注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

電道:フォローアップ

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

 

1. フォローアップ

・助けの手を差し出す

ウェ ブページにあなたの言いたい事のすべてを載せるのは不可能でしょう。もちろん、あなたのウェブページの補足として他の既存ページへリンクを付けることもで きます。あなたのEmailアドレスをページに記載し、読者があなたのウェブページに関する感想、意見、質問を寄せたり、助けを求めたりする機会を与えて ください。

あなたの作成したウェブページにEmailで助けやアドバイスを求めて来た場合、すぐに返事を だすことができるように、ボランティアのチーム(退役した宣教師または牧師など)を必要に応じて集めるなど、対策を練っておいてください。仕事が増加して きた時には、ある程度の仕事と責任を他のメンバーにも任せましょう。モーセの舅が彼にアドバイスしたように(出エジプト記18:13~26)、重荷を分担 しましょう。もし、あなたがEmailアドレスをページに記載しない場合は、Emailで助けやアドバイスを求めることのできる他のウェブページへのリン クをつけてください。

カウンセリング

限ら れた接触のEmailカウンセリングよりも面と向かったカウンセリングの方がいろんな面で優れていますが、多くの人はEmailカウンセリングを通して抱 えている問題を相談するほうが良いとしています。(ここで言っているEmailカウンセリングというのは、聞く耳を持ち、筋の通った実際的なアドバイス を、クリスチャンの物の見方も踏まえて、与える事です。精神分析、精神的な治療を与える事ではありません。)

最 近、私達にEmailしてきた女性は、カウンセラーと面と向かって話すことや、電話で人生相談サービスを受けることができそうもないので、Emailカウ ンセリングを受けたいとのことでした。一度、Emailでアドバイスを求めてきた人はその後も二度、三度とアドバイスを求めてきます。クリスチャンによる Emailカウンセリング、ウェブページ上のカウンセリングが必要とされでいるです。

もし、あなたがカウンセラーの資格を持っているなら、インターネット上でもその能力を活かしてください。多くの人たちが助けを求めているのです。自分のウェブページ上で、または既存のインターネット上のミニストリーに参加するなどしてあなたの助けを提供してください。

もし、あなたが他の宗教について書くとき、侮辱や誤解を招くような書き方は避けてください。ユダヤ教徒には、"God"より、"G-d"とし、イスラム教徒には、"Jesus Christ"よりも"Isa Masih'"と書くことをお薦めします。

回復に向けて

深 刻な依存症を抱えている人たちには、12段階の回復プログラムに参加するよう、呼びかけてください。聖書の教えに基づいたもので、クリスチャン的に取り扱 われなくても、効果的な回復プログラムです。クリスチャンがアドバイス、祈り、意思の力によって開放へ導かれない場合にも効果的です。たくさんのクリス チャンは、アルコール依存症にしか適応しないとして、聖書の教えに基づいていることや、その効果を見過ごしているのです。もし、あなたが依存症で苦しんで いる人たちの手助けをしたいと思うなら、12段階の回復プログラムについて、まず理解を深めてください。

クリスチャンになったばかりの人のフォローアップ

地 球の裏側にいる人があなたのウェブページを通してクリスチャンになったとしたら、どうやってフォローアップしますか?簡単なことではないと思います。ここ に幾つかのクリスチャンになったばかりの人向けの良いウェブページを紹介しておきます。(下の参考文献&ウェブページに記載しました。)また、Email での励ましや、弟子訓練も必要でしょう。毎日のデボーション的なEmail Listもあります。もし、あなたがその人の近くにある教会を探す必要がある場合、インターネット上のいろんな国々の教会ディレクトリを利用すると良いで しょう。AVITWという伝道グループは、ウェブ上に初心者向けの聖書研究を設け、成功を収めています。誰でも質問し、またその質問に対しての討論もでき るような設定でたくさんの人が参加しています。

・ 読者の質問に対する答えに関するもの

参考(日本語)

聖書、キリスト、救い、教会についてのQ&A

エホバの証人問題を特に取り上げている

参考文献&ウェブページ(英語)

Intellectual material on 'Does God exist?'(神学・哲学的討論、記事)

