注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

電道のご紹介

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

20世紀後半にはじまった"インターネット革命"により、インターネットはメディアの世界で重要な位置を占めるようになりました。ビデオ、CD、カセットテー プ、テレビ、ラジオを凌ぐ勢いです。これらは、私たちクリスチャンが伝道に用いて来たものでもあります。2年以内に、インターネットは欠かせないコミュニ ケーション手段となるでしょう。一月ごとのインターネットの需要量は目覚ましく、この4年以内に利用者がアメリカで5千万人に到達したそうです。(ラジオ の利用者が5千万人に到達するまでに38年、テレビで13年かかったそうです。)アレクスリア・サービスの調べによると、毎日150万の新しいウェブペー ジが作り出されているとのことです。

イギリスやヨーロッパはアメリカに少々遅れを取り、今年中には40%の人がインターネットにアクセスするようになる見込みです。世界各国の学生たちは学校内 のコンピュータでインターネットへのアクセスが可能であり、卒業後も90%の人がアクセスを続けることでしょう。さらに、驚くべきことは毎日9万人以上の 人たちがインターネットを利用し始めています。クリスチャンに扉の閉ざされている中国でさえも、505,000人から1,175,000人と1998年の 6月から半年以内に2倍以上に、そして今年中に利用者は1千万人を越える見込みです。世界中でさらに1億人が5~10年以内に新しくインターネットを利用 し始めることになるでしょう。

そこで、私たちクリスチャンへの挑戦は、どのようにしてインターネットを伝道の場として利用するか、です。もう、諸々の宗教、ニューエイジ、異端はインター ネット上で動き始めています。たくさんのクリスチャンのウェブページを見て励まされますが、それらのほとんどはクリスチャンだけの為なのです。伝道的なも のは、ごくわずかしか存在していません。

私たちはインターネットを通して、世界中に福音を伝える機会を見逃しているのです! 私たちは、インターネット上での伝道が、一対一の伝道やメディア(書籍、ラジオ、ビデオ)を通しての伝道を凌ぐものだといっているのではありません。た だ、今急速に成長しているインターネットを伝道の道具に加えたらどうかと思うのです。私たちが実際地の果てまで出て行く必要は今まで以上なのです。

"Soon Gospel Literature"(イギリスの伝道的文学ミニストリー)で1996年からインターネット伝道を試みたところ、得たものが 多く、とてもエキサイティングでした。一日に1500件のアクセスがオーストラリアからジンバブエまで、世界中からありました。この事を通して、たくさん のことを学び、今もなお、学ばされています。他のクリスチャンにも分ち合い、彼らの助けとなれば幸いです。私たちはすべてのことに関する答えや絶対的な方 法を提案するのではなく、皆様からのご意見、お便りもこれからの向上にためにもお待ちしております。

大きなウェブページを作成し、運営管理をしていくのは大変ですが、私たちがここで提案したいのは、どんなクリスチャンでもウェブページを作成することがで き、世界宣教に貢献できるということです。インターネットは健康上の理由、その他の理由で家の中で時間を過ごしがちな人には、素晴らしい伝道の手段です。 時間とコンピュータさえあればできるのです。もし、あなたの賜物が文章を書くこと、技術的なこと、カウンセリングなどであったならば、色んな賜物をもつ何 人かでチームを作ってウェブページを通して伝道を始めてみてはいかがでしょうか?ウェブページに限らず、インターネット上でのチャットやEmailを利用 して効果的に伝道するのもいいでしょう。

"ほむべきかな。我が岩である主。主は、戦いのために私の手を、いくさのために私の指を鍛えられる。"  詩篇144:1

あなたの指は、キーボードの上で魂の戦いのために使われるのです!

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 家族Q 学校を良くするために親は何ができますか。

    A  教育者ならたいていは、学校教育の目的を果たすためには親の協力が不可欠であることを承知しています。ただある人々は(幸い大部分ではありませんが)教育は専門家に任せて欲しいと、親を煙たがります。

    しかし、たじろいではいけません。親こそが、子どもの教育の最終責任を負うものであり、誰にもその責任を奪い取られてはなりません。教育者は、いわば従業員であり、税金で賄われ、教育委員会に責任を問われるのです。
    親が関わりを持ち、サポートする学校こそ良い学校です。

    以上を理解した上で、ぜひ学校を訪ねてみてください。教室内に計画性と互いへの尊敬としつけとが行き届いているででょうか。もしそうなら、担任と校長先生に電話して感謝のことばを伝えてはいかがでしょう。先生方も感謝されたら嬉しいものです。
    「私にも手伝えることがあれば言ってください。」と申し出るのです。風通しが悪いなら、黙っていないで行動するのです。他の親たちと話し合いなさい。積極的にPTAに参加してください。教科書を開いてみてください。

    繰り返します。親たちがよく動く時に、学校は一番よく機能するのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 教会の礼拝は誰にでも開かれています。誰でも、どんな人でも出席してよいのです。ですから、悩みがある人、元気になりたい人はどうぞいらして下さい。そう でなくても、教会って何をしているのかな、聖書の教えってどんなことかな、と少しでも興味のある人はどうぞいらして下さい。礼拝に行ったらもうクリスチャ ンにならなければならない、などということはありません。教会は、ちょっとのぞいてみよう、という方も歓迎します。礼拝の秩序さえ重んじていただれば、ど のような思いで参加して下さってもよいのです。
  • Q 既婚女性が情緒的な満足を得るには、結婚生活以外のところに目を向けるべきだということですか。

    A  まさしくその通りです。情緒的な弱さを持った女性が、ストイックで、女性の心の機微を理解しない男性と結婚している場合は特にそうです。

    もし、彼女が、意味ある全ての会話の相手、また情緒的な全ての必要を満たしてくれる相手を夫に期待するならば、結婚生活は長続きしないでしょう。妻の「魂 の渇き」をどう処理したらいいか、どうしたら妻が幸せになれるのか、夫には全く見当がつかないのです。夫が、自分の願うような夫になってくれる見込みがな いと分かった時、二人の間には不満がわだかまり始めます。この問題で行き詰まった結婚の例を、私は限りなく見てきました。解決はどこにあるのでしょう。普 通の情緒的な必要のある女性ならば、そのままではいられません。心の底で悲鳴をあげています。

    ひとつの答えは、他の女性たちと意味ある人 間関係を築くことによって、夫が満たしてくれないものを満たすことです。心から話し合い、聖書を学び、笑い、泣き、子どもを育てることのできる、女性の友 人を持つことは精神衛生のために必要です。まさにこの方法で、多くの女性たちは過去何世紀もの、自分たちの情緒的な必要を満たしてきたのです。多くの男性 たちは週に60、70時間も働いて、妻の心の必要に答える時間もエネルギーもなかったのです。しかし、女性たちのネットワークがその空洞をみごとに埋めて いました。彼女らは一緒に働き、一緒に料理し、一緒に教会に行きました。それで、どうにか満足できたのです。

    今日、女性たちのネットワー クはどこへ行ってしまったのでしょう。多くの女性は仕事を持ち、近所に女性たちの姿がなくなり、人々はよく引っ越すようになりました。血縁者のつながりは 薄くなり、文化は進みました。そのため女性同士の友情は見い出しにくく、多くの若い女性たち、特に二人以上の就学前の子どもを持つ母親たちは友人を探すこ とをあきらめています。あまりに面倒なためです。しかしながら、若い主婦の読者の方々は、このようなパターンに陥らないように願ってます。どれほど忙しく ても、同性の友情を育むために時間を費やしてください。家に閉じこもって、誰かが話しかけてくれるのを待つ誘惑に負けないでください。あなたの必要に答 え、聖書のみことばを宣べ伝えているキリスト教会に家族で出席してください。同じ様な気持ちを持った女性たちが周りには大勢います。彼女たちを探し出し、 愛し、そして自分を与えるのです。そのうちにあなたの自尊心も高まります。あなたが満足していれば、結婚生活もうまく行きます。

    簡単すぎる答えに聞こえるかも知れませんが、人間はそのように造られています。人間は、社会的な生き物として、神を愛するように創造されており、孤独ではうまくいかないのです。孤独を避けてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. プロテスタントとカトリックは、どう違うのですか?キリスト教の 派閥ですか。一致することはないのですか。

    A. 宗教改革以後、教会はローマカトリック教会と、ルター派、及び無数のプロテスタント諸教派とに分裂し、それぞれの伝統を形成し今日にまで至っていま す。(もう少し正確な説明が必要ですが、今日は省略しておきます。)いかに真理のためとは言え、本来一つであるはずのキリストの体なる教会が事実上、分断 されているのは、決して本来的ではなく、教会は一つのものであると信じられるべきです。このような中で、20世紀からエキュメニカル(教会一致)運動が起 こり始め、教派の壁を超えた対話や協力関係の模索が続けられています。また1999年にはカトリック教会とルター派との間で「義認の教理に関する共同宣 言」が交わされ、大きな前進を見せています。