注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、10,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

知名度:URLの宣伝

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1. URLの宣伝

あなたのウェブページのURLを他の人達に知ってもらいましょう。URL名は宗教的なものでなく覚えやすいものにしEmail、手紙のヘディングや 名刺などの印刷物や教会の掲示板、車のバンパーにURLを載せるなどできる限り宣伝しましょう。イギリスでもっとも知名度の高いURLはイギリス国営放送 局(BBC)のURLです。車、お問い合わせ住所などに載せていて、見たことがないと言う人がいないくらいです。もちろん、覚えやすいURLを選んで付け ていますが、コンピュータを触った事がない人でも、BBCのURLは知っているほどです。

・URLの宣伝のヒント

私達は編集者宛てに手紙を出したり、新聞・雑誌に私達のウェブページの宣伝を頼み、知名度を上げました。もし、あなたの作成したウェブページが、一般大衆向 けの情報でしたら、同じような内容を取り扱う新聞・雑誌にURL掲載を依頼してみてください。流行や最新のものを取り入れた適切な情報でしたら、世俗の一 般大衆にとっても価値のあるものとなるでしょう。また、あなたの読者に呼びかけて新聞・雑誌掲載を依頼、またはダウンロードできるポスターを作製し、その ポスターを貼って貰うよう依頼しても良いでしょう。

Christian Woman Todayという雑誌では、未信者の人に配る為の小さなカードを供給しています。ポストカードの裏にウェブページの広告を載せた無料のWebCardsを アメリカでよく見かけます。もし、あなたが少し厚手の紙に印刷できるカラープリンタを持っているなら、オリジナルの小さなカードを作って見てはいかがで しょうか?

参考(日本語)

ホームページの宣伝

マーケティング

参考ウェブページ(英語)

Mediafinder ディレクトリを扱った書籍

NewsDirectory (新聞、雑誌、TV、リサーチなどのディレクトリ)

PubList (芸術、経済、コンピュータ技術、教育、娯楽、健康・医学、政治・法律、科学・数学、社会学のディレクトリ)

Newspapers Online (アメリカ国内、国別、ビジネス、工業、貿易、芸術、大学、宗教などのニュース)

・バナーエクスチェンジ、ウェうリング

バナー・エクスチェンジ

分析結果によると、バナー・エクスチェンジをする事によって、読者を失う可能性もありますが、新しい読者を引き込むこともできるそうです。バナー・エクス チェンジでは、あなたのバナーを他のウェブサイトで表示する回数をあなたのウェブサイトでの他のバナー表示回数の半分に限っています。

伝道ウェブページでは、クリスチャンのバナーを表示することは避けてください。あなたのウェブページはクリスチャンのためではないし、いかにも教会です、と いった感じを与えてしまうのです。けれども、世俗のバナーを表示するときに、読者をとんでもないウェブページに導いてしまう危険性もあるのです。とあるク リスチャンのウェブページで多種のバナーが数秒で変わるものを付けていましたが、そのバナーはオンラインでのギャンブルのウェブページを提供していまし た。きっと、そのウェブページ作成者は気がついていないのでしょう。

いくつかのクリスチャンのウェブペー ジでは、表示バナーは自分の管轄外だと注意書きを加えています。もし、あなたがバナー・エクスチェンジを利用するなら、あなたのページの上の方には付けな いでください。検索結果の順位を落としかねませんし、読者を即座に失うことにもつながります。バナーを通してあなたのウェブページへとクリックしてリンク する割(CTRs)は良くても0.5%くらいで、減り続けています。バナーを利用した広告であふれ返っているからです。CTRsが時間の経過とともに減少 する他の理由としては、すでにそのバナーのリンク先を見た人が同じウェブページを2度は見ないからしょう。けれども、知名度を上げる為に、いろんな分野の ウェブページとバナー・エクスチェンジするのも良いでしょう。

人目を引くだけでなく、興味深い言葉を駆使したバナーを一般大衆向けの情報のウェブページに付けてもらうと効果的です。(特殊分野、教会のウェブページ上にバナーを付けて貰ってもあまり効果はありません。)オンラインであなたのオリジナルのバナー作成も可能です。

参考(英語)

QuickBanner (デザインを選んで簡単にバナ―作成可。アイコン有。無料。)

Animated Communications (動画込みのバナ―をサイズ、予算に合わせて作成。無料でも作成可。)

 

