注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

巧妙に ― 蛇のように聡く…

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2.1 中立的、けれども全く戦闘的でなくはない

ウェブページのタイトル、見出し、インデックスなどに、説教的な見出し、タイトル、リンク、画像は避けてください。いかにも、キリスト教といった組織名(例え ば、"キリストの救いミニストリー"、"第一バプテスト教会")などをページの頭につけることも避けてください。もし、あなたが組織名をどうしても載せた い場合、中立的な名称を選んで付けてください。キリスト教的な絵(聖書、十字架、鳩、ステンドグラス他)も避けてください。使いたい気持ちは解りますが、 未信者にとって、居心地が悪くなるようなものは避けるべきです。実際、求めている人たちには、価値のあるものですが、私たちは限られたキリスト教に興味の ある人たちよりも、もっと広範囲の人たち(まったくキリスト教について知らない人たち)に届いていきたいのです。ですから、マウスをクリックすることで、 簡単に彼らがあなたのウェブページから出て行ってしまうようなことは極力避けたいのです。

キリスト教的な ウェブページが増えるほど、伝えたい人たち(キリストや真実をまったくしらない人たち)に伝わりにくくなるのです。第8章で定義した、一般的な興味に対す るもの、一般的な事に対するクリスチャンの物の見方、証(あかし)のページがタイトル、見出し、絵、言葉遣いなどで、いかにもキリスト教的なものを使わな いように呼びかけたいのです。新聞のように、すべてが初めのタイトルや見出しで解ってしまうようなものは避けて欲しいのです。

伝道ウェブページでは、クリスチャンのみが興味をもつような問題(聖書の訳の違い、教派による教義の違いなど)を取り扱うことは避けてください。そのような ことは、彼らがクリスチャンになってからで十分です。もちろん、クリスチャン向けのウェブページを通してキリストに出会った例もあります。けれども、それ に該当しない人たちの方が遥かに多いのです。ですから、伝道ウェブページでは、未信者向けにデザインしたものを作成してください。

2.2 どこで未信者と交わることが出来るか

未信者たちのいるところへ出て行くことが必要です。これが、彼らに伝道する秘訣です。私たちの伝道ウェブページでは、どんな人たちがどんなウェブページに興味があるのかを研究し、彼らが使うような言葉を使用(または引用)しています。

"ユダヤ人には、ユダヤ人のようになりました。それは、ユダヤ人を獲得するためです。律法の下にいる人々には、私自身は律法の下にはいませんが、律法の下に いる者のようになりました。それは、律法の下にいる人々を獲得するためです。律法を持たない人々には、―私は神の律法の外にある者ではなく、キリストの律 法を守る者ですが―律法の下にいる者のようになりました。それは、律法を持たない人々を獲得するためです。弱い人々には、弱い者になりました。弱い人々を 獲得するためです。すべての人に、すべてのものとなりました。それは、なんとかして、幾人かでも救うためです。わたしはすべてのことを福音のためにしてい ます。それは、わたしも福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。" 第一コリント9:20~23

漫画の影響力を利用しましょう。漫画 などのメディアを使った伝道に関するトレーニング・コースもアメリカではすでに始まっています。また、日本では、子供に限らず、大人にも漫画は人気があり ます。1年間に20億もの漫画が売れているのです。ロシアでは、190の教会が過去5年間にSuperBook(TVの漫画シリーズ)の影響によってでき ました。実に、100万人がそのテレビ番組に対して手紙を出したのです。もし、日本でそんな漫画シリーズが放映されたらどうでしょうか?漫画の影響力は軽 視できません。インターネット上の漫画(動画、音声入り)も作れるのです。イギリスで作られたPrivate Eye を参照して見て下さい。とてもよくできています(世俗的なものです)。CartoonworksのRon Weelerは、漫画のユーモアを通すと、人々は警戒を解除し、福音的なメッセージを受け入れやすいと語っています。Cartoonworksでは、クリ スチャン的な漫画、グラフィックスを無料で製作しています。(有料の3Dクリップ・アートも売っています。)また、インターネット上での福音的なメッセー ジを含んだ漫画も提供しています。

参考ウェブページ(英語)

ROX35 Media 漫画の資料

数年前に、有名なクリスチャンのラジオ局が賛美歌、祈り、説教をもとにしたラジオ番組製作しました。けれども、クリスチャンやクリスチャン的な環境で育った 人にしか聞いてもらえないことに気づき、教会関係者以外にも聞いてもらえるような番組に作り変えました。その直後に、視聴者からの手紙が、"対して問題も ないような教会に通っているいい人"からの手紙から、"大変な問題を抱えている、切羽詰った人" からの手紙に取って代わるようになりました。開拓伝道者C.T.Studdは、私たちクリスチャンが、福音を聞く必要のある人のところに出て行くべきだと いうことを、このような詩で表現しています。

"誰かは教会の音楽や鐘を聴きながら、生活することを望むかもしれないけど、 わたしは、地獄の庭先で人々をそこから救い出す生活するほうを望む。"

この世に存在する宗教に対して雑誌を通したミニストリーがあります。彼らがミニストリーを開始する前に、時間とお金を費やして市場を研究し、その宗教の指導 者たちの教えや興味を探りました。そして、その教えや興味を元にして雑誌を編集し、デザインもその地域の世俗的な雑誌に合わせました。

イギリスでは、Railway Missionが鉄道会社職員向けの新聞を提供しています。表向きは、鉄道に関するものですが、中身は伝道的なものです。このことを応用して、主の導きに まかせて、あなたの興味あることを対象にしたウェブページ作成を試みてはいかがでしょうか?

日本の教会では、よくバザーをやり、難なく近所の人との交流を図っています。市川にある教会では、1960年代に亡くなった有名なカーレーサーの車の遺族が礼拝に参加 し、昼食を共にした人達に限り、日曜日の午後にその車を見せることを手掛けています。そのカーレーサーのファンクラブが年に一度その教会で集まるそうで す。その会は、故人の母親が、祈り、証をする事によって始まるそうです。ファンクラブの何人かはそのことを通して信仰を持つようになりました。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 家族Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。

    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ 性教育プログラムは全体として、十代の妊娠や性病を解決することが出来なかったことは明らかなようです。性感染症患者は、過去20年間に劇的な増加を見ました。では、10代の性行動を抑える特効薬はあるのでしょうか。

    A  ウィスコンシン大学マジソン校のスティーブン・スモール氏とミシガン州立大学のトム・ラスター氏が、「結婚と家庭ジャーナル」誌に発表した重要なレポー トがありますが、その中で二人は、早すぎる性行動を抑止するのに効果的なことは、親が関わることと、親の価値観が子どもに伝わることだ、という説得力ある 結論を出しました。

    直接的、かつ斬新なほどに賢い方法で、スモール氏とラスター氏は、親の責任という問題に注意を喚起しました。
    二人は言います。
    「親が、思春期の子どもの性行動について厳しく考えていないことは、男子女子双方にとって危険です。驚くべきことではありませんが、『親が婚前交渉を受け入れている』と考える子どもは、性的な体験をする確率が高いのです。」
    カエルの子はカエルという通りです。

    もうひとつの重要な調査があります。シャロン・ホワイト氏とリチャード・デブラッシー氏によるもので、「思春期」誌に掲載されました。
    それによれば、
    デートや異性との付き合いに関して極度に厳しすぎる親たちと、何の指導もしない親たちに比べて、合理的で適度なしつけをする親は、最も好ましい結果を見ることが出来ました。(厳しすぎる親は、二番目、何の指導もしなかった親の場合、結果は最悪でした)
    以 上の調査、また他の資料からこう言えます。子どもたちを婚前交渉の崖っぷちから守るのに一番効果があるのは、思春期の子どもを育てるための微妙なテクニッ クを、親が身につけることです。つまり、子どもの生活に関わり、自分の価値観と態度とを子どもに伝え、模範を示し、対話をし、子どもたちが誰とどこに行く かを注意深く見守り、適度な門限を守らせることです。

    同時に、できる限り子どもたちの自由を認めることも大切です。なぜなら、厳しすぎるしつけには、それなりの問題もあるからです。

    結局は、親が子どもに対して持っているこの種の影響力には、どんな性教育プログラムも、カリキュラムも、学校も、施設も、かなわないのです。
    ひ とつ付け加えるなら、ふた親で安定した家庭の子どもは、シングルペアレントの家庭や、より不安定な背景をもつ子どもよりも、「火遊び」をする危険性が低 く、また強いキリスト教信仰を持ち、教会活動に積極的に関わっている子どもたちは、全体として見れば、純潔を守り通す確率は高いのです。

    以上のことから、親が、強いキリスト教信仰を持ち、伴侶に忠実であることが、若者たちを性的に乱れた生活から守るのに、最も有効な安全弁であるという結論が導き出されます。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ 息子の部屋をそっとのぞいてみて、何をしているのか確かめるのはどうでしょうか。親はそんなことをしたらいけないでしょうか。

    A 十代の子どもたちのプライバシーを冒してでも、両親が秘密に調査をしなければならないときは確かにあります。ある俳優が十代の娘が麻薬を使っていることを 発見したとき、この問題はメディアで広く話題になりました。問題がついに表面化した時、この母親は事実をつきとめる努力を怠ったことを後悔していると述べ ました。彼女は多くのトークショーに出演し、「ああいうケースの子どもたちは親に見つかった方がよい」という意味のことを語りました。プライバシーうんぬ んもさることながら、目の前で進行している犯罪行為を目をつむって見ようとしないことの方が問題です。
    息子さんのしていることを確認してくださ い。もちろん、親は自分の子供をよく知っているべきです。違法なことや自分の害になることなど全く興味がないという青年たちもいます。そういう子どもたち の部屋や私物まで調べるようにとは、私も勧めません。しかし物陰に隠れてはあやしげなことをし、おかしな友だちを集め、家の中では親を決して部屋に入れな いような子の場合は、私なら遅くならないうちに事実を確認する努力をするでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 子育てQ 子どもが巣立つときに、母親がうつ的になり「空になった部屋」を受け入れることができなくなることをよく聞きますが、わが家の場合はむしろ父親で、一ヵ月以上も意気消沈していました。こういうことはまれなのでしょうか。

    A. いいえ、よくあることです。最近の調査ですが、大学一年生を持つ189人の親に、子どもが家を出た時の気持ちを聞きました。驚いたことに、母親より父親の 方がこたえたというのです。米国ではこれを「空っぽの巣」症候群などと言いますが、映画「花嫁の父」(1950年)は、これがメイン・テーマでした。あの 映画は娘を思う父親への、心にしみる素晴らしい捧げ物であると思います。父親のジョージは、食卓で娘の婚約のニュースを耳にして驚きます。自分の耳を信じ られないのです。目をこする彼の前に、娘の赤ちゃん姿、次に10歳のおてんば娘、そして18歳の美しい娘盛りの姿が次々に現われました。娘はあっと言う間 に成長し、もう家を出ようとしているのです。もう自分は娘にとって第一の男性ではなくなったのであり、彼には悲しみの時が必要でした。
    なぜ男性が時に子どもの巣立ちをこれ程に悲しむのでしょうか。主なる原因のひとつは後悔です。あまりに忙しく働きすぎて、年月は矢のように過ぎてしまいました。そして新しい家庭を築こうとしている娘と、もう一度親子関係をやり直すには遅すぎることに気づくのです。
    子どもたちがまだ家にいるお父さん方に申し上げます。一緒にいることのできる、一時一時を大切に味わってください。この時は、またたく間に過ぎ去って行くのですから。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A