注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 11

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

こんにちの仕事はミニストリーにとって有効なのか?

20年間に渡って、グローバル・オポチュニティーは何百、何千といういろいろな職業について、世界中の約40種類の雇用人から、雇用機会を調べてきました。 GO(グローバル・オポチュニティー)は、献身したクリスチャンが海外でテントメーカーとして仕えるのを助けるために、仕事と宣教の手伝いを行っていま す。ここに最も良く訪ねられる質問のいくつかの答えがあります。(他のGO記事の注釈を見てください。)

それらの仕事は言語や文化を学ぶのに十分長いのですか?最初の契約は1年から3年の間が普通ですが、更新することが出来ます。もしその仕事がほとんど英語で済まされるとしても、人々の信頼を勝 ち取り、注意深く福音を語るために、テントメーカーは彼ら独自の文化に合わせた言語で仕事を出来るようにならなければなりません。彼らはたいてい通常の宣 教師よりもはるかに言語と文化に適応するための努力をします。雇用人はしばしば家族にも言語指導を用意してくれます。文化を勉強する場合、形態的に学ぶほ うが行き当たりばったりにするより早く学ぶことが出来ます。

それらの仕事の契約期間は明らかな働きが出来るほど十分に長いのですか?テントメーカーの仕事はただちに未信者に対する、そして彼らの多くの質問に対する執拗な調査を させるにいたります。すぐに証しが始まります。もし彼らが2年間しか居ることが出来ないのであれば、他のテントメーカーが来て彼らの改宗者や求道者と共に 働きを続けることが出来ます。(テントメーカーのチームはこのことを容易にします。)しかし多くのテントメーカー達は、神が契約更新を備えてくださる限り は、特定の地域やその人々に生涯を捧げています。ほとんどの人は、最初の短期間の滞在の間に長期の献身を決めます。

1年や2年(旅行滞在も含めて)海外にいることによって、クリスチャンは家庭においてより良い証人になり、彼らの教会の宣教部の委員になり、また牧師や神学校の教授よりも宣教に献身したクリスチャンへと変えられます。

給料は生活費に十分なものでしょうか?国外の雇い人が払う給料は適度で十分なものから、多くの特典付きのとても高いものまで様々です。彼らは家族に往復の航 空券をくれたり、時には子供達に私立の学校に行かせてくれたりもします。しかし良い仕事はそれに相応の学問、また経験を要求します。労働許可証はその国の 必要を満たすような専門知識を持った外国人にしか与えられません。

大学で教えることは、テントメーキングにとって最も適した環境のひとつです。しかしパートタイムですので給料は安い場合が多いです。しかし多くの学問機関では、 外国からこの目的のためにお金をもらっているのでよい給料を得ることができます。契約には、教職員は時間の半分を顧問から紹介された追加の仕事をしても良 いということが明記されています。

その地位が何であったとしても、それらの職業は自国を立つ前に、理想を言えばまだ働いている間に準備されている必要があります。海外に到着してから職を探す人というのは、しばしば疑いの目で見 られることになります。なぜ彼らは無職なのか?彼らは自国で働くことが出来なかったのか?彼らは地元の労働者とみなされ、地元の低い賃金で、特典も、飛行 気代も払われません。たいてい彼らはその国を去って、労働許可が下りるまで家族と共に隣国に待機することになります。これはかえってお金がかかります。

多くのクリスチャンは、完全に送り手のサポート体制を整えており、または提示された金額以上のものを望まないので、海外においての給料は低いです。彼らは数 時間英語を教えるだけでまっとうな住家を借りるこが出来たらと望みます。しかし、ただの体裁や宣教の働きのカバーだけのために仕事を利用することは、彼ら の隣人や、同僚以前に、クリスチャンに疑われることになります。彼らは自分自身を仕事を持った秘密の宣教師だと考えます。彼らは秘密を持った気持ちでその 国に入り、何をしてもその気持ちが現れます。そしていていたる所で疑いを引き起こしていくのです。彼らは信頼性を犠牲にしているのです。テントメーキング とは、伝道をするにあたってその仕事が不可欠であるユニークな宣教のアプローチです。多くの宣教のリーダー達は、彼ら自身が職場での伝道の経験が無いた め、パウロがした仕事と証しの統合を適応することをほとんどしません。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ 私も家内も、最近信仰を持つようになったのですが、子育てには失敗したなと思っています。今は、成人した子どもたちの事で、親として後悔することが多いのです。親として、今からできる事は、何かありますか。

    A. 随分と自分を責めておいでになりますね。
    母親、また父親として失敗したという、なんらかの後悔の念や苦い思い出を抱いていない方は、恐らくないだろうと思います。

    子 供は、とても複雑な生きものですから、完全な人間がいないように、完全な親もいません。日常生活の悩みは尽きません。誰でも、疲れ果てて平静を失います し、体調や気分の上下によって、言うべきでない事を口走ってしまったり、模範的とは言えない言動をしてしまうことがあります。感情的に子どもにあたってし まって、しばらくたって振り返ると、自分の愚かさに気付く事もあります。

