注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

創業・企業(Entrepreneur)

創業・起業について

投稿者: Administrator on . Posted in 創業・起業(Entrepreneur)

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

私は、浦幌町という人口6000人を切る小さな町に住んでいます。小さいから多くの人々は、都会へ仕事を探して生きます。特に、若者はそうでしょう。しかし、自分で職を作り上げることを目指し、自分らしい人生を過ごすことを考えるべきではないかと思います。

「日本の教育は、良い職人を育つような教育である」とある町民の一人が言いました。私は、まさしくそのとおりだと思います。自分から進んで、職を作り出す能力は、すべての人が持っていると私は、考えています。なぜなら、すべての人は、神様がお造りになった時から、すでに目的があり、その目的のために、すでにその環境を整えて下さっているからです。自分の親を敬い、親から学ぶ姿勢を持ち、学校の先生を敬い、真剣に自分らしい生き方を求めるならば、必ず、自分だからできる職が見つかるはずです。

単なる卒業賞状をもらうための学生生活ではなく、自分の目的意識を持った、自己責任を持つ人生を生きるならば、自分が与えられた環境を弱点ではなく、有利な点として受け取るべきです。

多くの場合、捜し求めるものはここで、決着する場合が多いと思います。{quotes}英語のDestinyという単語があります。自分がたどり着く場所のことです。自分の歩むべき道を指して言います。自分のDestinyを見つけることが10代にすべき最も大事なことです。中学校、高校時代、大学校1,2年生の時に、なすべき、最も大事な事は、自分の行く先、Destinyを見つけることです。{/quotes}そのために、自分の弱さ、強さ、そして、すでに与えられた環境を大事に受け取り、その場所から、自分が行くべき道を見つけることが大事なことだと思います。

中国で伝われている中で、「立志」を15歳にすべきものとして、教えられています。15歳は、中学校3年生の年です。しかし、このときに、すでに、志を立たせる事は、非常にその人の人生を有利に導きます。

小さな町でも、町づくり対策を行います。少ない町の予算をどのようにして使うかを協議します。そして、町の人と行政がともに互いに意見を交換します。そして、そこから出た意見をまとめて、町づくりの企画を完成して行きます。しかし、最も大事な事は、その町の産業を生かすものでなければ、その町の繁栄を期待できません。また、若者の職場がなければ、若者の居場所がないので、どんどん町の人口が減り、小さな町へと変化していきます。ここで、最も大切なことが、創業・起業です。

十代の内に、自分の行く先を見つけ、そのために、自分の勉強をするという形にならないと、起業家を育つことが難しいと思います。教育の原点を自分の生きる目的に置き、そのために、必要な過程をとおり進めさせることが良い教育のあり方ではないかと思います。

{quotes}小さい町こそ出来ることがあると思いますし、それが、弱点ではなく、有利な点があるという視点から、自分が持っているもの、それの価値を認識し、そこから付加価値を生み出す努力が必要かと思います。{/quotes}

創造主は、このような再創造の力を人間に与えられました。

神様と近くなればなるほど、この目に見えない資源から与えられる豊かさを体験できます。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

 

 

 

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 家族Q 老齢化に伴う肉体的な変化について教えていただけますか。

    A 全ての器官が同じレベル、また、同じ早さで衰える訳ではありません。老化には決まった順序があります。通常、すなわち病気がなにも無い時、老化のきざしは以下の順序で現れます。

    ま ず衰えるのは、まず人と外界をつなぐ感覚器官です。目の水晶体が収縮して焦点を合わせることができなくなるため、景色にも本にも焦点の合う遠近両用眼鏡を かける必要が出てきます。白内障になるとさらに視覚が衰える場合があります。三半規管が衰えると音の伝導がにぶり、若い頃のようには耳が聞こえなくなりま す。まず高い音が聞こえにくくなり、次第に低い部分に移ります。口と舌の味覚が衰えると、食物の味が落ちます。食べる楽しみがなくなります。嗅覚が落ちる ことも、味覚の変化の一因です。食事の喜びの多くは、快い香りによるからです。肌が荒れ固くなると、触覚が弱ります。このように五感がすべて弱くなり、情 報を捕えて脳に送る能力は減少します。

    次に運動機能、すなわち体を動かす力の変化です。まず指が動かなくなり、次に手の機敏さが衰え、手首、ひじ、そして肩に来ます。機能の衰えは外部から体の内側へと進みます。それで、老人の震える文字は年を表わすのです。

    そ れから循環機能に変化が訪れます。心臓内部と周囲についた脂肪のために、同じことをするにもより労力がいります。運動のあと、通常の脈拍に戻るまでにより 時間がかかります。動脈がしだいに硬化することも、心臓の負担の元です。コレステロールが動脈に溜まり血流を圧縮するので、心臓発作、脳卒中、その他の心 臓血管系の病気に結び付きます。加えて、自律神経系統が体を規則正しく機能させなくなり、血行の悪さなどの問題を起こします。生殖能力も、女性では45才 程度で、男性の場合は50才か60才で無くなります。生命を生み出すという尊い働きも終ります。

    要約すると、老化の過程に起きる重大変化は以下の通りです。第一に感覚器官が衰え、次に運動機能が衰えます。すなわち体を動かす能力です。さらに高齢になると精神的な機敏さが衰えるでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)
  • Q. 礼拝や集会はどんなプログラムですか?

    A. 教会によって多少のプログラムの違いはありますが、大きな内容は次のようなものです。

    (1)賛美=聖歌、賛美歌、ワーシップソングなどを歌います。
    (2)祈り=神への感謝、日常生活の願いやとりなしなどを祈ります。
    (3)説教=聖書の中からの具体的なメッセージです。
    (4)献金=教会によって方法などは違いますが、献金するかどうかは自由です。
    (5)お知らせ=その教会の報告や行事などのお知らせです。
    (6)交わり=礼拝や集会後、お茶などをいただきながらのくつろいだひとときです。この時にいろんな方とも出会い、お友達になれます。

    いずれにせよ、何かを強制されることはありませんので、安心して参加してください。
  • Q 妻は、全てが整った状況でないとセックスに応じません。我々夫婦は、単純に互いの体を楽しみあうことができないのです。ベッドに入る前から、時間をかけて妻に話しかけなければ、興味を示さないのです。他の女性たちもそうなのでしょうか。

    A 大部分の女性はそうです。女性にとって、セックスとは単に肉体だけの経験ではありません。ロマンチックな要素が不可欠です。妻が、夫に対してある親密さを その時に感じなければ、また夫から人間として尊敬されていると感じなければ、夫とのセックスを楽しむことはできないかもしれません。ロマンチックな親密さ を感じずに性行為をする時、妻はしばしば「使われた」と感じます。そして、奥さんのように夫を拒否するか、もしくはうらみつつ、しぶしぶ夫に応じるので す。ある意味で、そうした時、夫は自分を喜ばせるために彼女の体を利用したのです。
    逆に男は、不機嫌で帰宅し、自室やガレージで黙々と働き、11 時のニュースを黙って見、最後にベッドにもぐり込んで、妻を求めることもできるのです。その晩、妻と優しく語り合う時間がなかったからといって、彼の性欲 が著しくそがれるということはありません。妻が、肌にまとわりつくようなナイトガウンを着てベッドに向かうのを見ただけで、夫はもう熱が入ってしまうので す。
    しかし、妻の方はそう簡単にはいきません。一日中待っていたのに、夫が帰宅しても挨拶さえまともにしてくれなかったので、彼女は無視されたと 感じ傷つきました。それ以後も何かに没頭して、こちらを向いてくれないのですっかり興が冷めたのです。ですから、夜遅くなって夫の要求に答えることはでき ないと感じるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから