注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 12

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的準備は必要なのか?

すべての兵士が軍人としての訓練を必要としているわけではありません。しかし歩兵は、聖書について、また霊の戦いについて、自然的な聖書研究会について、漁師伝道に ついて、そして聖書を調べる(伝道的な)聖書研究会の話し合いのリーダーシップについて知っていなければなりません。彼らは最低1年間のまたはそれに同等 する教会または大学の聖書研究会での聖書を学ぶ期間が必要です。また総論的な宣教に関する短いコースを取らなければなりません。外国人を伝道するというの はこれ以上無い霊的準備です。

IVCF-IFESのような学生のフェローシップでは、すばらしい内部で仕えるミニストリーの訓練を受けることが出来ます。なぜなら大学は私達の住む、文化の入り混じった、また霊的に反抗的な 世界の縮図だからです。若い人々は宣教師たちと共に夏季宣教訓練に参加することが出来ます。「ジュニア・イヤー・アブロード」といって、経験のあるキャンパス伝道者から訓練を受けながら言語と文化を学ぶプログラムを行っているところもあります。

テントメーカーは信頼し、従います。

テントメーキングにおける最大のチャレンジは、平信徒の宣教師の不足ではなく、反キリスト教的な政府による制限です。通常の宣教師もまた、許可をもらえなかったのでないなら、同じチャレンジを経験します。

テントメーカーは神が信頼できる方であり、危険や、解雇や、国外追放から守ってくださるということを知りつつ、賢く、求道者を釣る伝道をしていかなければな りません。すべての人が難しい環境にいるわけではありません。多くの家庭はこれらの文化の中で生活を楽しんでおり、何年間もそこに住んでいます。

私達の王は、その創造の権利によって、また贖いの権利によって、すべての国を所有しておられます!誰も彼の許可なしには、その子供の一人にさえ触ることは出来ないのです。

こんにち少数の信者しか存在しないところでも、まもなく教会は繁栄し、昨日の迫害されていた少数派の人々が、きょうは成長し増殖している教会になるようにな ります。私達はイエス様の言葉を持っています。「私は私の教会を建てる。」(マタイ16)私達は、この世界の支配権を巡る全世界を含んだ戦いがどのような 展開になっていくのかを、聖書の最後の書の中に垣間見ることが出来るのです!(黙示録11:15、7:9-12)

しかしまたすでに伝道された地域も分極を経験するようになり、違う形での迫害が起こります。以前のキリスト教社会に見られたような世俗化のように。宣教の指 導者の中には、まもなくどこに行っても宣教師が受け入れられなくなるときが来ると予想しています。この歴史の終わりの時代に、地元の平信徒と外国のテント メーカーだけが世界宣教を達成することが出来るのです。いまこそいたる所で平信徒を訓練すべきときです。テントメーカーのモデルは重大なのです!

この1990年代の増加する国際雇用機会の中、テントメーカーと通常の宣教師、そして受け入れ国の信者と自国の贈り手達は、みな私達の最高指揮官の元で仕え ています。私達はすべての民族の中に教会を開拓し、あらゆる国々からの群集に加わり、私達の王の王に賛美を歌うことが出来るのです!

ルース.E.シーメンス

Bibliography (in addition to Bible commentaries):

Roland Allen. The Case for the Voluntary Clergy. London: Eyre and Spottiswoode, 1930. Roland Allen. Missionary Methods: St. Paul's or Ours? London: World Dominion Press, 1930 .Roland Allen. Spontaneous Expansion of the Church. Grand Rapids: Eerdmans, 1962. F. F. Bruce. Paul and his Converts. Downers Grove, IL: IVP, 1985. W.J. Coneybeare. The Life and Epistles of St. Paul. Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1968. William Danker. Profit for the Lord. Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1971. Michael Green. Evangelism in the Early Church. Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1970. Gerald Hawthorne, Ralph Martin, Eds. Dictionary of Paul and his Letters. Downers Grove, IL: IVP, 1993.

(permission obtained from Global Opportunities (GO) to publish in Japanese)

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ. 父親として、子どもが10代のうちにしておかなければならないこととは何ですか。

    A. 「少年をふさわしい男性に結びつけなさい。そうすればめったに道を誤ることはない。」とある人が言いました。これは真実だと思います。

    父と息子が、趣味や興味あることを一緒にするなら、反抗期も比較的平穏に過ぎるでしょう。一緒に経験したことは生涯の思い出となります。

    ダ ン・フォーゲルバーグ作詞の歌を思い出します。主人公と年老いた父親はともに音楽好きでした。題名は「バンド・リーダー(父親のこと)」。そのメッセージ には、私も深く共感させられます。息子は「ぼくを育ててくれたお父さん、大きな優しい手で」と歌います。「父の歌は、今もぼくの心に~」息子自身が、「バ ンド・リーダーの生きた遺産」になったのです。この男性が、老いた父親を訪ねる時、生涯つちかった親子の愛情が二人の間に行きかうのを見ることができるの ではないでしょうか。
    神さまが父親を創造なさった時に意図していたのは、きっとそういう光景だったに違いありません。

    ご質問に ストレートに答えて見ましょう。あなたは、感じやすい息子さんとの間にどんな共通の興味を育てていますか。息子と車の修理をする父親もいます。ある人はプ ラモデルを組み立て、木工細工をします。私は父とハンティングや釣りを楽しみました。早朝、森の中へ一緒に入っていったあの幸せな日々のことはどのような ことばでも言い表すことはできません。私のために時間をとってくれた父に向かって、どうして腹を立てることができたでしょう。野原で楽しみ、笑いあって帰 宅しながら素晴らしい会話の時を持ちました。

    私は自分の息子とも同じ様な関係を保とうと努力しました。自由に話しあえる親子関係を築く機会は、積極的に作り出さねばなりません。
    それはどのような犠牲を払っても達成する価値のあるゴールです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 子育てQ. 最近、子どもと過ごす時間があまりとれないのですが、一緒にいられる時は大事にしたいと思っています。子どもと過ごす時間の質が、長さよりも大事だという意見に、先生は同意なさいますか。

    A.  私には、その考えの論法があやまりだと思えるのです。
    なぜ、時間の質と、長さのどちらかを選ばなければいけないのでしょうか。私たちの生活の他の場面で、そういう選択を迫られることはありません。どうして、子どもと過ごす時間についてのみ、そのように考えるのでしょう。

    例 えばの話です。あなたが、町で有数のレストランで食事をするのを楽しみにしているとします。ウェイターが持ってきたメニューを見て、あなたは、一番高級な ステーキを注文しました。ところが、出てきたのは、お皿の真ん中に、三センチ四方の小さなお肉が乗っているだけです。あなたが苦情を言うと、ウェイターは 答えます。
    「確かに小さいことは小さいですが、最高品質のビーフでございます。これ以上の味はどこでもお目にかかれないと思います。なにしろ、大 事なのは量ではなく、質でございますから。」当然ながら、あなたは憤慨します。なぜなら、食事はもちろん、多くのものは質、量ともに大事だからです。

    子どもと過ごす時間についても、同じです。子どもたちは、親と過ごす時間が必要であり、私たちは最善のものを彼らに与えるべきです。私には、「量か質か」という議論が、子どもたちにそのどちらも与えない言い訳に使われているような気がしてならないのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • 中絶は自由?

    Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。


    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A