注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

電道:フォローアップ

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

 

1. フォローアップ

・助けの手を差し出す

ウェ ブページにあなたの言いたい事のすべてを載せるのは不可能でしょう。もちろん、あなたのウェブページの補足として他の既存ページへリンクを付けることもで きます。あなたのEmailアドレスをページに記載し、読者があなたのウェブページに関する感想、意見、質問を寄せたり、助けを求めたりする機会を与えて ください。

あなたの作成したウェブページにEmailで助けやアドバイスを求めて来た場合、すぐに返事を だすことができるように、ボランティアのチーム(退役した宣教師または牧師など)を必要に応じて集めるなど、対策を練っておいてください。仕事が増加して きた時には、ある程度の仕事と責任を他のメンバーにも任せましょう。モーセの舅が彼にアドバイスしたように(出エジプト記18:13~26)、重荷を分担 しましょう。もし、あなたがEmailアドレスをページに記載しない場合は、Emailで助けやアドバイスを求めることのできる他のウェブページへのリン クをつけてください。

カウンセリング

限ら れた接触のEmailカウンセリングよりも面と向かったカウンセリングの方がいろんな面で優れていますが、多くの人はEmailカウンセリングを通して抱 えている問題を相談するほうが良いとしています。(ここで言っているEmailカウンセリングというのは、聞く耳を持ち、筋の通った実際的なアドバイス を、クリスチャンの物の見方も踏まえて、与える事です。精神分析、精神的な治療を与える事ではありません。)

最 近、私達にEmailしてきた女性は、カウンセラーと面と向かって話すことや、電話で人生相談サービスを受けることができそうもないので、Emailカウ ンセリングを受けたいとのことでした。一度、Emailでアドバイスを求めてきた人はその後も二度、三度とアドバイスを求めてきます。クリスチャンによる Emailカウンセリング、ウェブページ上のカウンセリングが必要とされでいるです。

もし、あなたがカウンセラーの資格を持っているなら、インターネット上でもその能力を活かしてください。多くの人たちが助けを求めているのです。自分のウェブページ上で、または既存のインターネット上のミニストリーに参加するなどしてあなたの助けを提供してください。

もし、あなたが他の宗教について書くとき、侮辱や誤解を招くような書き方は避けてください。ユダヤ教徒には、"God"より、"G-d"とし、イスラム教徒には、"Jesus Christ"よりも"Isa Masih'"と書くことをお薦めします。

回復に向けて

深 刻な依存症を抱えている人たちには、12段階の回復プログラムに参加するよう、呼びかけてください。聖書の教えに基づいたもので、クリスチャン的に取り扱 われなくても、効果的な回復プログラムです。クリスチャンがアドバイス、祈り、意思の力によって開放へ導かれない場合にも効果的です。たくさんのクリス チャンは、アルコール依存症にしか適応しないとして、聖書の教えに基づいていることや、その効果を見過ごしているのです。もし、あなたが依存症で苦しんで いる人たちの手助けをしたいと思うなら、12段階の回復プログラムについて、まず理解を深めてください。

クリスチャンになったばかりの人のフォローアップ

地 球の裏側にいる人があなたのウェブページを通してクリスチャンになったとしたら、どうやってフォローアップしますか?簡単なことではないと思います。ここ に幾つかのクリスチャンになったばかりの人向けの良いウェブページを紹介しておきます。(下の参考文献&ウェブページに記載しました。)また、Email での励ましや、弟子訓練も必要でしょう。毎日のデボーション的なEmail Listもあります。もし、あなたがその人の近くにある教会を探す必要がある場合、インターネット上のいろんな国々の教会ディレクトリを利用すると良いで しょう。AVITWという伝道グループは、ウェブ上に初心者向けの聖書研究を設け、成功を収めています。誰でも質問し、またその質問に対しての討論もでき るような設定でたくさんの人が参加しています。

・ 読者の質問に対する答えに関するもの

参考(日本語)

聖書、キリスト、救い、教会についてのQ&A

エホバの証人問題を特に取り上げている

参考文献&ウェブページ(英語)

