注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

いろんな種類のウェブページ

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

・一般的な興味に対するもの

福音についてはまったく触れませんが、読者を考えさせるような質問を投げかけます。このようなページは興味深く、さらに福音が含まれているようなページへと読者を誘いこむ事ができるでしょう。

・一般的なことに対するクリスチャンの見方

宗教的ではない、一般的なことを取り上げてクリスチャンの考え方を紹介していく

・証(あかし)

実際に人がどのようにして神さまとであったかという話ですが、ある程度、世俗的雑誌の言葉や形式を使うと良いでしょう。

話し手としてのイエス・キリスト

あなたが新聞を読む時、どこから読みますか?大抵は人についての記事ではありませんか?人はみんな、抽象的な概念よりも他の人に興味があるものです。イエ ス・キリストを例として考えてみましょう。彼の教えの中心は人についての例え話ではなかったでしょうか?わたしは、キリストはユーモアに富んだ素晴らしい 話し手であったと思います。きっと主は、登場人物によって声音を使い分けたり、身振り手振りを使ったりして話をされたかもしれません。

 

"メッセージを目に見える形で伝えると、より説得力のあるものとなります。キリストが人となり、地上に来られたことにより、抽象的な真実がより明らかになったのです。

・ 私たちには、神の憐れみと裁きのバランスは知りえませんが、キリストが姦淫で捕まった女を石打の刑から救われたことならわかります。

・ 私たちには、神なしでは目的を見失っているということに気づきませんが、迷える羊のことならわかりまます。

・ 私たちには、愛に満ちた神が解りませんが、キリストが十字架上で死刑にされたことならわかります。

キリストの人生は神を表しているだけではなく、永遠の真実を表しているのです。信仰を説明しようとするよりも、ガラリヤ湖畔に生えていたからし種の木を指差 しました。罪は雑草のように育ち、パン種のように影響力があるものです。偽善の説教をすることをキリストは外側を白く塗ったきれいなお墓―内側は死人の骨 が詰まっていて、とても清らかとはいえない―のようだといっています。" James Watkins

ビリー・グラハムが説教する時に、本当に あった話を必ず取り入れることをご存知ですか?伝道ウェブページで証を効果的に使うのも得策です。けれども、"証"とは呼ばずに(クリスチャン以外には何 のことか解りません)、"本当にあった話"、"人生の経験"などとしてください。

教会で使うだけではもったいない

伝道的なウェブページで証は、教会での証とは違う書き方をすべきです。クリスチャン専門用語を証の中から取り除き、形式や内容を未信者の興味や視点に合わせ て下さい。他のクリスチャンを励ます為の証ではないのです。"私"を主語にして書くとよいでしょう。また、第三者として客観的に書くのも手です。

絵を取り入れたり、証を書いた本人の写真をスキャナで取り込んでもよいでしょう。その文章を書いた人の写真があると、読者はもっと身近に感じるものです。証 を書いた人の個人情報を載せると、インパクトがさらに強くなります。けれども、個人情報の詳細を載せてしまうと悪用されてしまう恐れもあるので気を付けて ください。

手元にある証を未信者向けに修正、書き直し、誰か(できれば未信者の人に)に一度読んでみてもらってください。何度か読み返し、改善することも大切です。

未信者に証を書くときのガイドライン

A. 対象となる読者 ・・・ いつも自分の証の対象を念頭に置いて書いてください。

B. 書き始める前に

" 何時、何処で、誰が、何故、何をした"という事を思い描いてください。最初から神さまについて、又は自分が信じた時について書くよりも、信じる前の状態や 抱えていた問題から入り、どのようにしてキリスト教に興味を持つようになったかということを建て上げていくと良いでしょう。

C. "釣り針"を使う

神さまがどのようにしてあなたの抱えていた問題(孤独、恐れ、不安、疑い、人間関係、性に関する問題、中毒、自殺未遂、無意味な人生など)から助けて出して下さったのかを"釣り針"にして、読者の関心を引いてください。

D. 内面の感情

あなたがクリスチャンになる前の内面の感情を分ち合ってください。当時を振り返って、あなたがどのように空しさや恐れを感じ、何処へ向かっていいのかわから ないような戸惑いなどがあったことを思い出して書いてみてください。あなたに共感する読者もいるはずです。あなたの信仰に興味は持ってくれないかもしれま せんが、彼らの問題に対する答えになるようなことを提案することができるはずです。もし、あなたがクリスチャンはバカで騙されているような人たちだと感じ ていたなら、そのまま書いてください。

E. 正直に

勝ち誇ったような証は避けてください。私たちのほとんどは、今もなお苦しみの中にいるのです。未信者との唯一の違いは私たちには助け手を知っていることです。 もし、あなたが今も悪戦苦闘していることがあるなら、正直に書いてみてください。大袈裟な証や、現状を"作り物のような完全な幸せな人生"とするような証 は、真実味に欠けるので避けてください。

"自分の欠点を隠すことは、クリスチャンがどのようにして勝利するのかを隠してしまうことと同じです。わたしが完全な人間ではないことをさらけだした時、彼らは私から学ぶことを望むようになったのです。書くことにおいても、同じ事が言えると思います"  Beverley Caruso

F. 前に信じていたもの

もし、あなたがクリスチャンになる前に、何か宗教を信じていたなら、それが何故あなたを満足させる事ができなかったのか(その宗教を信じている読者もいるか もしれませんから、敬意を払う事も忘れずに)書いてください。あなたの育った環境に、キリスト教の影響があった場合、今と何が違っていたのかを説明してく ださい。

G. クリスチャン専門用語は避ける(詳しくは、"計画を練る 3章 言葉"を参照してください。)

H. 台詞をそのまま引用

引用文の中に、台詞をそのまま引用すると臨場感を出す事ができます。例えば、"わたしの友人のシェリルが来て、わたしが好きそうな本を持ってきてくれたこと を告げてくれました。"とするより、"わたしの友人のシェリルが来てこう言いました。「あなたが好きそうな本もってきたわよ。」"とするほうが、インパク トがありませんか?

I. 誤解を解く

この世の風潮はクリ スチャンを誤解している傾向にあります。よく有り勝ちな誤解は、クリスチャンは古い決まり事にがんじがらめにされていて、何の楽しみもないということで す。あるかどうかもよくわからない天国に入る為に、善行を行っているというのです!ですから、あなたの証を通して、このとんでもない誤解を解いてくださ い。

J. 物事が起こった順番どおりにかかなくてもいい

Reader's Digest と Guidepostsによると、人生話はだいたい、次のように構成されているそうです。 1. 導入部: ユーモアにあふれる、または鍵となる過去の出来事 2. 現在の状態: 今、何をしているか 3. 過去を振り返って: 特筆すべき出来事(私たちの場合は、キリストとの出会い) 4. 結び: 過去の出来事に対する、今の気持ち

あなたが、誰かの人生話を読むときは、どのような構成になっているか注意してみてください。

参考(日本語)

ゴスペルハウスのデボーション・ガイド

信仰の体験談

参考ウェブページ(英語)

証の例?クリスチャン向けのデボーション

秘 密 兵 器

教 会では人々の証は、あまり有効に使われずに眠っている宝物のようなものです。わたしの手掛けているミニストリーの創立者は、毎週の礼拝で証を取り入れるべ きだと言っています。教会で発行して近所に配るようなニュースレターや機関紙に力強い証をいくつか含めることによって、効果を高める事ができるでしょう。 証は未信者に証を書くときのガイドラインに沿ったものをお薦めします。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 神はどんな方?どうやって知ることが出来る?

    A. ほんとうの神は、人間が木や石で作ったものではありません。人格を持たれる生きた方です。聖書は、まことの神は
    (1)天地万物の創造者
    (2)目に見えない霊なる存在者
    (3)罪を憎まれる聖い神
    (4)愛なる神
    であると語っています。この神が、罪人である私たちを罪から救い出し、永遠のいのちと豊かな人生を与えるために、イエス・キリストを十字架につけて私たちの救いの道をつくってくださったのです。
    誰でも、自分の罪を告白して悔い改め、イエス・キリストを救い主として信じるなら、この神のゆるしと限りない素晴らしい永遠の愛を受けとることが出来ます。
    神を知る道は、聖書のみことばと心からのキリストへの信仰です。神を知るための修行や訓練、功績は必要ありません。
  • Q. クリスチャンになったらお酒やタバコは、やめなくてはいけない?

    A. クリスチャンになることは、「キリストへの信仰によって、罪のゆるしと永遠のいのちを受ける」という人間にとっての根本的な問題ですが、お酒やたばこ、パチンコなどは、その人の生活倫理や道徳の問題です。
    根 本的な生き方に、キリストによる新しい価値観と力を得るならば、その人の倫理や道徳も変えられていくことは事実ですが、お酒やたばこを止めることがクリス チャンになる条件ではありません。また、教会に行き始めたとたんに、すぐにそれらが無くなるわけでもないでしょう。それは、あなたがクリスチャンになった 後で、「心から止めたくなるかどうか」にかかっていることです。
    神は、あなたが願いを持つならば、不思議な力を与えてくださる方です。
  • 家族Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。

    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 「良いこと」でどのようなことを考えておられるでしょうか? 教会へ行くと確かにいろいろと良いことがあります。まず、生けるまことの神様を礼拝することができるようになります。そして礼拝の中で、神様から、「わた しはあなたを愛している、あなたといつも共にいる」という語り掛けを聞くことができます。その神様の語りかけによって、苦しみや悲しみの中にあっても、慰 めと励ましを与えられて歩むことができるようになります。教会へ行くことによって得られる「良いこと」とはこのようなことです。教会へ行けば苦しみや悲し みがなくなるのではありません。突然お金が儲かったり、病気が治ったりするわけでもありません。そういう「良いこと」を期待して教会へ来ても失望に終わる でしょう。けれども教会で礼拝を守り、神様のみ言葉を聞き続けていくと、私たちの人生を本当に支え導く神様の恵みが分かるようになり、本当に喜んで生きる ことができるようになるのです。