注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 7

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

いったいパウロはなぜ働いたのか?

第2コリントにおいて、パウロは非難のさなかにあった彼のメッセージと会話的な説教を弁護しています。そしてまたコリント人の質問にも答えています。しかし 9:3で彼は以前の最も厳しい非難を受けた使徒職と自分の手で働く事に関して弁護を始めています。古代のほとんどの著者が(またほとんどの聖書記者も)そ うであるように、パウロも最重要の話題を彼の手紙の真ん中に書いています。彼はその手紙の真ん中で、福音のために権利を捨てるということを弁護していま す。パウロはこれは私を調べる人に対する私の弁護だと言っています。私たちはパウロがその手で働いた3つの理由を考えたいと思います。

信頼のため。彼は二度(第1コリント9:12、第2コリント6:3)彼が働くのは、異邦人にとって彼のメッセージの動機が疑いとならないように、福音の妨げとならないようにだといっています。パウ ロのセルフサポートはかれが本物だという事を実証しました。彼は経済的なサポートを受け取っていませんでした。いやむしろ、多大な犠牲を必要としました! 彼は、国中を歩き回りながら、聴衆から搾取しているような非良心的な演説家と思われる事はありませんでした。彼は「すべての人に対して自由である」ために 誰からもお金を受け取りませんでした。彼はどんな金持ちの後援者からも恩恵を受けていなかったし、また政治的派閥からも、裕福な個人からも、コリントの分 派からも何も受けていませんでした。この町において、この事はどんなに輝かしいポリシー出ある事が証明された事でしょう!

アイデンティティーのため。パウロは、人々を勝ち取る目的のために彼らの文化に適応するために仕事をしました。彼はユダヤ人にはユダヤ人として、ギリシャ人 (教養のある異邦人)には高い教育を受けた、3カ国語を話す、3つの分化を持っている、上流のローマ市民としてアプローチをしました。しかし彼がまず焦点 を置いていたのは、「弱い人々」、貧しい人、教育を受けていない人、身分の低い人、そして教養の無い人々でした。(彼らは野蛮人ではありませんでしたが、 みなギリシャ語を話す人々ではありませんでした。奥地から来た田舎の人々や部族の人々、また多くの外国人も含まれていました。日雇い労働者も少しいました が、そのほとんどは奴隷の人々でした。)

パウロの社会的な身分と教育は、 どこに行っても上流階級の人々からの尊敬を集めました。(明らかに、彼のぼろぼろの服もそれを隠すことは出来ませんでした。)アテネでは、彼はこの大学都 市の哲学者から広場で話すことをお願いされました。エペソでは、地元のアジア人の支配者達でさえ彼の友達になりました。ローマの総督フェストもパウロ、博 学が気を狂わせているといいました。

しかしパウロにとっては労働者と同じ になることのほうがもっと難しかったのです。ですから彼はその手で仕事をして自分の生活費を稼ぎました。(第1コリント9:19~)彼は彼らと同じ物を着、 同じように生活をしなければなりませんでした。そこには「ふりをする」ということがあってはなりませんでした。彼と彼のチームは完全に彼らの労働によって 生活していたのです。(ピリピ3:7-9はパウロが彼の財産を失ったことを示していませんか?)

どうして教育を受けていたパウロがなぜ、社会的にも経済的ににも低いところに位置していた職人と一緒にされることを選んだのでしょうか。なぜならローマ帝国 のほとんどの人々は低いクラスの人々だったからです。70から80パーセントの人々は奴隷でした!さらには、教養の無い人達こそ、パウロにとってギリシャ 語を話さない田舎の人々や、奥地の部族への接点だったのです。パウロが労働者と自分を同じ者とみなしたことは偽者ではありませんでした。賃金は低いもので した。しばしば彼は空腹で、寒さにふるえ、ぼろぼろの服しか着れませんでした。このモデルはパウロだけのオリジナルではありません。彼は、私達と同じにな るためにすべてのものをお捨てになったイエス様の真似をしたのです。パウロは第2コリント8:9、ピリピ2:5-11、第1コリント11:1でこのことを思い 起こさせてくれます。

モデリングのため。パウロは書いています。「苦労し、骨折って、私たちはあなたがたに迷惑をかけないため、そしてあなたがたに見本を示すために昼も夜も働きました。」(第1テサロニケ3:8)

第一に、パウロは改宗者に福音を生きることがどんなことかを示しました。教会でだけではなく、職場において!彼らはクリスチャンという人々を見たことがあり ませんでした。彼らの誘惑に満ちた、不道徳な、偶像礼拝の文化にあって清い生活をどのように生きればよいかということは、口で教えるだけでは十分ではあり ませんでした。パウロがこの同じ汚い環境の中で神を敬う生活をできたということによって、彼は尊敬を得ました。(第1デサロニケ4:1~)

第二に、パウロは聖書的な仕事の倫理の 模範となりました。(第2テサロニケ3:6-15)改宗した泥棒や、偶像礼拝者や、酔っ払いは、家族のために忠実に働く者、必要のある人に気前よく与える者 に変えられていきました。(第1コリント6:10、エペソ4:28、テモテ5:8)変えられた浮浪者が外部のものに与えたインパクトを考えてみなさい!パウ ロは仕事について多くを書きました。それ無しには、神を敬う改宗者も、健康な家族も、独立した教会も、生産的な社会も有り得ませんでした。

第三に、パウロは平信徒の伝道者の働き 方を決定する模範を示したのです。(第1テサロニケ1:5-8)改宗者は直ちに彼らの社会的におかれた場所において変えられた生活と新しい希望について質問してくる人々に答えることによって伝道するフルタイムの、無償の伝道者になりました。すべての改宗者は、敵の領域への新しい最前線になりました。彼らは、 親戚や、友達や隣人や、職場の同僚をキリストに勝ち取ってしまうまでは性急に自分たちの環境を変えてはいけませんでした。(第1コリント7:17-24)

パウロは行き当たりばったりの伝道はしませんでした。彼は注意深く戦略を立て、「賢い建築家のように」固い土台を据えていったのです。(第1コリント3:10-15)テントメーキングは彼の計画になくてはならない部分でした。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q 心のこもった応答を全くしてくれない夫を持つ私のような妻はどうしたらいいのでしょうか。主人はいい人ですが、女ごころの機微にはうとくて、会話を楽しむことをしません。私はもう我慢できません。

    A.  妻の必要に全く答えられない種類の男性たちがいます。
    女性たちが何を考えているかが分からず、これまでに誰にも「与える」ことがなかったのです。

    女 性の機微が分からず、コミュニケーションできない、この種の男性たちと結婚した女性たちは、どこまでを期待できるのか、またどうやって意味ある生活を作り 出すかを決めなければなりません。そうでなければ、早く離婚するしかないでしょう。もちろん、前者の方が良いと私は思います。

    ご主人が上 記のような方ならば、奥さんにできることは、女性がどのように男性とは違うのか、そして、あなたの独特な必要は何かを、責めたり怒ったりせずに、よくご主 人に説明することです。お二人の間で、改善できるところは改善し、理解可能なことは説明し、解決できることは解決し、歩み寄れる部分は交渉をすることで す。
    ユニークな個性を持った、二人の不完全な人間が持ち寄った原材料で、できる限り最善の結婚生活を造りだすのです。

    また、削りとれない荒さや、直せない欠点などについて最善の努力をした後には、現実を受け入れることです。精神衛生の第一原則は、変えられないものを受け入れることです。人生の状況を見て、うつ状態に陥ることは容易です。

    し かし、それに屈せず、満足することを選ぶこともできます。「選択」がキーワードです。あなたは、ご主人をありのままに受け入れられますか。人が、伴侶の中 に自分の全ての願いや希望を実現することはほとんどないのです。コインの裏表のように、当然ながらあなたもご主人にとって完璧な奥様にはなれません。ご主 人があなたの情緒的な必要のすべてを満たすことができないように、あなたも、ご主人の男性としての必要を常に満たし続けることはできません。両者ともに、 人間の弱さ、欠点、いらいら、疲労、また時折おそう頭痛を現実として受け入れざるをえません。

