注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 9

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロの戦略はどのように効果を発揮したのでしょう?

彼の平信徒伝道者たちの多くは、好ましくない、教育を受けていない、不信心な背景からの人々でした。誰も人類学や、宣教学の訓練を受けたこともありませんで した。ほとんどが奴隷でした。しかし彼らは大きな個人的な危険を冒して福音を信じ、また給料無しにその福音を命を懸けて他の人々に伝える人々でした。

10年の間に、(3回の伝道旅行は10年を要しました。)パウロとその仲間は(経済的支援無しに)6つのローマの州を伝道しました!

彼らは無学の、無給の、そのほとんどが奴隷であったような人々を勝ち取り、彼らを動員することによってそれを成し遂げたのです。

パウロはローマのクリスチャンに彼の過去20年にわたる宣教の働きについてこう述べています。「エルサレムからイルリコ(今のアルバニア)にいたるまで、キ リストの福音をくまなく伝えました。…もうこの地方には働くべき所がなくなりました。」(ローマ15:19-24)彼は帝国のギリシャ語を話す半分の人々 への伝道を終え、ラテン語を話す、ローマとスペインを含んだもう半分の人々の方へ向かっていたのです。

しかしどうして彼は、一度も主要都市の 外では働いたことがない様にみえたのに、地中海のギリシャ語を話す半分の地方への働きを終えたといい得たのでしょうか。同じ手紙の中でパウロは、自分はユ ダヤ人にも異邦人にも、ギリシャ人にも未開人にも負債を負っていると書いています。(ローマ1:14-16)未開人は、ほとんどの人が第一言語としてギリ シャ語を話さず、田舎や部族の住む村村に住んでいる人たちでした。パウロは彼らのことは気にかけていなかったのでしょうか。

ローマ帝国はつながった都市の連携と、 軍隊による植民地の集まりにすぎず、それぞれの地方は独特の文化、独特の法律をもっており、それらはローマの権力者によって管理されているのが通常でし た。ローマの皇帝も、以前のギリシャ人の中でも、誰一人それらの部族の人々を統合しようとか、教育しようとはしませんでした。都市においても、たくさんの 言語が話されていました。パウロは、リカオニア語を話す人々によって、ルステラ大変な騒動に巻き込まれました。(使徒14章)

パウロの戦略は、このチャレンジを満た しました。多国後を話す、低階級の改宗者達が無給の伝道者になることによって、パウロは奥地への伝道を保証したのです。ミカエル・グリーンは改宗者達がど のように彼らの生まれ故郷に福音を伝えに行ったかを述べています。新しい改宗者は、同じ服装、同じ言語と分化を持って、外国の宗教としてではなく福音を自 国へ持ちかえりました。また村の人々が都会へ訪れることもありました。

ピリピでの数ヶ月の後、パウロはマケドニアの教会について、複数形で語っています。テサロニケへの彼の最初のフォローアップの手紙に、彼はこの福音はすべての地域から彼らに伝えられたと書いています。コリント人が、アカヤ地方で福音を伝えたのです。

パウロはエペソに3年間滞在しました。しかしルカは2年間の間に「アジアに住むものはみな聞いた」(使徒19:10)と書いています。これはローマのアジア 地方の全州、すなわち、ローマ帝国の経済的な中心地を意味しました。なぜならアジアの大きな貿易ルートはこの都市を中継していたからです!

ルカは大げさに言ったのでしょうか。暴動を起こし銀細工人のデメトリウスが、偶然にもルカの証言を確認しています!彼は言いました。「エペソだけでなく、ほ とんどアジア全体にわたって、あのパウロは大勢の人を説き伏せ、惑わせているのです…」銀細工の産業は商売にならなくなり、アルテミス神殿の礼拝は消滅の 危機にさらされるほど多くの人です!(使徒19:24-26)2年間でです!

パウロの戦略は土着の、そして指数関数的な(ねずみ算的な)成長をもたらしました!改宗者は急激に増えました。反対的な文化での開拓においては、そのスピー ドが重要でした。パウロの改宗者達はあまりにも急速に福音を伝えたので、反対が起こったときには、その火を消すにはもう遅すぎる段階になっていたのです! こんにち、私達はノンクリスチャンの宗教指導者達に福音に対する反対運動を何度も起こすのを赦しています。

ドナルド・マクガブラン博士は、教会成長には、大きな無給の伝道者達の力が必要であると述べています。しかし、もし私達の提供するモデルが献金に支えられた 伝道者の姿だけであるなら、どのようにしてその人々が生み出されるでしょうか。西側からきた宣教師たちは裕福であると考えられています。パウロの改宗者達 は彼にこう言うことは決して出来ませんでした。「あなたは給料をもらっているし、その時間があるから伝道できるんでしょう。あなたはこの国にあって家族を 養うために長い時間働くということがどういうことか分かっていないんです。」

もしテントメーカーが高い給料をもらっていたとしても、同じ問題は起こりません。なぜなら彼は彼のクリスチャンのミニストリーに対して給料をもらっていない からです。彼はその給料によって、必要のあるところに気前良く与えることが出きるでしょう。私達は、普通の宣教師の家族を含んだような、自給する宣教チー ムを送ることによって、今まで世界中に送り出してきた西洋的な宣教師のパターンを緩和することが出来ます。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ どのようにしたら他人種、他民族に対する健全でオープンな態度を子どもたちに持たせることができるでしょうか?

    A.  子どもを教えるのに親の模範に優るものはありません。

    ある人が言いました。「子どもがたどる足跡は、親がもう消してしまったと思っている足跡だ。」と。よく言ったものですね。子どもたちは我々親を良く見ており、本能的に我々の行いを真似るのです。

    ですから、私たちが心狭く、差別をしていながら、子どもたちには「みんなと仲良くしなさい。」とは言えません。
    同じ様に,私たちが家でも外でも礼儀をないがしろにし、感謝を表さないでいて、子どもたちに「感謝を表せ」と言っても無理というものです。
    都合の悪い人から電話がかかってきた時に、「パパはいないって言いなさい」と子どもに教えているなら、正直な子どもを育てることはできないでしょう。

    こういうことについて、子どもたちは大人の言行不一致にすぐ気がつきます。そして、得てして子どもは我々の空しいお題目より、行ないの方に習ってしまうのです。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • Q 妻も私も引退の年に近づいています。私たちは経済的には大変祝福されてきました。いくつかの大きな会社とかなりの不動産を三人の子どもたちに残すことにな ります。多額の財産を次世代に残すことについてはどうお考えになりますか。気をつけるべき点は何でしょうか。

    A この話についての私の意見は、耳ざわりかも知れませんが、自分が観察したところと私が固く信じるところを申し上げる以外にありません。端的に言って、労さずに大金を手にすることはとても危険なことです。

    「裕 福な子供たち」と題した社会学上の研究結果がしばらく前に発表されましたが、私の懸念を裏書きするものでした。著者たちは、「多額の信託財産は通常相続者 の破滅の元である」という結論を得ました。引用された事例は説得力のあるものでした。人類史もお金の危険について証しています。男も女も金をむさぼり、殺 人を犯し、命を落としまた「永遠の命」を失いました。お金は友情を引き裂き、おごる者や力ある者は倒れました。そして数え切れぬ家庭が無残に崩壊しまし た。

    またお金ほど兄弟の仲を引き裂くものもありません。莫大な財産を相続することにより家族の中に緊張と不調和が生まれる確率は高まります。お子さんたちはあなたが残された会社をめぐって争い、決定権を委ねられた人を恨むでしょう。

    責 任ある生活をする意欲を失い、お酒やギャンブルなどの中毒症状に陥る人も出ます。このような否定的結果にはもちろん例外もあり、富と権力を上手に取り扱う 人々もいます。しかし、これはよく行っても困難な仕事で、最高度の成熟と自制心とが要求されます。「私が子孫に残す多大な財産は、愛する者たちに及ぼす危 険に見合っているだろうか」と自問すべきです。

    あなたご自身が成功するために勤勉に働き、節約し、貯蓄し、築き、額に汗して生産に従事したという 苦労を、お子さん方には味わわせたくないのかどうかをまず決めなければなりません。彼らが自分を鍛練し勤勉に働くという必要を感じず、出来合いの事業を引 き継いでその処置を誤り、乱費してしまうとしたらどうでしょう。

    私の見解が人気のあるものではないことは承知しています。人々が懸命に働く理由の 一つは、子どもたちに苦労させたくないからです。子どもを愛する余り、安楽な人生を歩ませようとします。それに、一生をつぎ込んで発展させたビジネスと築 いた富を売り飛ばして自分は消え去るというのは、どんな親にとっても愉快な選択ではないでしょう。もちろん、自分の財産をどうするかは、親が自分で決めね ばなりません。私にできるのは、ただ自分の見た通りの事実をお知らせすることです。

    私の経験では、富の相続は家族関係、自制心、信仰心また責任ある社会人としての生き方を危うくする傾向があるということです。もし相続させるなら十分に注意をし、何年もかけて準備し、祈り深くなすべきです。

    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. プロテスタントとカトリックは、どう違うのですか?キリスト教の 派閥ですか。一致することはないのですか。

    A. 宗教改革以後、教会はローマカトリック教会と、ルター派、及び無数のプロテスタント諸教派とに分裂し、それぞれの伝統を形成し今日にまで至っていま す。(もう少し正確な説明が必要ですが、今日は省略しておきます。)いかに真理のためとは言え、本来一つであるはずのキリストの体なる教会が事実上、分断 されているのは、決して本来的ではなく、教会は一つのものであると信じられるべきです。このような中で、20世紀からエキュメニカル(教会一致)運動が起 こり始め、教派の壁を超えた対話や協力関係の模索が続けられています。また1999年にはカトリック教会とルター派との間で「義認の教理に関する共同宣 言」が交わされ、大きな前進を見せています。