注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

救いの確信

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的成長の第1段階:クリスチャンの少年期 : 救いの確信

福音の確信は、生まれた赤ちゃんのにお母さんがいることにより、自分のお母さんを認識し、その愛の中で育っていくように、クリスチャンも、ヨハネ1:12のように、私たちが神の子供となる特権を持っていることを確信することです。

その為には、以下の御言葉による確信が必要です。

1.神の愛

●重要な御言葉:

(御言葉を通して、神さまがその人の人生をどのように見ておられるか知ることができるように手助けする。)

ヨハネ10章10節 (イエスさまの言葉)"わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

" 創世記1章27節  "神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。"

その他 Iヨハネ4章8節   Iヨハネ3章1節

・聖書は、神さまが私たちを愛していると教えている。 ・神さまは、私たちが人生を最大限に生き、神さまの愛、幸せ、平安、人生の目的、満たしを経験して欲しいと願っておられる。 ・神さまは、人がご自身と親しい交わりを持ち、愛を経験するために、ご自身のかたちに創造された。 ・けれども、神さまは人を自動的に神さまに応答するロボットや操り人形のようには造られず、意志と自由を持つように造られた。

2.人間の問題

●重要な御言葉:

ローマ3章23節  "すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができ[ない]"

ローマ6章23節  "罪から来る報酬は死です。"

へブル9章27節  "人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている"

その他  イザヤ53章6節、  イザヤ59章1-2節  ローマ3章10-12節.、  ローマ5章12節  IIテサロニケ1章8-9節、ヤコブ2章10節

・神さまの命令を守るか、神さまから離れて生きるかの選択で、人間は神さまに背いて生きることを選んで きました。私たちは、神さまに背を向けてきました。 ・その結果は、聖く完全であられる神さまと、罪深く不完全な人間と間が断絶されました。 ・聖書は、全ての人が罪を犯したと言っています。私たちは例外無く、神さまを悲しませる思いや行動をし てきたのです。 ・罪とは、基本的に私たちの思いが神さまの思いと異なることです。神さまに対する反抗や無関心も罪です。 ・この断絶は霊的な死を意味します。私たちは死後、さばかれ、永遠の霊的な死に定められるのです。 ・全ての人は、沈みそうなボートに乗り合わせているようなもので、自分たちを救うことはできないのです。 ・私たちの意見ではなく、神さまの意見が重きをなすのです。ですから、私たちは聖書の中に答えを求めな くてはならないのです。

3.神の解決策

●重要な御言葉:

Iペテロ3章18節  "キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。"

ローマ5章8節  "しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する愛を明らかにしておられます。"

その他  ヨハネ3章16節  ヨハネ14章6節  IIペテロ3章9節

・ 私たちが神さまに背を向けたという事実に関わらず、神さまは私たちを愛し続け、個人的にご自身を知って欲しいと願っておられます。 ・どんなの努力しても人は不完全であり、彼らは完全にはなれない上、神さまと人間の橋渡しとなるような完全さを得ることはできないのです。 ・聖書はイエス・キリストは神であり、また同時に人でもあると言っています。 ・キリストが自ら進んで、十字架上で死んだとき、彼は私たちの身代わりに死んだのです。彼は私たちが赦されることができるように、罪の裁きから私たちを 贖ってくださったのです。 ・キリストを通して、神さまは"わたしがあなたを愛していることを知って欲しい。"と言っておられます。 ・キリストだけが、神さまとわたしたちの深い溝の橋渡しとなることができるのです。 ・他の宗教は、人が不完全と真の満たしの溝を埋めることができることを証明しようとしています。キリスト教は、神さまだけがその橋渡しを与えることを信じ ている点で他の宗教と異なっています。

4.人間の応答

●重要な御言葉:

ヨハネ3章16節  "神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。"

ヨハネ5章24節  (イエスさまの言葉)"わたしの言葉を聞いて、わたしを遣わした方を信じるものは、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。"

