注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 9

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロの戦略はどのように効果を発揮したのでしょう?

彼の平信徒伝道者たちの多くは、好ましくない、教育を受けていない、不信心な背景からの人々でした。誰も人類学や、宣教学の訓練を受けたこともありませんで した。ほとんどが奴隷でした。しかし彼らは大きな個人的な危険を冒して福音を信じ、また給料無しにその福音を命を懸けて他の人々に伝える人々でした。

10年の間に、(3回の伝道旅行は10年を要しました。)パウロとその仲間は(経済的支援無しに)6つのローマの州を伝道しました!

彼らは無学の、無給の、そのほとんどが奴隷であったような人々を勝ち取り、彼らを動員することによってそれを成し遂げたのです。

パウロはローマのクリスチャンに彼の過去20年にわたる宣教の働きについてこう述べています。「エルサレムからイルリコ(今のアルバニア)にいたるまで、キ リストの福音をくまなく伝えました。…もうこの地方には働くべき所がなくなりました。」(ローマ15:19-24)彼は帝国のギリシャ語を話す半分の人々 への伝道を終え、ラテン語を話す、ローマとスペインを含んだもう半分の人々の方へ向かっていたのです。

しかしどうして彼は、一度も主要都市の 外では働いたことがない様にみえたのに、地中海のギリシャ語を話す半分の地方への働きを終えたといい得たのでしょうか。同じ手紙の中でパウロは、自分はユ ダヤ人にも異邦人にも、ギリシャ人にも未開人にも負債を負っていると書いています。(ローマ1:14-16)未開人は、ほとんどの人が第一言語としてギリ シャ語を話さず、田舎や部族の住む村村に住んでいる人たちでした。パウロは彼らのことは気にかけていなかったのでしょうか。

ローマ帝国はつながった都市の連携と、 軍隊による植民地の集まりにすぎず、それぞれの地方は独特の文化、独特の法律をもっており、それらはローマの権力者によって管理されているのが通常でし た。ローマの皇帝も、以前のギリシャ人の中でも、誰一人それらの部族の人々を統合しようとか、教育しようとはしませんでした。都市においても、たくさんの 言語が話されていました。パウロは、リカオニア語を話す人々によって、ルステラ大変な騒動に巻き込まれました。(使徒14章)

パウロの戦略は、このチャレンジを満た しました。多国後を話す、低階級の改宗者達が無給の伝道者になることによって、パウロは奥地への伝道を保証したのです。ミカエル・グリーンは改宗者達がど のように彼らの生まれ故郷に福音を伝えに行ったかを述べています。新しい改宗者は、同じ服装、同じ言語と分化を持って、外国の宗教としてではなく福音を自 国へ持ちかえりました。また村の人々が都会へ訪れることもありました。

ピリピでの数ヶ月の後、パウロはマケドニアの教会について、複数形で語っています。テサロニケへの彼の最初のフォローアップの手紙に、彼はこの福音はすべての地域から彼らに伝えられたと書いています。コリント人が、アカヤ地方で福音を伝えたのです。

パウロはエペソに3年間滞在しました。しかしルカは2年間の間に「アジアに住むものはみな聞いた」(使徒19:10)と書いています。これはローマのアジア 地方の全州、すなわち、ローマ帝国の経済的な中心地を意味しました。なぜならアジアの大きな貿易ルートはこの都市を中継していたからです!

ルカは大げさに言ったのでしょうか。暴動を起こし銀細工人のデメトリウスが、偶然にもルカの証言を確認しています!彼は言いました。「エペソだけでなく、ほ とんどアジア全体にわたって、あのパウロは大勢の人を説き伏せ、惑わせているのです…」銀細工の産業は商売にならなくなり、アルテミス神殿の礼拝は消滅の 危機にさらされるほど多くの人です!(使徒19:24-26)2年間でです!

パウロの戦略は土着の、そして指数関数的な(ねずみ算的な)成長をもたらしました!改宗者は急激に増えました。反対的な文化での開拓においては、そのスピー ドが重要でした。パウロの改宗者達はあまりにも急速に福音を伝えたので、反対が起こったときには、その火を消すにはもう遅すぎる段階になっていたのです! こんにち、私達はノンクリスチャンの宗教指導者達に福音に対する反対運動を何度も起こすのを赦しています。

ドナルド・マクガブラン博士は、教会成長には、大きな無給の伝道者達の力が必要であると述べています。しかし、もし私達の提供するモデルが献金に支えられた 伝道者の姿だけであるなら、どのようにしてその人々が生み出されるでしょうか。西側からきた宣教師たちは裕福であると考えられています。パウロの改宗者達 は彼にこう言うことは決して出来ませんでした。「あなたは給料をもらっているし、その時間があるから伝道できるんでしょう。あなたはこの国にあって家族を 養うために長い時間働くということがどういうことか分かっていないんです。」

