注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

救いの確信

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的成長の第1段階:クリスチャンの少年期 : 救いの確信

福音の確信は、生まれた赤ちゃんのにお母さんがいることにより、自分のお母さんを認識し、その愛の中で育っていくように、クリスチャンも、ヨハネ1:12のように、私たちが神の子供となる特権を持っていることを確信することです。

その為には、以下の御言葉による確信が必要です。

1.神の愛

●重要な御言葉:

(御言葉を通して、神さまがその人の人生をどのように見ておられるか知ることができるように手助けする。)

ヨハネ10章10節 (イエスさまの言葉)"わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

" 創世記1章27節  "神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。"

その他 Iヨハネ4章8節   Iヨハネ3章1節

・聖書は、神さまが私たちを愛していると教えている。 ・神さまは、私たちが人生を最大限に生き、神さまの愛、幸せ、平安、人生の目的、満たしを経験して欲しいと願っておられる。 ・神さまは、人がご自身と親しい交わりを持ち、愛を経験するために、ご自身のかたちに創造された。 ・けれども、神さまは人を自動的に神さまに応答するロボットや操り人形のようには造られず、意志と自由を持つように造られた。

2.人間の問題

●重要な御言葉:

ローマ3章23節  "すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができ[ない]"

ローマ6章23節  "罪から来る報酬は死です。"

へブル9章27節  "人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている"

その他  イザヤ53章6節、  イザヤ59章1-2節  ローマ3章10-12節.、  ローマ5章12節  IIテサロニケ1章8-9節、ヤコブ2章10節

・神さまの命令を守るか、神さまから離れて生きるかの選択で、人間は神さまに背いて生きることを選んで きました。私たちは、神さまに背を向けてきました。 ・その結果は、聖く完全であられる神さまと、罪深く不完全な人間と間が断絶されました。 ・聖書は、全ての人が罪を犯したと言っています。私たちは例外無く、神さまを悲しませる思いや行動をし てきたのです。 ・罪とは、基本的に私たちの思いが神さまの思いと異なることです。神さまに対する反抗や無関心も罪です。 ・この断絶は霊的な死を意味します。私たちは死後、さばかれ、永遠の霊的な死に定められるのです。 ・全ての人は、沈みそうなボートに乗り合わせているようなもので、自分たちを救うことはできないのです。 ・私たちの意見ではなく、神さまの意見が重きをなすのです。ですから、私たちは聖書の中に答えを求めな くてはならないのです。

3.神の解決策

●重要な御言葉:

Iペテロ3章18節  "キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。"

ローマ5章8節  "しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する愛を明らかにしておられます。"

その他  ヨハネ3章16節  ヨハネ14章6節  IIペテロ3章9節

・ 私たちが神さまに背を向けたという事実に関わらず、神さまは私たちを愛し続け、個人的にご自身を知って欲しいと願っておられます。 ・どんなの努力しても人は不完全であり、彼らは完全にはなれない上、神さまと人間の橋渡しとなるような完全さを得ることはできないのです。 ・聖書はイエス・キリストは神であり、また同時に人でもあると言っています。 ・キリストが自ら進んで、十字架上で死んだとき、彼は私たちの身代わりに死んだのです。彼は私たちが赦されることができるように、罪の裁きから私たちを 贖ってくださったのです。 ・キリストを通して、神さまは"わたしがあなたを愛していることを知って欲しい。"と言っておられます。 ・キリストだけが、神さまとわたしたちの深い溝の橋渡しとなることができるのです。 ・他の宗教は、人が不完全と真の満たしの溝を埋めることができることを証明しようとしています。キリスト教は、神さまだけがその橋渡しを与えることを信じ ている点で他の宗教と異なっています。

4.人間の応答

●重要な御言葉:

ヨハネ3章16節  "神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。"

ヨハネ5章24節  (イエスさまの言葉)"わたしの言葉を聞いて、わたしを遣わした方を信じるものは、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。"

その他  ヨハネ1章2節、エペソ2章8-9節、ヨハネの黙示3章20節

・キリストは、神さまの側へ渡ることを可能にしました。けれども、私たちは自動的に渡れるわけではありません。 ・私たちは、キリストがしてくださったことを信じる行動を起こさなければなりません。祈りにおいて、(1)自分の罪を認め、(2)キリストがしてくださったことのために赦しを求め、(3)キリストに人生のすべてを任せる。 ・キリストを信じるとは、信頼し、全てを委ねることです。キリストが私たちの身代わりとなって死んだことを受け入れ、彼に私たちの人生を支配させることです。 ・贈り物は無料ですが、私たちが手を伸ばし、受け取らない限り、わたしたちのものにはなりません。キリストにある永遠のいのちは、神さまからの贈り物です。正しい応答は、それを受け入れて受け取ることです。

救いのための祈り

も し、あなたが福音を分かち合った人が自分の罪を悔い改め、キリストの救いに信頼する用意が出来ているようでしたら、一緒に救いのための祈りをすることを提 案してみてください。祈る前に、何を祈りに含めるか話し合ってください(重要な点を書き出すのも良いでしょう)。まず、相手に何を含めたいか聞いて、その 後であなたが他の点を提案してください。以下に救いのための祈りの例を記しておきます。

"主よ、わたしが罪人であり、あなたの赦しが必要であることを認めます。あなたの赦しなしでは、あなたのさばきと永遠の死に直面しなくてはならないことを 知りました。あなたがわたしを愛し、ひとり子であるイエス・キリストをわたしの罪のために送ってくださったことによって、そのことを示してくださいまし た。わたしはこのことだけがあなたとの関係を正してくれることに信頼します。わたしの人生をあなたの手に委ねます。あなたがわたしの内に生きて働いてくだ さい。わたしは、自分がこのことに値しないことを知っています。心からあなたに感謝します。"

キリストが私たちにこられたのは、私たちを神のみもとに導くためでした。 このように祈ることにより、私たちの心にキリストが来てくださり、私たちを神の家族に属するようにしてくださいます。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 子育て

    Q 家族のことを考えたら、忙しすぎることがよくないことは分かります。でも、私たちの教会は平日もほとんど毎晩何かの活動をしています。夫も私もそのうちの 多くの働きのリーダーシップを取るように頼まれたり、または期待されます。 正直に言って、牧師から依頼されたことを断わると、罪意識を覚えます。結果的に、家族の時間はなくなってしまいます。この矛盾をどうしたら解決できるで しょう。

    A そのジレンマは私にも分かります。私ども夫婦も、結婚して最初の10年間は同じ葛藤を経験しました。
    まだ若かった私は、当時教会から頼まれることは何でも引き受ける義務があるかのように感じました。教会学校の校長、成人クラスの教師、教会の役員などを務 め、その他、何か特別な必要がある時は何でも引き受けていました。妻も、子供聖歌隊の指導、婦人会の役員など教会活動に深く関わっていました。私は博士過 程の最終段階にあり、仕事面での責任も膨大でした。息もつけない状態で、家には私と遊びたい盛りの娘がいるのに、ある時は17日間も夜の会合が続いたこと を思い出します。

    それ自体は重要な仕事であっても、それを引き受けるには判断力と常識とを働かせるようにと、主は私に望んでおられることが少しずつ分かってきました。一人 の人間ができることには当然限界があります。クリスチャンとしての義務、仕事、レクリエーション、社会的責任そして意味ある家庭生活などをバランスよく計 画する必要があることが分かりました。この問題を整理するのに役立った聖書のことばは以下の二つです。

    第一は、マタイの福音書14章13~14節にあります。「イエスはこのこと(バプテスマのヨハネの死)を聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所 に行かれた。すると、群衆がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。イエスは舟から上がられると、多くの群衆を見られ、彼らを深くあわれん で、彼らの病気を直された。」

    この時、イエスはいとこであり友であるバプテスマのヨハネの死をいたみ悲しんでいたに違いありません。「自分だけで寂しい所に」行く必要があったのです。 それでも群衆は主の居場所を知り、いやしの御手を求めて来たのです。喪中であっても、イエスは人々をあわれみ、その必要を満たされました。このことから私 の出した結論は、私たちも困難や不都合にめげず自分を犠牲にするべき時があるということです。また別の時には何千もの人々がいやしを求めてイエスに押し寄 せました。みことばを語られた後、主は弟子たちと舟に乗り込み、その場を去りました。マルコの福音書4章36節によれば「弟子たちは、群衆をあとに残し、 舟にのっておられるままで、イエスをお連れした。」疑いなく、その日の群衆には癌、盲目、身体の障害、その他あらゆる不幸を背負った人々がいたはずです。 主は彼らすべてをいやすために徹夜することもできたでしょうが、明らかに体力の限界に達して、休む必要を感じたのです。主と弟子たちが湖にこぎ出したと き、病人たちを岸辺に置き去りにしたのです。似たような出来事がマタイの福音書14章23節にも記されています。「群衆を帰したあとで、祈るために、ひと りで山に登られた。夕方になったが、まだそこに、ひとりでおられた。」自分を与えるべき時もあれば、なすべき大切な仕事はあっても、一人になり、祈り、日 常の雑事から逃れるべき時があります。

    イエスのしたような休憩とリフレッシュの時を確保しない人は、やりたいこともうまく進まないようになります。例えて言うなら、庭のスプリンクラーの蛇口を 多く作りすぎたようなものです。どの蛇口からも不十分な水量しか出ません。もうひとつの例をあげましょう。ぶどうを栽培する人は、枯れ枝を刈り込むだけで はなく、実のなる枝さえいくらかは刈り取ることをご存じですか。収穫量をいくらか犠牲にしても、質の良いぶどうを得ようとするのです。同じように、私たち も休みなく動き回ることをやめて、働きの全体的な質を良くするようにすべきです。

    他にもうひとつ、気をつけるべきことがあります。バランスを維持すべきだといって、教会内での責任を避ける言い訳にするべきではありません。牧師たちは 「大部分の奉仕がほんの数人の肩に負わされ、他の人は何もしようとしない。」と嘆きます。これでは困ります。ひとつの極端から、反対の極端に飛躍しないよ うに、常識を働かせましょう。

    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q 心のこもった応答を全くしてくれない夫を持つ私のような妻はどうしたらいいのでしょうか。主人はいい人ですが、女ごころの機微にはうとくて、会話を楽しむことをしません。私はもう我慢できません。

    A.  妻の必要に全く答えられない種類の男性たちがいます。
    女性たちが何を考えているかが分からず、これまでに誰にも「与える」ことがなかったのです。

    女 性の機微が分からず、コミュニケーションできない、この種の男性たちと結婚した女性たちは、どこまでを期待できるのか、またどうやって意味ある生活を作り 出すかを決めなければなりません。そうでなければ、早く離婚するしかないでしょう。もちろん、前者の方が良いと私は思います。

    ご主人が上 記のような方ならば、奥さんにできることは、女性がどのように男性とは違うのか、そして、あなたの独特な必要は何かを、責めたり怒ったりせずに、よくご主 人に説明することです。お二人の間で、改善できるところは改善し、理解可能なことは説明し、解決できることは解決し、歩み寄れる部分は交渉をすることで す。
    ユニークな個性を持った、二人の不完全な人間が持ち寄った原材料で、できる限り最善の結婚生活を造りだすのです。

    また、削りとれない荒さや、直せない欠点などについて最善の努力をした後には、現実を受け入れることです。精神衛生の第一原則は、変えられないものを受け入れることです。人生の状況を見て、うつ状態に陥ることは容易です。

    し かし、それに屈せず、満足することを選ぶこともできます。「選択」がキーワードです。あなたは、ご主人をありのままに受け入れられますか。人が、伴侶の中 に自分の全ての願いや希望を実現することはほとんどないのです。コインの裏表のように、当然ながらあなたもご主人にとって完璧な奥様にはなれません。ご主 人があなたの情緒的な必要のすべてを満たすことができないように、あなたも、ご主人の男性としての必要を常に満たし続けることはできません。両者ともに、 人間の弱さ、欠点、いらいら、疲労、また時折おそう頭痛を現実として受け入れざるをえません。

    完璧主義は、良い結婚を生みだしません。解決不可能な山のような問題を見過ごせる健康な視点が、良い結婚を生み出すのです。この解決法が、実行するにやさしいものであるとか、おっしゃるような心の叫びを簡単に取り去るなどと申し上げるつもりはありません。

    しかし、誰でも遅かれ早かれ自分の手に余る困難にぶつかるものです。そこで、つぶれたり、逃げたり、腹を立てたり、その全てをすることもできます。けれども、受け入れることはそのすべてに勝るのではないでしょうか。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 教会には、なぜ十字架があるの?

    A. ローマ時代、十字架刑というのは、もっとも恐 ろしい犯罪者への刑罰の方法でした。イエス・キリストは何の罪も犯されませんでしたが、約2000年前に 2人の強盗と一緒に十字架につけられました。それは、「私たちの罪の身代わり」であった、と聖書は語っています。十字架上でイエス・キリストが流された血 潮によって、私たちの罪はゆるされ、聖なる神の前で「義」とされるのです。
    そのことをいつも心に覚えて忘れないために、多くの教会には十字架がシンボルとして付けられていますが、十字架に手を合わせて拝んだりするためではありません。
  • Q. 教会は楽しいところですか?

    A. もし世の中の楽しみのようなことを期待されるならば、場違いだと感じるかも知れません。教会には、年齢や性別、国籍を越えて、いろいろな方々が来られています。神による不思議な平安や暖かさが満ちていま すので、何回か来られるならば、この世の中には無い、素晴らしい喜びが神によって与えられることに気づくでしょう。その時には、教会に来ることが何よりも 楽しくなります。考えていないで、一度勇気を出して足を運んでください。