに導かれた経験は、他の人々に、福音を分かち合う際の、強力な道具となります。よく準備された証は、グループ内でも、カジュアルな 一対一の会話でも、効果的に用いる事ができます。あなたは、あなたの言葉が良く選ばれた言葉であり、聖書的に正しく、またその状況に即したものである事を 知っているので、確信をもって話すことができます。

効果的な証の本文は、 普通以下の三つの部分に分けられます。:キリストを受け入れる前はあなたの人生はどのようであったか、どのようにしてあなたはキリストを受け入れたのか、 そしてキリストを受け入れた結果、あなたの人生はどのように以前と違ったものになったのか、です。これはしばしば、「以前/どのように/以後」形式と呼ば れるものです。ただ、これに人の注意を引くようなイントロダクション(導入)と、短く簡潔なあなたの結論としての考えを付け加えればよいのです。

始める前に

・ 主の前に行き、あなたの考えと、文章にする単語を導いてくださるようにお願いしましょう。そして主がそうして下さると信頼するのです。忘れないで下さい。 あなたの証の物語は、主に栄光を帰すだけでなく、他の人々の救いの計画の一部となるのです。

・ たった一人の人と話しているかのように書くのです。多くの、「初めての話し手」は、個人にではなく、集団に話そうとしてしまうという失敗をしてしまいま す。しかし一人の個人に話しているかのように書くと、あなたの証はよりダイレクトに伝わるのです。会衆の一人一人は、あなたが彼または彼女のそばに座って 話しているかのように感じることでしょう。

・ 短くまとめましょう。3分(A4にタイプされた約1ページ)で、あなたはあなたの経験を十分に説明する事ができ、また福音もそこに含む事ができます。この長さにすると、あなたは話す言葉を注意深く選ぶ事になります。

・ テーマを付けることを考慮する。(例2の証参照)テーマは、導入にもってくるフレーズまたは考えであり、証の本文全体に織り込まれ、また結論の際にもう一 度語られます。テーマは、証をすじの通ったものにし、聞く人がよく理解し、話の内容を覚えておく助けになります。

・ 付録に、いくつかのあなたの参考になる証を例として載せました。聖書の中にも、使徒の働き22,23,26章で従うべき証の例が載っています。そこでは、パウロも、私達と同じ「以前/どのように/以後」形式を用いています。

紙に書く

まず証の本文から始めましょう。その後で、導入と結論を付け加えます。この下にある5項目を順番に書いていく事から始めます。

1.キリストを受け入れる前のこと

2.どのようにキリストを受け入れたか

3.キリストを受け入れた後

4.導入

5.結論

簡潔にしようとしているなら、これらの助言はあなたが考えを文章にするときに、助けになるでしょう。

1.実際に証の本文を書き始める前に、「キリストを受け入れる以前」「どのようにしてキリストを受け入れたか」「キリストを受け入れた後」という以下の項目ごとの質問に対して、あなたのアイデアや、考えや、出来事を書き出しておく。

2.あなたの証にとって、何が一番大事であるかを決める。あまりにも露骨に、あるいは衝撃的になり過ぎないようにする。

3.出来事、アイデア、考えを、理論的な発表の順序に並べ替える。

4.これらの簡単な考えやアイデアを文章化する。

5.簡潔で意味が通るように、それらの文章同士をつなげて行く。

キリストを受け入れる以前

1.何があなたにとってもっとも大切でしたか?あなたの生活は何を中心に回っていましたか。(例:お金、結婚、キャリアなど)

2.何故それらのものがそんなに重要だったのですか?どんな基本的な欲求をあなたは満たそうとしていたのですか?

3.どのようにしてあなたはその必要を満たそうとしていましたか。

いくつかの助言・・・

あなたがキリストに出会う経験と関係がある時点から、始めましょう。これは子供の頃からの「伝記」ではない事を忘れないようにしましょう。

もしあなたが子供の頃にクリスチャンになって、キリストを受け入れる特別な決心をした記憶がないならば、あなたが変えられる前の生活を集中して書き、それを「以前」の部分として使いましょう。

自 分を罪人だと考えるのが好きな人は誰もいません。ですから、もし、あなたがクリスチャンでなかったときの罪の深さを強調するなら、聞く人と最高の関係は結 べないでしょう。それよりは、あなたの外見上の「良さ」(例:教会出席、お墓参り、学校の成績、道徳、気前の良さなど)と同時に、内面の不正を指摘するの が良いでしょう。例としてはこういうのがあるでしょう。「私の人生は全てそろっているように見えました。でも何かがかけていることを私は知っていまし た。」

あなたが前に聞いた事があるような、劇的な回心や、急激な生活の変化などの証によって自信を失ったり、やる気を失ったりしないで下さい。

「個 人的な証というのは、単に神が誰かを恐ろしい罪から救ったという物語ではない。その人がどういう人か、またどんな状況をくぐり抜けてきたかにかかわらず、 神が、どのように人生を作り変えられたかの報告書なのである。多くの人々は、誰かが幼少期に主のもとにきて、成長過程での多くの落とし穴を避けえたという 証によって勇気付けられる。神は私達をあるがままで用いられる。私達をご自身の姿に似せて作られ、ご自身の力で作り変えられるのだから。」

どのようにキリストを受け入れたか

1.いつあなたはキリストのメッセージをはじめて聞き、そのときどのように反応しましたか?

