注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

田舎の町づくり(Community Development)

町づくりのモデル

投稿者: Administrator on . Posted in 田舎の町づくり(Community Development)

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

最近、十勝毎日新聞に出た記事を読みました。十勝支庁の清水町で組み込んだ内容である。

その内容は、以下のようなものです。

2010年3月5日の記事

「専門委員」設置へ 管内初 経済の活性化目指す
町は新年度から、町内の経済活性化を目的に町長直轄の非常勤特別職「専門委員」を設置する。町によると、管内市町村で専門委員を置くのは初めて。

専門委員は(1)将来の企業誘致につなげるための札幌圏での企業情報収集(2)町内での起業の可能性を探り、地域資源を生かした地場産業を調査研究(3)人材育成の方策研究-などを主な業務とする。

委嘱する専門委員は3人を予定。産業活性化を担当する臨時(任期6カ月以内)と常設(任期1年以内)の委員が各1人と、人材育成担当の臨時の委員が1人。学識経験者や行政経験者を予定している。

高薄渡町長は「社会経済の発展で行政も複雑多岐にわたり、専門化している。外部の人材の経験、知識が必要」とした上で、「町長直轄として役場の縦割りから外れて自由に動き回り、町の活性化のためにさまざまな調査研究をしてもらいたい」と話している。

専門委員は規則の新設で設置でき、議会での承認を必要としないが、3人分の人件費などとして約400万円を計上した予算案を11日開会の定例会に提案する。(藤原剣)

上記のような記事から見ると、町がどれほど起業の大切さを頭に入れたのかが分かる。その町の必要を良く見たゆえに出来たものだと思われます。

他の町も、少子化や人口減少の問題を抱えていますが、それの解決のカギになるのは、企業が健全に成長し、雇用の場を作り出せるかであることに対する認識から始まれるのではないかと思いました。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • 家族Q うちの子が一緒に遊ぶ、近所のお子さんたちは、あきれるようなテレビ番組を見ています。親たちが、暴力やセックスを子どもたちに見せていることが信じられません。こういう番組を見ていると、後々どのような影響が出るのでしょうか。

    A  あまりにも多くの親たちが、テレビを子どもの好き放題に見せていることは、悲しく、また理解しがたいことです
    「何を見せてもいいじゃないか。」と言う方々に、私はこう聞きたいと思います。
    見ず知らずの人が、あなたの家を訪ねてきて、「お疲れのようですね。一日二日、お子さんたちの面倒を見てあげましょうか。」と言ったとします。「やあ、ありがたい、ぜひ、頼みます」と答える人は、まずいないでしょう。
    これは、「子どものテレビを考える会」代表のペギー・チャレン女史が使った例です。彼女の言いたいことは明らかです。

    子 どもたちをテレビの前に座らせる時、私たちは彼らを見ず知らずの他人の手に任せているのです。子どもに自由にテレビを見せることによる危険性は、ますます 大きくなりつつあります。テレビでの暴力が、後になってしばしば子どもや十代の若者による暴力となって現われることは、数多く実証されてきています。

    中でも、レナード・D・アロン博士の研究は、大変に説得力のあるものです。
    複数の子どもたちを、まず8歳、次に19歳、最後に30歳の時に調査しました。国は、米国、豪州、フィンランド、イスラエル、ポーランドにまたがりました。結果は、どこでも同じでした。
    8歳の時に暴力番組をひんぱんに見ていた子ども程、30歳の時に犯罪者となっていた確率が高く、飲酒時の行動は節度を欠いていました。

    親は、子どもたちのテレビを見る時間と番組の内容を規制しなくてはいけません。さもないと、恐ろしい結果になるかもしれません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • Q. 聖霊とは何ですか。

    A. 父なる神(万物の造り主)と子なる神イエス・キリスト(わたしたちの救い主)とともにあがめられ、今も見えない形で共にいて下さる神さまです。聖霊は全て のものの内に働き、また聖書の御言葉の活きた語り手として、信じる者に信仰、希望、愛をもたらしてくださいます。 聖書で「霊」という場合、心霊写真の「霊」とは違います。霊は神であり、命だからです。