注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、10,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

読者を呼び戻すには

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2. 読者を呼び戻すには

たびたびに最新版に入れ替えると告知をし、いつでも役に立つ情報を提供することを呼びかけ、読者をまたあなたのウェブページにアクセスすることを励まします。

・ニュースレター、リスト

ニュースレター

もし、あなたのウェブページが大きなものならば、Emailでニュースレター(簡潔な最新のウェブページのお知らせ、そのウェブページに関連した記事他)を 出すことをお薦めします。ニュースレターに一般大衆向けの情報を載せた方が効果的です。1ヶ月に一度くらいの割合で出すのが丁度良いでしょう。受信を好ま ない人の為に、受け取りを止める方法の指示も明記してください。Emailアドレスのリストは念のためバックアップ保存をしておきましょう。

参考ウェブページ(英語)

How to Develop an Email Newsletter (ニュースレターを出すまでのいきさつ)

Email プログラムを使用して、ニュースレターを送信する代わりに、Emailニュースレター・プロバイダーやTwo-Wayリストを使うと、定期購読の有無によ り、送り先の削除まであなたの代わりにしてくれます。文書保存、エラーで戻ってきてしまったEmailの処理などの機能を持ち合わせているかもチェックし てください。

参考(日本語)

日本語版eGroups

メーリングリスト開設ガイド

・OfficeLive (有料・無料ニュースレター)

参考(英語)

Christian Community/eGroups (無料リスト)

Topica (Emailリスト)

ニュー スレターを作成するだけでも容易なことではありません。初めの頃は毎週、毎月だそうと意気込みますが、回数が多くなるほど、減っていき、しまいにはやめて しまうウェブページ作成者も少なくありません。また、Hotmailなどの無料Emailアカウントには、Emailプログラムでは送信できない場合もあ ります。

参考ウェブページ(英語)

Web Marketing (リストについての記事) 

リスト

あなたが好きな事柄についてのTwo-Wayリスト、フォーラム、ニュースグループを始めることもできます。リストのディレクトリに登録してください。クリ スチャンと未信者との交わりの場をリスト上で提供し、クリスチャンが証できるようなものにしたいのなら、クリスチャンにもあなたのリストを知らせてくださ い。クリスチャンに個人的にあなたの戦略とガイドラインを明記したEmailを送ると良いでしょう。クリスチャンと未信者とのために鬱についてのリストを 作成したJudy Strubkは "本当に、驚きと謙遜の気持ちでいっぱいです。クリスチャンではなかった人がキリスト教について質問をするようになったのをきっかけで文通をしはじめまし た。聖霊の働きにより、罪の自覚や力を貸す働きが促されています。" と語っています。

・掲示板(フォーラム)、チャットなど

掲示板/フォーラム(公開討論会)

あなたのウェブページが一般大衆向けの情報に基づくものでしたら、読者に定期的にアクセスするように、掲示板(読者の交わりの場)やフォーラム(公開討論 会)の場を設けることをお薦めします。掲示板やフォーラムはある事柄の(世俗的な面について)意見交換にすると、人を引き込み、また前回アクセスしてきた 人がまた訪れるでしょう。また、公開討論会の場を伝道的な弁証論を提供することもできます。

ソフトウェア

参考(日本語)

掲示板プログラム集

参考ウェブページ(英語)

Pushpin (有料掲示板プログラム)

既製フォーラム

参考(英語)

Bravenet (フォーラムのリスト。メンバーになると、フォーラムをカスタマイズできる)

Exboard(無料掲示板作成。カスタマイズ可。)

ゲストブックを掲示板として使用

参考(英語)

Dreambook(有料)

Matt's Script Archive(ゲストブックを既製のスクリプトを用いてつける)

チャット

ウェブページに追加できる既製のチャットを無料で提供する業者が増えてきました。チャットは、ある程度の人数のアクセスがなければ成り立ちませんので、まずはある程度のアクセスを獲得する必要があるでしょう。

ブックマーク

人は何か思い出させるような事や物がない限り、忘れてしまうものです。ですから、あなたのウェブページにブックマークを付けるように呼びかけてください。

参考ウェブページ(英語)

読者にあなたのウェブページにブックマークをつけさせるには

その他

参考(日本語)

フォームから送信された内容をメール送信するサービス

Mailtoプログラム(読者のEmailシステムを立ち上げる)かEmail雛型プログラム(Bignosebird など)を付けて、読者にあなたのウェブページを友達に宣伝してもらうと良いでしょう。私達の経験によると、ウェブページに直接、友達への宣伝用のEmail雛型を付けたときのほうが効果的です。あなたのウェブ ページを宣伝する時は、各個人にEmailを送ってください。(大勢にまとめてEmailを送るのは避けてください)

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. クリスチャンになったら、仏壇はどうするの?

