注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 12

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的準備は必要なのか?

すべての兵士が軍人としての訓練を必要としているわけではありません。しかし歩兵は、聖書について、また霊の戦いについて、自然的な聖書研究会について、漁師伝道に ついて、そして聖書を調べる(伝道的な)聖書研究会の話し合いのリーダーシップについて知っていなければなりません。彼らは最低1年間のまたはそれに同等 する教会または大学の聖書研究会での聖書を学ぶ期間が必要です。また総論的な宣教に関する短いコースを取らなければなりません。外国人を伝道するというの はこれ以上無い霊的準備です。

IVCF-IFESのような学生のフェローシップでは、すばらしい内部で仕えるミニストリーの訓練を受けることが出来ます。なぜなら大学は私達の住む、文化の入り混じった、また霊的に反抗的な 世界の縮図だからです。若い人々は宣教師たちと共に夏季宣教訓練に参加することが出来ます。「ジュニア・イヤー・アブロード」といって、経験のあるキャンパス伝道者から訓練を受けながら言語と文化を学ぶプログラムを行っているところもあります。

テントメーカーは信頼し、従います。

テントメーキングにおける最大のチャレンジは、平信徒の宣教師の不足ではなく、反キリスト教的な政府による制限です。通常の宣教師もまた、許可をもらえなかったのでないなら、同じチャレンジを経験します。

テントメーカーは神が信頼できる方であり、危険や、解雇や、国外追放から守ってくださるということを知りつつ、賢く、求道者を釣る伝道をしていかなければな りません。すべての人が難しい環境にいるわけではありません。多くの家庭はこれらの文化の中で生活を楽しんでおり、何年間もそこに住んでいます。

私達の王は、その創造の権利によって、また贖いの権利によって、すべての国を所有しておられます!誰も彼の許可なしには、その子供の一人にさえ触ることは出来ないのです。

こんにち少数の信者しか存在しないところでも、まもなく教会は繁栄し、昨日の迫害されていた少数派の人々が、きょうは成長し増殖している教会になるようにな ります。私達はイエス様の言葉を持っています。「私は私の教会を建てる。」(マタイ16)私達は、この世界の支配権を巡る全世界を含んだ戦いがどのような 展開になっていくのかを、聖書の最後の書の中に垣間見ることが出来るのです!(黙示録11:15、7:9-12)

しかしまたすでに伝道された地域も分極を経験するようになり、違う形での迫害が起こります。以前のキリスト教社会に見られたような世俗化のように。宣教の指 導者の中には、まもなくどこに行っても宣教師が受け入れられなくなるときが来ると予想しています。この歴史の終わりの時代に、地元の平信徒と外国のテント メーカーだけが世界宣教を達成することが出来るのです。いまこそいたる所で平信徒を訓練すべきときです。テントメーカーのモデルは重大なのです!

この1990年代の増加する国際雇用機会の中、テントメーカーと通常の宣教師、そして受け入れ国の信者と自国の贈り手達は、みな私達の最高指揮官の元で仕え ています。私達はすべての民族の中に教会を開拓し、あらゆる国々からの群集に加わり、私達の王の王に賛美を歌うことが出来るのです!

ルース.E.シーメンス

Bibliography (in addition to Bible commentaries):

Roland Allen. The Case for the Voluntary Clergy. London: Eyre and Spottiswoode, 1930. Roland Allen. Missionary Methods: St. Paul's or Ours? London: World Dominion Press, 1930 .Roland Allen. Spontaneous Expansion of the Church. Grand Rapids: Eerdmans, 1962. F. F. Bruce. Paul and his Converts. Downers Grove, IL: IVP, 1985. W.J. Coneybeare. The Life and Epistles of St. Paul. Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1968. William Danker. Profit for the Lord. Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1971. Michael Green. Evangelism in the Early Church. Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1970. Gerald Hawthorne, Ralph Martin, Eds. Dictionary of Paul and his Letters. Downers Grove, IL: IVP, 1993.

(permission obtained from Global Opportunities (GO) to publish in Japanese)

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 三位一体とは何ですか。キリスト教は唯一の神ではないのですか。

    A. 今も教会の「神認識」を根幹をなす、最も重要な教理です。 万物の造り主である父なる神と、子なる神であるわたしたちの救い主イエス・キリスト、そして今も共にいる慰め主なる聖霊はそれぞれ固有の人格(ペルソナ) であり、共に交わり、一つとなっている、ということです。これは神を分析した結果 、判ったものではなく、聖霊と聖書に導かれた教会が信仰の告白として言い表したものであり、わたしたちはその信仰を受け継いでいます。
  • 家族Q うちの子が一緒に遊ぶ、近所のお子さんたちは、あきれるようなテレビ番組を見ています。親たちが、暴力やセックスを子どもたちに見せていることが信じられません。こういう番組を見ていると、後々どのような影響が出るのでしょうか。

    A  あまりにも多くの親たちが、テレビを子どもの好き放題に見せていることは、悲しく、また理解しがたいことです
    「何を見せてもいいじゃないか。」と言う方々に、私はこう聞きたいと思います。
    見ず知らずの人が、あなたの家を訪ねてきて、「お疲れのようですね。一日二日、お子さんたちの面倒を見てあげましょうか。」と言ったとします。「やあ、ありがたい、ぜひ、頼みます」と答える人は、まずいないでしょう。
    これは、「子どものテレビを考える会」代表のペギー・チャレン女史が使った例です。彼女の言いたいことは明らかです。

    子 どもたちをテレビの前に座らせる時、私たちは彼らを見ず知らずの他人の手に任せているのです。子どもに自由にテレビを見せることによる危険性は、ますます 大きくなりつつあります。テレビでの暴力が、後になってしばしば子どもや十代の若者による暴力となって現われることは、数多く実証されてきています。

    中でも、レナード・D・アロン博士の研究は、大変に説得力のあるものです。
    複数の子どもたちを、まず8歳、次に19歳、最後に30歳の時に調査しました。国は、米国、豪州、フィンランド、イスラエル、ポーランドにまたがりました。結果は、どこでも同じでした。
    8歳の時に暴力番組をひんぱんに見ていた子ども程、30歳の時に犯罪者となっていた確率が高く、飲酒時の行動は節度を欠いていました。

    親は、子どもたちのテレビを見る時間と番組の内容を規制しなくてはいけません。さもないと、恐ろしい結果になるかもしれません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. どうしてクリスチャンは、日曜日に礼拝をするの?

    A. 日曜日に行くだけではなく、 しばしば週日にも教会に行きます。礼拝は通常日曜日が中心ですので(時間はまちまちですが)神を生活の第一として礼拝し、聖書のメッセージを聞き、そのみ ことばから励ましや希望、力をいただくのです。教会によっては、日曜日以外の曜日にも礼拝が持たれています。また、聖書の学びや賛美集会、祈り会などの集 会も開かれていますので、お近くの教会にお尋ねください。
  • Q 女性が、妻(母)となることを人生の目標とすることはおかしなことですか。何か他に目標がなくてはいけませんか。

    A  全くおかしくありません。母親としての仕事は立派な仕事であり、何も恥じる必要はありません。若い女性たちが主婦となることを目指すと言っただけで、愚か者扱いされるようになったのは、ほんのここ数十年のことです。

    ある大学4年の女子生徒が卒業後のことについて相談に来たことを思い出します。様々な仕事の可能性や更に学びを続けることについても話し合いました。
    それから彼女はひと呼吸おいて、後ろをうかがってから身を乗り出し、ほとんど聞き取れない程の声で言いました。

    「本当のことを言ってもいいですか。」
    「もちろん。他に誰も聞いてはいませんよ。」
    彼女は低い声で続けました。「本当はね、仕事なんか持ちたくないの。結婚して子どもを育てるのが私の望みなの。」
    私は答えました。「何か秘密のように話さなくちゃならないことかい。君の人生じゃないか。誰に遠慮することもないよ。」
    「冗談言わないで下さい。この学校の教授や友達に聞かれたら、うわさの種にされてここにいられなくなってしまうわ。」

    信 じがたいことですが、今や子どもを産んでから数年を育児に専念することが当り前ではない時代になってしまいました。この風潮は、女性蔑視であり愚かなこと です。神を愛し、この世に貢献し役立つ子どもを育てることほど大切な仕事がこの世にあるでしょうか。何世紀もの間大切な働きとされてきた家事や育児を女性 たちが恥じるようになったことは残念至極です。

    もちろん、すべての女性が妻や母になるわけではありません。仕事にのみ生きる女性もいるで しょう。結婚するつもりのない人もいます。それはそれでいいのです。しかし、専業の母親となることを望む人がそれを公言することを(それも大学の構内で) 恥じる必要などどこにもありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A