注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

創業・企業(Entrepreneur)

創業・起業について

投稿者: Administrator on . Posted in 創業・起業(Entrepreneur)

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

現在、自分が持っているもの・ひと・情報などの資源を考えて、そこから、創造の過程が始まります。自分は、何にも持っていないと思う人がいるかも知りませんが、実は、すべての人に何かが与えられています。すでに与えられたところから、充実に小さくはじめることをお勧めします。

大企業を起こしたいことよりは、自分に与えられたところで充実に生きることを目指すことが、最も大切な成功の定義だと思います。上記のイエスの例え話にあるように、1タラントン持った人も、2タンラント持っている人も、それぞれ自分の能力に合わせたものです。これを感謝で受け取り、1タラントンを充実に使い、他の1タラントンを作り出すように、種をまき、収穫を得ることが、成功ではありませんか?

{quotes}成功をどのように定義するかによって、私たちの目標は変わってきます。与えられたものが1であれば、それの倍を残すことが出来れば、その人は、成功したと思います。きっと、イエス様も、その成長率100%であることで、「良くやった」と言ってくださるでしょう。{/quotes}

ですので、今自分に与えられたことを充実に行い、今より、成長するようにすることに目を留めましょう。そして、他の人と比べることをやめましょう。1を持っていれば、それで、満足し、それを充実に収穫できるまで、成長させましょう。その内に、自分が成長すれば、もっと大きなことが渡されるようになるでしょう。

 

 

 

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. イエス・キリストとはどのような方ですか。どうすれば知ることができますか。

    A.  イエスは真実に人間となった神の子、そしてわたしたちの主キリストです。 それは聖書全巻を通して、神さまからわたしたちに証言されています。この方を知るには、信仰という神さまからの恵みに依らなければなりません。神さまは聖書を用いて、礼拝において、言葉を語り、わたしたちはこの方を知るのです。 人間の能力では決して知ることが出来ない人類最大の秘義です。
  • Q 私は勉強が好きで、将来弁護士か医師をめざしています。そうなると、学業を全て終えて仕事に就く頃には20代の半ば、または後半になってしまいます。私に は妻となり、母となって子どもたちのそばにいたいという願いもあります。でもどうしたらこの二つの願いをかなえることができるか分かりません。職業を持ち ながら母親でもあるためにはどうしたらいいのですか。

    A  あなたのおっしゃるジレンマは数え切れない程の若い女性たちが感じているものです。

    三つの選択肢があります。職業を持つか、妻そして母となるか、またはその両方を成し遂げようとするかです。

    その決断によって以後の全てが影響を受けます。まだ具体的な結婚の予定がないようですから、学業に進む道を選ばれたらいかがでしょう。学びが終った時点でまた選択の余地はあります。
    それまでに結婚しており専業の主婦また母になる道を選びたければ、仕事の夢をしばらくおあずけにするか、あるいはきっぱりあきらめるかをその時点で選べます。子どもたちが成長してから、またいつでも仕事に戻ることは出来るのです。

    当然のことですが、何が自分のためにベストであるかを決めるのは、結局あなた自身です。人生の分かれ道において、神のみこころを知ることが出来るようぜひ祈ってください。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. ハレルヤは、どういう意味ですか?

    A. ハレルヤは「神を賛美します!」という意味です。世界中のクリスチャンの共通語です。クリスチャンは、いろんな時に「ハレルヤ!」と告白して神を崇めます。
  • Q. イエスキリストは、どんな方ですか?

    A. イスラエルのベツレヘムという小さな田舎 町で、処女マリヤより降誕された救い主です。(西暦は、このイエス・キリストが生まれてから何年であるかを表しています。)この方は、人として生まれて来 られましたが、神の御子でした。人類すべての罪の身代わりとして、十字架にかかるために来られたのです。人はみな生きるために生まれてきますが、この方だ けは、死ぬために生まれて来られました。それは、彼の死によって、すべての人が罪のゆるしと永遠のいのちの救いに到るためだったのです。聖書全巻が預言し 啓示して来たのは、この方のことでした。