    そういう失敗は誰にもあります。完璧な仕事をする人はいないのです。ですから、私たちは神の前に、こう祈るのです。

    「神さま、あなたは私の不完全さをご存じです。子育てに関してだけでなく、他のことでも同じです。精一杯やってみましたが、それでも足りませんでした。
    イエス・キリストが、五つのパンと二匹の魚をとって何倍にも増やして下さった奇跡のように、今、私の小さな手の努力を取り、祝福してください。
    足りなかったところを、あなたが補ってください。私が満たすことができなかったものを、あなたが満たしてください。
    偉大な御手で、子どもたちを包み、ご自身のもとに導いてください。
    彼らが人生の岐路に立つ時に、導きを与えてください。
    私は、ベストを尽しましたから、子どもたちも、私も、また親として私のしたことも、全てあなたに委ねます。全て、あなたのものです。」

    親としての仕事が終わった方にとっても、そういう祈りは神様に受け入れられると思います。
    あなたの手の届かないところにある事柄について、罪意識を持ち続けるのは、神様のみ心ではありません。過ぎた事は、過ぎた事です。くよくよするのはやめましょう。結果は神に委ねて、手を離しましょう。そうしたら、神の助けの手を実感する事ができるでしょう。

    「私 は、すでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・ イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」(新約聖書:ピリピ人への手紙3章13~14節)


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 「キリストのからだとは、教会のことです」(コロサイ1:25) とありますように、教会はからだにたとえられます。では教会の姿を次の聖句を読んで考えてみましょう。

    12:14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。12:15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。12:16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。12:17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。12:18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。12:19 もし、全部がただ一つの器官であったら、からだはいったいどこにあるのでしょう。12:20 しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。12:21 そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うこともでき ません。12:22 それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。12:23 また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうに なりますが、12:24 かっこうの良い器官にはその必要がありません。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。12:25 それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。12:26 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。(1コリント12:14-27)この聖句は人間のからだにたとえて教会の姿を言い 表しています。

    つまり、教会員のひとりひとりが重要な器官の役目を果たしており、どんなに小さな役目であっても、教会には必要な役目なの です。世の中では、偉い人や重要なポストに就いている人を重視します。しかし、「それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなく てはならないものなのです」 と書かれてあるように、教会においては重要でないと思われる人こそ必要なのです。そして、キリストのからだは、キリストにあって、同じ考え方、同じ心の持 ち方、同じ態度を持っているのです。さらに、重要な事は「もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての 部分がともに喜ぶのです」と書かれているように、苦しみと喜びを分かち合う人々の集まりだという事です。これは、イエス自身によって次の様に教えられまし た。

    13:34 あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合い なさい。13:35 もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」(ヨハネ 13:34-35)

    イエスの愛が教会の人々の中に宿ります。 それゆえにクリスチャンはイエスが愛したように愛しなさいという命令を受けるのです。お互いに愛するとは、お互いに「深い同情心、慈愛、慈愛、謙遜、柔 和、寛容を身に着け、互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合い、主が赦してくださったように、赦しあう」ことです (コロサイ3:12-13)
  • 「良いこと」でどのようなことを考えておられるでしょうか? 教会へ行くと確かにいろいろと良いことがあります。まず、生けるまことの神様を礼拝することができるようになります。そして礼拝の中で、神様から、「わた しはあなたを愛している、あなたといつも共にいる」という語り掛けを聞くことができます。その神様の語りかけによって、苦しみや悲しみの中にあっても、慰 めと励ましを与えられて歩むことができるようになります。教会へ行くことによって得られる「良いこと」とはこのようなことです。教会へ行けば苦しみや悲し みがなくなるのではありません。突然お金が儲かったり、病気が治ったりするわけでもありません。そういう「良いこと」を期待して教会へ来ても失望に終わる でしょう。けれども教会で礼拝を守り、神様のみ言葉を聞き続けていくと、私たちの人生を本当に支え導く神様の恵みが分かるようになり、本当に喜んで生きる ことができるようになるのです。
  • しつけQ. 私の友人の子どもたちのことですが、今まで見たこともないようなしつけの悪さで、そばにいられると話もできません。なんとかしつけの手助けをしたいのですが、どうしたら友人を傷つけずに良いアドバイスができるでしょうか。

    A.  誰かの行動や性格について傷や欠点を指摘するには、ヤマアラシが愛しあうようにすべきです。すなわち相手を傷つけないように、細心の注意を払うのです。 そうでないと、友人を失うことになります。まして、親としての間違いを指摘することは、さらに危険が伴います。全くの善意から、相手の子どものことを考え て注意したとしても、注意した方が反対にとばっちりを受けるのがおちです。
    ですから、いかに必要を感じたとしても、私は人様の子どもについて頼まれもしないアドバイスはしないようにしています。どうしても聞き心地のよくないことを相手に対して言わなければならないとしたら、まず彼女との友情を築くための時間をとる努力をすることを勧めます。
    注意深く信頼関係を築いたあとで初めて、あなたはやさしくアドバイスする権利を手にすることができます。このやり方に近道はありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A