注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

創業・企業(Entrepreneur)

創業・起業について

投稿者: Administrator on . Posted in 創業・起業(Entrepreneur)

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

私は、浦幌町という人口6000人を切る小さな町に住んでいます。小さいから多くの人々は、都会へ仕事を探して生きます。特に、若者はそうでしょう。しかし、自分で職を作り上げることを目指し、自分らしい人生を過ごすことを考えるべきではないかと思います。

「日本の教育は、良い職人を育つような教育である」とある町民の一人が言いました。私は、まさしくそのとおりだと思います。自分から進んで、職を作り出す能力は、すべての人が持っていると私は、考えています。なぜなら、すべての人は、神様がお造りになった時から、すでに目的があり、その目的のために、すでにその環境を整えて下さっているからです。自分の親を敬い、親から学ぶ姿勢を持ち、学校の先生を敬い、真剣に自分らしい生き方を求めるならば、必ず、自分だからできる職が見つかるはずです。

単なる卒業賞状をもらうための学生生活ではなく、自分の目的意識を持った、自己責任を持つ人生を生きるならば、自分が与えられた環境を弱点ではなく、有利な点として受け取るべきです。

多くの場合、捜し求めるものはここで、決着する場合が多いと思います。{quotes}英語のDestinyという単語があります。自分がたどり着く場所のことです。自分の歩むべき道を指して言います。自分のDestinyを見つけることが10代にすべき最も大事なことです。中学校、高校時代、大学校1,2年生の時に、なすべき、最も大事な事は、自分の行く先、Destinyを見つけることです。{/quotes}そのために、自分の弱さ、強さ、そして、すでに与えられた環境を大事に受け取り、その場所から、自分が行くべき道を見つけることが大事なことだと思います。

中国で伝われている中で、「立志」を15歳にすべきものとして、教えられています。15歳は、中学校3年生の年です。しかし、このときに、すでに、志を立たせる事は、非常にその人の人生を有利に導きます。

小さな町でも、町づくり対策を行います。少ない町の予算をどのようにして使うかを協議します。そして、町の人と行政がともに互いに意見を交換します。そして、そこから出た意見をまとめて、町づくりの企画を完成して行きます。しかし、最も大事な事は、その町の産業を生かすものでなければ、その町の繁栄を期待できません。また、若者の職場がなければ、若者の居場所がないので、どんどん町の人口が減り、小さな町へと変化していきます。ここで、最も大切なことが、創業・起業です。

十代の内に、自分の行く先を見つけ、そのために、自分の勉強をするという形にならないと、起業家を育つことが難しいと思います。教育の原点を自分の生きる目的に置き、そのために、必要な過程をとおり進めさせることが良い教育のあり方ではないかと思います。

{quotes}小さい町こそ出来ることがあると思いますし、それが、弱点ではなく、有利な点があるという視点から、自分が持っているもの、それの価値を認識し、そこから付加価値を生み出す努力が必要かと思います。{/quotes}

創造主は、このような再創造の力を人間に与えられました。

神様と近くなればなるほど、この目に見えない資源から与えられる豊かさを体験できます。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

 

 

 

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)
  • 日曜日は、イエス・キリストの復活を記念する日です。その日に教会は礼拝を行ってきました。そのキリスト教が社会の中心となっていったことによって、紀元 4世紀に、ローマ帝国で、日曜日を休日とすることが定められたのです。日曜日が休日だから礼拝をしているのではありません。教会がキリストの復活を記念し て日曜日に礼拝をしていたから、日曜日は休日になったのです。
  • Q. クリスチャンになったら、仏壇はどうするの?

    A. 信仰は個人の意思によって決められるべきものとして、日本の法律でも保証されていますが、現実には、昔からの家の宗教や伝統が根強く残って力をふるっているのは事実です。
    し かし、あなたにとってまず大事なことは、あなた自身の人生を本当に自由にし、幸せにするものは何か、ということです。それを選ぶことはわがままでも家を不 幸にすることでもありません。むしろ、その逆です。あなたの子孫は、あなたがその自由と信仰を勝ち取ってくれたことをきっと喜んでくれるでしょう。勇気を 出して決断してください。神がその勇気と力をくださり、あなたの選択が正しかったことを必ず証ししてくださいます。仏壇のことは、その後で、あなたが自ず とどう処分したら良いかを見出すようになります。
  • 子育てQ. 最近、子どもと過ごす時間があまりとれないのですが、一緒にいられる時は大事にしたいと思っています。子どもと過ごす時間の質が、長さよりも大事だという意見に、先生は同意なさいますか。

    A.  私には、その考えの論法があやまりだと思えるのです。
    なぜ、時間の質と、長さのどちらかを選ばなければいけないのでしょうか。私たちの生活の他の場面で、そういう選択を迫られることはありません。どうして、子どもと過ごす時間についてのみ、そのように考えるのでしょう。

    例 えばの話です。あなたが、町で有数のレストランで食事をするのを楽しみにしているとします。ウェイターが持ってきたメニューを見て、あなたは、一番高級な ステーキを注文しました。ところが、出てきたのは、お皿の真ん中に、三センチ四方の小さなお肉が乗っているだけです。あなたが苦情を言うと、ウェイターは 答えます。
    「確かに小さいことは小さいですが、最高品質のビーフでございます。これ以上の味はどこでもお目にかかれないと思います。なにしろ、大 事なのは量ではなく、質でございますから。」当然ながら、あなたは憤慨します。なぜなら、食事はもちろん、多くのものは質、量ともに大事だからです。

    子どもと過ごす時間についても、同じです。子どもたちは、親と過ごす時間が必要であり、私たちは最善のものを彼らに与えるべきです。私には、「量か質か」という議論が、子どもたちにそのどちらも与えない言い訳に使われているような気がしてならないのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから