注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

計画を練る:資料の有効利用

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

4.1 新聞、雑誌から学ぶー写真、絵(グラフィックス)を使って読みやすくー

印 刷された雑誌とウェブページに違いはあっても、コミュニケーション上の決まり事は同じです。よく売れている新聞、雑誌を見て書き方や記事の分け方や見出 し、引用、余白、挿し絵などを研究して見て下さい。これらのテクニックはウェブページ上では、さらに重要になります。コンピュータの画面上で何かを読むと なると紙面よりもずっと読みにくいからです。ですから、なるべく短い段落に分け、興味をそそるような小見出しを付けて下さい。ウェブページでは、見やすく するために余白をたくさんとってください。Graham Pockettはこう言っています。"ウェブページを読みやすくするコツは、段落が縦長の長方形になるようにすることです。つまり、一行の長さより、列数 の長さのほうが長くなるようにするということです。画面いっぱいに広がっているより記事より、狭い欄に書かれている記事のほうが読みやすくはありません か?横幅が長いと、数行で段落を変えることになってしまい、見ずらくなってしまいます。"

" 不思議の国のアリス"がいっているように、"挿し絵と会話文のない本なんて価値がない"です。たくさんの著作権なしのグラフィックのCDやウェブページが たくさん出ていますから、利用しない手はありません。けれども、ダウンロードに時間がかかってしまうような大きな写真や、たくさんのグラフィックを載せる 事は避けてください。

4.2 文書を書くコツーガイド、参考文献&参考ウェブページ

新聞・雑誌では、記事の導入句として、"何時、何処で、誰が、何故、何をした"を書き読者の好奇心を煽ります。彼らは過去200年に渡る経験を通して、読者に興味を持たせ続ける方法を知っているのです。 福音を伝えるためにもこの方法を利用をしましょう。あなたが新聞や雑誌を読むとき、どのような方法が使われているか観察してみてください。

新 聞・雑誌では、記事の内容を要約して導入句、結末に書きますが、伝道的な記事や証を書くときは、結末を要約して導入句とはしない方が良いでしょう。導入句 は好奇心をそそるものにし、それと同時に"タネあかし"は避けてください。ジャーナリズムについての本や雑誌を読んで、プロのやり方を研究して見て下さ い。

参考文献(英語)

Jean M. Fredette (Editor): Writer's Digest Handbook of Magazine Article Writing (Writer's Digest Books出版)

Beverly Caru: Writing for the International Reader, and Getting Your Writing into Print

Rene Cappon: The Associated Press Guide to News Writing (Associated Press出版)

Rene Cappon: The Word Associated Press Guide to Good News Writing (Associated Press出版)

Donald Murray: Writing for your readers: Notes on the Writer's Craft from the Boston Globe

Marshall J. Cook: Leads & Conclusions (Elements of Article Writing) (Writer's Digest Books出版)

参考ウェブページ(英語)

Cyberjournalism インターネット上ジャーナリズムのリンク集

Kingdom:クリスチャン作家の交わり、作品評論、討論の場

Christian Writer's Fellowship International: クリスチャン作家のサークル

Inkspot: ジャンル別文章、市場情報、参考&リサーチ、作家のネットワーク、本、出版

Plain English Campaign: 簡潔な文章を書くことの奨励

4.3 与えることー読者が学び、彼らの人生に適用できるようなものをー

Beverley Carusoは、"作家が求める事は、読者が学び、そこから彼らの人生に適用できるようなものを書くこと。"と言う。これは、文章全体にちりばめられてい るべきで、最後に説教的な文句を取ってつけることではありません。伝道的なウェブページの内容としては、たった1ページで福音のすべてを語る必要はありま せんが、それぞれのページがひとつの目的に基づいて計画され、書かれたものであるべきです。"お持ち帰り"として、チャレンジを与えるようなメッセージを 織り込むのもいいでしょう。例として、

(ア) この時代はひどい有様だ。 (イ) 生きる目的って、他にないの? (ウ) この問題をどうにかするいい方法はないの? (エ) 聖書って、信頼できるものなの? (オ) シンシアの人生はすばらしく変わりました。あなたの人生も変わる?

