注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

計画を練る:資料の有効利用

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

4.1 新聞、雑誌から学ぶー写真、絵(グラフィックス)を使って読みやすくー

印 刷された雑誌とウェブページに違いはあっても、コミュニケーション上の決まり事は同じです。よく売れている新聞、雑誌を見て書き方や記事の分け方や見出 し、引用、余白、挿し絵などを研究して見て下さい。これらのテクニックはウェブページ上では、さらに重要になります。コンピュータの画面上で何かを読むと なると紙面よりもずっと読みにくいからです。ですから、なるべく短い段落に分け、興味をそそるような小見出しを付けて下さい。ウェブページでは、見やすく するために余白をたくさんとってください。Graham Pockettはこう言っています。"ウェブページを読みやすくするコツは、段落が縦長の長方形になるようにすることです。つまり、一行の長さより、列数 の長さのほうが長くなるようにするということです。画面いっぱいに広がっているより記事より、狭い欄に書かれている記事のほうが読みやすくはありません か?横幅が長いと、数行で段落を変えることになってしまい、見ずらくなってしまいます。"

" 不思議の国のアリス"がいっているように、"挿し絵と会話文のない本なんて価値がない"です。たくさんの著作権なしのグラフィックのCDやウェブページが たくさん出ていますから、利用しない手はありません。けれども、ダウンロードに時間がかかってしまうような大きな写真や、たくさんのグラフィックを載せる 事は避けてください。

4.2 文書を書くコツーガイド、参考文献&参考ウェブページ

新聞・雑誌では、記事の導入句として、"何時、何処で、誰が、何故、何をした"を書き読者の好奇心を煽ります。彼らは過去200年に渡る経験を通して、読者に興味を持たせ続ける方法を知っているのです。 福音を伝えるためにもこの方法を利用をしましょう。あなたが新聞や雑誌を読むとき、どのような方法が使われているか観察してみてください。

新 聞・雑誌では、記事の内容を要約して導入句、結末に書きますが、伝道的な記事や証を書くときは、結末を要約して導入句とはしない方が良いでしょう。導入句 は好奇心をそそるものにし、それと同時に"タネあかし"は避けてください。ジャーナリズムについての本や雑誌を読んで、プロのやり方を研究して見て下さ い。

参考文献(英語)

Jean M. Fredette (Editor): Writer's Digest Handbook of Magazine Article Writing (Writer's Digest Books出版)

Beverly Caru: Writing for the International Reader, and Getting Your Writing into Print

Rene Cappon: The Associated Press Guide to News Writing (Associated Press出版)

Rene Cappon: The Word Associated Press Guide to Good News Writing (Associated Press出版)

Donald Murray: Writing for your readers: Notes on the Writer's Craft from the Boston Globe

Marshall J. Cook: Leads & Conclusions (Elements of Article Writing) (Writer's Digest Books出版)

参考ウェブページ(英語)

Cyberjournalism インターネット上ジャーナリズムのリンク集

Kingdom:クリスチャン作家の交わり、作品評論、討論の場

Christian Writer's Fellowship International: クリスチャン作家のサークル

Inkspot: ジャンル別文章、市場情報、参考&リサーチ、作家のネットワーク、本、出版

Plain English Campaign: 簡潔な文章を書くことの奨励

4.3 与えることー読者が学び、彼らの人生に適用できるようなものをー

Beverley Carusoは、"作家が求める事は、読者が学び、そこから彼らの人生に適用できるようなものを書くこと。"と言う。これは、文章全体にちりばめられてい るべきで、最後に説教的な文句を取ってつけることではありません。伝道的なウェブページの内容としては、たった1ページで福音のすべてを語る必要はありま せんが、それぞれのページがひとつの目的に基づいて計画され、書かれたものであるべきです。"お持ち帰り"として、チャレンジを与えるようなメッセージを 織り込むのもいいでしょう。例として、

(ア) この時代はひどい有様だ。 (イ) 生きる目的って、他にないの? (ウ) この問題をどうにかするいい方法はないの? (エ) 聖書って、信頼できるものなの? (オ) シンシアの人生はすばらしく変わりました。あなたの人生も変わる?

けれども、読者は必ずしもわたしたちが願うものを"お持ち帰り"してくれるわけではありません。

" 最近、6歳になる娘のミアに日曜学校について聞いてみたところ、良きサマリア人について学んだと答えました。話を詳しく聞いてみると、筋書きをよく覚えて いるのです。 それで、「ミア、そのお話から何を学んだの?」と聞くと、「ひとつはねぇ、長いお散歩にいくときは大人の人と一緒に行く事。もうひとつは、 救急車をよばなくちゃいけないかもしれないから、電話をもちあるくこと!」" (A Joke A Day Ministries より抜粋)

4.4 見出し、小見出しー小見出しは、人目を引くような文句で、頻繁につけるー

見 出しは、読者の目がまず行くところでもあるので、とても重要です。例えば、そのページが証だったとします。もし、あなたが、"わたしがどのように救われた か"とか"あなたにはキリストが必要です"といった見出しを付けるならば、ほとんどの人は読まないでしょう。宗教を思わせるような見出しは付けないでくだ さい。証の中での人目を引くようなところ(例えば"車の事故に遭い救急車で運ばれた"とか"彼に一方的にさよならをいわれてしまった"など)を使ってみて はどうでしょうか?

記事の中で小見出しを人目を引くような文句で、頻繁につけてください。"私"を含んだ引用句はよく人目につきます。Jacob Nielsonは英語の見出し、小見出しの場合には大文字をさけるように薦めています。大文字は小文字に比べ読みづらいからです。

4.5 「副編集長」は宝物?-人の助けを借りようー

新聞社においての副編集長の役割をご存知でしょうか? 彼の仕事は記事を効果的に短くし、書き直し、読みやすく改訂するのです。もし、あなたがだれか新聞記 者や副編集長に知り合いがいれば、あなたの書いたものに目を通してもらいましょう。そのような機会がなければ、文書をよく取り扱うような仕事の人(文学を 教える先生や秘書など)に批評してもらって下さい。また、若い年代の人からの正直な感想も聞いてみてください。そして、短くし、書き直しなどの改訂を重ね てください。文法上の間違いや、入力ミスにも気を付けてください。何度も読み返して、改善してください。チェックする時はキリスト教について何も知らない 読者の立場で見てください。

参考文献&ウェブページ(英語)

Winning Words for Web Sites by Brian Holley: Web記事を書くときのコツ

4.6 リスのように・・・ -ウェブページ作成に必要そうなものは、何でも集めるー

新 聞、雑誌の切り抜き、名言、証などウェブページ作成に必要そうな物は、何でも集めてください。使えそうな情報を書き留めておくノートを用意して見聞きした 事、アイデア、(検索の為の)キーワードなどを事あるたびに記録しておきましょう。いつか役に立つ日がきます。いろんな分野の本を、クリスチャンの本に限 らず、読んで見てください。役立つ資料は以外なところにあるものです。著作権のことも念頭に置いておくようにしてください。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • Q. 教会に行くには、どうしたらよいのですか?

    A. もし近くに教会があれば、思い切ってたずねてみてください。少し不安を感じる方は、まず電話で、その教会の「牧師(ぼくし)」に、礼拝や他の集まりの時間などを聞いてください。個人的に話をされたい場合は、やはり電話で訪問予約を取ることがいいと思います。
  • 家族Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。

    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 神はどんな方?どうやって知ることが出来る?

    A. ほんとうの神は、人間が木や石で作ったものではありません。人格を持たれる生きた方です。聖書は、まことの神は
    (1)天地万物の創造者
    (2)目に見えない霊なる存在者
    (3)罪を憎まれる聖い神
    (4)愛なる神
    であると語っています。この神が、罪人である私たちを罪から救い出し、永遠のいのちと豊かな人生を与えるために、イエス・キリストを十字架につけて私たちの救いの道をつくってくださったのです。
    誰でも、自分の罪を告白して悔い改め、イエス・キリストを救い主として信じるなら、この神のゆるしと限りない素晴らしい永遠の愛を受けとることが出来ます。
    神を知る道は、聖書のみことばと心からのキリストへの信仰です。神を知るための修行や訓練、功績は必要ありません。