もしテントメーカーが高い給料をもらっていたとしても、同じ問題は起こりません。なぜなら彼は彼のクリスチャンのミニストリーに対して給料をもらっていない からです。彼はその給料によって、必要のあるところに気前良く与えることが出きるでしょう。私達は、普通の宣教師の家族を含んだような、自給する宣教チー ムを送ることによって、今まで世界中に送り出してきた西洋的な宣教師のパターンを緩和することが出来ます。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 子育て

    Q 家族のことを考えたら、忙しすぎることがよくないことは分かります。でも、私たちの教会は平日もほとんど毎晩何かの活動をしています。夫も私もそのうちの 多くの働きのリーダーシップを取るように頼まれたり、または期待されます。 正直に言って、牧師から依頼されたことを断わると、罪意識を覚えます。結果的に、家族の時間はなくなってしまいます。この矛盾をどうしたら解決できるで しょう。

    A そのジレンマは私にも分かります。私ども夫婦も、結婚して最初の10年間は同じ葛藤を経験しました。
    まだ若かった私は、当時教会から頼まれることは何でも引き受ける義務があるかのように感じました。教会学校の校長、成人クラスの教師、教会の役員などを務 め、その他、何か特別な必要がある時は何でも引き受けていました。妻も、子供聖歌隊の指導、婦人会の役員など教会活動に深く関わっていました。私は博士過 程の最終段階にあり、仕事面での責任も膨大でした。息もつけない状態で、家には私と遊びたい盛りの娘がいるのに、ある時は17日間も夜の会合が続いたこと を思い出します。

    それ自体は重要な仕事であっても、それを引き受けるには判断力と常識とを働かせるようにと、主は私に望んでおられることが少しずつ分かってきました。一人 の人間ができることには当然限界があります。クリスチャンとしての義務、仕事、レクリエーション、社会的責任そして意味ある家庭生活などをバランスよく計 画する必要があることが分かりました。この問題を整理するのに役立った聖書のことばは以下の二つです。

    第一は、マタイの福音書14章13~14節にあります。「イエスはこのこと(バプテスマのヨハネの死)を聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所 に行かれた。すると、群衆がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。イエスは舟から上がられると、多くの群衆を見られ、彼らを深くあわれん で、彼らの病気を直された。」

    この時、イエスはいとこであり友であるバプテスマのヨハネの死をいたみ悲しんでいたに違いありません。「自分だけで寂しい所に」行く必要があったのです。 それでも群衆は主の居場所を知り、いやしの御手を求めて来たのです。喪中であっても、イエスは人々をあわれみ、その必要を満たされました。このことから私 の出した結論は、私たちも困難や不都合にめげず自分を犠牲にするべき時があるということです。また別の時には何千もの人々がいやしを求めてイエスに押し寄 せました。みことばを語られた後、主は弟子たちと舟に乗り込み、その場を去りました。マルコの福音書4章36節によれば「弟子たちは、群衆をあとに残し、 舟にのっておられるままで、イエスをお連れした。」疑いなく、その日の群衆には癌、盲目、身体の障害、その他あらゆる不幸を背負った人々がいたはずです。 主は彼らすべてをいやすために徹夜することもできたでしょうが、明らかに体力の限界に達して、休む必要を感じたのです。主と弟子たちが湖にこぎ出したと き、病人たちを岸辺に置き去りにしたのです。似たような出来事がマタイの福音書14章23節にも記されています。「群衆を帰したあとで、祈るために、ひと りで山に登られた。夕方になったが、まだそこに、ひとりでおられた。」自分を与えるべき時もあれば、なすべき大切な仕事はあっても、一人になり、祈り、日 常の雑事から逃れるべき時があります。

    イエスのしたような休憩とリフレッシュの時を確保しない人は、やりたいこともうまく進まないようになります。例えて言うなら、庭のスプリンクラーの蛇口を 多く作りすぎたようなものです。どの蛇口からも不十分な水量しか出ません。もうひとつの例をあげましょう。ぶどうを栽培する人は、枯れ枝を刈り込むだけで はなく、実のなる枝さえいくらかは刈り取ることをご存じですか。収穫量をいくらか犠牲にしても、質の良いぶどうを得ようとするのです。同じように、私たち も休みなく動き回ることをやめて、働きの全体的な質を良くするようにすべきです。

    他にもうひとつ、気をつけるべきことがあります。バランスを維持すべきだといって、教会内での責任を避ける言い訳にするべきではありません。牧師たちは 「大部分の奉仕がほんの数人の肩に負わされ、他の人は何もしようとしない。」と嘆きます。これでは困ります。ひとつの極端から、反対の極端に飛躍しないよ うに、常識を働かせましょう。

