注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

知名度:URLの宣伝

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1. URLの宣伝

あなたのウェブページのURLを他の人達に知ってもらいましょう。URL名は宗教的なものでなく覚えやすいものにしEmail、手紙のヘディングや 名刺などの印刷物や教会の掲示板、車のバンパーにURLを載せるなどできる限り宣伝しましょう。イギリスでもっとも知名度の高いURLはイギリス国営放送 局(BBC)のURLです。車、お問い合わせ住所などに載せていて、見たことがないと言う人がいないくらいです。もちろん、覚えやすいURLを選んで付け ていますが、コンピュータを触った事がない人でも、BBCのURLは知っているほどです。

・URLの宣伝のヒント

私達は編集者宛てに手紙を出したり、新聞・雑誌に私達のウェブページの宣伝を頼み、知名度を上げました。もし、あなたの作成したウェブページが、一般大衆向 けの情報でしたら、同じような内容を取り扱う新聞・雑誌にURL掲載を依頼してみてください。流行や最新のものを取り入れた適切な情報でしたら、世俗の一 般大衆にとっても価値のあるものとなるでしょう。また、あなたの読者に呼びかけて新聞・雑誌掲載を依頼、またはダウンロードできるポスターを作製し、その ポスターを貼って貰うよう依頼しても良いでしょう。

Christian Woman Todayという雑誌では、未信者の人に配る為の小さなカードを供給しています。ポストカードの裏にウェブページの広告を載せた無料のWebCardsを アメリカでよく見かけます。もし、あなたが少し厚手の紙に印刷できるカラープリンタを持っているなら、オリジナルの小さなカードを作って見てはいかがで しょうか?

参考(日本語)

ホームページの宣伝

マーケティング

参考ウェブページ(英語)

Mediafinder ディレクトリを扱った書籍

NewsDirectory (新聞、雑誌、TV、リサーチなどのディレクトリ)

PubList (芸術、経済、コンピュータ技術、教育、娯楽、健康・医学、政治・法律、科学・数学、社会学のディレクトリ)

Newspapers Online (アメリカ国内、国別、ビジネス、工業、貿易、芸術、大学、宗教などのニュース)

・バナーエクスチェンジ、ウェうリング

バナー・エクスチェンジ

分析結果によると、バナー・エクスチェンジをする事によって、読者を失う可能性もありますが、新しい読者を引き込むこともできるそうです。バナー・エクス チェンジでは、あなたのバナーを他のウェブサイトで表示する回数をあなたのウェブサイトでの他のバナー表示回数の半分に限っています。

伝道ウェブページでは、クリスチャンのバナーを表示することは避けてください。あなたのウェブページはクリスチャンのためではないし、いかにも教会です、と いった感じを与えてしまうのです。けれども、世俗のバナーを表示するときに、読者をとんでもないウェブページに導いてしまう危険性もあるのです。とあるク リスチャンのウェブページで多種のバナーが数秒で変わるものを付けていましたが、そのバナーはオンラインでのギャンブルのウェブページを提供していまし た。きっと、そのウェブページ作成者は気がついていないのでしょう。

いくつかのクリスチャンのウェブペー ジでは、表示バナーは自分の管轄外だと注意書きを加えています。もし、あなたがバナー・エクスチェンジを利用するなら、あなたのページの上の方には付けな いでください。検索結果の順位を落としかねませんし、読者を即座に失うことにもつながります。バナーを通してあなたのウェブページへとクリックしてリンク する割(CTRs)は良くても0.5%くらいで、減り続けています。バナーを利用した広告であふれ返っているからです。CTRsが時間の経過とともに減少 する他の理由としては、すでにそのバナーのリンク先を見た人が同じウェブページを2度は見ないからしょう。けれども、知名度を上げる為に、いろんな分野の ウェブページとバナー・エクスチェンジするのも良いでしょう。

人目を引くだけでなく、興味深い言葉を駆使したバナーを一般大衆向けの情報のウェブページに付けてもらうと効果的です。(特殊分野、教会のウェブページ上にバナーを付けて貰ってもあまり効果はありません。)オンラインであなたのオリジナルのバナー作成も可能です。

参考(英語)

QuickBanner (デザインを選んで簡単にバナ―作成可。アイコン有。無料。)

Animated Communications (動画込みのバナ―をサイズ、予算に合わせて作成。無料でも作成可。)

 

ウェブリング

(詳しくは、英語ですが: http://1x.com/advisor/maher19.htm を参照してください。)