ウェブリング

(詳しくは、英語ですが: http://1x.com/advisor/maher19.htm を参照してください。)

ウェ ブリングはバナー・エクスチェンジと違い、読者が同じ事柄についての複数の連なるウェブページをたどる手助けをします。バナー・エクスチェンジにも書いた ように、クリスチャンのウェブページと繋ぐことは避けて下さい。契約する前に、どのようなウェブページが繋がっているのか調べてください。もし、あなたの ウェブページが特定のことについての情報でしたら、そのようなページのためのウェブリングもあります。近い将来、伝道ウェブページのウェブリングができる かもしれません。

・賞を受ける、リンクの依頼など

リンクの依頼

あなたと同じようなウェブページを探し、作成者にEmailでリンクを依頼(交換条件として、あなたのページからもそれらのページへのリンクを付けても良い でしょう)してみてください。リンクを付ける時は、特別なリンク先でない限り、リンクはあなたのページの最後の方に付け、読者を自らの手で失うような事は 避けてください(あなたのページがリンク集であった場合、話は別になります)。たくさんのウェブページにあなたのページへのリンクを付けて貰えば、必然的 にあなたのページへのアクセスは増えるでしょう(また、検索結果の順位上昇も望めます)。もちろん、世俗のウェブページをあちらこちらと調べるのは楽な仕 事ではありません。ほとんどのウェブページは一般大衆向けの情報です。あなたのをウェブページと同系統のウェブページ探し、リンクの依頼を試みてくださ い。依頼の際には、幾つかのバナーやボタンに貼るグラフックスも提供するのも良いでしょう。また、リンクの依頼をしたウェブページが主流の検索エンジンに 登録されていない場合、作成者に登録を薦めてください。

検索エンジン編集者の"お薦め"ウェブページ

最近、検索エンジンで検索エンジン編集者の"お薦め"ウェブページのディレクトリを提供しています。もし、あなたのウェブページがとても良い出来栄えなら(情報的なものに絞られますが)、この"お薦め"ウェブページに登録してみてください。

賞を受ける

ウェブページ賞に申請し賞を受けると、アクセスしてくる人が増加するでしょう。また、あなたのウェブページへのリンクが付いているウェブページが賞を受けても、効果があるでしょう。


スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ 16歳の息子がどうも薬物を使っているようなのです。前とは様子がだいぶ変わり、友だちも見慣れない子ばかりが集まります。薬物使用者の症状のうちでよく見られるものは何ですか。どういう点に気をつけたらいいのでしょう。

    A.  ご質問に完璧に答えようとしたら一冊の本を書かねばなりません。なぜなら出回っている麻薬の数は余りにも多く、それぞれが特有の症状を表すからです。
    しかし、息子さんについて気をつけるべき8つのよくある身体的また情緒的な症状があります。

    1. まぶたと鼻の炎症が起きます。服用する麻薬により、瞳孔が極度に広くなるか逆に狭くなります。
    2. エネルギーが極端に変化します。ものぐさく、陰鬱で、ひきこもるか、騒々しく、ヒステリックで、興奮してピクピクします。
    3. 食欲が急変します。大食になるか、少食になり、体重が減ることもあります。
    4. 性格が急変します。いらいらし、注意散漫になり、途方にくれるか、攻撃的で、疑い深く、爆発しやすくなります。
    5. しばしば体臭や口臭がします。清潔と言う言葉など忘れたようになります。
    6. 消化器官がやられます。下痢、吐き気がしたり、戻したりします。頭痛がし、物が二重に見えたりもします。肉体的な変化の中では、肌のはりがなくなり、姿勢が悪くなることも含まれます。
    7. 一般的には、腕に注射針のあとがあることは重要な兆候です。これらのあとは時に感染してただれたり、はれものになります。
    8. 道徳心が弱まり、新しい前衛的考えや価値観がとって代わります。

    注意すべきなのは、上手に隠れて麻薬使用を続けている若者たちがいることです。

    お近くの警察で麻薬担当の専門家に会うことが必要かもしれません。息子さんのケースに当てはまるより具体的なアドバイスが得られるでしょう。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q テレビに映る暴力や、退廃について私たちができることはないのでしょうか。

    A  私たちは、自分で考えている以上にテレビに対する影響力を持っているのです。ある調査によれば、テレビ局が受け取る一通の手紙は、同じように感じたが、 手紙を書こうとはしなかった他の4万人の視聴者を代表していると推測されるそうです。しかしながら、誰に手紙を書くかを知ることは重要です。