    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 家族Q 安楽死の方向への動きに異論があるのはなぜでしょう。病気の老人が尊厳をもった死を選ぼうとすることは、誰の迷惑にもならないはずです。質の伴った命がないわけですから、静かに自殺させてあげたらどうかと思うのですが。

    A  現代の文化的背景の中で、ご質問は大変重要なものですので、しばらく時間を割いてお答えしたいと思います。

    苦しく緩慢な死を迎える老人たちがいることを知っている私たちにとって、ご質問にあるような考えは大変魅力的なものではあります。静かに眠らせ、苦しみを逃れさせてあげる方が確かに人間的なことと思えます。

    し かし、その方向に進むなら、多くの人々が言語に絶する苦しみを味わい、社会が混乱に陥ることは火を見るよりも明らかです。人命を奪うという道徳的な側面も さることながら、安楽死はその性格上、なしくずしになることが避けられません。いったん、おりから這いだした蛇を捕まえることはできません。

    詳しく説明しましょう。治癒の見込みのない老人が、医師の助けによって自殺することが合法化されたとします。その後は、病気も重度の障害もない人の自殺に対して、何が歯止めになるのでしょうか。
    健康な老人であっても、もう生きるのに疲れたという人はどうでしょう。彼の自殺を許すのにかかりつけの医師からの許可証が本当に必要でしょうか。
    健康な老人が死を選べるとしたら、次にはそれほど高齢でない人の場合はどうでしょう。
    五十代の人は身投げをしてよいでしょうか。よくないとしたらその理由はなんでしょう。
    四十代の更年期の女性や、中年の多くのストレスを抱えた男性はどうでしょう。

    少し考えて見ると、自殺という決定的な事柄に年齢は何の関係もないことが分かります。うつ状態ではあっても健康な二十歳の学生が、治癒の見込みのない患者と同じように「尊厳ある死」を選ぶ権利があるということになってしまいます。

    もし安楽死が一部の人に合法化されたら、全面的合法化へのレールが敷かれたも同然です。年齢も、健康的要素も、クォリティ・オブ・ライフ(質の伴ったいのち)も条件とはなりえません。
    安楽死を積極的に押し進めているヘムロック協会という団体は、その事実をよく知っています。彼らは、全ての人には「死ぬ権利」があると強く主張しています。

    私 たちが今、まったく健全な胎児を切り刻んでごみ袋に捨てているなどと、1950年に誰が予想したでしょうか。四千万近い、いたいけな子供たちを母の胎から 引き裂くなどということを、誰が想像できたでしょう。最も弱い者たちにその様な非道を行った私たちが、どのようなグループの人たちをも殺すことができない と信じることができるでしょうか。

    歴史的に言って、安楽死という怪獣を招き入れてしまった国々は、大量虐殺という悪夢を実現してしまった のです。それこそ、ナチス・ドイツに起こったことです。そこではまず始めに病人と老人とを殺し、次に精神障害者、知的障害者、そして生まれつきの障害児を 殺害したのです。そこから「望ましくない者たち」すなわちユダヤ人、ポーランド人、ジプシー、生産活動に従事できない者、政治犯、同性愛者その他の人々を 殺害するまではほんの一歩でした。安楽死は絶滅収容所への最後の小さなステップでした。
    もしこのような狂気の虐殺が起こらなくても、「死ぬ権利」の合法化は毎年の自殺数を劇的に増すことは確実です。

    一 人一人の死は、残された者たちにとって、計り知れない悲嘆と罪責感と悲しみとを残します。死ぬ人にとって、自殺は安易な逃げ道に見えるかもしれませんが、 愛する者や多くの子供たちを含む親戚にとっては恐らく最も苦痛に満ちた経験です。どの観点から見ても引き出せる結論は同じです。しかし、カリフォルニア州 の第九連邦巡回控訴院は、家族計画協会対ケーシーの連邦最高裁の判決を引用しながら、安楽死を米国で合法化したのです。「神よ、われらを助けたまえ。」


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 教会の礼拝に出席するのに、何の予備知識も必要ありません。聖書や讃美歌も教会に貸し出し用がありますのでお気軽にご利用ください。とにかく、礼拝という場に身を置いてみる、ということから始めていただければよいと思います。
  • Q. クリスチャンになると死が怖くない? ほんと?

    A. 恐れや怖いという感情は、人間 の肉体に生まれついた本能的なものですから、クリスチャンになったからといって、無くなるわけではありません。しかし、キリストの十字架のあがないによっ て、永遠の滅びから罪のゆるしをいただいて、天国に行く確信を持つと、死の恐れに勝利できるのです。それだけではなく、天国で神との素晴らしい交わりを持 ち、先に天国に帰った家族や友とも再会できるという希望を持つことが出来ます。キリストを信じる時に、死の恐怖から解放され、希望と自由と平安を得ること が出来るのです。