注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

電道のご紹介

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

20世紀後半にはじまった"インターネット革命"により、インターネットはメディアの世界で重要な位置を占めるようになりました。ビデオ、CD、カセットテー プ、テレビ、ラジオを凌ぐ勢いです。これらは、私たちクリスチャンが伝道に用いて来たものでもあります。2年以内に、インターネットは欠かせないコミュニ ケーション手段となるでしょう。一月ごとのインターネットの需要量は目覚ましく、この4年以内に利用者がアメリカで5千万人に到達したそうです。(ラジオ の利用者が5千万人に到達するまでに38年、テレビで13年かかったそうです。)アレクスリア・サービスの調べによると、毎日150万の新しいウェブペー ジが作り出されているとのことです。

イギリスやヨーロッパはアメリカに少々遅れを取り、今年中には40%の人がインターネットにアクセスするようになる見込みです。世界各国の学生たちは学校内 のコンピュータでインターネットへのアクセスが可能であり、卒業後も90%の人がアクセスを続けることでしょう。さらに、驚くべきことは毎日9万人以上の 人たちがインターネットを利用し始めています。クリスチャンに扉の閉ざされている中国でさえも、505,000人から1,175,000人と1998年の 6月から半年以内に2倍以上に、そして今年中に利用者は1千万人を越える見込みです。世界中でさらに1億人が5~10年以内に新しくインターネットを利用 し始めることになるでしょう。

そこで、私たちクリスチャンへの挑戦は、どのようにしてインターネットを伝道の場として利用するか、です。もう、諸々の宗教、ニューエイジ、異端はインター ネット上で動き始めています。たくさんのクリスチャンのウェブページを見て励まされますが、それらのほとんどはクリスチャンだけの為なのです。伝道的なも のは、ごくわずかしか存在していません。

私たちはインターネットを通して、世界中に福音を伝える機会を見逃しているのです! 私たちは、インターネット上での伝道が、一対一の伝道やメディア(書籍、ラジオ、ビデオ)を通しての伝道を凌ぐものだといっているのではありません。た だ、今急速に成長しているインターネットを伝道の道具に加えたらどうかと思うのです。私たちが実際地の果てまで出て行く必要は今まで以上なのです。

"Soon Gospel Literature"(イギリスの伝道的文学ミニストリー)で1996年からインターネット伝道を試みたところ、得たものが 多く、とてもエキサイティングでした。一日に1500件のアクセスがオーストラリアからジンバブエまで、世界中からありました。この事を通して、たくさん のことを学び、今もなお、学ばされています。他のクリスチャンにも分ち合い、彼らの助けとなれば幸いです。私たちはすべてのことに関する答えや絶対的な方 法を提案するのではなく、皆様からのご意見、お便りもこれからの向上にためにもお待ちしております。

大きなウェブページを作成し、運営管理をしていくのは大変ですが、私たちがここで提案したいのは、どんなクリスチャンでもウェブページを作成することがで き、世界宣教に貢献できるということです。インターネットは健康上の理由、その他の理由で家の中で時間を過ごしがちな人には、素晴らしい伝道の手段です。 時間とコンピュータさえあればできるのです。もし、あなたの賜物が文章を書くこと、技術的なこと、カウンセリングなどであったならば、色んな賜物をもつ何 人かでチームを作ってウェブページを通して伝道を始めてみてはいかがでしょうか?ウェブページに限らず、インターネット上でのチャットやEmailを利用 して効果的に伝道するのもいいでしょう。

"ほむべきかな。我が岩である主。主は、戦いのために私の手を、いくさのために私の指を鍛えられる。"  詩篇144:1

あなたの指は、キーボードの上で魂の戦いのために使われるのです!

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • Q 心のこもった応答を全くしてくれない夫を持つ私のような妻はどうしたらいいのでしょうか。主人はいい人ですが、女ごころの機微にはうとくて、会話を楽しむことをしません。私はもう我慢できません。

    A.  妻の必要に全く答えられない種類の男性たちがいます。
    女性たちが何を考えているかが分からず、これまでに誰にも「与える」ことがなかったのです。

    女 性の機微が分からず、コミュニケーションできない、この種の男性たちと結婚した女性たちは、どこまでを期待できるのか、またどうやって意味ある生活を作り 出すかを決めなければなりません。そうでなければ、早く離婚するしかないでしょう。もちろん、前者の方が良いと私は思います。