2.あなたがはじめて福音に対して積極的な反応を示したのはいつで、それは何故ですか?

3.何故あなたはキリストに信頼する決心をしたのですか?また、具体的にどのようにしてそれをしたのですか?

いくつかの助言・・・

こ れらの質問に答えるときに、特に、あなたをキリストを受け入れるところまで導いた過程に焦点をあてます。これはあなたの証のクライマックスです。これは、 あなたが自分の意志を働かせた行動としての決心だという事を強調するのは重要な事です。もしあなたが子供の頃にキリストを信じたのなら、あなたの「決心」 は、プロセスを超えたものであったかもしれません。あなたにとっては、「いつ」という事よりは、今あなたの人生にキリストがおられるという確信のほうが大 事なのです。

この「どのように」という部分では、福音の基本的なメッセージを、明確に、手短に挿入する試みをすると良いでしょう。これは、「人がどうしたらクリスチャンになることができるか」ということを知る唯一の方法となりえます。

キリストを受け入れた後

1.「以前」の項目であげた基本的な欲求を、具体的にキリストはどのように満たしてくださいましたか?

2.その結果、あなたの人生にどんな変化が起こりましたか?

3.あなたの生活の中でどのように、キリストを「知る」ことができますか?

いくつかの助言・・・

ク リスチャンになった後の人生に起こった変化を書くときに、現実的になってください。神がどのようにあなたがさらに深く彼に信頼する事を学べるようにしてく ださっているかを書きましょう。あなたが変わったという実例や、神の言葉の中で発見した原則、またそれを日常生活の中でどのように適応しているのかという 実例を入れましょう。

絶 対に、あなたが今まだ完全ではないという事を触れておきましょう!私にはまだ毎日問題があるけれど、キリストの助けによって、それに現実的に向き合う事が でき、神の方法で解決できるのです、という風に言いましょう。あなたは完全ではありません。でもあなたは赦されており、前進しています。

キリストが変えてくださった実例と言うのは、あなたの人間関係、目標、優先順位、また善悪の習慣、態度、あなたの家庭の雰囲気などといったものが含まれるでしょう。

導入

二つの異なったバージョンを考えましょう。一つはグループで用いるもの、一つは個人のレベルで用いるときのものです。より簡単に、そしてスムーズに始める事ができるように、両方の導入を一言残さず暗記しておくのが良いでしょう。

1. グループで証を分かち合う場合は、はじめの文章は友達との会話よりは形式的になるでしょう。興味を引くような引用や、びっくりささるような質問や、聞く人 の注意を引き付けるような絵を使う事も考えましょう。たとえばこういうのがあります。「世界一の金持ちの一人、ジョン・D・ロックフェラーはかつてこう質 問しました。『あなたが満足するためにはどれくらいのお金が必要ですか?』と。かれは笑ってこう答えました。『今よりもう少しありさえすればね。』」

2. もし個人と話しているなら、最初の一言は、聞く人が今いる場所と関係のあるものであり、また、その人が福音に対して持っている興味に対して感情を害する人 がいる事も、考えに入れておく必要があります。たとえば、「今の世の中で、子供を育てるのは難しいですよね。もし一つの事がなければ、私は自分の子供をど のようにして育てるかという事について、まったくわからないままだったと思いますよ。」「僕が大学にいたとき、考えつく限りの欲しいものを全部持っていた んだ。でも、内面では、全然満足がなかったんだ。」という感じです。

結論

1. 結論は、あなたが最初に持っていた基本的な必要と、キリストが今はその必要を満たしてくださったと言う事実に関する、まとめの文章で、1文ないし2文にな るのが良いでしょう。例えばこういうものがあります。「私は19年以上前にこの決断をしました。それは私の人生の中で最も重要な決断でした。今に至るま で、私の成功によってではなく、イエスキリストとの個人的な関係によってもたらされる目的意識、平安、心の満足が与えられ、それは日々成長しています。」

2.あなたの目的は、キリストがあなたの人生にしてくださったことを説明することによって、彼らに自分自身の人生について考えさせるようにする事である、ということを忘れないで下さい。説教してはいけません。

