注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

ウェブページの特性 Part2

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ウェブページの特性 Part2

参考ウェブページ(英語)

証を書くときのチェック項目

  • 未信者向けに書いている事を忘れずに
  • 未信者の人生の見方に強調を置く
  • 信じる前後の興味を引くようなことを書く
  • 読者があなたを知っている感じがするように、あなたについての情報も含める
  • どのように起こったのか思い描くことができるように、ある程度の細かい状況説明もする
  • キリスト教専門用語は使わない
  • 教会っぽく、説教じみた書き方はしない
  • 読者はクリスチャンの信仰について何も知らないことを仮定とする
  • 正直に(大袈裟な書き方、または自分にはまったく問題はない、といった書き方はしない)
  • 人々がクリスチャンに対して抱いている誤解を解くように努める
  • 生き生きとした(雑誌のような)書き方をする
  • 物事の順序を追って書かなくても良い
  • 会話文を取り入れる
  • クリスチャンというのは、毎日の神さまとの交わりである
  • 読み返し、校正、改善、書き直しなどを何度かする
  • できれば、証を書いた本人の写真を載せる

参考(日本語):

ゴスペルハウス 霊的成長 証を書く方法

D:基本的な福音について ・・・ 簡潔に適切な言葉で説明してください。

E:弁証論 ・・・ 信仰に関する疑問に対する答えを提供する

F:(伝道的な)聖書研究

タイプ別の聖書研究の場を提供する。(読者がまず聖書について何も知らないことを前提にし、専門用語は使わないように心がけてください。)

G:教会のウェブページ

ほ とんどの場合、教会のインフォメーションに過ぎませんが、未信者が助けを求める為に見る可能性もあります。作家でありElectronic Ministriesの主事であるJohn C Lewisは、「私たちの教会には、教会紹介のウェブページを見て訪れた人がたくさんいます。そのなかで、少なくとも1人の人が救われています。」と言っ ています。ですから、未信者の人を迎え入れ、興味を引くような呼び物や情報を載せたページにしましょう。

教会のウェブページを作る際の提案

・ 未信者にも解り易い言葉を使う(クリスチャン用語は避ける)

・ 子供向けオンラインのゲームなどを付け、教会学校の行事を宣伝する。

・ ユーモラスな絵を使い、気持ちをほぐす

・ インターネット上のコンクール/競争

・ 教会の年間行事、特別なイベント (カレンダープログラムはhttp://www.calendars.net/http://www.mattkruse.com/scripts/calendar/で入手可)

・ コミュニティー(地域社会)ニュース、活動 これを加えると地域の未信者からのアクセスが増えるでしょう。地域団体との橋渡しになり、掲示板に彼らの情報を載せるなどの工夫をするのも良いでしょう。 彼ら自身のウェブページがなかったなら、きっと喜ばれるでしょう。もし、ウェブページを持っていた場合、そこへのリンクを付けてあげましょう。 例えば、First Baptist Tallasseeの教会ウェブページでは信者に限らず未信者に関する多種に渡る情報を満載し、フレームを賢く使っています。もし、利用価値ある情報を地域単位で、また国際的な情報を注意深く選別するなら、未信者でさえもたくさんアクセスしてくるでしょう。

・ 問題解決 未信者はよく、抱えている問題の解決を求めて教会を探します。いくつかの教会は、よくある問題に関する解決案、牧師によるカウンセリング(インターネット上、またはEmailを通して)を提供しています。

・ 説教要約、聖書研究 大きな教会ウェブページでは、よく説教要約を載せています。Josh Hunt牧師は問題や人々の求めに関する説教題材を選び、それについて聖書の答えを示すことを薦めています。 聖書研究は伝道的な形式をとるといいでしょう。Emailを利用した相互的に進行してゆく聖書研究は調べたり、質問したりする機会がたくさんある上、匿名でも参加できるので恐れを抱かせることなく聖書の学びをすることができます。

・ 伝道: 教会ウェブページの中に特に伝道的な場所一般的な興味に対するもの、一般的な事に対するクリスチャンの物の見方、証、基本的な福音について、弁証論、(伝道的な)聖書研究なども設けてください。未信者向けに書かれた教会会員の証などを含めると良いでしょう。 証はインデックスからリンクできるように、人目を引くキャッチ・フレーズ("人生の意義の発見"、"人生を無駄にすごすな!"など)を付けてください。単独でも成り立ち、検索エンジンを通して直接人が訪れるようなページにしてください。 もし、あなたに時間と資料がなければ、既存の伝道ウェブサイトへリンクを付けると良いでしょう。

"現代人"に伝道するには

・ 本の紹介 伝道的な本、キリスト教の本のウェブページ、またはインターネット上の本屋へのリンクを提供する。

・ インターネット上の雑誌: 雑誌形式にすると、いろんな種類の記事(クリスチャン関連に限らず)を載せる事ができます。ライフスタイル、ガーデニング、など読者の興味を引きそうな記事を載せてください。

・ 宣伝:   教会のURLを教会の印刷物、掲示板などに載せてください。ドメイン名の覚えやすいURLを付け、検索エンジン(クリスチャン・世俗検索エンジン、教 会ディレクトリ)に登録してください。登録の際には、すべてのページを個別に登録してください。各ページに注意深くタイトル、叙述、タグを付け、単独で成 り立つようにデザインしてください。(詳しくは、"検索エンジン"を参照してください)

'RealNames' is an alternate system of searching for a web-site、RealNames導入価値を検討

・ ウェブページの管理 ウェブページの管理は作成者に任されていますが、作成者がそのページに関連したすべてのことをしなくてもよいのです。教会内で、賜物のある人に彼らの時間 の赦す限り、Emailを通しての読者へのアドバイス、読者との交流などを手伝って貰うと良いでしょう。作成者の代わりに、ウェブページを更新してくれる ソフトウェアも出ています。

ウェブページに限らず、インターネットでの伝道は、退職した人、障害を持つ人、内気な人などが教会外で伝道活動をすること支援します。

ウェブデザイナーでもあるJohn Collins牧師は、Westover Hills 教会のウェブページを次の理由で賞賛しています。

1. 新鮮でたくさんの情報を載せている

2. 構造がわかりやすいので、読者がウェブページ内で勝手がわかる

3. ウェブデザインチームは、ただ読者を引き込むプロというだけでなく、メッセージを伝える為に程よい程度の技術を使って、やり過ぎよりも、ちょっと足りないくらいの方が良いを、モットーにしているようです。

参考ウェブページ(英語)

Willow Creek:

John Bell's Gallery 伝道ウェブページ用グラフィックス、美しい風景など

既 存のウェブサイトのほとんどは、基本的な福音についてと弁証論ですが、これらは既に求めている人やキリスト教についてもっと知りたいと思っている人にしか 影響をあたえることができません。ですから、その他のタイプのウェブページをキリスト教についてほとんど知らない人のために作っていくことが必要なので す。参照までに、Willow Creekによる未信者がキリスト教についてどう思うかのタイプ分けは、

A. 皮肉屋 ・・・ 信じない人、それを態度でも表しているタイプ

B. 疑り深い人 ・・・ 信じない人、けれども喜んで聞くタイプ

C. 傍観者 ・・・ 特に興味を示さないタイプ

D. 求める人 ・・・ 真実を捜し求めているタイプ

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 毎週日曜日に教会で行われている礼拝は、神様を拝む集いです。ゴスペルハウスでは、ゴスペル・ワーシップというジャンルの音楽をピアノやギターなどと共に 歌います。また、聖書が朗読され、その箇所が告げている神様からのメッセージを伝える説教が語られ、祈りがなされる、ということを通して、生きて働いてお られる神様との出会いの時を持つのです。最初は、説教という講演を中心とする講演会のような印象を持つかもしれませんが、出席しているうちに、講演会では ない、神様を拝む礼拝の意味が分かってくると思います。
  • Q. イエス・キリストとはどのような方ですか。どうすれば知ることができますか。

    A.  イエスは真実に人間となった神の子、そしてわたしたちの主キリストです。 それは聖書全巻を通して、神さまからわたしたちに証言されています。この方を知るには、信仰という神さまからの恵みに依らなければなりません。神さまは聖書を用いて、礼拝において、言葉を語り、わたしたちはこの方を知るのです。 人間の能力では決して知ることが出来ない人類最大の秘義です。
  • 子育てQ 性教育プログラムは全体として、十代の妊娠や性病を解決することが出来なかったことは明らかなようです。性感染症患者は、過去20年間に劇的な増加を見ました。では、10代の性行動を抑える特効薬はあるのでしょうか。

    A  ウィスコンシン大学マジソン校のスティーブン・スモール氏とミシガン州立大学のトム・ラスター氏が、「結婚と家庭ジャーナル」誌に発表した重要なレポー トがありますが、その中で二人は、早すぎる性行動を抑止するのに効果的なことは、親が関わることと、親の価値観が子どもに伝わることだ、という説得力ある 結論を出しました。

    直接的、かつ斬新なほどに賢い方法で、スモール氏とラスター氏は、親の責任という問題に注意を喚起しました。
    二人は言います。
    「親が、思春期の子どもの性行動について厳しく考えていないことは、男子女子双方にとって危険です。驚くべきことではありませんが、『親が婚前交渉を受け入れている』と考える子どもは、性的な体験をする確率が高いのです。」
    カエルの子はカエルという通りです。

    もうひとつの重要な調査があります。シャロン・ホワイト氏とリチャード・デブラッシー氏によるもので、「思春期」誌に掲載されました。
    それによれば、
    デートや異性との付き合いに関して極度に厳しすぎる親たちと、何の指導もしない親たちに比べて、合理的で適度なしつけをする親は、最も好ましい結果を見ることが出来ました。(厳しすぎる親は、二番目、何の指導もしなかった親の場合、結果は最悪でした)
    以 上の調査、また他の資料からこう言えます。子どもたちを婚前交渉の崖っぷちから守るのに一番効果があるのは、思春期の子どもを育てるための微妙なテクニッ クを、親が身につけることです。つまり、子どもの生活に関わり、自分の価値観と態度とを子どもに伝え、模範を示し、対話をし、子どもたちが誰とどこに行く かを注意深く見守り、適度な門限を守らせることです。

    同時に、できる限り子どもたちの自由を認めることも大切です。なぜなら、厳しすぎるしつけには、それなりの問題もあるからです。

    結局は、親が子どもに対して持っているこの種の影響力には、どんな性教育プログラムも、カリキュラムも、学校も、施設も、かなわないのです。
    ひ とつ付け加えるなら、ふた親で安定した家庭の子どもは、シングルペアレントの家庭や、より不安定な背景をもつ子どもよりも、「火遊び」をする危険性が低 く、また強いキリスト教信仰を持ち、教会活動に積極的に関わっている子どもたちは、全体として見れば、純潔を守り通す確率は高いのです。

    以上のことから、親が、強いキリスト教信仰を持ち、伴侶に忠実であることが、若者たちを性的に乱れた生活から守るのに、最も有効な安全弁であるという結論が導き出されます。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 聖書で言う罪は、何ですか?

    A. 創造者である真の神に背を向けて、自分中心に人生を生きることです。
    聖書の中に「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。(箴言 第14章12節)」と書かれています。創り主から離れた生き方が不信仰や不従順であり、そこから人間は多くの罪を犯すようになったのです。
    ギ リシャ語で「罪」を表す言葉に「ハマルティア」というのがありますが、それは「的を外す」「誤る」「迷う」ということを意味しています。聖書の語っている 罪の根本は、真の神を無視する人生を指しています。聖書はそのような人間の姿を「羊のようにさまよい」と表現しています。
    神の御子イエス・キリストがこの地上に来られたのは、十字架で私たちのために罪の身代わりとなることにより、神との和解と、新しい神との交わりの道をイエス・キリストを信じるすべての者に与えるためでした。罪は、目に見えなくても、人生を縛り、呪いをもたらすものです。