・ 弁証論を専門に扱うウェブページ

日本語

Casey's Reasons why he stayed on as a Christian

参考(英語)

Christian Apologetics and Research Ministry(未信者のよくする質問に関する答えの提案)

Stand to Reason(原罪、他の宗教との比較、歴史的な確かさ、など)

LeaderU(弁証論の小論文を提供)

Xenos(弁証論関連の小論文)

Apologetics Index(弁証論のインデックス)

BreakPoint(クリスチャンの人生観) Why Believe? Reason and Mystery As Pointers to God Stephen Evans著, Eerdmans and IVP発行

・ カウンセリング

参考(日本語)

クリスチャンと一般を分けたカウンセリング(ディープ・ヒーリング・ミニストリーズ

参考(英語)

Christians in Recovery(回復への道を提供)

Christian Recovery International(回復のためのツールを提供)

Christian counseling and help page listing(カウンセリングのリンク集)

 

・依存症を抱えている人たち向けの12段階の回復プログラムについて

参考(日本語)


参考(英語)

Dick B's spiritual roots of Al-Anon(アルコール依存症)

Twelve Steps to a New Beginning, Shoemaker,Minirth,Fowler,Newman,Carder著, Thomas Nelson発行, ISBN 0-8407-7697-7 Tree of Renewed Life Terry Webb著, Theodosian Ministries発行, ISBN 0-8245-1140-9

・クリスチャンになったばかりの人のフォローアップ

参考(日本語)考(日本語)

霊的成長のために

クリスチャンTV・霊的な成長のために

参考(英語)

New Christian Life(福音の説明、フォローアップなど)

Continuing your Journey of Joy(キャンパス・クルセードによるフォローアップ)

Anchor your Life(クリスチャンになったばかりの人へのフォローアップ)

Faith Start(霊的成長、伝道リンク集)

 

・Emailをウェブページにつける

よくウェブページを作成者は、読者がオンライン中に作成者にEmailを送ることができるように、"Mailto Form*注"を付けます。けれども、すべてのオンライン上の読者がそのオプションを使用できるとは限らないのです。セットアップが正しく設定されていな い(または、その事に気がついていない)人が、Emailをウェブ上で送ったつもりでいても、実際届いていないのです。Email関連のブラウザの設定は 簡単なものではないのです。

ですから、ウェブページに直接(cgi script などのちょっとしたプログラム言語を使用し)読者がオンラインでメッセージを送る事のできるEmailページを設けてください。このcgi scriptがあなたのウェブページのサーバーにインストールされていない場合は、以下を利用してみてください。

参考(日本語)


参考(英語)

Free Form(無料でEmail Formを提供。情報をウェブページ上で書きこむだけ。)

Bravenet(無料でEmail Formを提供。カスタマイズ可。メンバー登録必要。)

More: (その他のEmail Form)

 

*注Mailto Form・・・読者の既存のEmailソフトを立ち上げ、ウェブページ作成者にメッセージを送る設定をする

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 中絶は自由?

    Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。


    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 礼拝や集会はどんなプログラムですか?

    A. 教会によって多少のプログラムの違いはありますが、大きな内容は次のようなものです。

    (1)賛美=聖歌、賛美歌、ワーシップソングなどを歌います。
    (2)祈り=神への感謝、日常生活の願いやとりなしなどを祈ります。
    (3)説教=聖書の中からの具体的なメッセージです。
    (4)献金=教会によって方法などは違いますが、献金するかどうかは自由です。
    (5)お知らせ=その教会の報告や行事などのお知らせです。
    (6)交わり=礼拝や集会後、お茶などをいただきながらのくつろいだひとときです。この時にいろんな方とも出会い、お友達になれます。

    いずれにせよ、何かを強制されることはありませんので、安心して参加してください。
  • 人に不快な思いを与えるようなものでさえなければ、礼拝に出席する服装の決まりは基本的にありません。ただ、礼拝に集まる信者たちは、「神様のみ前に出 る」という思いをもって集っています。礼拝にどういう服を着ていくか、ということは、「人の前でお洒落をする」ということではなくて、「神様のみ前にどの ような思いで出るか」ということなのです。
  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。