    ご主人が上 記のような方ならば、奥さんにできることは、女性がどのように男性とは違うのか、そして、あなたの独特な必要は何かを、責めたり怒ったりせずに、よくご主 人に説明することです。お二人の間で、改善できるところは改善し、理解可能なことは説明し、解決できることは解決し、歩み寄れる部分は交渉をすることで す。
    ユニークな個性を持った、二人の不完全な人間が持ち寄った原材料で、できる限り最善の結婚生活を造りだすのです。

    また、削りとれない荒さや、直せない欠点などについて最善の努力をした後には、現実を受け入れることです。精神衛生の第一原則は、変えられないものを受け入れることです。人生の状況を見て、うつ状態に陥ることは容易です。

    し かし、それに屈せず、満足することを選ぶこともできます。「選択」がキーワードです。あなたは、ご主人をありのままに受け入れられますか。人が、伴侶の中 に自分の全ての願いや希望を実現することはほとんどないのです。コインの裏表のように、当然ながらあなたもご主人にとって完璧な奥様にはなれません。ご主 人があなたの情緒的な必要のすべてを満たすことができないように、あなたも、ご主人の男性としての必要を常に満たし続けることはできません。両者ともに、 人間の弱さ、欠点、いらいら、疲労、また時折おそう頭痛を現実として受け入れざるをえません。

    完璧主義は、良い結婚を生みだしません。解決不可能な山のような問題を見過ごせる健康な視点が、良い結婚を生み出すのです。この解決法が、実行するにやさしいものであるとか、おっしゃるような心の叫びを簡単に取り去るなどと申し上げるつもりはありません。

    しかし、誰でも遅かれ早かれ自分の手に余る困難にぶつかるものです。そこで、つぶれたり、逃げたり、腹を立てたり、その全てをすることもできます。けれども、受け入れることはそのすべてに勝るのではないでしょうか。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 一般に教会とは建物を指していることが多いようです。「教会に行ったことがある」「教会で結婚式を挙げる」と言う時、教会の建物を指して言っているようで す。 中世の教会では神の威光を表現するために、より高い教会堂、より大きな教会堂を建設しました。この長い歴史の中で、教会イコール教会堂(建物)というよう に変わっていったのです。元々、初期教会が存在した頃、教会堂のようなものはありませんでした。 クリスチャンは個人の家で集まっていたのです。 長い歴史の中で、本来の教会の性質も変わっていきました。 キリスト教の中には様々な宗派があり、各々の宗派がそれぞれの伝統を持っています。 そして、それぞれの教会が各々の伝統に基づいて違ったことを教えています。このような事は神が計画したことではありません。 教会はある宗教的なリーダーによって築かれた、という印象を持っている方もいると思いますが、本当の教会の姿は違います。 イエスは次の様に言われました。

    16:18 ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。16:19 わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天に おいても解かれています。 (マタイの福音書16:18-19)

    聖書が教えている教会とは、イエスが建てたものです。教会の起源は神 自身にあるのです。宗教的なリーダーが建てたものでも、ある特定の人間が建てたものではありません。では教会がどのように始まり、いったいどんなものなの かを共に考えてみ見ましょう。イエスが十字架に架けられ死んで3ヶ日後に復活され、その時にイエスは弟子たちに言いました。

    24:45 そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、24:46 こう言われた。「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり 24:47 その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。24:48 あなたがたは、これらのことの証人です。24:49 さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさ い。(ルカの福音書24:45-49)
  • 家族Q 我が家の家計のやりくりには、もう少し収入がいるのですが、子どもがまだ小さいので、できることならば外で働きたくありません。何か他によい選択肢はありますか。

    A  子どもの面倒を見ながらも自分のペースで仕事のできる、ホームビジネスや内職を考えられたらいかがでしょう。

    可能性としては、軽作業を始めテープ起こしやパソコンの入力作業、翻訳、絵画、またはピアノ・生け花・料理・裁縫などの各種教室など、いろいろあるでしょう。

    どの仕事があなたに向いているのかを決めるのが、三つの実際的なステップの第一歩です。自分にはどんな能力があり、何が好みなのかを見つけます。

    第二のステップは、情報集めです。図書館などに行って、自分の選んだ分野をリサーチします。書籍、雑誌、新聞記事を捜します。あなたのしたいことをすでに行っている人達の話を聞きます。その分野の組織やネットワークに参加します。専門誌を購読します。

    第三ステップは、できる限り多くのサポートを得ることです。夫や子ども、そして友達にも助けてもらいなさい。小さくても、仕事を始めることはストレスが溜まりますから、できるだけ多くの励ましが必要です。

    もし家庭生活と収支合わせの板ばさみになっているならば、家で仕事を始めることは、その二つを上手にやりくりする最善の方法かも知れません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A