注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

ウェブページの特異性

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ネット1.1 プッシュ(押し出し)VSプル(引き出し)

インターネットとその他のメディアとの違いは書籍、ラジオ、テレビがプッシュ(押し出し)であるのに対し、インターネットはプル(引き出し)であることで す。前者は情報、広告を押し出しますが、後者は情報などが利用者により引き出されます。それゆえ、読者を引き込む戦略が必要です。

1.2 雑誌とは違う - すべてのページがなにかの始まりである

ほとんどのウェブページはホームページが目次の役割をする雑誌のように編集されています。けれども、ウェブページの有利な点は、読者が検索エンジンを使っ て、あなたの作成したウェブページのどのページにでも直接アクセスできることにあります。それゆえ、すべてのページを何かの始点としてデザインすべきで す。1ページでも成り立ち、他のページにも効率よくリンクができるように(ほとんどの読者がそのようなアクセスの仕方をするからです)。もうひとつの大き な違いは、ページの長さです。ちょっと立ち寄っただけの読者は、長いページを読んだり、入り組んだ構成のページを行ったり来たりするほど忍耐強くはありま せん。

参考(日本語)

レイアウトを考えよう

参照ウェブページ(英語)

Sun's Webriting page ウェブ記事を書く時の具体的なコツ

Writing for the Web ウェブ記事を書く時の具体的なコツ(細かい分野別)

How Users Read on the Web 利用者がどのようにウェブページに目を通すか、何に目を留めるが分析

Be Succinct - Writing for the Web 利用者が目を通しやすいページにするアドバイス記事

1.3 クリック一つで無くなる読者

雑誌を読む時、大概の人はほとんどのページを読み、それが購入されたものであれば読み返す場合もありますがウェブページは、マウスを一度クリックされただ けで、読者を失うことになります。それゆえ、すべてのページにおいて読者の興味を引き続け、もっと見たいと思わせるような工夫が必要です。ちょっと立ち 寄っただけの読者は、2~3ページ以上読むことはまずないということを念頭において、注意深くデザインしてください。(伝道集会やラジオ、テレビのよう に、視聴者を捕らえておくことはできないのです。読者はみんな、マウスの上にいつクリックしようかと指を待ち構えているのですよ!)

ページ間のリンクは興味を引くような文句を。せわしない人たちは無意味なリンク先をチェックしようとはしません。また、ダウンロードに時間がかかるようだと、読者はあなたのウェブページから抜け出し、二度と戻ってはきません。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ 息子の部屋をそっとのぞいてみて、何をしているのか確かめるのはどうでしょうか。親はそんなことをしたらいけないでしょうか。

    A 十代の子どもたちのプライバシーを冒してでも、両親が秘密に調査をしなければならないときは確かにあります。ある俳優が十代の娘が麻薬を使っていることを 発見したとき、この問題はメディアで広く話題になりました。問題がついに表面化した時、この母親は事実をつきとめる努力を怠ったことを後悔していると述べ ました。彼女は多くのトークショーに出演し、「ああいうケースの子どもたちは親に見つかった方がよい」という意味のことを語りました。プライバシーうんぬ んもさることながら、目の前で進行している犯罪行為を目をつむって見ようとしないことの方が問題です。
    息子さんのしていることを確認してくださ い。もちろん、親は自分の子供をよく知っているべきです。違法なことや自分の害になることなど全く興味がないという青年たちもいます。そういう子どもたち の部屋や私物まで調べるようにとは、私も勧めません。しかし物陰に隠れてはあやしげなことをし、おかしな友だちを集め、家の中では親を決して部屋に入れな いような子の場合は、私なら遅くならないうちに事実を確認する努力をするでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 子育てQ 性教育を行えば、10代の妊娠者数は減ると言われますが、本当ですか。

    A  とんでもありません。「安全なセックスをしなさい」という考えが国中の学校で教えられるようになって以来、未婚者の妊娠率と10代の中絶率はうなぎ上りです。

    ス タン・ウィード氏およびジョゼフ・オールソン氏による大がかりな研究によれば、家族計画協会の性教育法は、思春期の性行動の問題を悪化させこそすれ、減少 させることはありません。ウィード氏とオールソン氏は、妊娠率、中絶率、通常の出産率を各州ごとに比較しました。それによると、その他の条件が同じ場合、 15~19歳の女性たちで、避妊法の指導を受けている千人には、受けていない千人より、なんとおよそ50~100件以上も多くの妊娠数が予測できるので す。
    家族計画協会自身のデータに基づいたその報告は、協会が出した妊娠また中絶率の減少予測と、実際の増加率との著しい違いをも明らかにしています。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)
  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。