その他  ヨハネ1章2節、エペソ2章8-9節、ヨハネの黙示3章20節

・キリストは、神さまの側へ渡ることを可能にしました。けれども、私たちは自動的に渡れるわけではありません。 ・私たちは、キリストがしてくださったことを信じる行動を起こさなければなりません。祈りにおいて、(1)自分の罪を認め、(2)キリストがしてくださったことのために赦しを求め、(3)キリストに人生のすべてを任せる。 ・キリストを信じるとは、信頼し、全てを委ねることです。キリストが私たちの身代わりとなって死んだことを受け入れ、彼に私たちの人生を支配させることです。 ・贈り物は無料ですが、私たちが手を伸ばし、受け取らない限り、わたしたちのものにはなりません。キリストにある永遠のいのちは、神さまからの贈り物です。正しい応答は、それを受け入れて受け取ることです。

救いのための祈り

も し、あなたが福音を分かち合った人が自分の罪を悔い改め、キリストの救いに信頼する用意が出来ているようでしたら、一緒に救いのための祈りをすることを提 案してみてください。祈る前に、何を祈りに含めるか話し合ってください(重要な点を書き出すのも良いでしょう)。まず、相手に何を含めたいか聞いて、その 後であなたが他の点を提案してください。以下に救いのための祈りの例を記しておきます。

"主よ、わたしが罪人であり、あなたの赦しが必要であることを認めます。あなたの赦しなしでは、あなたのさばきと永遠の死に直面しなくてはならないことを 知りました。あなたがわたしを愛し、ひとり子であるイエス・キリストをわたしの罪のために送ってくださったことによって、そのことを示してくださいまし た。わたしはこのことだけがあなたとの関係を正してくれることに信頼します。わたしの人生をあなたの手に委ねます。あなたがわたしの内に生きて働いてくだ さい。わたしは、自分がこのことに値しないことを知っています。心からあなたに感謝します。"

キリストが私たちにこられたのは、私たちを神のみもとに導くためでした。 このように祈ることにより、私たちの心にキリストが来てくださり、私たちを神の家族に属するようにしてくださいます。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q 女性が、妻(母)となることを人生の目標とすることはおかしなことですか。何か他に目標がなくてはいけませんか。

    A  全くおかしくありません。母親としての仕事は立派な仕事であり、何も恥じる必要はありません。若い女性たちが主婦となることを目指すと言っただけで、愚か者扱いされるようになったのは、ほんのここ数十年のことです。

    ある大学4年の女子生徒が卒業後のことについて相談に来たことを思い出します。様々な仕事の可能性や更に学びを続けることについても話し合いました。
    それから彼女はひと呼吸おいて、後ろをうかがってから身を乗り出し、ほとんど聞き取れない程の声で言いました。

    「本当のことを言ってもいいですか。」
    「もちろん。他に誰も聞いてはいませんよ。」
    彼女は低い声で続けました。「本当はね、仕事なんか持ちたくないの。結婚して子どもを育てるのが私の望みなの。」
    私は答えました。「何か秘密のように話さなくちゃならないことかい。君の人生じゃないか。誰に遠慮することもないよ。」
    「冗談言わないで下さい。この学校の教授や友達に聞かれたら、うわさの種にされてここにいられなくなってしまうわ。」

    信 じがたいことですが、今や子どもを産んでから数年を育児に専念することが当り前ではない時代になってしまいました。この風潮は、女性蔑視であり愚かなこと です。神を愛し、この世に貢献し役立つ子どもを育てることほど大切な仕事がこの世にあるでしょうか。何世紀もの間大切な働きとされてきた家事や育児を女性 たちが恥じるようになったことは残念至極です。

    もちろん、すべての女性が妻や母になるわけではありません。仕事にのみ生きる女性もいるで しょう。結婚するつもりのない人もいます。それはそれでいいのです。しかし、専業の母親となることを望む人がそれを公言することを(それも大学の構内で) 恥じる必要などどこにもありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. どうしてクリスチャンは、日曜日に礼拝をするの?

    A. 日曜日に行くだけではなく、 しばしば週日にも教会に行きます。礼拝は通常日曜日が中心ですので(時間はまちまちですが)神を生活の第一として礼拝し、聖書のメッセージを聞き、そのみ ことばから励ましや希望、力をいただくのです。教会によっては、日曜日以外の曜日にも礼拝が持たれています。また、聖書の学びや賛美集会、祈り会などの集 会も開かれていますので、お近くの教会にお尋ねください。
  • 中絶は自由?

    Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。


    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから