注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

インターネット伝道の要約

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1.ウェブページ作成前に他の人のウェブページを参考にする。インターネットについて学ぶ

2.検索エンジンについて学ぶ。タイトル、叙述、キーワードが重要。

3.対象読者、目的、目標を定義

4. 未信者はクリスチャン用語を使って検索はしないので、それ以外についてのウェブページを作成

5. どのウェブページも単独で成り立つように

6. 各ウェブページに細心の注意を払ったタイトル、叙述、キーワードをつける

7. プロの文章(新聞・雑誌)からテクニックを学び取り、読みやすいページにする

8. アイデア、資料、引用出来そうな語句に絶えず目を光らせる

9. 簡潔な文章を心がける

10. 他の国、文化の読者に敏感になる

11. 対象となる読者のことを絶えず念頭に置く。彼らがあなたのウェブページの一語一句をどのように理解、誤解、 反応するか考えてください。また、彼らがキリスト教に関して全く知識がないと仮定してウェブページを 作成する

12. クリスチャン用語は避ける。使う場合は、わかりやすく説明する。ページの流れはわかりやすく、リンクの 説明書きは興味を引くような言葉を使用する

13. 説教的なものより、ユーモアを使用する

14. 読者はマウスのクリックで簡単に他のウェブページへ行ってしまう

15. 読者の必要に応じるようなウェブページを。あなたでなく、彼らが興味のあることに関するものを。

16. 未信者向けのウェブページは、いかにもキリスト教といったものにはしない。他の世俗的なウェブページの ような外見にする

17. クリスチャンとノンクリスチャン向けのものを同じウェブページに混同させない。ノンクリスチャン向けに 限る

18. 証を載せる。クリスチャンの間でなされるような書き方、言葉遣いは、形式を改める

19. 余白を空け、見出し、段落は短めに。グラフィックスや写真も小さめに表示

20. 各ページの長さは短めに。長い場合は分割する

21. 再読して文章を短く書き直す工程を何度か繰り返す。他の人に批評してもらう。再読するときは未信者の 立場で。

22. 各ウェブページすべて、主流の検索エンジンに登録する。

23. 余時間があれば、作成したウェブページの助長法を調べる

24. 一番条件の良いアクセスの統計を手に入れる。特に検索時に使用された用語の統計付きのものを

25. タイトル、叙述、キーワードを統計に基づいて改善する

26. 読者がウェブページ作成者にコメントを送れるようなEmailの雛型をつける

27. あなたのウェブページの補足に他のクリスチャン・ウェブページにリンクを付ける

28.(古いブラウザの使用者やインターネット接続に時間が掛かる人達のため)ダウンロードに時間がかかるような ウェブページは避ける。 *画像が表示されなくても、読みやすく、わかりやすいものを。 *Javascriptが実行されないブラウザでも、機能するものにする。

29. 大きなウェブページを作成する時間とお金があれば、ドメイン名を得る

30. 時間に限りのある人はあまり大掛かりなウェブページ作成を計画しない

31. 時間があれば、ニュースレターやコンファレンスを購読する

32. インターネット伝道に携わっている人との関係を作り、励まし合い、お互いから学ぶ

33. インターネット関連の雑誌を購入し、最新情報に敏感になり、より優れたウェブページ作成に繋げていく

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. 礼拝や集会はどんなプログラムですか?

    A. 教会によって多少のプログラムの違いはありますが、大きな内容は次のようなものです。

    (1)賛美=聖歌、賛美歌、ワーシップソングなどを歌います。
    (2)祈り=神への感謝、日常生活の願いやとりなしなどを祈ります。
    (3)説教=聖書の中からの具体的なメッセージです。
    (4)献金=教会によって方法などは違いますが、献金するかどうかは自由です。
    (5)お知らせ=その教会の報告や行事などのお知らせです。
    (6)交わり=礼拝や集会後、お茶などをいただきながらのくつろいだひとときです。この時にいろんな方とも出会い、お友達になれます。

    いずれにせよ、何かを強制されることはありませんので、安心して参加してください。
  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • Q. 教会は楽しいところですか?

    A. もし世の中の楽しみのようなことを期待されるならば、場違いだと感じるかも知れません。教会には、年齢や性別、国籍を越えて、いろいろな方々が来られています。神による不思議な平安や暖かさが満ちていま すので、何回か来られるならば、この世の中には無い、素晴らしい喜びが神によって与えられることに気づくでしょう。その時には、教会に来ることが何よりも 楽しくなります。考えていないで、一度勇気を出して足を運んでください。
  • Q 夫は過去3ヶ月、別の女性と暮らしています。もし彼が彼女のところから私のところへ帰ってきて「赦してほしい」と言ってきたらどうしたらいいでしょうか。両手を開いて受け入れ、浮気などなかったかのようにしたらいいのですか。

    A  もちろんご主人を受け入れてあげてください。それが私の書き表わしてきた全ての本の趣旨です。
    し かし、これからのことについてご主人とじっくりと話し合うことを強く勧めます。事を急ぐべきではありません。「すぐに、夫婦に関するカウンセリングを受け る」という約束を書面にしてもらいなさい。何週間も延ばしてはいけません。自分を変えようという真剣な努力をしない限り、古い習慣は残るのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから