注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

確信の重要性

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的成長の第1段階:クリスチャンの少年期 : 確信の重要性

知ることとはっきり知ることの違い

創世記 3:1-6は、はじめの人間の罪の場面です。 マタイの4:1-11は、人間の体をもっていたキリストの試みの場面です。二つの場面で、はじめの人間の失敗を第2の人間であるキリストは完全に勝利を得られました。

創世記 3:1‐6を学びましょう。

3:1 さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」

この場面の前に、神様がアダムとエバに語られた神様の言葉は、創世記2:16‐17に書いてあります。

2:16 神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。 2:17 しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」

こ こから見ると蛇は、神様が言われた言葉を逆にし、質問をしてきました。アダムとエバがもし、神様の言葉をしっかりとわかったら、混乱をこなかたでしょう。 しかし、狡猾であった蛇は、神様の言葉を真実から不真実に変えて人間に語っているのです。神様が言われたことを論理学的に分析をすると次のようです。

神様:園のどの木からでも思いのまま食べてよい。(A)

蛇:園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。(~A)

蛇は、神様が言われたのをチャレンジします。それも、反対の言葉で質問をしてきます。

3:2 女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。

3:3 しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せになりました。」

エバの答えを神様が言われたことと比べましょう。

神様:善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。

エバ:あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。

神 様は、「必ず死ぬ」といいましたが、エバは、「死ぬといけない」といいます。しかも、「それに触れてもいけない」といいながら、神様がいわれたこともない ことを言い出し始めます。私たちの生活の中でも、聖書が教えていないことを私たちも加えることはないでしょうか?そして、神様が言われたことを75%くら いに変わることがないでしょうか?このように、100%か0%かを、50%や75%のものに変えるのも神様の言葉を確信させるものでは有りません。

知 ることと確信を持つことの違いは、多くあります。99%を知ることは、確信をさせるものでは有りません。神様が私たちに要求しているのは、100%の確信 です。神様が御言葉に示した全てを確信にいたる真実として受け入れなければなりません。ですから、クリスチャンの確信は、最も大事です。もし、このような 確信を持ったなければ、蛇である悪魔、あるいは、サタンは、私たちにチャレンジします。そのチャレンジの目的は、完全に神様の御言葉の正反対に語り、私た ちを不信仰や不従順にさせるためです。ですから、知るだけじゃなく、確信を持つ必要があります。

3:4 そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。

蛇 は、神様が言われた「必ず死ぬ」ということから、「決して死にません。」というところまで人々を誘惑します。悪魔の人間に対するチャレンジは、神様の御言 葉へのチャレンジです。聖書では、第一ペテロ 1:24 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。 1:25 しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」とあるからです。あなたがたに宣べ伝えられた福音のことばがこれです。 変わらない言葉により、私 たちの全ての考え、行動、精神を改めなけばなりません。

3:5 あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、 善悪を知るようになることを神は知っているのです。」 悪魔は、私たちが神のようになることを誘惑します。これは、どんな意味でありますか?自分が中心と なり、全てのことの判断基準とすることです。神様が全てを創造しましたが、人間は、自分で全ての価値観を創造しようとします。神様は、人間が行くべき道を 作りましたが、人間は、自分での道を作ろうとしています。創造主に従うことではなく、自分なりの道を作り、それに神様の道を合わせようとします。このよう な人生は、空しくなり、完全である神様の道に従うまで、本当の満足を感じることができません。

3:6 そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。

このような、結果は、神様の御言葉を確信していないからです。ですから、確信にいたる御言葉を持つことにより、勝利の信仰をもつことができます。

イエス様の勝利は、すべて、御言葉の確信でした。マタイ4:1‐11 では、サタンの誘惑にイエス様は、「…と書いてある。」という答えをすることにより、誘惑を勝利しました。

神様の御言葉に対する確信こそ、クリスチャンの勝利の基礎であります。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. ハレルヤは、どういう意味ですか?

    A. ハレルヤは「神を賛美します!」という意味です。世界中のクリスチャンの共通語です。クリスチャンは、いろんな時に「ハレルヤ!」と告白して神を崇めます。
  • 先に愛については既に触れました。しかし、神の愛、隣人愛は教会の特質として欠かすことが出来ません。そこで、もう一度愛について考えてみましょう。教会 の人々は、神を愛し、隣人を愛す人々です。イエスは何が一番大切かと質問された時に次の様に答えました。 12:28 律法学者がひとり来て、その議論を聞いていたが、イエスがみごとに答えられたのを知って、イエスに尋ねた。「すべての命令の中で、どれが一番たいせつです か。」12:29 イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。12:30 心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』12:31 次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」(マルコ12:28-31)

    一 番大切なことは、神を愛し、自分自身のように隣人を愛すことです。愛といいますとロマンチックな愛を考えがちですが、愛すために人は神から与えられている すべてを尽くすことを求められます。つまり、心(純真な思いや願い)、思い(感情や感覚)、知性(理論的な考え)、力(理知的な力と意志や肉体的な力)を 尽くして愛します。神の教えを理解し、心からその教えに従うことです。時には、理知的な力と意志や肉体的な力も必要でしょう。さらに、「人は自分自身のよ うに隣人を愛すべきだ」とイエスは言います。このことは自分自身も愛すことを裏付けています。これは、自分中心的な愛ではありません。むしろ、自分自身へ の愛は、神によって創造された確信と、神によって愛されているという確信からくるものです。同じ理由で、神によって創造された隣人を愛します。
  • Q. イエスキリストは、どんな方ですか?

    A. イスラエルのベツレヘムという小さな田舎 町で、処女マリヤより降誕された救い主です。(西暦は、このイエス・キリストが生まれてから何年であるかを表しています。)この方は、人として生まれて来 られましたが、神の御子でした。人類すべての罪の身代わりとして、十字架にかかるために来られたのです。人はみな生きるために生まれてきますが、この方だ けは、死ぬために生まれて来られました。それは、彼の死によって、すべての人が罪のゆるしと永遠のいのちの救いに到るためだったのです。聖書全巻が預言し 啓示して来たのは、この方のことでした。
  • Q. クリスチャンになったらお酒やタバコは、やめなくてはいけない?

    A. クリスチャンになることは、「キリストへの信仰によって、罪のゆるしと永遠のいのちを受ける」という人間にとっての根本的な問題ですが、お酒やたばこ、パチンコなどは、その人の生活倫理や道徳の問題です。
    根 本的な生き方に、キリストによる新しい価値観と力を得るならば、その人の倫理や道徳も変えられていくことは事実ですが、お酒やたばこを止めることがクリス チャンになる条件ではありません。また、教会に行き始めたとたんに、すぐにそれらが無くなるわけでもないでしょう。それは、あなたがクリスチャンになった 後で、「心から止めたくなるかどうか」にかかっていることです。
    神は、あなたが願いを持つならば、不思議な力を与えてくださる方です。