けれども、読者は必ずしもわたしたちが願うものを"お持ち帰り"してくれるわけではありません。

" 最近、6歳になる娘のミアに日曜学校について聞いてみたところ、良きサマリア人について学んだと答えました。話を詳しく聞いてみると、筋書きをよく覚えて いるのです。 それで、「ミア、そのお話から何を学んだの?」と聞くと、「ひとつはねぇ、長いお散歩にいくときは大人の人と一緒に行く事。もうひとつは、 救急車をよばなくちゃいけないかもしれないから、電話をもちあるくこと!」" (A Joke A Day Ministries より抜粋)

4.4 見出し、小見出しー小見出しは、人目を引くような文句で、頻繁につけるー

見 出しは、読者の目がまず行くところでもあるので、とても重要です。例えば、そのページが証だったとします。もし、あなたが、"わたしがどのように救われた か"とか"あなたにはキリストが必要です"といった見出しを付けるならば、ほとんどの人は読まないでしょう。宗教を思わせるような見出しは付けないでくだ さい。証の中での人目を引くようなところ(例えば"車の事故に遭い救急車で運ばれた"とか"彼に一方的にさよならをいわれてしまった"など)を使ってみて はどうでしょうか?

記事の中で小見出しを人目を引くような文句で、頻繁につけてください。"私"を含んだ引用句はよく人目につきます。Jacob Nielsonは英語の見出し、小見出しの場合には大文字をさけるように薦めています。大文字は小文字に比べ読みづらいからです。

4.5 「副編集長」は宝物?-人の助けを借りようー

新聞社においての副編集長の役割をご存知でしょうか? 彼の仕事は記事を効果的に短くし、書き直し、読みやすく改訂するのです。もし、あなたがだれか新聞記 者や副編集長に知り合いがいれば、あなたの書いたものに目を通してもらいましょう。そのような機会がなければ、文書をよく取り扱うような仕事の人(文学を 教える先生や秘書など)に批評してもらって下さい。また、若い年代の人からの正直な感想も聞いてみてください。そして、短くし、書き直しなどの改訂を重ね てください。文法上の間違いや、入力ミスにも気を付けてください。何度も読み返して、改善してください。チェックする時はキリスト教について何も知らない 読者の立場で見てください。

参考文献&ウェブページ(英語)

Winning Words for Web Sites by Brian Holley: Web記事を書くときのコツ

4.6 リスのように・・・ -ウェブページ作成に必要そうなものは、何でも集めるー

新 聞、雑誌の切り抜き、名言、証などウェブページ作成に必要そうな物は、何でも集めてください。使えそうな情報を書き留めておくノートを用意して見聞きした 事、アイデア、(検索の為の)キーワードなどを事あるたびに記録しておきましょう。いつか役に立つ日がきます。いろんな分野の本を、クリスチャンの本に限 らず、読んで見てください。役立つ資料は以外なところにあるものです。著作権のことも念頭に置いておくようにしてください。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • ??どうしたら神の御心は分かるのですか。天から声が聞こえて来るわけではありません。人間は、神の御心をただ推し測ることしかできないのですか。

    とても大切なご質問です。神の御心があやふやなら、神に従えません。ところが、ほとんどの方は神の御声をどうやって聞き分けたらいいか、明確には分っていません。それで、自分の気持ちや印象に頼るのですが、それは信頼できるものではなく、神の御心を知るには危険です。感情は、大変主観的です。自分の願いや出来事や、それに昨晩の睡眠時間にさえ影響されます。神の声を聞いたと早とちりした信者たちは、時に大失敗をしました。 


    ある大学生の話があります。彼は、とある夜中、ある女性と結婚すべきだという強い思いを持って目をさましました。それまでに1、2回デートをしただけの人ですが、神が「この女性だ!」と言われたように思い込んだのです。翌朝、彼は女性に電話して、自分の予感を告げました。この女性は、彼と同じようには感じなかったのですが、神には逆らえないと思いました。2人は間もなく結婚しましたが、うまくいかず、ずっと苦しみ続けています。 