    A. 信仰は個人の意思によって決められるべきものとして、日本の法律でも保証されていますが、現実には、昔からの家の宗教や伝統が根強く残って力をふるっているのは事実です。
    し かし、あなたにとってまず大事なことは、あなた自身の人生を本当に自由にし、幸せにするものは何か、ということです。それを選ぶことはわがままでも家を不 幸にすることでもありません。むしろ、その逆です。あなたの子孫は、あなたがその自由と信仰を勝ち取ってくれたことをきっと喜んでくれるでしょう。勇気を 出して決断してください。神がその勇気と力をくださり、あなたの選択が正しかったことを必ず証ししてくださいます。仏壇のことは、その後で、あなたが自ず とどう処分したら良いかを見出すようになります。
  • Q 博士は「健全な夫婦は喧嘩の仕方を知っている」とおっしゃいますがそれはどういう意味ですか。
    A 私の言いたいのは、フェアな争いの仕方を学ぶ必要があるということです。結婚生活では健全な争いもあれば不健全な争いもあります。不安定な家庭では、ののしりの言葉が相手のもっとも弱い所に向けて投げつけられます。
    「あなたって何一つまともにできないわね。」
    「そもそもおまえと一緒になったのが間違いの元だった。」
    「おまえ、ますます母親に似てきたよ。」こういう攻撃的な言葉は、あなたの伴侶の自尊心の中核を傷つけます。
    反対に、健全な争いは不一致をもたらした問題点に焦点を当てます。例えば、「夕食に間に合わない時には連絡してくれないと困るわ。」あるいは、「夕べのパーティーであんなふうに言われちゃ、まるで僕が馬鹿に見えるじゃないか。」という具合です。
    違いが分かりますか。前者は相手の尊厳を傷つけ、後者は摩擦の元になった問題を追及しているのです。この大切な違いを夫婦が学びとるなら、互いを傷つけたりおとしめたりせずに不一致を解決していくことができるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • 一般に教会とは建物を指していることが多いようです。「教会に行ったことがある」「教会で結婚式を挙げる」と言う時、教会の建物を指して言っているようで す。 中世の教会では神の威光を表現するために、より高い教会堂、より大きな教会堂を建設しました。この長い歴史の中で、教会イコール教会堂(建物)というよう に変わっていったのです。元々、初期教会が存在した頃、教会堂のようなものはありませんでした。 クリスチャンは個人の家で集まっていたのです。 長い歴史の中で、本来の教会の性質も変わっていきました。 キリスト教の中には様々な宗派があり、各々の宗派がそれぞれの伝統を持っています。 そして、それぞれの教会が各々の伝統に基づいて違ったことを教えています。このような事は神が計画したことではありません。 教会はある宗教的なリーダーによって築かれた、という印象を持っている方もいると思いますが、本当の教会の姿は違います。 イエスは次の様に言われました。

    16:18 ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。16:19 わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天に おいても解かれています。 (マタイの福音書16:18-19)

    聖書が教えている教会とは、イエスが建てたものです。教会の起源は神 自身にあるのです。宗教的なリーダーが建てたものでも、ある特定の人間が建てたものではありません。では教会がどのように始まり、いったいどんなものなの かを共に考えてみ見ましょう。イエスが十字架に架けられ死んで3ヶ日後に復活され、その時にイエスは弟子たちに言いました。

    24:45 そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、24:46 こう言われた。「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり 24:47 その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。24:48 あなたがたは、これらのことの証人です。24:49 さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさ い。(ルカの福音書24:45-49)
  • しつけQ. 私の友人の子どもたちのことですが、今まで見たこともないようなしつけの悪さで、そばにいられると話もできません。なんとかしつけの手助けをしたいのですが、どうしたら友人を傷つけずに良いアドバイスができるでしょうか。

    A.  誰かの行動や性格について傷や欠点を指摘するには、ヤマアラシが愛しあうようにすべきです。すなわち相手を傷つけないように、細心の注意を払うのです。 そうでないと、友人を失うことになります。まして、親としての間違いを指摘することは、さらに危険が伴います。全くの善意から、相手の子どものことを考え て注意したとしても、注意した方が反対にとばっちりを受けるのがおちです。
    ですから、いかに必要を感じたとしても、私は人様の子どもについて頼まれもしないアドバイスはしないようにしています。どうしても聞き心地のよくないことを相手に対して言わなければならないとしたら、まず彼女との友情を築くための時間をとる努力をすることを勧めます。
    注意深く信頼関係を築いたあとで初めて、あなたはやさしくアドバイスする権利を手にすることができます。このやり方に近道はありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A