    私はかつて大手ネットワーク・テレビのディレクター、プロデューサー、また重役たちに手紙を書いたことがありますが、あまり効果がなかったと感じました。
    私が発見したのは、お金を出しているスポンサーに訴えることの方がより効果的ということです。彼らは我々視聴者の意見には敏感です。なぜなら、彼らがあるプログラムを支持する理由は、スポンサーの製品に我々視聴者を引きつけようとすることだからです。

    ブラウン管の中に流れていることに私たちは賛成できないことを知らせることによって、スポンサーにプレッシャーをかけることができますし、そうすべきなのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 本当に神は居られるのですか?

    A. はい、おられます。聖書には「初めに、神が天と 地を創造した。(創世記第1章1節)」と書かれています。神が私たち人間や、すべての自然界を創造されました。自然の神秘やコンピューターよりも精密な人 間の体が偶然に出来たと思われますか?神は存在され、あなたや私を愛してくださっています。
  • Q. 家内安全や商売繁盛を願う宗教はご利益宗教なのであって、キリスト教はそういうものとは違う、と聞いたことがあります。それでは、自分の幸せを願うことはいけないことなのでしょうか。(四十代、主婦)

    A.  家庭を持ち、大切な子供を育てる責任を持つ親として、健康や経済的安定を願うことは、自然なことであり、当然とも言えます。おそらく、自分の幸せを願わない人などいないとすら言えます。キリスト教はこれらを否定するのでしょうか。

    ◇ キリスト教はご利益宗教?

    キリスト教は聖書のメッセージを土台としていますので、聖書が何といっているかが答えとなります。ところがその聖書は、一方では「自分の命を救おうと思う 者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう」(マタイ 十六・二十五)とあり、自己否定の道が示されております。しかし他方では「祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう」(マタイ二十一・二十 二)ともあります。
    これらのみ言葉は矛盾するように見えますが、どちらも最終的には幸せが与えられるという点で、重なるところがあります。聖書 はある意味で本当の幸せがどこにあるかを伝える書物です。ある敬虔な牧師は、「キリスト教は、究極的には真の意味でのご利益宗教だ」と言いましたが、わた しも同感です。しかし、一般的に考えられているご利益宗教とは、多くの点で異なります。

    ◇ ご利益信仰と人格的信仰

    信 仰者の在り方という側面から比較してみましょう。いわゆるご利益宗教においては、世界の中心に自分がいます。自分にとっての利益を願い、良いと思えない 病、貧困、災害等を避けることを願います。ご利益があるならどの神でも構いません。しかし、聖書は自分を中心とした信仰の在り方そのものに疑問を投げか け、さらに警鐘を鳴らしています。ご利益信仰に潜むこの自己中心性そのものが、実は大きな不幸の第一歩なのです。
    それに対して聖書で伝えられて いる信仰の在り方はよく「人格的信仰」と呼ばれます。それは自分ではなく神を中心としていくことであり、神との人格的信頼関係を人生の軸としていくことな のです。病気や貧困などから守られることも祈ると同時に、そういった苦難を神からの訓練として、受けとめることを学びます。神中心とは自分の利益のために 神を利用するという生き方との決別をいみしています。

    ◇ 真の幸せはどこに?

    幸せを求めることは人間として自然なこと です。しかし、何が本当の幸せなのか、また人生から幸せを奪うものが何か知らないゆえ、多くの人は表面的には豊かになった社会のなかでもがいているので す。ヒルティーは「私は病気で幸福な人をたくさん見てきた。私は貧しくて幸福な人もたくさん見てきた。しかし心が罪で腐っていて幸福な人には会ったことが ない」と言いました。聖書は、罪こそ幸せを奪うものであると教えています。罪とは、神ではなく自分を中心として生きて行くその在り方(Being) を指し、罪の行ない (Doing) はその結果なのです。すなわち、罪を犯すから罪人なのではなく、罪人だから罪を犯すのです。ご利益信仰そのものの内に潜む罪こそ幸せを奪うものなのです。

    何が幸せなのかは人間には分かりません。これが私の幸せだと思ってつかんだとしてもその瞬間に空しく消えていきます。真の幸せは追い求めて掴むものではなく、神の前に罪を悔い改めへり下る時、神がそっと与えて下さるものなのです。


    OMSウエストロサンゼルスホーリネス教会のQ&Aから