Intellectual material on 'Does God exist?'(神学・哲学的討論、記事)

・ 弁証論を専門に扱うウェブページ

日本語

Casey's Reasons why he stayed on as a Christian

参考(英語)

Christian Apologetics and Research Ministry(未信者のよくする質問に関する答えの提案)

Stand to Reason(原罪、他の宗教との比較、歴史的な確かさ、など)

LeaderU(弁証論の小論文を提供)

Xenos(弁証論関連の小論文)

Apologetics Index(弁証論のインデックス)

BreakPoint(クリスチャンの人生観) Why Believe? Reason and Mystery As Pointers to God Stephen Evans著, Eerdmans and IVP発行

・ カウンセリング

参考(日本語)

クリスチャンと一般を分けたカウンセリング(ディープ・ヒーリング・ミニストリーズ

参考(英語)

Christians in Recovery(回復への道を提供)

Christian Recovery International(回復のためのツールを提供)

Christian counseling and help page listing(カウンセリングのリンク集)

 

・依存症を抱えている人たち向けの12段階の回復プログラムについて

参考(日本語)


参考(英語)

Dick B's spiritual roots of Al-Anon(アルコール依存症)

Twelve Steps to a New Beginning, Shoemaker,Minirth,Fowler,Newman,Carder著, Thomas Nelson発行, ISBN 0-8407-7697-7 Tree of Renewed Life Terry Webb著, Theodosian Ministries発行, ISBN 0-8245-1140-9

・クリスチャンになったばかりの人のフォローアップ

参考(日本語)考(日本語)

霊的成長のために

クリスチャンTV・霊的な成長のために

参考(英語)

New Christian Life(福音の説明、フォローアップなど)

Continuing your Journey of Joy(キャンパス・クルセードによるフォローアップ)

Anchor your Life(クリスチャンになったばかりの人へのフォローアップ)

Faith Start(霊的成長、伝道リンク集)

 

・Emailをウェブページにつける

よくウェブページを作成者は、読者がオンライン中に作成者にEmailを送ることができるように、"Mailto Form*注"を付けます。けれども、すべてのオンライン上の読者がそのオプションを使用できるとは限らないのです。セットアップが正しく設定されていな い(または、その事に気がついていない)人が、Emailをウェブ上で送ったつもりでいても、実際届いていないのです。Email関連のブラウザの設定は 簡単なものではないのです。

ですから、ウェブページに直接(cgi script などのちょっとしたプログラム言語を使用し)読者がオンラインでメッセージを送る事のできるEmailページを設けてください。このcgi scriptがあなたのウェブページのサーバーにインストールされていない場合は、以下を利用してみてください。

参考(日本語)


参考(英語)

Free Form(無料でEmail Formを提供。情報をウェブページ上で書きこむだけ。)

Bravenet(無料でEmail Formを提供。カスタマイズ可。メンバー登録必要。)

More: (その他のEmail Form)

 

*注Mailto Form・・・読者の既存のEmailソフトを立ち上げ、ウェブページ作成者にメッセージを送る設定をする

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. 教会には、なぜ十字架があるの?

    A. ローマ時代、十字架刑というのは、もっとも恐 ろしい犯罪者への刑罰の方法でした。イエス・キリストは何の罪も犯されませんでしたが、約2000年前に 2人の強盗と一緒に十字架につけられました。それは、「私たちの罪の身代わり」であった、と聖書は語っています。十字架上でイエス・キリストが流された血 潮によって、私たちの罪はゆるされ、聖なる神の前で「義」とされるのです。
    そのことをいつも心に覚えて忘れないために、多くの教会には十字架がシンボルとして付けられていますが、十字架に手を合わせて拝んだりするためではありません。
  • 聖餐は洗礼を受けたクリスチャンが、イエス・キリストが私たちの救いのために肉を裂き、血を流して死んで下さったことを記念し、その体と血とをあらわすパ ンと杯にあずかる儀式です。礼拝の中でそれが行われます。礼拝において、説教を聴き、聖餐にあずかることによって、今も生きて共にいて下さるイエス・キリ ストと共に生きるのがクリスチャンの生活です。
  • 子育てQ 私も家内も、最近信仰を持つようになったのですが、子育てには失敗したなと思っています。今は、成人した子どもたちの事で、親として後悔することが多いのです。親として、今からできる事は、何かありますか。

    A. 随分と自分を責めておいでになりますね。
    母親、また父親として失敗したという、なんらかの後悔の念や苦い思い出を抱いていない方は、恐らくないだろうと思います。

    子 供は、とても複雑な生きものですから、完全な人間がいないように、完全な親もいません。日常生活の悩みは尽きません。誰でも、疲れ果てて平静を失います し、体調や気分の上下によって、言うべきでない事を口走ってしまったり、模範的とは言えない言動をしてしまうことがあります。感情的に子どもにあたってし まって、しばらくたって振り返ると、自分の愚かさに気付く事もあります。

    そういう失敗は誰にもあります。完璧な仕事をする人はいないのです。ですから、私たちは神の前に、こう祈るのです。

    「神さま、あなたは私の不完全さをご存じです。子育てに関してだけでなく、他のことでも同じです。精一杯やってみましたが、それでも足りませんでした。
    イエス・キリストが、五つのパンと二匹の魚をとって何倍にも増やして下さった奇跡のように、今、私の小さな手の努力を取り、祝福してください。
    足りなかったところを、あなたが補ってください。私が満たすことができなかったものを、あなたが満たしてください。
    偉大な御手で、子どもたちを包み、ご自身のもとに導いてください。
    彼らが人生の岐路に立つ時に、導きを与えてください。
    私は、ベストを尽しましたから、子どもたちも、私も、また親として私のしたことも、全てあなたに委ねます。全て、あなたのものです。」

    親としての仕事が終わった方にとっても、そういう祈りは神様に受け入れられると思います。
    あなたの手の届かないところにある事柄について、罪意識を持ち続けるのは、神様のみ心ではありません。過ぎた事は、過ぎた事です。くよくよするのはやめましょう。結果は神に委ねて、手を離しましょう。そうしたら、神の助けの手を実感する事ができるでしょう。

    「私 は、すでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・ イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」(新約聖書:ピリピ人への手紙3章13~14節)


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 弟子たちは、イエスの教えと復活の事実を伝える証人として任命されました。 「都で留まっていなさい」とありますが、この都とはエルサレムを指しています。 イエスのこの命令どおりに弟子たちはエルサレムに留まり、神からの賜物である力を待っていました。

    1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示され た。1:4 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっていま す。1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの 証人となります。(使徒行伝1:3-8)

    弟子たちはイエスの命令に従い、エルサレムで待っていました。この時、イエスが言われたように、 弟子たちは聖霊で満たされたのです。そして、弟子の一人、ペテロがエルサレムに集まっていたユダヤ人たちの前で、イエスの死と復活について語り始めます。 ここで書かれている記録が、教会の初めであり、始まりだったのです。 

    2:22 イスラエルの人たち。このことばを聞いてください。神はナザレ人イエスによって、あなたがたの間で力あるわざと、不思議なわざと、あかしの奇蹟を行なわれ ました。それらのことによって、神はあなたがたに、この方のあかしをされたのです。これは、あなたがた自身がご承知のことです。

    2:23 あなたがたは、神の定めた計画と神の予知とによって引き渡されたこの方を、不法な者の手によって十字架につけて殺しました。

    2:24 しかし神は、この方を死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。この方が死につながれていることなど、ありえないからです。……。

    2:32 神はこのイエスをよみがえらせました。私たちはみな、そのことの証人です。

    2:33 ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて、今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。……。 

    2: 36 ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」 

    2:37 人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。   

    2:38 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。 そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。 

    2:39 なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたちならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」

    2:40 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。

    2:41 そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日三千人ほどが弟子に加人々えられた。

    2:42 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。

    (使徒行伝2:22-42)