注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

参考にしたいクリスチャンウェブページ

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

参考にしたいクリスチャンウェブサイト

人生の真の意義や目的を掲載した素晴らしい出来栄えのウェブページを紹介したいと思います。

・・オーストラリアのGrantley Morrisさんは、伝道的な要素を含んだ様々なウェブページを手掛けています。彼は、ウェブページの中にメンバーの必要、読者のための祈りの輪を設けています。

参考(日本語)

クリスチャン用検索エンジン

メッセージ、入門講座充実。

メッセージ、デボーション、入門講座など

イスラエルについて、主にクリスチャン向けの情報

聖書を楽しく読むための解説やエピソードなど

日本語版“四つの法則”

若者向けの肩ひじ張らないメッセージ

聖書に関連する興味深い話題を紹介。ニュージーランドのクライストチャーチJCF(日本人クリスチャンフェローシップ)の紹介。その他、ニュージーランドと日本の生活の違い、など...。

アーサー・ホーランドによるミニストリーについて、メッセージやスケジュール等。

元ヤクザが入れ墨姿でキリスト教の伝道活動をする。メンバーの証言等。

参考(英語)

The Goalスポーツ選手の証を載せ、宗教臭くせず、細心の注意を払って福音の中心的なものを掲載。グラフィックスやレイアウトはすばらしいの一言に尽きる。

● 弁証論: 信仰と日々の生活についての討論を繰り広げ、クリスチャンの視点を紹介

The Debate イスラム教徒にキリスト教の真実とキリストについて知る機会を提供。様々な違う意見を掲示することができる。パウロの伝道もそのような方法を用いて伝道している(使徒19:9~10)。 ・Answering Islam イスラム教徒にキリスト教の真実とキリストについて知る機会を提供。

Leadership University(知的なレベルでの弁証論)

The 2001 Principle 本や映画について討論を通して神の存在を示す

Unravelling Wittgenstein's Net - A Christian Think Tank 知的、哲学的な人向けの討論

World Religions Index宗教的哲学に対するクリスチャンの意見、証、神を知るにはどうするか他

Life's Big Questions 科学や天文学と信仰との関係を一流科学者のインタビューを交えて、考えさせられる掲載している。科学に対する批判や説教、偏見などがないので、学生や研究者にも薦められます。その他の科学関連へのリンク付。

Stand to Reason

Women Today Magazine カナダの伝道的な、女性向け雑誌。一見、明らかにキリスト教的なものは感じさせない。

Power to Change日本語は、こちです。) カナダのキャンパス・クルセードがコメント、証を効果的に掲載。他の言語への翻訳進行中。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • それでは、教会が具体的にどのような人々の集まりなのかを、共に聖書から考えてみましょう。 次の3つの特徴があります。

    (1)神と契約を交わした人々としての教会、

    (2)キリストのからだとしての人々、

    (3)神を愛し隣人を愛す人々。

    これらの3つの要素は神が制定したものです。私が作成したものでもなく、ある人間の伝統とか個人的な好みとか考えは含まれていません。 これらの要素を一つ一つ吟味してみましょう。
  • 教会の礼拝は誰にでも開かれています。誰でも、どんな人でも出席してよいのです。ですから、悩みがある人、元気になりたい人はどうぞいらして下さい。そう でなくても、教会って何をしているのかな、聖書の教えってどんなことかな、と少しでも興味のある人はどうぞいらして下さい。礼拝に行ったらもうクリスチャ ンにならなければならない、などということはありません。教会は、ちょっとのぞいてみよう、という方も歓迎します。礼拝の秩序さえ重んじていただれば、ど のような思いで参加して下さってもよいのです。
  • Q. 聖書ってどんな本?

    A. 聖書とは、旧約聖書39巻と新約聖書27巻、計66巻が一 つにまとめられた本です。「聖書(Bible)」という言葉は、ギリシャ語の「ビブロス(本)」から来ています。約1600年の間 (B.C.1500~A.D.100)に、40人以上の人々(王様、学者、農夫、漁師、医者など)が、神に導かれて記した不思議な書物です。
    聖書の中には、神から人間に対するみこころが文書のかたちで啓示されています。天地創造からイスラエル民族の歴史、初代キリスト教の歩みや、この世界の未来に対する預言などが書かれています。その中心的主題は「イエス・キリストによる救い」です。
    毎年世界で一番多く印刷され、世界でもっとも多くの言語に翻訳され、世界中の国々で読まれているのが聖書です。
  • Q. 教会には、なぜ十字架があるの?

    A. ローマ時代、十字架刑というのは、もっとも恐 ろしい犯罪者への刑罰の方法でした。イエス・キリストは何の罪も犯されませんでしたが、約2000年前に 2人の強盗と一緒に十字架につけられました。それは、「私たちの罪の身代わり」であった、と聖書は語っています。十字架上でイエス・キリストが流された血 潮によって、私たちの罪はゆるされ、聖なる神の前で「義」とされるのです。
    そのことをいつも心に覚えて忘れないために、多くの教会には十字架がシンボルとして付けられていますが、十字架に手を合わせて拝んだりするためではありません。