注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

電道(E-vangelism)

インターネット伝道の要約

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1.ウェブページ作成前に他の人のウェブページを参考にする。インターネットについて学ぶ

2.検索エンジンについて学ぶ。タイトル、叙述、キーワードが重要。

3.対象読者、目的、目標を定義

4. 未信者はクリスチャン用語を使って検索はしないので、それ以外についてのウェブページを作成

5. どのウェブページも単独で成り立つように

6. 各ウェブページに細心の注意を払ったタイトル、叙述、キーワードをつける

7. プロの文章(新聞・雑誌)からテクニックを学び取り、読みやすいページにする

8. アイデア、資料、引用出来そうな語句に絶えず目を光らせる

9. 簡潔な文章を心がける

10. 他の国、文化の読者に敏感になる

11. 対象となる読者のことを絶えず念頭に置く。彼らがあなたのウェブページの一語一句をどのように理解、誤解、 反応するか考えてください。また、彼らがキリスト教に関して全く知識がないと仮定してウェブページを 作成する

12. クリスチャン用語は避ける。使う場合は、わかりやすく説明する。ページの流れはわかりやすく、リンクの 説明書きは興味を引くような言葉を使用する

13. 説教的なものより、ユーモアを使用する

14. 読者はマウスのクリックで簡単に他のウェブページへ行ってしまう

15. 読者の必要に応じるようなウェブページを。あなたでなく、彼らが興味のあることに関するものを。

16. 未信者向けのウェブページは、いかにもキリスト教といったものにはしない。他の世俗的なウェブページの ような外見にする

17. クリスチャンとノンクリスチャン向けのものを同じウェブページに混同させない。ノンクリスチャン向けに 限る

18. 証を載せる。クリスチャンの間でなされるような書き方、言葉遣いは、形式を改める

19. 余白を空け、見出し、段落は短めに。グラフィックスや写真も小さめに表示

20. 各ページの長さは短めに。長い場合は分割する

21. 再読して文章を短く書き直す工程を何度か繰り返す。他の人に批評してもらう。再読するときは未信者の 立場で。

22. 各ウェブページすべて、主流の検索エンジンに登録する。

23. 余時間があれば、作成したウェブページの助長法を調べる

24. 一番条件の良いアクセスの統計を手に入れる。特に検索時に使用された用語の統計付きのものを

25. タイトル、叙述、キーワードを統計に基づいて改善する

26. 読者がウェブページ作成者にコメントを送れるようなEmailの雛型をつける

27. あなたのウェブページの補足に他のクリスチャン・ウェブページにリンクを付ける

28.(古いブラウザの使用者やインターネット接続に時間が掛かる人達のため)ダウンロードに時間がかかるような ウェブページは避ける。 *画像が表示されなくても、読みやすく、わかりやすいものを。 *Javascriptが実行されないブラウザでも、機能するものにする。

29. 大きなウェブページを作成する時間とお金があれば、ドメイン名を得る

30. 時間に限りのある人はあまり大掛かりなウェブページ作成を計画しない

31. 時間があれば、ニュースレターやコンファレンスを購読する

32. インターネット伝道に携わっている人との関係を作り、励まし合い、お互いから学ぶ

33. インターネット関連の雑誌を購入し、最新情報に敏感になり、より優れたウェブページ作成に繋げていく

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • テレビ見る子供たちQ うちの子が一緒に遊ぶ、近所のお子さんたちは、あきれるようなテレビ番組を見ています。親たちが、暴力やセックスを子どもたちに見せていることが信じられません。こういう番組を見ていると、後々どのような影響が出るのでしょうか。

    A  あまりにも多くの親たちが、テレビを子どもの好き放題に見せていることは、悲しく、また理解しがたいことです
    「何を見せてもいいじゃないか。」と言う方々に、私はこう聞きたいと思います。
    見ず知らずの人が、あなたの家を訪ねてきて、「お疲れのようですね。一日二日、お子さんたちの面倒を見てあげましょうか。」と言ったとします。「やあ、ありがたい、ぜひ、頼みます」と答える人は、まずいないでしょう。
    これは、「子どものテレビを考える会」代表のペギー・チャレン女史が使った例です。彼女の言いたいことは明らかです。

