注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、9,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

ウェブページに限らず出来る伝道

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2. ウェブページに限らず出来る伝道

ウェブページに限らず、チャット、ニュースグループ、Email、フォーラム(公開討論会)、掲示板などを活用した伝道の機会もあります。既に考え つく限りの分野のチャット、ニュースグループ、Email、フォーラム(公開討論会)、掲示板が何千とあるのです。それらに、クリスチャンとして意見を言 うなどして貢献することをお薦めします。Andrew Careagaは"ただ参加するだけでなく、時間をかけてその環境の中で何かを学んでください。箴言15:1の薦めにしたがってください。チャットに参加 する時は、ルールとエチケットを守ってください。あなたのウェブサイトについての発言を制限しているものもあります。オペレータに退場を警告されないよう に気をつけてください。"とアドバスしています。

チャット、ニュースグループ、Email、フォーラムを通して知り合った人とEmailで連絡を取り合って、そこで個人的に伝道するのも効果的です。

参考(日本語)

ネットワークをめぐる証しについて

参考ウェブページ(英語)

Introduction to Chat Room Ministry(チャット伝道の経験を踏まえたアドバイス、秘訣)

・チャットー会話、文書を書くことに優れている人向き

(短いメッセージを参加者全員に見えるようにオンライン上で交換する"おしゃべり")

使 い方は簡単ですが、処理速度が遅いこともあります。電話代がかさみますが、会話、文章を書くことに優れている人はチャットを通して伝道することをお薦めし ます。 最近のチャットは、ウェブページにアクセスし、チャットに参加する形が多い中、ソフトウェアを基にしたInternet Relay Chat(IRC)を利用することもできます。IRCを使いこなすには、コマンドコードを多少学ぶ必要があります。また、ICQを利用したオンライン・ チャットも可能です。登録時にパーソナルIDをもらいます。そのID番号で、あなたの友達がオンラインかどうか判る上、前もって時間を決めて何人かで チャットすることもできます。Microsoft社のNetMeetingではあなたが長時間チャットする場合のオプションを提供しています。

参考ウェブページ(英語)

ICQ software(チャット)

チャットの常用者にならないよう、気をつけてください。インターネット上での伝道は、昼夜問わずに出来るので、自分の中で制限を設けて取り組んでください。

イ ンターネット上のチャットを検索すると、あなたが1年かけても全部回りきらないくらい見つかるでしょう。一般大衆向けのものから専門的なものまで各種の チャットが存在します。好ましくないことを取り上げているチャットもたくさんあるのです。あなたが、精神的、霊的に備えられ、(カウンセリングなどを)訓 練され、他のクリスチャンからの祈りで覆われていない限り、足を踏み入れないことをお薦めします。

STRIKE は、クリスチャンが時間を合わせて、同じチャットに参加することを呼びかけています。もし、そのチャットがあまり好ましくない内容だったら、2人で一緒に 参加し、会話を繰り広げるのです。人が匿名でオンラインのチャットに参加するときのオープンさにはびっくりさせられます。道端で人と会うときとは大違いで す。わたしの牧師は、チャットで、お祈りするように頼まれたほどです。

参考ウェブページ(英語)

Chat Etiquette(チャットに参加するときのエチケット)

 

・ニュースグループ&メール -特定のトピックについての議論に参加可

ニュースグループにアクセスするには 'news reader'プログラムが必要です。最近のブラウザにはこの機能が備わっていることも多いようです。

参考(日本語)


参考ウェブページ(英語)

Free Agent(ニュースグループソフトウェア)

Emailリスト

リストはニュースグループのように特定のトピックについての相互的な議論に参加できるものです。

参考ウェブページ(英語)

・リストの検索

参考(日本語)

リストの検索

参考(英語)

CataList(リストサーブのソフトを用いたリスト)

・フォーラム(公開討論会)&掲示板 - コメントのやり取り可

ニュースページのようにあなたの意見を載せ、他の人もそれに対する意見を載せる事によってウェブページ上で繰り広げられるフォーラム(公開討論会)があります。 特殊分野のフォーラムは人気があり、伝道の良い機会です。人々に考えさえるような問題提起するなど、クリスチャンとして注意深く、敏感に、討論に参加して ください。

秘訣は、敏感さと戦略です。あなたは、そこでは"お客さん"なのですから、そのテーマについて の説教、否定、抗議、確信しているもの宣言などは避けてください。他の参加者の意見に敬意を払ってください。賛成できなくても、その人の立場への理解を示 してください。意見を書くとき、"わたしは、クリスチャンですから、・・・と考えます"というような書き方をするより、ユーモアを混ぜた意見を書いた方が 受け入れられやすいでしょう。気を付けないと、あまり喜ばしくないようなEmailの嵐に見舞われることもあります。あなたの救われた証や、神さまが毎日 あなたをどのように助けておられるかといった証が出来る機会もあるかもしれません。そのような時には、クリスチャン用語を避けるように努めてください。

フォーラム(公開討論会)&掲示板でのガイドライン

・ 黙る時を心得る ・ 議論を戦わせない ・ 即座の考えなしの答えはしない ・ 全員にでなく、メッセージを書いた本人だけに意見を送る時を見極める ・ メッセージは短く簡潔に。読みやすいように段落を分ける。 ・ テーマの範囲内で討論する ・ 送る前に、もう一度読み返す ・ 意見を誤解されないように言い方に気を配る ・ 参加者の言葉遣いに気を悪くしない

残念なことですが、他の意見を尊重しないクリスチャンもいるのです。自分の意見を原則とし、一歩も譲らないのです。もちろん、聖書の真理においてはそうであ るべきですが、他の人の意見を尊重しないこととは違います。スポルジョンは、 "聖書を弁護する?!わたしはライオンを弁護する方を選ぶよ。"と言っています。聖霊ご自身が、温和な愛のある対話を通して他の人たちに働かれるでしょ う。もし、あなたがささいなことですぐ頭にのぼってしまうような人でしたら、このようなリアルタイムの伝道には向かないかもしれません。心ないクリスチャ ンによって傷つけられた友人はこう語っています。"過去にわたしを傷つけてきた人とは違って、あなたは他の人の信じていることを受け入れることができるで しょ。でも、わたしが信じないし、何を言われても決心は変わらないと言ったせいで、脅かすような、罵りのEmailがいくつか送りつけられてきたの。"  彼女はこのような心ないクリスチャンによって、とても深く傷つけられ、信仰について誰とも話す気にはなれないと言っていました。

・伝道の秘訣、ガイドライン

ある友人は、宣教師の入る事の出来ない国の言葉で伝道ウェブページを作成し、その国に関連のあるニュースグループに細心の注意を払って、彼のウェブページ の告知をすることによって、読者を得ました。もし、あなたが一対一の関係作りがうまく、戦略方法を学ぶ余裕があるなら、この方法を実行してみてください。 これは、異文化や他宗教の人たちと交わるわけですから、どのように彼らと関係していくかを研究する必要あります。

相手に興味を持ち、伝道する"対象"としてでなく"人"として心から接し、(失礼かつ針でぐさりと刺すようなものではなく)温和かつオープンな質問をすると良いでしょう。イギリスの伝道師は以下のようなガイドラインを設けました。

・ 未信者の立場に立つ事からはじめ、彼らの感情理解を図る ・ 人の意見をナンセンスでも馬鹿にしない。あなたの目的は相手を論破することではありません ・ 挑戦的な態度や議論は控える ・ 時間をかける(すぐに信仰を持つようになる人はごくわずかです) ・ 祈る(あなたが何を言うべきか、そして相手のため)

・注意すべきこと

偽りの自己紹介をしてチャットなどに参加する人たちもいるのです。もちろん、実際の名前、住所、電話番号をオンラインで知らせ、そこで知り合った人に会いに 行くようなことはしないでください。チャットやEmailを利用している子供にも、それらの危険をよく説明してください。

参考(日本語)

ブラウザソフト

参考ウェブページ(英語)

Kidshield(子供がインターネットを安全に利用するには)

 

・オンライン聖書講座の概要

―Alphaコース(伝道的聖書研究)―

Alphaは数年前、イギリスのロンドンに創立されました。今は、イギリスのほとんどの教会でAlphaコースを取り入れています。最近ではイギリス外にも広まりつつあります。そのAlphaコースの特徴は・・・

・ スモールグループでの聖書の学びを決められた期間続ける ・ 中立的な場所(参加者の家庭)で行われる ・ クリスチャン、求道者、未信者などを同じくらいの割合で混ぜる ・ 食事を共にするなどして、交わりの時も持つ ・ たびたび、休日に一緒に出かけ、リトリートの時も持つ ・ リーダーにはコースの外枠的なものが与えられる(どのように進めていくかのアドバイスなど) ・ 説教よりも、ディスカッションや分ち合いで聖書の答えを探してゆく

こ のように、特に珍しい、革新的な内容ではありません。数世紀に渡り、クリスチャンは色んな伝道の方法を使ってきました。このAlphaコースが成功してい る理由は、挑戦され、試されたテキストとトレーニングがそのまま使える形でクリスチャンに提供されているのです。また、少年・少女向け、年配の方向けも提 供されてきます。(詳しくは、英語ですが、Alpha site http://www.Alpha.org.uk を参照して下さい)

イ ンターネット伝道フェローシップのPaul Boagさんは、ウェブページやチャットを通して寄せられる質問は同じようなものの繰り返しだと気が付き、何人かの成熟した整えられたクリスチャンに Emailリストをお願いすることを思いつきました。このシステムでは、各メンバーがグループ全てにEmailを送信し、各メンバーがまたそのEmail に対してグループ全てに返事を書く事ができます。

オンラインでAlpha形式を適用する

・ Alpha形式を枠に、参加者の必要に応じて内容、教材の使用順を変える ・ 新しい内容に入る時は、500語くらいのEmailから始める ・ とあるテーマについてのEmail討論はグループがみんな参加できる形でする ・ 長引くEmail討論は、2週間を限度とし、それ以降はリーダーが新しいテーマを提供する ・ 12のトピックを取り扱うので、コースが全て完了するまでに6ヶ月以上かかる ・ メンバーはEmailを通じてお互いに知り合う事を励ます。

イ ンターネットは、面と向かった伝道に取って代わることはないにしても、このオンラインAlphaコースは膨大な可能性を持っています。伝道ウェブページと して、教会がオンラインAlphaコースを提供することも可能でしょう。いくつかのコースを設けて、途中からの人でも始めから参加出来るようにすると良い でしょう。リーダーに限らず、クリスチャンも学びに参加してください。

Alphaコースで多少の変更は可能ですが、著作権の面で、変更しすぎると"Alphaコース"の名目で使うわけにはいかなくなります。似たような内容でも、違ったことをするのであれば、別の名前を付けてください。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 家族Q 安楽死の方向への動きに異論があるのはなぜでしょう。病気の老人が尊厳をもった死を選ぼうとすることは、誰の迷惑にもならないはずです。質の伴った命がないわけですから、静かに自殺させてあげたらどうかと思うのですが。

    A  現代の文化的背景の中で、ご質問は大変重要なものですので、しばらく時間を割いてお答えしたいと思います。

    苦しく緩慢な死を迎える老人たちがいることを知っている私たちにとって、ご質問にあるような考えは大変魅力的なものではあります。静かに眠らせ、苦しみを逃れさせてあげる方が確かに人間的なことと思えます。

    し かし、その方向に進むなら、多くの人々が言語に絶する苦しみを味わい、社会が混乱に陥ることは火を見るよりも明らかです。人命を奪うという道徳的な側面も さることながら、安楽死はその性格上、なしくずしになることが避けられません。いったん、おりから這いだした蛇を捕まえることはできません。

    詳しく説明しましょう。治癒の見込みのない老人が、医師の助けによって自殺することが合法化されたとします。その後は、病気も重度の障害もない人の自殺に対して、何が歯止めになるのでしょうか。
    健康な老人であっても、もう生きるのに疲れたという人はどうでしょう。彼の自殺を許すのにかかりつけの医師からの許可証が本当に必要でしょうか。
    健康な老人が死を選べるとしたら、次にはそれほど高齢でない人の場合はどうでしょう。
    五十代の人は身投げをしてよいでしょうか。よくないとしたらその理由はなんでしょう。
    四十代の更年期の女性や、中年の多くのストレスを抱えた男性はどうでしょう。

    少し考えて見ると、自殺という決定的な事柄に年齢は何の関係もないことが分かります。うつ状態ではあっても健康な二十歳の学生が、治癒の見込みのない患者と同じように「尊厳ある死」を選ぶ権利があるということになってしまいます。

    もし安楽死が一部の人に合法化されたら、全面的合法化へのレールが敷かれたも同然です。年齢も、健康的要素も、クォリティ・オブ・ライフ(質の伴ったいのち)も条件とはなりえません。
    安楽死を積極的に押し進めているヘムロック協会という団体は、その事実をよく知っています。彼らは、全ての人には「死ぬ権利」があると強く主張しています。

    私 たちが今、まったく健全な胎児を切り刻んでごみ袋に捨てているなどと、1950年に誰が予想したでしょうか。四千万近い、いたいけな子供たちを母の胎から 引き裂くなどということを、誰が想像できたでしょう。最も弱い者たちにその様な非道を行った私たちが、どのようなグループの人たちをも殺すことができない と信じることができるでしょうか。

    歴史的に言って、安楽死という怪獣を招き入れてしまった国々は、大量虐殺という悪夢を実現してしまった のです。それこそ、ナチス・ドイツに起こったことです。そこではまず始めに病人と老人とを殺し、次に精神障害者、知的障害者、そして生まれつきの障害児を 殺害したのです。そこから「望ましくない者たち」すなわちユダヤ人、ポーランド人、ジプシー、生産活動に従事できない者、政治犯、同性愛者その他の人々を 殺害するまではほんの一歩でした。安楽死は絶滅収容所への最後の小さなステップでした。
    もしこのような狂気の虐殺が起こらなくても、「死ぬ権利」の合法化は毎年の自殺数を劇的に増すことは確実です。

    一 人一人の死は、残された者たちにとって、計り知れない悲嘆と罪責感と悲しみとを残します。死ぬ人にとって、自殺は安易な逃げ道に見えるかもしれませんが、 愛する者や多くの子供たちを含む親戚にとっては恐らく最も苦痛に満ちた経験です。どの観点から見ても引き出せる結論は同じです。しかし、カリフォルニア州 の第九連邦巡回控訴院は、家族計画協会対ケーシーの連邦最高裁の判決を引用しながら、安楽死を米国で合法化したのです。「神よ、われらを助けたまえ。」


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 家族Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。

    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • Q 私たちはもうやり直しが利かないように思えます。主人は別の女性を何人も作っており、離婚すると言っています。希望はまだあるでしょうか。

    A  具体的なことが何もわからないまま答えるのはどうかと思いますが、これだけは言えます。あなたと同じようなことを言っていながら、今は幸せにしている何十もの家庭の例を私は知っています。
    私は若い夫婦のための講座を何年も教会で教えましたが、私の出席していた保守的な教会で、驚くほど不倫が多かったのです。

    あ る時、不倫をしているか、かなり危ないところにあるという19もの夫婦をお助けしていた時期があります。今でも私はこの人達を知っていますが、このうち9 家族は10年後の今、幸せな結婚生活をしています。これは低い率だと言われるかもしれませんが、この人たちの結婚は破滅の淵まで行きながら救われたことを 覚えておいてください。キリスト教信仰が重要な要素でありましたが、厳しさの伴う愛がその回復には必要でした。ですから、希望はいつもあるのです。

    最後に励ましのことばをさしあげましょう。人間の感情ほど、変わらないように見えながら実はすぐに移り変わるものはありません。
    男女の愛に関しては、一日二日で感情は180度変わることもあります。「もう二度とあなたには会いたくない」などと言った夫や妻が、数時間後には相手の胸に泣き崩れるのを私は何度も見ました。
    ですからあきらめないでください。神はあなたとご主人を見捨ててはおられません。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから