注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

読者を呼び戻すには

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2. 読者を呼び戻すには

たびたびに最新版に入れ替えると告知をし、いつでも役に立つ情報を提供することを呼びかけ、読者をまたあなたのウェブページにアクセスすることを励まします。

・ニュースレター、リスト

ニュースレター

もし、あなたのウェブページが大きなものならば、Emailでニュースレター(簡潔な最新のウェブページのお知らせ、そのウェブページに関連した記事他)を 出すことをお薦めします。ニュースレターに一般大衆向けの情報を載せた方が効果的です。1ヶ月に一度くらいの割合で出すのが丁度良いでしょう。受信を好ま ない人の為に、受け取りを止める方法の指示も明記してください。Emailアドレスのリストは念のためバックアップ保存をしておきましょう。

参考ウェブページ(英語)

How to Develop an Email Newsletter (ニュースレターを出すまでのいきさつ)

Email プログラムを使用して、ニュースレターを送信する代わりに、Emailニュースレター・プロバイダーやTwo-Wayリストを使うと、定期購読の有無によ り、送り先の削除まであなたの代わりにしてくれます。文書保存、エラーで戻ってきてしまったEmailの処理などの機能を持ち合わせているかもチェックし てください。

参考(日本語)

日本語版eGroups

メーリングリスト開設ガイド

・OfficeLive (有料・無料ニュースレター)

参考(英語)

Christian Community/eGroups (無料リスト)

Topica (Emailリスト)

ニュー スレターを作成するだけでも容易なことではありません。初めの頃は毎週、毎月だそうと意気込みますが、回数が多くなるほど、減っていき、しまいにはやめて しまうウェブページ作成者も少なくありません。また、Hotmailなどの無料Emailアカウントには、Emailプログラムでは送信できない場合もあ ります。

参考ウェブページ(英語)

Web Marketing (リストについての記事) 

リスト

あなたが好きな事柄についてのTwo-Wayリスト、フォーラム、ニュースグループを始めることもできます。リストのディレクトリに登録してください。クリ スチャンと未信者との交わりの場をリスト上で提供し、クリスチャンが証できるようなものにしたいのなら、クリスチャンにもあなたのリストを知らせてくださ い。クリスチャンに個人的にあなたの戦略とガイドラインを明記したEmailを送ると良いでしょう。クリスチャンと未信者とのために鬱についてのリストを 作成したJudy Strubkは "本当に、驚きと謙遜の気持ちでいっぱいです。クリスチャンではなかった人がキリスト教について質問をするようになったのをきっかけで文通をしはじめまし た。聖霊の働きにより、罪の自覚や力を貸す働きが促されています。" と語っています。

・掲示板(フォーラム)、チャットなど

掲示板/フォーラム(公開討論会)

あなたのウェブページが一般大衆向けの情報に基づくものでしたら、読者に定期的にアクセスするように、掲示板(読者の交わりの場)やフォーラム(公開討論 会)の場を設けることをお薦めします。掲示板やフォーラムはある事柄の(世俗的な面について)意見交換にすると、人を引き込み、また前回アクセスしてきた 人がまた訪れるでしょう。また、公開討論会の場を伝道的な弁証論を提供することもできます。

ソフトウェア

参考(日本語)

掲示板プログラム集

参考ウェブページ(英語)

Pushpin (有料掲示板プログラム)

既製フォーラム

参考(英語)

Bravenet (フォーラムのリスト。メンバーになると、フォーラムをカスタマイズできる)

Exboard(無料掲示板作成。カスタマイズ可。)

ゲストブックを掲示板として使用

参考(英語)

Dreambook(有料)

Matt's Script Archive(ゲストブックを既製のスクリプトを用いてつける)

チャット

ウェブページに追加できる既製のチャットを無料で提供する業者が増えてきました。チャットは、ある程度の人数のアクセスがなければ成り立ちませんので、まずはある程度のアクセスを獲得する必要があるでしょう。

ブックマーク

人は何か思い出させるような事や物がない限り、忘れてしまうものです。ですから、あなたのウェブページにブックマークを付けるように呼びかけてください。

参考ウェブページ(英語)

読者にあなたのウェブページにブックマークをつけさせるには

その他

参考(日本語)

フォームから送信された内容をメール送信するサービス

Mailtoプログラム(読者のEmailシステムを立ち上げる)かEmail雛型プログラム(Bignosebird など)を付けて、読者にあなたのウェブページを友達に宣伝してもらうと良いでしょう。私達の経験によると、ウェブページに直接、友達への宣伝用のEmail雛型を付けたときのほうが効果的です。あなたのウェブ ページを宣伝する時は、各個人にEmailを送ってください。(大勢にまとめてEmailを送るのは避けてください)

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • 教会の礼拝は誰にでも開かれています。誰でも、どんな人でも出席してよいのです。ですから、悩みがある人、元気になりたい人はどうぞいらして下さい。そう でなくても、教会って何をしているのかな、聖書の教えってどんなことかな、と少しでも興味のある人はどうぞいらして下さい。礼拝に行ったらもうクリスチャ ンにならなければならない、などということはありません。教会は、ちょっとのぞいてみよう、という方も歓迎します。礼拝の秩序さえ重んじていただれば、ど のような思いで参加して下さってもよいのです。
  • それでは、教会が具体的にどのような人々の集まりなのかを、共に聖書から考えてみましょう。 次の3つの特徴があります。

    (1)神と契約を交わした人々としての教会、

    (2)キリストのからだとしての人々、

    (3)神を愛し隣人を愛す人々。

    これらの3つの要素は神が制定したものです。私が作成したものでもなく、ある人間の伝統とか個人的な好みとか考えは含まれていません。 これらの要素を一つ一つ吟味してみましょう。
  • Q. 聖書で言う罪は、何ですか?

    A. 創造者である真の神に背を向けて、自分中心に人生を生きることです。
    聖書の中に「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。(箴言 第14章12節)」と書かれています。創り主から離れた生き方が不信仰や不従順であり、そこから人間は多くの罪を犯すようになったのです。
    ギ リシャ語で「罪」を表す言葉に「ハマルティア」というのがありますが、それは「的を外す」「誤る」「迷う」ということを意味しています。聖書の語っている 罪の根本は、真の神を無視する人生を指しています。聖書はそのような人間の姿を「羊のようにさまよい」と表現しています。
    神の御子イエス・キリストがこの地上に来られたのは、十字架で私たちのために罪の身代わりとなることにより、神との和解と、新しい神との交わりの道をイエス・キリストを信じるすべての者に与えるためでした。罪は、目に見えなくても、人生を縛り、呪いをもたらすものです。