3.聞いている人に、チャレンジを与えるような言葉を残しましょう。一般的に彼らはあなたが最後にいった言葉について話すということを心に残しておきましょう。

4.最後に御言葉をくっつけるのは避けたほうがよいでしょう。「以前/どのように/以後」の部分に、もっとも自然な形で御言葉を織り込むのがよりよい方法です。

いくつかのヒント

1.最低1枚の下書きを書くこと。4章の「最終チェック」にリストされた質問を用いて、他の人に批評してもらいましょう。

2.自然に話せるようになるまで、証のリハーサルをすること。

3. クリスチャン用語を使わないこと。クリスチャンにとって親しみやすい言葉やフレーズは、ノンクリスチャンにとっては奇妙であり、意味がわからないことがあ ります。例えば、「イエス様に心に入ってくれるようにお願いする」「救われる」「回心する」「罪を認識する」「新生する」などです。

4.あまり多くの言葉を使わないこと。あなたの言葉に、明確な焦点と方向性を持たせましょう。.

5.あなたがどれぐらい悪かったかと言う事を強調しないこと。

6.「素晴らしい」「栄光ある」などのぴかぴか光るような大ざっぱな言い方は避ける事。

7.他の人々や個人を批判的にあるいは否定的に捉えるような話し方はしないこと。

8.教会や、教派の名前を挙げないこと。

9.現実的になること。どのようにキリストがあなたの問題をなくしてくださったかではなく、あなたの問題に直面させ、通り抜けさせてくださったかを語りましょう。

ここまでで、証の基本的な部分が完成しました。「以前/どのように/以後」の証の本体の部分に加えて、注意を引く導入と、聞く人が何かを考え始めるような結論も付け足しました。

個人的な証というのは、常に変わりつつあると言う意味で、「生きた」ものであると言う事を忘れないで下さい。時々、あなたはテーマを変えたい、または細かい部分を更新したいと思うかもしれません。人生のときに伴って、私達が証において強調する点は変わるものです。

目 的は、聞き手が大学生であろうと、部屋一杯になった教職員の奥さま方であろうと、その人たちと効果的に関係を結ぶ事です。準備が大切です。この記事はその ためにこそあるのです。神があなたの為にチャンスのドアを開いて下さったときに、あなたがよく考え抜かれた言葉で確信をもって話す事ができるために。

最終チェック

あなたが書いた証を洗練されたものにするために、次の質問は自分で最終チェックをするために非常に助けになるでしょう。

1.どのようにしてこの証は人の心に伝わるだろうか。この証の中に、へつらって聞こえたり、説教じみて聞こえたり、いい子ぶっているような所などがないか。

2.導入は、グループに対しては注意を引くものであり、個人に対しては現実的なものであるか。

3.「以前」の部分は、理解できるか。明確な「必要」を特定したか。

4.これを聞いたノンクリスチャンの人が、キリストを受け入れる事ができるほど、証の中の福音は単純かつ明確か。

5.「以後」の部分は、現実的か。私の人生には今はまったく問題がないように聞こえはしないか。

6.結論は、うまく証のまとめになっているか。また、聞いている人を続けて考えさせるような内容か。

7.もしテーマを使ったなら、それは証の色々なところに織り込まれているか。

8.ノンクリスチャンが理解できないようなクリスチャン用語を避ける、あるいはその意味をわかるように説明しているか。

9.特定の人、グループ、あるいは教派などに対して非難するようなことを証の中で言ってはいないだろうか。

10.私の証を聞いて、ノンクリスチャンの人はキリスト教についてどう感じるだろうか。

This was written by Mrs. Vonette Bright at Campus Crusade for Christ.

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 子育てQ 息子の部屋をそっとのぞいてみて、何をしているのか確かめるのはどうでしょうか。親はそんなことをしたらいけないでしょうか。

    A 十代の子どもたちのプライバシーを冒してでも、両親が秘密に調査をしなければならないときは確かにあります。ある俳優が十代の娘が麻薬を使っていることを 発見したとき、この問題はメディアで広く話題になりました。問題がついに表面化した時、この母親は事実をつきとめる努力を怠ったことを後悔していると述べ ました。彼女は多くのトークショーに出演し、「ああいうケースの子どもたちは親に見つかった方がよい」という意味のことを語りました。プライバシーうんぬ んもさることながら、目の前で進行している犯罪行為を目をつむって見ようとしないことの方が問題です。
    息子さんのしていることを確認してくださ い。もちろん、親は自分の子供をよく知っているべきです。違法なことや自分の害になることなど全く興味がないという青年たちもいます。そういう子どもたち の部屋や私物まで調べるようにとは、私も勧めません。しかし物陰に隠れてはあやしげなことをし、おかしな友だちを集め、家の中では親を決して部屋に入れな いような子の場合は、私なら遅くならないうちに事実を確認する努力をするでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 家族Q 学校を良くするために親は何ができますか。

    A  教育者ならたいていは、学校教育の目的を果たすためには親の協力が不可欠であることを承知しています。ただある人々は(幸い大部分ではありませんが)教育は専門家に任せて欲しいと、親を煙たがります。

    しかし、たじろいではいけません。親こそが、子どもの教育の最終責任を負うものであり、誰にもその責任を奪い取られてはなりません。教育者は、いわば従業員であり、税金で賄われ、教育委員会に責任を問われるのです。
    親が関わりを持ち、サポートする学校こそ良い学校です。

    以上を理解した上で、ぜひ学校を訪ねてみてください。教室内に計画性と互いへの尊敬としつけとが行き届いているででょうか。もしそうなら、担任と校長先生に電話して感謝のことばを伝えてはいかがでしょう。先生方も感謝されたら嬉しいものです。
    「私にも手伝えることがあれば言ってください。」と申し出るのです。風通しが悪いなら、黙っていないで行動するのです。他の親たちと話し合いなさい。積極的にPTAに参加してください。教科書を開いてみてください。

    繰り返します。親たちがよく動く時に、学校は一番よく機能するのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q 女性が、妻(母)となることを人生の目標とすることはおかしなことですか。何か他に目標がなくてはいけませんか。

    A  全くおかしくありません。母親としての仕事は立派な仕事であり、何も恥じる必要はありません。若い女性たちが主婦となることを目指すと言っただけで、愚か者扱いされるようになったのは、ほんのここ数十年のことです。

    ある大学4年の女子生徒が卒業後のことについて相談に来たことを思い出します。様々な仕事の可能性や更に学びを続けることについても話し合いました。
    それから彼女はひと呼吸おいて、後ろをうかがってから身を乗り出し、ほとんど聞き取れない程の声で言いました。

    「本当のことを言ってもいいですか。」
    「もちろん。他に誰も聞いてはいませんよ。」
    彼女は低い声で続けました。「本当はね、仕事なんか持ちたくないの。結婚して子どもを育てるのが私の望みなの。」
    私は答えました。「何か秘密のように話さなくちゃならないことかい。君の人生じゃないか。誰に遠慮することもないよ。」
    「冗談言わないで下さい。この学校の教授や友達に聞かれたら、うわさの種にされてここにいられなくなってしまうわ。」

    信 じがたいことですが、今や子どもを産んでから数年を育児に専念することが当り前ではない時代になってしまいました。この風潮は、女性蔑視であり愚かなこと です。神を愛し、この世に貢献し役立つ子どもを育てることほど大切な仕事がこの世にあるでしょうか。何世紀もの間大切な働きとされてきた家事や育児を女性 たちが恥じるようになったことは残念至極です。

    もちろん、すべての女性が妻や母になるわけではありません。仕事にのみ生きる女性もいるで しょう。結婚するつもりのない人もいます。それはそれでいいのです。しかし、専業の母親となることを望む人がそれを公言することを(それも大学の構内で) 恥じる必要などどこにもありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 弟子たちは、イエスの教えと復活の事実を伝える証人として任命されました。 「都で留まっていなさい」とありますが、この都とはエルサレムを指しています。 イエスのこの命令どおりに弟子たちはエルサレムに留まり、神からの賜物である力を待っていました。

    1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示され た。1:4 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっていま す。1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの 証人となります。(使徒行伝1:3-8)

    弟子たちはイエスの命令に従い、エルサレムで待っていました。この時、イエスが言われたように、 弟子たちは聖霊で満たされたのです。そして、弟子の一人、ペテロがエルサレムに集まっていたユダヤ人たちの前で、イエスの死と復活について語り始めます。 ここで書かれている記録が、教会の初めであり、始まりだったのです。 

    2:22 イスラエルの人たち。このことばを聞いてください。神はナザレ人イエスによって、あなたがたの間で力あるわざと、不思議なわざと、あかしの奇蹟を行なわれ ました。それらのことによって、神はあなたがたに、この方のあかしをされたのです。これは、あなたがた自身がご承知のことです。

    2:23 あなたがたは、神の定めた計画と神の予知とによって引き渡されたこの方を、不法な者の手によって十字架につけて殺しました。

    2:24 しかし神は、この方を死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。この方が死につながれていることなど、ありえないからです。……。

    2:32 神はこのイエスをよみがえらせました。私たちはみな、そのことの証人です。

    2:33 ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて、今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。……。 

    2: 36 ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」 

    2:37 人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。   

    2:38 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。 そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。 

    2:39 なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたちならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」

    2:40 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。

    2:41 そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日三千人ほどが弟子に加人々えられた。

    2:42 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。

    (使徒行伝2:22-42)