注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

電道 E-vangelism

電道(E-vangelism)について

表示数
タイトル 投稿者 参照数
インターネット伝道の要約 Administrator 8546
その他伝道サイト Administrator 8421
その他のクリスチャン関連資料 Administrator 8688
ニュースレター、カンファレンスなど Administrator 7900
ウェブつくりの子道具 Administrator 33681
参考にしたいクリスチャンウェブページ Administrator 8203
ウェブページに限らず出来る伝道 Administrator 7180
電道:フォローアップ Administrator 7486
読者を呼び戻すには Administrator 23248
知名度:URLの宣伝 Administrator 9878
常に確認をします。 Administrator 7197
他のリスト Administrator 6947
クリスチャン・リスト Administrator 6339
作成したウェブページを登録する Administrator 7820
SEO タイトル、説明、キーワード Administrator 9509
検索エンジンの仕組み Administrator 9857
検索エンジンとは Administrator 34353
巧妙に ― 蛇のように聡く… Administrator 8703
人が来たくなるホームページ作り Administrator 26381
魅力あるウェブページ Administrator 7613
ウェブページの置き場 Administrator 7008
技術的な秘訣 Administrator 8299
ウェブページの特性 Part2 Administrator 8488
いろんな種類のウェブページ Administrator 6202
ウェブページの特異性 Administrator 8969
計画を練る:資料の有効利用 Administrator 8343
計画を練る:簡潔に Administrator 8301
計画を練る:計画 Administrator 6958
計画を練る:何から始めるか? Administrator 7596
電道のご紹介 Administrator 36261

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 日曜日は、イエス・キリストの復活を記念する日です。その日に教会は礼拝を行ってきました。そのキリスト教が社会の中心となっていったことによって、紀元 4世紀に、ローマ帝国で、日曜日を休日とすることが定められたのです。日曜日が休日だから礼拝をしているのではありません。教会がキリストの復活を記念し て日曜日に礼拝をしていたから、日曜日は休日になったのです。
  • Q. クリスチャンってどんな人ですか?

    A. クリスチャンとは、イエス・キリストを救い 主と信じた人です。その呼び名は、1世紀のローマ帝国時代に、キリストの弟子たちがローマ皇帝ではなく、キリストのみを唯一の「主」と告白したためにつけ られたあだ名、「クリスティアノス(キリストに属する者)」に由来しています。後に、それがクリスチャンへの迫害につながって行きます。
    誰でも、イエス・キリストを人生の主として本気で信じ、受け入れるならば、今日からでもクリスチャンになれます。キリストを信じて、あなたも勝利の生活を歩んでみませんか?
  • Q. アーメンとは、どういう意味?

    A. アーメンは「その通りです。」「真実です。」という意味です。クリスチャンがお祈りの後でアーメンと言うのは、「このお祈りの通りです。」ということを宣言しているのです。他の人のお祈りの後でも、賛同の意を込めてアーメンと言います。
  • それでは、教会が具体的にどのような人々の集まりなのかを、共に聖書から考えてみましょう。 次の3つの特徴があります。

    (1)神と契約を交わした人々としての教会、

    (2)キリストのからだとしての人々、

    (3)神を愛し隣人を愛す人々。

    これらの3つの要素は神が制定したものです。私が作成したものでもなく、ある人間の伝統とか個人的な好みとか考えは含まれていません。 これらの要素を一つ一つ吟味してみましょう。