    完璧主義は、良い結婚を生みだしません。解決不可能な山のような問題を見過ごせる健康な視点が、良い結婚を生み出すのです。この解決法が、実行するにやさしいものであるとか、おっしゃるような心の叫びを簡単に取り去るなどと申し上げるつもりはありません。

    しかし、誰でも遅かれ早かれ自分の手に余る困難にぶつかるものです。そこで、つぶれたり、逃げたり、腹を立てたり、その全てをすることもできます。けれども、受け入れることはそのすべてに勝るのではないでしょうか。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 「人間は皆罪人(つみびと)だ」と聖書は語ります。その罪とは、法律を犯す「犯罪」という意味ではないし、倫理的な「不道徳」ということでもありません。 聖書の言う罪は神様との関係においてのみ成り立つことです。神様に造られ、生かされている人間が、その神様を見上げることなく、神様の思いを無視して、自 分が主人となって歩んでいる、そのことが罪なのです。聖書における「罪」という言葉は「的外れ」という意味でもあります。神様を見失った人間は、的外れな 生き方をしてしまっているのです。その根本的な罪から、人間どうしの関係もうまくいかなくなり、「不道徳」も、そして「犯罪」と見なされる罪も生まれてく るのです。
  • 中絶は自由?

    Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。


    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q 既婚女性が情緒的な満足を得るには、結婚生活以外のところに目を向けるべきだということですか。

    A  まさしくその通りです。情緒的な弱さを持った女性が、ストイックで、女性の心の機微を理解しない男性と結婚している場合は特にそうです。

    もし、彼女が、意味ある全ての会話の相手、また情緒的な全ての必要を満たしてくれる相手を夫に期待するならば、結婚生活は長続きしないでしょう。妻の「魂 の渇き」をどう処理したらいいか、どうしたら妻が幸せになれるのか、夫には全く見当がつかないのです。夫が、自分の願うような夫になってくれる見込みがな いと分かった時、二人の間には不満がわだかまり始めます。この問題で行き詰まった結婚の例を、私は限りなく見てきました。解決はどこにあるのでしょう。普 通の情緒的な必要のある女性ならば、そのままではいられません。心の底で悲鳴をあげています。

    ひとつの答えは、他の女性たちと意味ある人 間関係を築くことによって、夫が満たしてくれないものを満たすことです。心から話し合い、聖書を学び、笑い、泣き、子どもを育てることのできる、女性の友 人を持つことは精神衛生のために必要です。まさにこの方法で、多くの女性たちは過去何世紀もの、自分たちの情緒的な必要を満たしてきたのです。多くの男性 たちは週に60、70時間も働いて、妻の心の必要に答える時間もエネルギーもなかったのです。しかし、女性たちのネットワークがその空洞をみごとに埋めて いました。彼女らは一緒に働き、一緒に料理し、一緒に教会に行きました。それで、どうにか満足できたのです。

    今日、女性たちのネットワー クはどこへ行ってしまったのでしょう。多くの女性は仕事を持ち、近所に女性たちの姿がなくなり、人々はよく引っ越すようになりました。血縁者のつながりは 薄くなり、文化は進みました。そのため女性同士の友情は見い出しにくく、多くの若い女性たち、特に二人以上の就学前の子どもを持つ母親たちは友人を探すこ とをあきらめています。あまりに面倒なためです。しかしながら、若い主婦の読者の方々は、このようなパターンに陥らないように願ってます。どれほど忙しく ても、同性の友情を育むために時間を費やしてください。家に閉じこもって、誰かが話しかけてくれるのを待つ誘惑に負けないでください。あなたの必要に答 え、聖書のみことばを宣べ伝えているキリスト教会に家族で出席してください。同じ様な気持ちを持った女性たちが周りには大勢います。彼女たちを探し出し、 愛し、そして自分を与えるのです。そのうちにあなたの自尊心も高まります。あなたが満足していれば、結婚生活もうまく行きます。

    簡単すぎる答えに聞こえるかも知れませんが、人間はそのように造られています。人間は、社会的な生き物として、神を愛するように創造されており、孤独ではうまくいかないのです。孤独を避けてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから