注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

ウェブページの特性 Part2

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ウェブページの特性 Part2

参考ウェブページ(英語)

証を書くときのチェック項目

  • 未信者向けに書いている事を忘れずに
  • 未信者の人生の見方に強調を置く
  • 信じる前後の興味を引くようなことを書く
  • 読者があなたを知っている感じがするように、あなたについての情報も含める
  • どのように起こったのか思い描くことができるように、ある程度の細かい状況説明もする
  • キリスト教専門用語は使わない
  • 教会っぽく、説教じみた書き方はしない
  • 読者はクリスチャンの信仰について何も知らないことを仮定とする
  • 正直に(大袈裟な書き方、または自分にはまったく問題はない、といった書き方はしない)
  • 人々がクリスチャンに対して抱いている誤解を解くように努める
  • 生き生きとした(雑誌のような)書き方をする
  • 物事の順序を追って書かなくても良い
  • 会話文を取り入れる
  • クリスチャンというのは、毎日の神さまとの交わりである
  • 読み返し、校正、改善、書き直しなどを何度かする
  • できれば、証を書いた本人の写真を載せる

参考(日本語):

ゴスペルハウス 霊的成長 証を書く方法

D:基本的な福音について ・・・ 簡潔に適切な言葉で説明してください。

E:弁証論 ・・・ 信仰に関する疑問に対する答えを提供する

F:(伝道的な)聖書研究

タイプ別の聖書研究の場を提供する。(読者がまず聖書について何も知らないことを前提にし、専門用語は使わないように心がけてください。)

G:教会のウェブページ

ほ とんどの場合、教会のインフォメーションに過ぎませんが、未信者が助けを求める為に見る可能性もあります。作家でありElectronic Ministriesの主事であるJohn C Lewisは、「私たちの教会には、教会紹介のウェブページを見て訪れた人がたくさんいます。そのなかで、少なくとも1人の人が救われています。」と言っ ています。ですから、未信者の人を迎え入れ、興味を引くような呼び物や情報を載せたページにしましょう。

教会のウェブページを作る際の提案

・ 未信者にも解り易い言葉を使う(クリスチャン用語は避ける)

・ 子供向けオンラインのゲームなどを付け、教会学校の行事を宣伝する。

・ ユーモラスな絵を使い、気持ちをほぐす

・ インターネット上のコンクール/競争

・ 教会の年間行事、特別なイベント (カレンダープログラムはhttp://www.calendars.net/http://www.mattkruse.com/scripts/calendar/で入手可)

・ コミュニティー(地域社会)ニュース、活動 これを加えると地域の未信者からのアクセスが増えるでしょう。地域団体との橋渡しになり、掲示板に彼らの情報を載せるなどの工夫をするのも良いでしょう。 彼ら自身のウェブページがなかったなら、きっと喜ばれるでしょう。もし、ウェブページを持っていた場合、そこへのリンクを付けてあげましょう。 例えば、First Baptist Tallasseeの教会ウェブページでは信者に限らず未信者に関する多種に渡る情報を満載し、フレームを賢く使っています。もし、利用価値ある情報を地域単位で、また国際的な情報を注意深く選別するなら、未信者でさえもたくさんアクセスしてくるでしょう。

・ 問題解決 未信者はよく、抱えている問題の解決を求めて教会を探します。いくつかの教会は、よくある問題に関する解決案、牧師によるカウンセリング(インターネット上、またはEmailを通して)を提供しています。

・ 説教要約、聖書研究 大きな教会ウェブページでは、よく説教要約を載せています。Josh Hunt牧師は問題や人々の求めに関する説教題材を選び、それについて聖書の答えを示すことを薦めています。 聖書研究は伝道的な形式をとるといいでしょう。Emailを利用した相互的に進行してゆく聖書研究は調べたり、質問したりする機会がたくさんある上、匿名でも参加できるので恐れを抱かせることなく聖書の学びをすることができます。

・ 伝道: 教会ウェブページの中に特に伝道的な場所一般的な興味に対するもの、一般的な事に対するクリスチャンの物の見方、証、基本的な福音について、弁証論、(伝道的な)聖書研究なども設けてください。未信者向けに書かれた教会会員の証などを含めると良いでしょう。 証はインデックスからリンクできるように、人目を引くキャッチ・フレーズ("人生の意義の発見"、"人生を無駄にすごすな!"など)を付けてください。単独でも成り立ち、検索エンジンを通して直接人が訪れるようなページにしてください。 もし、あなたに時間と資料がなければ、既存の伝道ウェブサイトへリンクを付けると良いでしょう。

"現代人"に伝道するには

・ 本の紹介 伝道的な本、キリスト教の本のウェブページ、またはインターネット上の本屋へのリンクを提供する。

・ インターネット上の雑誌: 雑誌形式にすると、いろんな種類の記事(クリスチャン関連に限らず)を載せる事ができます。ライフスタイル、ガーデニング、など読者の興味を引きそうな記事を載せてください。

・ 宣伝:   教会のURLを教会の印刷物、掲示板などに載せてください。ドメイン名の覚えやすいURLを付け、検索エンジン(クリスチャン・世俗検索エンジン、教 会ディレクトリ)に登録してください。登録の際には、すべてのページを個別に登録してください。各ページに注意深くタイトル、叙述、タグを付け、単独で成 り立つようにデザインしてください。(詳しくは、"検索エンジン"を参照してください)

'RealNames' is an alternate system of searching for a web-site、RealNames導入価値を検討

・ ウェブページの管理 ウェブページの管理は作成者に任されていますが、作成者がそのページに関連したすべてのことをしなくてもよいのです。教会内で、賜物のある人に彼らの時間 の赦す限り、Emailを通しての読者へのアドバイス、読者との交流などを手伝って貰うと良いでしょう。作成者の代わりに、ウェブページを更新してくれる ソフトウェアも出ています。

ウェブページに限らず、インターネットでの伝道は、退職した人、障害を持つ人、内気な人などが教会外で伝道活動をすること支援します。

ウェブデザイナーでもあるJohn Collins牧師は、Westover Hills 教会のウェブページを次の理由で賞賛しています。

1. 新鮮でたくさんの情報を載せている

2. 構造がわかりやすいので、読者がウェブページ内で勝手がわかる

3. ウェブデザインチームは、ただ読者を引き込むプロというだけでなく、メッセージを伝える為に程よい程度の技術を使って、やり過ぎよりも、ちょっと足りないくらいの方が良いを、モットーにしているようです。

参考ウェブページ(英語)

Willow Creek:

John Bell's Gallery 伝道ウェブページ用グラフィックス、美しい風景など

既 存のウェブサイトのほとんどは、基本的な福音についてと弁証論ですが、これらは既に求めている人やキリスト教についてもっと知りたいと思っている人にしか 影響をあたえることができません。ですから、その他のタイプのウェブページをキリスト教についてほとんど知らない人のために作っていくことが必要なので す。参照までに、Willow Creekによる未信者がキリスト教についてどう思うかのタイプ分けは、

A. 皮肉屋 ・・・ 信じない人、それを態度でも表しているタイプ

B. 疑り深い人 ・・・ 信じない人、けれども喜んで聞くタイプ

C. 傍観者 ・・・ 特に興味を示さないタイプ

D. 求める人 ・・・ 真実を捜し求めているタイプ

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • ユダヤ人たちは、イエスについての死と復活のことばを聞き、自分たちが神の子であるイエス・キリストを十字架につけたという事実を知る時に、彼らは心を打 たれ 「私たちは何て事をしてしまったのだろう。何をすれば神に赦されるのだろう。このままでは神の怒りは私たちに来てしまう」 と途方にくれてしまいました。そこで彼らはペテロに「私たちはどうしたらよいでしょうか」と尋ねました。 ところが、ペテロの答えは予想外に簡単であったのです。ペテロは38節で非常に重要なことを3つ言います。

    (1)悔い改めるとは、生 き方の方向を変えると言う意味です。自分中心の生き方、人が作った善悪の基準による生き方、また人間の作った宗教による生き方から、神の教えに従っていく 生き方に変えるのです。人は「自分が一番かわいいもの」ですが、このような生き方から改めて、神を心から愛し、その教えに従い、隣人を自分自身のように愛 せるように方向転換するのです。 これが悔い改めです。

    (2)イエスの名によってバプテスマを受けるのです。バプテスマは信仰告白した者の全身が、水の中に浸され、象徴的にイエスともに死に、またその全身が水からあがる時、イエスとともによみがえさせられるのです。その結果

    (3)バプテスマを受けたものは、神の霊である聖霊を、神の賜物として受けるのです。
  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • ??どうしたら神の御心は分かるのですか。天から声が聞こえて来るわけではありません。人間は、神の御心をただ推し測ることしかできないのですか。

    とても大切なご質問です。神の御心があやふやなら、神に従えません。ところが、ほとんどの方は神の御声をどうやって聞き分けたらいいか、明確には分っていません。それで、自分の気持ちや印象に頼るのですが、それは信頼できるものではなく、神の御心を知るには危険です。感情は、大変主観的です。自分の願いや出来事や、それに昨晩の睡眠時間にさえ影響されます。神の声を聞いたと早とちりした信者たちは、時に大失敗をしました。 


    ある大学生の話があります。彼は、とある夜中、ある女性と結婚すべきだという強い思いを持って目をさましました。それまでに1、2回デートをしただけの人ですが、神が「この女性だ!」と言われたように思い込んだのです。翌朝、彼は女性に電話して、自分の予感を告げました。この女性は、彼と同じようには感じなかったのですが、神には逆らえないと思いました。2人は間もなく結婚しましたが、うまくいかず、ずっと苦しみ続けています。 


    神の御心が分ったと思い込んだ人たちについての、似たような話はたくさんあります。悪魔は「光の天使」(第二コリント11章14節)として来ることを思い出してください。つまり、神の声の偽物をつくり出すという意味です。突然に受けた思いや予感を、人間が無批判かつ衝動的に受け取るようにしむけることで、悪魔は人間を混乱させ、幻滅させることができます。 


    感情や予感によって神の御心を判断するということに関して、私は南カリフォルニア大学の博士課程を終了して、博士号を授与された日のことを思い出します。教授たちに握手をしてもらい、祝福のことばをかけられ、それまでに熱心に求めてきたものをついに得てキャンパスを後にしました。その日、車で家に向かいながら、私はそれまでの人生における神の祝福を感謝し、これから御心のままに私を使ってくださいと祈りました。あの小さな、赤いフォルクスワーゲンの中で神と交わった時、主をとても近く感じました。 


    さて、とある角を曲がった時(今でもその場所を覚えています)、1年以内に誰か私の身近な人が死ぬ、という強い予感を私は持ちました。そのことが起きても、私は驚き惑うことなく、神を信じ頼り続けるようにと神がおっしゃっているように、私には思えました。 


    その突然の予感を説明できるような死とか何かを、全く予想してはいなかったので驚きました。いったい誰が死ぬのか、またどのようにその最後が来るのかなどと考えると、心臓がどきどきしました。それでも、家についた時そのことを誰にも話しませんでした。 


    1ヵ月たちましたが、どんな悲劇も、死別もありませんでした。さらに2、3ヶ月がたちまちのうちに過ぎましたが、私の家族の誰も死にませんでした。ついに、嫌な予感がしたあの日から1年過ぎましたが、何事もありませんでした。父が亡くなるまで、10年の月日が流れました。しかしそれは、フォルクスワーゲンの中の予感とは何の関係もなかったと思います。 


    それ以来、多くの方々をカウンセリングし、またその他の職業上の経験を通して、私のようなあやまった思い込みを持つ人が決して少なくないことを知りました。同じような経験が、特にそのような考えに影響されやすい直感的な方々にはよくあるようです。 


    例えば、30歳になるお母さんが、不安とうつ症状がとれないという訴えを持って私の所に来られました。お話を聞いていると、16歳の時に通っていた教会の礼拝で経験したエピソードを話されました。説教の終わる頃、彼女は、神からの驚くようなメッセージを「聞いた」というのです。「ジーニー、他の人がわたしのことを知ることができるために、あなたは死ぬ」という声です。 


    彼女は、震え上がりました。自分が絞首刑台の上に立たされ、死刑執行の縄が自分の頭の上にぶら下がっているかのように感じました。彼女はパニックに陥り、席から飛び上がり、ドアをいくつも通り抜けて教会を後にしました。すすり泣きながら走りました。人に話したら罪を犯すような気がして、誰にも言えませんでした。何年もの間、神の判決の執行がいつなされるのかと、息をひそめるように生活していました。しかし、それから10何年もたつのに、彼女は今も健康そのもののようです。

    このような例をはじめ様々な実例から、私は、自分の受けた予感を勝手に解釈するのは賢いことではないと考えるに至りました。

  • 毎週日曜日に教会で行われている礼拝は、神様を拝む集いです。ゴスペルハウスでは、ゴスペル・ワーシップというジャンルの音楽をピアノやギターなどと共に 歌います。また、聖書が朗読され、その箇所が告げている神様からのメッセージを伝える説教が語られ、祈りがなされる、ということを通して、生きて働いてお られる神様との出会いの時を持つのです。最初は、説教という講演を中心とする講演会のような印象を持つかもしれませんが、出席しているうちに、講演会では ない、神様を拝む礼拝の意味が分かってくると思います。