    神の御心が分ったと思い込んだ人たちについての、似たような話はたくさんあります。悪魔は「光の天使」(第二コリント11章14節)として来ることを思い出してください。つまり、神の声の偽物をつくり出すという意味です。突然に受けた思いや予感を、人間が無批判かつ衝動的に受け取るようにしむけることで、悪魔は人間を混乱させ、幻滅させることができます。 


    感情や予感によって神の御心を判断するということに関して、私は南カリフォルニア大学の博士課程を終了して、博士号を授与された日のことを思い出します。教授たちに握手をしてもらい、祝福のことばをかけられ、それまでに熱心に求めてきたものをついに得てキャンパスを後にしました。その日、車で家に向かいながら、私はそれまでの人生における神の祝福を感謝し、これから御心のままに私を使ってくださいと祈りました。あの小さな、赤いフォルクスワーゲンの中で神と交わった時、主をとても近く感じました。 


    さて、とある角を曲がった時(今でもその場所を覚えています)、1年以内に誰か私の身近な人が死ぬ、という強い予感を私は持ちました。そのことが起きても、私は驚き惑うことなく、神を信じ頼り続けるようにと神がおっしゃっているように、私には思えました。 


    その突然の予感を説明できるような死とか何かを、全く予想してはいなかったので驚きました。いったい誰が死ぬのか、またどのようにその最後が来るのかなどと考えると、心臓がどきどきしました。それでも、家についた時そのことを誰にも話しませんでした。 


    1ヵ月たちましたが、どんな悲劇も、死別もありませんでした。さらに2、3ヶ月がたちまちのうちに過ぎましたが、私の家族の誰も死にませんでした。ついに、嫌な予感がしたあの日から1年過ぎましたが、何事もありませんでした。父が亡くなるまで、10年の月日が流れました。しかしそれは、フォルクスワーゲンの中の予感とは何の関係もなかったと思います。 


    それ以来、多くの方々をカウンセリングし、またその他の職業上の経験を通して、私のようなあやまった思い込みを持つ人が決して少なくないことを知りました。同じような経験が、特にそのような考えに影響されやすい直感的な方々にはよくあるようです。 


    例えば、30歳になるお母さんが、不安とうつ症状がとれないという訴えを持って私の所に来られました。お話を聞いていると、16歳の時に通っていた教会の礼拝で経験したエピソードを話されました。説教の終わる頃、彼女は、神からの驚くようなメッセージを「聞いた」というのです。「ジーニー、他の人がわたしのことを知ることができるために、あなたは死ぬ」という声です。 


    彼女は、震え上がりました。自分が絞首刑台の上に立たされ、死刑執行の縄が自分の頭の上にぶら下がっているかのように感じました。彼女はパニックに陥り、席から飛び上がり、ドアをいくつも通り抜けて教会を後にしました。すすり泣きながら走りました。人に話したら罪を犯すような気がして、誰にも言えませんでした。何年もの間、神の判決の執行がいつなされるのかと、息をひそめるように生活していました。しかし、それから10何年もたつのに、彼女は今も健康そのもののようです。

    このような例をはじめ様々な実例から、私は、自分の受けた予感を勝手に解釈するのは賢いことではないと考えるに至りました。

  • Q. イエスキリストは、どんな方ですか?

    A. イスラエルのベツレヘムという小さな田舎 町で、処女マリヤより降誕された救い主です。(西暦は、このイエス・キリストが生まれてから何年であるかを表しています。)この方は、人として生まれて来 られましたが、神の御子でした。人類すべての罪の身代わりとして、十字架にかかるために来られたのです。人はみな生きるために生まれてきますが、この方だ けは、死ぬために生まれて来られました。それは、彼の死によって、すべての人が罪のゆるしと永遠のいのちの救いに到るためだったのです。聖書全巻が預言し 啓示して来たのは、この方のことでした。