注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、9,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

巧妙に ― 蛇のように聡く…

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2.1 中立的、けれども全く戦闘的でなくはない

ウェブページのタイトル、見出し、インデックスなどに、説教的な見出し、タイトル、リンク、画像は避けてください。いかにも、キリスト教といった組織名(例え ば、"キリストの救いミニストリー"、"第一バプテスト教会")などをページの頭につけることも避けてください。もし、あなたが組織名をどうしても載せた い場合、中立的な名称を選んで付けてください。キリスト教的な絵(聖書、十字架、鳩、ステンドグラス他)も避けてください。使いたい気持ちは解りますが、 未信者にとって、居心地が悪くなるようなものは避けるべきです。実際、求めている人たちには、価値のあるものですが、私たちは限られたキリスト教に興味の ある人たちよりも、もっと広範囲の人たち(まったくキリスト教について知らない人たち)に届いていきたいのです。ですから、マウスをクリックすることで、 簡単に彼らがあなたのウェブページから出て行ってしまうようなことは極力避けたいのです。

キリスト教的な ウェブページが増えるほど、伝えたい人たち(キリストや真実をまったくしらない人たち)に伝わりにくくなるのです。第8章で定義した、一般的な興味に対す るもの、一般的な事に対するクリスチャンの物の見方、証(あかし)のページがタイトル、見出し、絵、言葉遣いなどで、いかにもキリスト教的なものを使わな いように呼びかけたいのです。新聞のように、すべてが初めのタイトルや見出しで解ってしまうようなものは避けて欲しいのです。

伝道ウェブページでは、クリスチャンのみが興味をもつような問題(聖書の訳の違い、教派による教義の違いなど)を取り扱うことは避けてください。そのような ことは、彼らがクリスチャンになってからで十分です。もちろん、クリスチャン向けのウェブページを通してキリストに出会った例もあります。けれども、それ に該当しない人たちの方が遥かに多いのです。ですから、伝道ウェブページでは、未信者向けにデザインしたものを作成してください。

2.2 どこで未信者と交わることが出来るか

未信者たちのいるところへ出て行くことが必要です。これが、彼らに伝道する秘訣です。私たちの伝道ウェブページでは、どんな人たちがどんなウェブページに興味があるのかを研究し、彼らが使うような言葉を使用(または引用)しています。

"ユダヤ人には、ユダヤ人のようになりました。それは、ユダヤ人を獲得するためです。律法の下にいる人々には、私自身は律法の下にはいませんが、律法の下に いる者のようになりました。それは、律法の下にいる人々を獲得するためです。律法を持たない人々には、―私は神の律法の外にある者ではなく、キリストの律 法を守る者ですが―律法の下にいる者のようになりました。それは、律法を持たない人々を獲得するためです。弱い人々には、弱い者になりました。弱い人々を 獲得するためです。すべての人に、すべてのものとなりました。それは、なんとかして、幾人かでも救うためです。わたしはすべてのことを福音のためにしてい ます。それは、わたしも福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。" 第一コリント9:20~23

漫画の影響力を利用しましょう。漫画 などのメディアを使った伝道に関するトレーニング・コースもアメリカではすでに始まっています。また、日本では、子供に限らず、大人にも漫画は人気があり ます。1年間に20億もの漫画が売れているのです。ロシアでは、190の教会が過去5年間にSuperBook(TVの漫画シリーズ)の影響によってでき ました。実に、100万人がそのテレビ番組に対して手紙を出したのです。もし、日本でそんな漫画シリーズが放映されたらどうでしょうか?漫画の影響力は軽 視できません。インターネット上の漫画(動画、音声入り)も作れるのです。イギリスで作られたPrivate Eye を参照して見て下さい。とてもよくできています(世俗的なものです)。CartoonworksのRon Weelerは、漫画のユーモアを通すと、人々は警戒を解除し、福音的なメッセージを受け入れやすいと語っています。Cartoonworksでは、クリ スチャン的な漫画、グラフィックスを無料で製作しています。(有料の3Dクリップ・アートも売っています。)また、インターネット上での福音的なメッセー ジを含んだ漫画も提供しています。

参考ウェブページ(英語)

ROX35 Media 漫画の資料

数年前に、有名なクリスチャンのラジオ局が賛美歌、祈り、説教をもとにしたラジオ番組製作しました。けれども、クリスチャンやクリスチャン的な環境で育った 人にしか聞いてもらえないことに気づき、教会関係者以外にも聞いてもらえるような番組に作り変えました。その直後に、視聴者からの手紙が、"対して問題も ないような教会に通っているいい人"からの手紙から、"大変な問題を抱えている、切羽詰った人" からの手紙に取って代わるようになりました。開拓伝道者C.T.Studdは、私たちクリスチャンが、福音を聞く必要のある人のところに出て行くべきだと いうことを、このような詩で表現しています。

