注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

作成したウェブページを登録する

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1. 作成したウェブページを登録する

あなたのウェブページが完成したら、すべてのページをすべてのよく使われる検索エンジンに登録しましょう。登録前に各ページに適切なタイトル、叙 述、キーワードを入れたか確認してください。検索エンジンでは、オプションとしてURLを登録する説明が付いているはずです。いくつかの検索エンジンは、 ホームページを登録すれば、それに続くウェブページも自動的に登録されるとしていますが、念のためすべてのページを登録しておいた方が良いでしょう。

秘訣として、後々のため、検索エンジンにブックマークをつけて置く。また、もしあなたがタイトル、叙述、キーワード、Emailアドレスなどを繰り返しオンラインの雛型に入力するなら、TypeItIn にて手に入る(無料)ソフトを利用して手間を節約してください。

ほとんどの検索エンジンでは、実際あなたのウェブページを検索結果一覧に表示したかどうかの記録を取ってあるはずですので、どのようにその情報を引き出すかは(英語ですが)、SearchEngineWatchを 参照にしてください。時折、自分で検索し、検索順位を確認してください。そして、どのようにしたら順位を改善できるか考えてみてください。タイトル、叙 述、キーワードの手直しをし、再登録した数日後にまた検索をかけて順位が変わっているかどうか確認してください。精巧なランキング・チェック(順位確認) のソフトを購入し、あなたの代わりにチェックさせても良いでしょう。(例:WebPositionは、キーワードごとにランキング・チェックを定期的に行い、報告書を作成してくれます)

参考(日本語)

ホームページのランキングを表示

カウンター&ランキング

参考ウェブページ(英語)

AgentWebRanking 無料プログラム

登録する際には、Yahoo, Infoseek, Lycos, Excite, Altavista, Webcrawlerなどのよく使われている検索エンジンすべてに登録してください。

Infoseek: 無料スペース(Geocites、AOLなど)に登録する際には、Emailを通しての登録のみとなります。ですから、オンラインで登録しても、検 索結果に表示されないことになります。(Angelfire、Tripodにも適用されるかもしれません。)もし、あなたがドメイン・ネームのないウェブ ページを登録したい場合は、URLを一行ずつ書いて、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にEmailしてください。

Yahoo: 慣例尊重の検索エンジンというより、検索分野のリストの充実を誇りますが、他の研究し尽くされた検索エンジンに劣る点もあります。Yahooは他の 検索エンジンとは違い、自動的にあなたのウェブページを受け入れてはくれません。また、検索結果のリストに、目次や細かい内容を表示しません。実際に提出 されたウェブページのひとつひとつを人が見て、受け入れを検討し、たいていは却下されます。純粋に一般大衆向けに情報提供するものが受け入れられやすいよ うです。Yahooに登録を受け入れられた私達のウェブページはわずかですが、一日に200人もの人がアクセスしてきます。

Yahoo に登録する際には、細かい指図に注意してください。タイトルは5語までで、それが唯一のキーワードとなります。ですから、タイトルには細心の注意を払って ください。検索分野のリストをチェックして適切な分野に登録すると良いでしょう。却下されても、気を落とさず、再度挑戦してください。Yahooの検索結 果に表示されるのはとても容易なことではないのです!余談になりますが、Yahooの名前の由来をご存知でしょうか?Yet Another Hierarchical Officious Oracle ―(来たるべき)もうひとつの神聖な非公式のお告げ― の頭字語なのです。

参考(日本語)

サーチエンジン登録ガイド

参考ウェブページ(英語)

SelfPromotion Yahooに登録する前に必読

VirtualPROMOTE Yahoo forum 検索エンジンのフォーラム

検索エンジンには、メインのデータベースの他に、編集者が選抜したウェブページのディレクトリを提供しています。もし、あなたのウェブページがそのような品 質の良いものであったなら、そこにも登録してみてください。また、あなたの作成したウェブページが個人的なものの場合、個人のホームページのリストにも登 録してください。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 毎週日曜日に教会で行われている礼拝は、神様を拝む集いです。ゴスペルハウスでは、ゴスペル・ワーシップというジャンルの音楽をピアノやギターなどと共に 歌います。また、聖書が朗読され、その箇所が告げている神様からのメッセージを伝える説教が語られ、祈りがなされる、ということを通して、生きて働いてお られる神様との出会いの時を持つのです。最初は、説教という講演を中心とする講演会のような印象を持つかもしれませんが、出席しているうちに、講演会では ない、神様を拝む礼拝の意味が分かってくると思います。
  • Q. クリスチャンになると死が怖くない? ほんと?