ウェ ブリングはバナー・エクスチェンジと違い、読者が同じ事柄についての複数の連なるウェブページをたどる手助けをします。バナー・エクスチェンジにも書いた ように、クリスチャンのウェブページと繋ぐことは避けて下さい。契約する前に、どのようなウェブページが繋がっているのか調べてください。もし、あなたの ウェブページが特定のことについての情報でしたら、そのようなページのためのウェブリングもあります。近い将来、伝道ウェブページのウェブリングができる かもしれません。

・賞を受ける、リンクの依頼など

リンクの依頼

あなたと同じようなウェブページを探し、作成者にEmailでリンクを依頼(交換条件として、あなたのページからもそれらのページへのリンクを付けても良い でしょう)してみてください。リンクを付ける時は、特別なリンク先でない限り、リンクはあなたのページの最後の方に付け、読者を自らの手で失うような事は 避けてください(あなたのページがリンク集であった場合、話は別になります)。たくさんのウェブページにあなたのページへのリンクを付けて貰えば、必然的 にあなたのページへのアクセスは増えるでしょう(また、検索結果の順位上昇も望めます)。もちろん、世俗のウェブページをあちらこちらと調べるのは楽な仕 事ではありません。ほとんどのウェブページは一般大衆向けの情報です。あなたのをウェブページと同系統のウェブページ探し、リンクの依頼を試みてくださ い。依頼の際には、幾つかのバナーやボタンに貼るグラフックスも提供するのも良いでしょう。また、リンクの依頼をしたウェブページが主流の検索エンジンに 登録されていない場合、作成者に登録を薦めてください。

検索エンジン編集者の"お薦め"ウェブページ

最近、検索エンジンで検索エンジン編集者の"お薦め"ウェブページのディレクトリを提供しています。もし、あなたのウェブページがとても良い出来栄えなら(情報的なものに絞られますが)、この"お薦め"ウェブページに登録してみてください。

賞を受ける

ウェブページ賞に申請し賞を受けると、アクセスしてくる人が増加するでしょう。また、あなたのウェブページへのリンクが付いているウェブページが賞を受けても、効果があるでしょう。


スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 教会の礼拝は誰にでも開かれています。誰でも、どんな人でも出席してよいのです。ですから、悩みがある人、元気になりたい人はどうぞいらして下さい。そう でなくても、教会って何をしているのかな、聖書の教えってどんなことかな、と少しでも興味のある人はどうぞいらして下さい。礼拝に行ったらもうクリスチャ ンにならなければならない、などということはありません。教会は、ちょっとのぞいてみよう、という方も歓迎します。礼拝の秩序さえ重んじていただれば、ど のような思いで参加して下さってもよいのです。
  • 娘と父Q. 父親として私が、男性一般に対する娘の態度に影響を与えることはありますか。結婚したら、男性を理解し、どのように付き合っていくかを知る必要がでてきます。今からそういうことを考えておくことは大事でしょうか。

    A. そのとおりです。最初のボーイフレンドを見つける前、また初恋をするずっと前から、彼女の男性に対する態度は、父親によって静かに形作られているのです。
    な ぜでしょうか。それは、父と娘の関係は以後の全ての異性関係の基礎となるからです。父親に受け入れられなかった女性は、心の空白を埋めてくれる男性を求め 続けます。優しく暖かな父親の娘さんは父のような恋人を捜すでしょう。父が娘を美しく女性的だと思うと、彼女も自分をそう見るようになります。反対に父親 が「娘は魅力に乏しい」と思い無視すると、彼女は成人になってもセルフ・イメージの問題を引きずるようになるでしょう。
    また夫婦関係は、妻が自分の父親の権威をどう受け止めていたかに大変影響されます。娘が幼い時期に父親が威圧的できまぐれだと、娘は生涯に渡って自分の夫と主導権争いを続ける可能性があります。
    反対に父親が権威の大切さを教えるような形で愛のこもったしつけをしていると、娘は互いに尊敬しあうギブ・アンド・テイクの結婚生活により適応しやすくなるでしょう。
    花嫁の幸不幸の大部分は父親にかかっています。それで私ども父親は最大の努力を払って娘を育てるべきです。ですから父親が娘との関係に関心を持つことは大切です。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 子育てQ 子どもをしつける親が、最も犯しやすい過ちとは、どのようなものでしょうか。

    A .  私の見てきているところ、それは、親が怒りによって子どもをコントロールしようとすることだろうと思います。
    どんな年齢層を対象にしても、怒りで人を動かそうというのは最も非効率的な方法です。それなのに、多くの大人たちは子どもをしつけるのに、自分の感情的な言動に頼ろうとします。

    ある先生が、全国ネットのテレビ番組で言っていました。

    「教師であることには誇りを持っています。でも毎日子どもたちを教えるのは嫌で仕方がありません。生徒たちは全く言うことを聞かないので、教室の秩序を保つために、私は絶えず怒っていなければなりません。」

    明けても暮れても、嫌みで怒りっぽい先生を演じつ続けなければならないとは、何ともご苦労なことと言わねばなりません。

    しかし多くの先生方や親たちはそれ以外の指導の仕方を知らないのです。これは、疲れるやり方であり、そして効果がありません。自分自身がどういう風に人から動かされるかを考えてみたら分かり易いでしょう。

    今晩帰宅途中に60キロオーバーのスピード違反をしてしまったとしましょう。街角に警官が立っていますが、彼にはあなたを捕まえる方法がないとします。パ トカーも白バイも持っていません。肩章も拳銃も違反切符もありません。できることは、ただ街角に立ってスピード違反をしているあなたに向かってののしるこ とだけです。警官がこぶしを振り上げるのを見てあなたは減速するでしょうか?もちろんしません。そばを通り過ぎながら手を振って挨拶するかもしれません ね。怒ったからといって、警官は何もすることは出来ません。漫画のような話です。

    一方、バックミラーの中に黒と白の車が頭上に赤いランプ を回しながら近づいてくるのを見ることほど、スピード狂のドライバーをおとなしくさせるものはありません。路肩に停車すると、威厳があり、礼儀正しい警官 が運転席に近づいてきます。2メートルもあろうかという大男で、ローン・レンジャーの様な声をし、銃身をごく短く切った散弾銃を両腰に下げています。彼は 丁寧ながら毅然とした態度で、「お急ぎのところ恐縮ですが、レーダーよると制限速度40キロのところを、100キロで走っておられたようですね。免許証を 拝見します。」と言います。
    警官は革表紙の召喚状を開いてあなたの方に顔を寄せます。彼は敵意を表したり、非難をしたりはしないのに、あなたは即座に求めに応じます。まごまごしながら、気に入らない自分の写真のついた免許証を財布の中から取り出します。
    な ぜあなたの手は汗ばみ、口はカラカラなのでしょう。どうして心臓は喉から飛び出しそうなほど脈打っているのでしょう。それは、警官がしようとしている手続 きが不愉快極まりないからです。あなたのこれからの運転癖を劇的に変えてしまうのは、警官のこの一連の行動なのです。怒りではなく、懲らしめの行いが行動 を直すのです。

    実は、大人の怒りは子どもの心に破壊的な軽蔑心を引き起こすと私は信じます。子どもには、私たちの怒りは、事態をどうに も出来ない無能さと映るのです。正しいことを教えようとするのですが、効果がないのでやたらと手を振り回し、涙を流さんばかりにして実行もしない脅迫を繰 り返すのです。
    お聞きしますが、あなたご自身はそんな風に感情的な方法で法律を守らせようとする裁判官がいたとしたら、尊敬なさるでしょうか。答えを待つまでもありません。ですから、法律の世界は意図的に、客観的で、合理的で、威厳に満ちたものとされているのです。

    私は、親たちや先生方が正当な感情を子どもたちから隠すようにと言っているのではありません。あるいは、全てをうちにしまい込んだ、応答をしない、面白味 のない、ロボットの様な人間になれと言っているのでもありません。子どもたちが侮辱的な態度を取ったり、不従順になることはありますし、私どもがいら立つ のは、無理のない場合はあります。そういう場合は、むしろ怒りを表現するべきです。そうでなければ、偽善者でしょう。

    私のポイントは、怒りがしばしば子どもたちの、行儀を直すための道具として意識的に使われるということです。しかしこれは効果がないばかりか、子どもの信頼を失うことにもなるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 毎週日曜日に教会で行われている礼拝は、神様を拝む集いです。ゴスペルハウスでは、ゴスペル・ワーシップというジャンルの音楽をピアノやギターなどと共に 歌います。また、聖書が朗読され、その箇所が告げている神様からのメッセージを伝える説教が語られ、祈りがなされる、ということを通して、生きて働いてお られる神様との出会いの時を持つのです。最初は、説教という講演を中心とする講演会のような印象を持つかもしれませんが、出席しているうちに、講演会では ない、神様を拝む礼拝の意味が分かってくると思います。