    子 どもたちをテレビの前に座らせる時、私たちは彼らを見ず知らずの他人の手に任せているのです。子どもに自由にテレビを見せることによる危険性は、ますます 大きくなりつつあります。テレビでの暴力が、後になってしばしば子どもや十代の若者による暴力となって現われることは、数多く実証されてきています。

    中でも、レナード・D・アロン博士の研究は、大変に説得力のあるものです。
    複数の子どもたちを、まず8歳、次に19歳、最後に30歳の時に調査しました。国は、米国、豪州、フィンランド、イスラエル、ポーランドにまたがりました。結果は、どこでも同じでした。
    8歳の時に暴力番組をひんぱんに見ていた子ども程、30歳の時に犯罪者となっていた確率が高く、飲酒時の行動は節度を欠いていました。

    親は、子どもたちのテレビを見る時間と番組の内容を規制しなくてはいけません。さもないと、恐ろしい結果になるかもしれません。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ. 最近、子どもと過ごす時間があまりとれないのですが、一緒にいられる時は大事にしたいと思っています。子どもと過ごす時間の質が、長さよりも大事だという意見に、先生は同意なさいますか。

    A.  私には、その考えの論法があやまりだと思えるのです。
    なぜ、時間の質と、長さのどちらかを選ばなければいけないのでしょうか。私たちの生活の他の場面で、そういう選択を迫られることはありません。どうして、子どもと過ごす時間についてのみ、そのように考えるのでしょう。

    例 えばの話です。あなたが、町で有数のレストランで食事をするのを楽しみにしているとします。ウェイターが持ってきたメニューを見て、あなたは、一番高級な ステーキを注文しました。ところが、出てきたのは、お皿の真ん中に、三センチ四方の小さなお肉が乗っているだけです。あなたが苦情を言うと、ウェイターは 答えます。
    「確かに小さいことは小さいですが、最高品質のビーフでございます。これ以上の味はどこでもお目にかかれないと思います。なにしろ、大 事なのは量ではなく、質でございますから。」当然ながら、あなたは憤慨します。なぜなら、食事はもちろん、多くのものは質、量ともに大事だからです。

    子どもと過ごす時間についても、同じです。子どもたちは、親と過ごす時間が必要であり、私たちは最善のものを彼らに与えるべきです。私には、「量か質か」という議論が、子どもたちにそのどちらも与えない言い訳に使われているような気がしてならないのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 「人間は皆罪人(つみびと)だ」と聖書は語ります。その罪とは、法律を犯す「犯罪」という意味ではないし、倫理的な「不道徳」ということでもありません。 聖書の言う罪は神様との関係においてのみ成り立つことです。神様に造られ、生かされている人間が、その神様を見上げることなく、神様の思いを無視して、自 分が主人となって歩んでいる、そのことが罪なのです。聖書における「罪」という言葉は「的外れ」という意味でもあります。神様を見失った人間は、的外れな 生き方をしてしまっているのです。その根本的な罪から、人間どうしの関係もうまくいかなくなり、「不道徳」も、そして「犯罪」と見なされる罪も生まれてく るのです。
  • Q. 礼拝や集会はどんなプログラムですか?

    A. 教会によって多少のプログラムの違いはありますが、大きな内容は次のようなものです。

    (1)賛美=聖歌、賛美歌、ワーシップソングなどを歌います。
    (2)祈り=神への感謝、日常生活の願いやとりなしなどを祈ります。
    (3)説教=聖書の中からの具体的なメッセージです。
    (4)献金=教会によって方法などは違いますが、献金するかどうかは自由です。
    (5)お知らせ=その教会の報告や行事などのお知らせです。
    (6)交わり=礼拝や集会後、お茶などをいただきながらのくつろいだひとときです。この時にいろんな方とも出会い、お友達になれます。

    いずれにせよ、何かを強制されることはありませんので、安心して参加してください。