    A. 恐れや怖いという感情は、人間 の肉体に生まれついた本能的なものですから、クリスチャンになったからといって、無くなるわけではありません。しかし、キリストの十字架のあがないによっ て、永遠の滅びから罪のゆるしをいただいて、天国に行く確信を持つと、死の恐れに勝利できるのです。それだけではなく、天国で神との素晴らしい交わりを持 ち、先に天国に帰った家族や友とも再会できるという希望を持つことが出来ます。キリストを信じる時に、死の恐怖から解放され、希望と自由と平安を得ること が出来るのです。
  • Q. どうしてクリスチャンは、日曜日に礼拝をするの?

    A. 日曜日に行くだけではなく、 しばしば週日にも教会に行きます。礼拝は通常日曜日が中心ですので(時間はまちまちですが)神を生活の第一として礼拝し、聖書のメッセージを聞き、そのみ ことばから励ましや希望、力をいただくのです。教会によっては、日曜日以外の曜日にも礼拝が持たれています。また、聖書の学びや賛美集会、祈り会などの集 会も開かれていますので、お近くの教会にお尋ねください。
  • Q 夫は、私の必要をわかっていませんが、もし私が女性と男性の違いを教えてあげれば、理解する努力をしてくれると思います。問題は、どうやって私の必要を夫に分かるように伝えられるかなのですが。

    A  まず、何をするべきでないかをお教えしましょう。私流の言い方ですが「打ちのめし戦術」は避けてください。すなわち、際限なく、責め、懇願し、叱りつ け、不満を言い、非難するという戦術です。これではご主人の注意を引くことはできません。それどころか、角材で殴りつけるようなもので、怒りを買うか、黙 らせてしまうか、またはその両方でしょう。
    「打ちのめし戦術」の代わりに、一番ご機嫌のよさそうな時間にご主人を「教育」する機会を探すのです。そのためには、適切なタイミング、セッティング、そしてマナーが必要です。では、この三つの要素を見てみましょう。

    1.タイミング
    ご主人が、よりリラックスしていて、応答しやすい時間を選びます。朝、それも仕事のプレッシャーのない土曜日が良いかもしれません。くれぐれも、彼が疲れ て、空腹の時に、いらいらさせるような口調でこきおろさなければ、あなたの努力は徒労に終わらないでしょう。
    2.セッティング
    理想を言えば、一晩もしくは週末をかけて二人で出かけるように提案するのです。経済的な理由でご主人がしぶるようなら、家計をやりくりして貯金をします。 泊りがけが無理ならば、外食に行くだけでも良いでしょう。それさえも問題外とおっしゃるなら、子どもたちが何かに熱中していて、また電話にわずらわされな いような時間を選びます。一般的に言うと、心配ごとや、問題や、ストレスのある家から離れれば離れるほど実のある会話が望めます。
    3.マナー
    ご主人が、あなたの話を個人攻撃と受け取らないように計らうことが大変重要になります。けなされると防御が堅くなからです。ですからそのメカニズムを刺激 しないようにします。できる限り、暖かく、愛と優しさに富んだ雰囲気を作ります。夫の欠陥を強調するのではなく、あなた自身の必要を伝えようとしているの だということを分かってもらうのです。

    これらタイミング、セッティング、そしてマナーがあいまってチャンスが到来したら、できる限り効果 的にあなたの気持ちを表現してください。どうして、夫の気持ちをつかむ方法について私がそんなに詳しいかとおっしゃるならば、以上のような方法で、家内は 私にアプローチし、彼女の気持ちを伝えるのに成功したのですと申し上げましょう。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから