注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、10,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

参考にしたいクリスチャンウェブページ

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

参考にしたいクリスチャンウェブサイト

人生の真の意義や目的を掲載した素晴らしい出来栄えのウェブページを紹介したいと思います。

・・オーストラリアのGrantley Morrisさんは、伝道的な要素を含んだ様々なウェブページを手掛けています。彼は、ウェブページの中にメンバーの必要、読者のための祈りの輪を設けています。

参考(日本語)

クリスチャン用検索エンジン

メッセージ、入門講座充実。

メッセージ、デボーション、入門講座など

イスラエルについて、主にクリスチャン向けの情報

聖書を楽しく読むための解説やエピソードなど

日本語版“四つの法則”

若者向けの肩ひじ張らないメッセージ

聖書に関連する興味深い話題を紹介。ニュージーランドのクライストチャーチJCF(日本人クリスチャンフェローシップ)の紹介。その他、ニュージーランドと日本の生活の違い、など...。

アーサー・ホーランドによるミニストリーについて、メッセージやスケジュール等。

元ヤクザが入れ墨姿でキリスト教の伝道活動をする。メンバーの証言等。

参考(英語)

The Goalスポーツ選手の証を載せ、宗教臭くせず、細心の注意を払って福音の中心的なものを掲載。グラフィックスやレイアウトはすばらしいの一言に尽きる。

● 弁証論: 信仰と日々の生活についての討論を繰り広げ、クリスチャンの視点を紹介

The Debate イスラム教徒にキリスト教の真実とキリストについて知る機会を提供。様々な違う意見を掲示することができる。パウロの伝道もそのような方法を用いて伝道している(使徒19:9~10)。 ・Answering Islam イスラム教徒にキリスト教の真実とキリストについて知る機会を提供。

Leadership University(知的なレベルでの弁証論)

The 2001 Principle 本や映画について討論を通して神の存在を示す

Unravelling Wittgenstein's Net - A Christian Think Tank 知的、哲学的な人向けの討論

World Religions Index宗教的哲学に対するクリスチャンの意見、証、神を知るにはどうするか他

Life's Big Questions 科学や天文学と信仰との関係を一流科学者のインタビューを交えて、考えさせられる掲載している。科学に対する批判や説教、偏見などがないので、学生や研究者にも薦められます。その他の科学関連へのリンク付。

Stand to Reason

Women Today Magazine カナダの伝道的な、女性向け雑誌。一見、明らかにキリスト教的なものは感じさせない。

Power to Change日本語は、こちです。) カナダのキャンパス・クルセードがコメント、証を効果的に掲載。他の言語への翻訳進行中。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 聖霊とは何ですか。

    A. 父なる神(万物の造り主)と子なる神イエス・キリスト(わたしたちの救い主)とともにあがめられ、今も見えない形で共にいて下さる神さまです。聖霊は全て のものの内に働き、また聖書の御言葉の活きた語り手として、信じる者に信仰、希望、愛をもたらしてくださいます。 聖書で「霊」という場合、心霊写真の「霊」とは違います。霊は神であり、命だからです。
  • Q. 聖書とは何ですか。新約聖書と旧約聖書は、どう違うのですか。

    A. 他の古文書と同様に人間が記したものです。しかしわたしたちは次のように信じます。
    「旧 新約聖書は、神の霊感によりて成り、キリストを証し、福音の真理を示し、教会 の拠るべき唯一の正典なり。されば聖書は聖霊によりて、神につき、救ひにつきて、 全き知識を我らに与ふる神の言にして、信仰と生活との誤りなき規範なり。」 (「日本基督教団信仰告白」より引用)
    わたしたちが自分自身でどれだけ正しく美しいと思えるものであっても、聖書の教えに反するものならば、わたしたちはそれを捨てます。神の言葉のみが真理であるからです。
    旧新約聖書は共に、神の救いの歴史を記しています。旧約聖書は天地創造から神の民とされた古代イスラエルの興隆、滅亡、再生の歴史を物語り、メシア預言 (神が人類に救い主を与える希望を表す)をもって閉じられます。新約聖書はメシア預言の成就として、イエス・キリストの誕生、生涯、受難、十字架の死、そ して復活と昇天、その後に聖霊によって建てられた教会(新しい神の民)の歴史を物語り、教会成立当初に生きた使徒たち(おもにキリストの十二弟子)の証言 を通して、救いの完成するキリストの再臨、終わりの日に向かっての希望を表して閉じられます。
  • それでは、教会が具体的にどのような人々の集まりなのかを、共に聖書から考えてみましょう。 次の3つの特徴があります。

    (1)神と契約を交わした人々としての教会、

    (2)キリストのからだとしての人々、

    (3)神を愛し隣人を愛す人々。

    これらの3つの要素は神が制定したものです。私が作成したものでもなく、ある人間の伝統とか個人的な好みとか考えは含まれていません。 これらの要素を一つ一つ吟味してみましょう。
  • Q. プロテスタントとカトリックは、どう違うのですか?キリスト教の 派閥ですか。一致することはないのですか。

    A. 宗教改革以後、教会はローマカトリック教会と、ルター派、及び無数のプロテスタント諸教派とに分裂し、それぞれの伝統を形成し今日にまで至っていま す。(もう少し正確な説明が必要ですが、今日は省略しておきます。)いかに真理のためとは言え、本来一つであるはずのキリストの体なる教会が事実上、分断 されているのは、決して本来的ではなく、教会は一つのものであると信じられるべきです。このような中で、20世紀からエキュメニカル(教会一致)運動が起 こり始め、教派の壁を超えた対話や協力関係の模索が続けられています。また1999年にはカトリック教会とルター派との間で「義認の教理に関する共同宣 言」が交わされ、大きな前進を見せています。