"誰かは教会の音楽や鐘を聴きながら、生活することを望むかもしれないけど、 わたしは、地獄の庭先で人々をそこから救い出す生活するほうを望む。"

この世に存在する宗教に対して雑誌を通したミニストリーがあります。彼らがミニストリーを開始する前に、時間とお金を費やして市場を研究し、その宗教の指導 者たちの教えや興味を探りました。そして、その教えや興味を元にして雑誌を編集し、デザインもその地域の世俗的な雑誌に合わせました。

イギリスでは、Railway Missionが鉄道会社職員向けの新聞を提供しています。表向きは、鉄道に関するものですが、中身は伝道的なものです。このことを応用して、主の導きに まかせて、あなたの興味あることを対象にしたウェブページ作成を試みてはいかがでしょうか?

日本の教会では、よくバザーをやり、難なく近所の人との交流を図っています。市川にある教会では、1960年代に亡くなった有名なカーレーサーの車の遺族が礼拝に参加 し、昼食を共にした人達に限り、日曜日の午後にその車を見せることを手掛けています。そのカーレーサーのファンクラブが年に一度その教会で集まるそうで す。その会は、故人の母親が、祈り、証をする事によって始まるそうです。ファンクラブの何人かはそのことを通して信仰を持つようになりました。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 礼拝や集会はどんなプログラムですか?

    A. 教会によって多少のプログラムの違いはありますが、大きな内容は次のようなものです。

    (1)賛美=聖歌、賛美歌、ワーシップソングなどを歌います。
    (2)祈り=神への感謝、日常生活の願いやとりなしなどを祈ります。
    (3)説教=聖書の中からの具体的なメッセージです。
    (4)献金=教会によって方法などは違いますが、献金するかどうかは自由です。
    (5)お知らせ=その教会の報告や行事などのお知らせです。
    (6)交わり=礼拝や集会後、お茶などをいただきながらのくつろいだひとときです。この時にいろんな方とも出会い、お友達になれます。

    いずれにせよ、何かを強制されることはありませんので、安心して参加してください。
  • Q. イエス・キリストとはどのような方ですか。どうすれば知ることができますか。

    A.  イエスは真実に人間となった神の子、そしてわたしたちの主キリストです。 それは聖書全巻を通して、神さまからわたしたちに証言されています。この方を知るには、信仰という神さまからの恵みに依らなければなりません。神さまは聖書を用いて、礼拝において、言葉を語り、わたしたちはこの方を知るのです。 人間の能力では決して知ることが出来ない人類最大の秘義です。
  • Q. プロテスタントとカトリックは、どう違うのですか?キリスト教の 派閥ですか。一致することはないのですか。

    A. 宗教改革以後、教会はローマカトリック教会と、ルター派、及び無数のプロテスタント諸教派とに分裂し、それぞれの伝統を形成し今日にまで至っていま す。(もう少し正確な説明が必要ですが、今日は省略しておきます。)いかに真理のためとは言え、本来一つであるはずのキリストの体なる教会が事実上、分断 されているのは、決して本来的ではなく、教会は一つのものであると信じられるべきです。このような中で、20世紀からエキュメニカル(教会一致)運動が起 こり始め、教派の壁を超えた対話や協力関係の模索が続けられています。また1999年にはカトリック教会とルター派との間で「義認の教理に関する共同宣 言」が交わされ、大きな前進を見せています。

  • 先に愛については既に触れました。しかし、神の愛、隣人愛は教会の特質として欠かすことが出来ません。そこで、もう一度愛について考えてみましょう。教会 の人々は、神を愛し、隣人を愛す人々です。イエスは何が一番大切かと質問された時に次の様に答えました。 12:28 律法学者がひとり来て、その議論を聞いていたが、イエスがみごとに答えられたのを知って、イエスに尋ねた。「すべての命令の中で、どれが一番たいせつです か。」12:29 イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。12:30 心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』12:31 次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」(マルコ12:28-31)

    一 番大切なことは、神を愛し、自分自身のように隣人を愛すことです。愛といいますとロマンチックな愛を考えがちですが、愛すために人は神から与えられている すべてを尽くすことを求められます。つまり、心(純真な思いや願い)、思い(感情や感覚)、知性(理論的な考え)、力(理知的な力と意志や肉体的な力)を 尽くして愛します。神の教えを理解し、心からその教えに従うことです。時には、理知的な力と意志や肉体的な力も必要でしょう。さらに、「人は自分自身のよ うに隣人を愛すべきだ」とイエスは言います。このことは自分自身も愛すことを裏付けています。これは、自分中心的な愛ではありません。むしろ、自分自身へ の愛は、神によって創造された確信と、神によって愛されているという確信からくるものです。同じ理由で、神によって創造された隣人を愛します。