注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 7

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

いったいパウロはなぜ働いたのか?

第2コリントにおいて、パウロは非難のさなかにあった彼のメッセージと会話的な説教を弁護しています。そしてまたコリント人の質問にも答えています。しかし 9:3で彼は以前の最も厳しい非難を受けた使徒職と自分の手で働く事に関して弁護を始めています。古代のほとんどの著者が(またほとんどの聖書記者も)そ うであるように、パウロも最重要の話題を彼の手紙の真ん中に書いています。彼はその手紙の真ん中で、福音のために権利を捨てるということを弁護していま す。パウロはこれは私を調べる人に対する私の弁護だと言っています。私たちはパウロがその手で働いた3つの理由を考えたいと思います。

信頼のため。彼は二度(第1コリント9:12、第2コリント6:3)彼が働くのは、異邦人にとって彼のメッセージの動機が疑いとならないように、福音の妨げとならないようにだといっています。パウ ロのセルフサポートはかれが本物だという事を実証しました。彼は経済的なサポートを受け取っていませんでした。いやむしろ、多大な犠牲を必要としました! 彼は、国中を歩き回りながら、聴衆から搾取しているような非良心的な演説家と思われる事はありませんでした。彼は「すべての人に対して自由である」ために 誰からもお金を受け取りませんでした。彼はどんな金持ちの後援者からも恩恵を受けていなかったし、また政治的派閥からも、裕福な個人からも、コリントの分 派からも何も受けていませんでした。この町において、この事はどんなに輝かしいポリシー出ある事が証明された事でしょう!

アイデンティティーのため。パウロは、人々を勝ち取る目的のために彼らの文化に適応するために仕事をしました。彼はユダヤ人にはユダヤ人として、ギリシャ人 (教養のある異邦人)には高い教育を受けた、3カ国語を話す、3つの分化を持っている、上流のローマ市民としてアプローチをしました。しかし彼がまず焦点 を置いていたのは、「弱い人々」、貧しい人、教育を受けていない人、身分の低い人、そして教養の無い人々でした。(彼らは野蛮人ではありませんでしたが、 みなギリシャ語を話す人々ではありませんでした。奥地から来た田舎の人々や部族の人々、また多くの外国人も含まれていました。日雇い労働者も少しいました が、そのほとんどは奴隷の人々でした。)

パウロの社会的な身分と教育は、 どこに行っても上流階級の人々からの尊敬を集めました。(明らかに、彼のぼろぼろの服もそれを隠すことは出来ませんでした。)アテネでは、彼はこの大学都 市の哲学者から広場で話すことをお願いされました。エペソでは、地元のアジア人の支配者達でさえ彼の友達になりました。ローマの総督フェストもパウロ、博 学が気を狂わせているといいました。

しかしパウロにとっては労働者と同じ になることのほうがもっと難しかったのです。ですから彼はその手で仕事をして自分の生活費を稼ぎました。(第1コリント9:19~)彼は彼らと同じ物を着、 同じように生活をしなければなりませんでした。そこには「ふりをする」ということがあってはなりませんでした。彼と彼のチームは完全に彼らの労働によって 生活していたのです。(ピリピ3:7-9はパウロが彼の財産を失ったことを示していませんか?)

どうして教育を受けていたパウロがなぜ、社会的にも経済的ににも低いところに位置していた職人と一緒にされることを選んだのでしょうか。なぜならローマ帝国 のほとんどの人々は低いクラスの人々だったからです。70から80パーセントの人々は奴隷でした!さらには、教養の無い人達こそ、パウロにとってギリシャ 語を話さない田舎の人々や、奥地の部族への接点だったのです。パウロが労働者と自分を同じ者とみなしたことは偽者ではありませんでした。賃金は低いもので した。しばしば彼は空腹で、寒さにふるえ、ぼろぼろの服しか着れませんでした。このモデルはパウロだけのオリジナルではありません。彼は、私達と同じにな るためにすべてのものをお捨てになったイエス様の真似をしたのです。パウロは第2コリント8:9、ピリピ2:5-11、第1コリント11:1でこのことを思い 起こさせてくれます。

モデリングのため。パウロは書いています。「苦労し、骨折って、私たちはあなたがたに迷惑をかけないため、そしてあなたがたに見本を示すために昼も夜も働きました。」(第1テサロニケ3:8)

第一に、パウロは改宗者に福音を生きることがどんなことかを示しました。教会でだけではなく、職場において!彼らはクリスチャンという人々を見たことがあり ませんでした。彼らの誘惑に満ちた、不道徳な、偶像礼拝の文化にあって清い生活をどのように生きればよいかということは、口で教えるだけでは十分ではあり ませんでした。パウロがこの同じ汚い環境の中で神を敬う生活をできたということによって、彼は尊敬を得ました。(第1デサロニケ4:1~)

第二に、パウロは聖書的な仕事の倫理の 模範となりました。(第2テサロニケ3:6-15)改宗した泥棒や、偶像礼拝者や、酔っ払いは、家族のために忠実に働く者、必要のある人に気前よく与える者 に変えられていきました。(第1コリント6:10、エペソ4:28、テモテ5:8)変えられた浮浪者が外部のものに与えたインパクトを考えてみなさい!パウ ロは仕事について多くを書きました。それ無しには、神を敬う改宗者も、健康な家族も、独立した教会も、生産的な社会も有り得ませんでした。

第三に、パウロは平信徒の伝道者の働き 方を決定する模範を示したのです。(第1テサロニケ1:5-8)改宗者は直ちに彼らの社会的におかれた場所において変えられた生活と新しい希望について質問してくる人々に答えることによって伝道するフルタイムの、無償の伝道者になりました。すべての改宗者は、敵の領域への新しい最前線になりました。彼らは、 親戚や、友達や隣人や、職場の同僚をキリストに勝ち取ってしまうまでは性急に自分たちの環境を変えてはいけませんでした。(第1コリント7:17-24)

パウロは行き当たりばったりの伝道はしませんでした。彼は注意深く戦略を立て、「賢い建築家のように」固い土台を据えていったのです。(第1コリント3:10-15)テントメーキングは彼の計画になくてはならない部分でした。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 家族Q 安楽死の方向への動きに異論があるのはなぜでしょう。病気の老人が尊厳をもった死を選ぼうとすることは、誰の迷惑にもならないはずです。質の伴った命がないわけですから、静かに自殺させてあげたらどうかと思うのですが。

    A  現代の文化的背景の中で、ご質問は大変重要なものですので、しばらく時間を割いてお答えしたいと思います。

    苦しく緩慢な死を迎える老人たちがいることを知っている私たちにとって、ご質問にあるような考えは大変魅力的なものではあります。静かに眠らせ、苦しみを逃れさせてあげる方が確かに人間的なことと思えます。

    し かし、その方向に進むなら、多くの人々が言語に絶する苦しみを味わい、社会が混乱に陥ることは火を見るよりも明らかです。人命を奪うという道徳的な側面も さることながら、安楽死はその性格上、なしくずしになることが避けられません。いったん、おりから這いだした蛇を捕まえることはできません。

    詳しく説明しましょう。治癒の見込みのない老人が、医師の助けによって自殺することが合法化されたとします。その後は、病気も重度の障害もない人の自殺に対して、何が歯止めになるのでしょうか。
    健康な老人であっても、もう生きるのに疲れたという人はどうでしょう。彼の自殺を許すのにかかりつけの医師からの許可証が本当に必要でしょうか。
    健康な老人が死を選べるとしたら、次にはそれほど高齢でない人の場合はどうでしょう。
    五十代の人は身投げをしてよいでしょうか。よくないとしたらその理由はなんでしょう。
    四十代の更年期の女性や、中年の多くのストレスを抱えた男性はどうでしょう。

    少し考えて見ると、自殺という決定的な事柄に年齢は何の関係もないことが分かります。うつ状態ではあっても健康な二十歳の学生が、治癒の見込みのない患者と同じように「尊厳ある死」を選ぶ権利があるということになってしまいます。

    もし安楽死が一部の人に合法化されたら、全面的合法化へのレールが敷かれたも同然です。年齢も、健康的要素も、クォリティ・オブ・ライフ(質の伴ったいのち)も条件とはなりえません。
    安楽死を積極的に押し進めているヘムロック協会という団体は、その事実をよく知っています。彼らは、全ての人には「死ぬ権利」があると強く主張しています。

    私 たちが今、まったく健全な胎児を切り刻んでごみ袋に捨てているなどと、1950年に誰が予想したでしょうか。四千万近い、いたいけな子供たちを母の胎から 引き裂くなどということを、誰が想像できたでしょう。最も弱い者たちにその様な非道を行った私たちが、どのようなグループの人たちをも殺すことができない と信じることができるでしょうか。

    歴史的に言って、安楽死という怪獣を招き入れてしまった国々は、大量虐殺という悪夢を実現してしまった のです。それこそ、ナチス・ドイツに起こったことです。そこではまず始めに病人と老人とを殺し、次に精神障害者、知的障害者、そして生まれつきの障害児を 殺害したのです。そこから「望ましくない者たち」すなわちユダヤ人、ポーランド人、ジプシー、生産活動に従事できない者、政治犯、同性愛者その他の人々を 殺害するまではほんの一歩でした。安楽死は絶滅収容所への最後の小さなステップでした。
    もしこのような狂気の虐殺が起こらなくても、「死ぬ権利」の合法化は毎年の自殺数を劇的に増すことは確実です。

    一 人一人の死は、残された者たちにとって、計り知れない悲嘆と罪責感と悲しみとを残します。死ぬ人にとって、自殺は安易な逃げ道に見えるかもしれませんが、 愛する者や多くの子供たちを含む親戚にとっては恐らく最も苦痛に満ちた経験です。どの観点から見ても引き出せる結論は同じです。しかし、カリフォルニア州 の第九連邦巡回控訴院は、家族計画協会対ケーシーの連邦最高裁の判決を引用しながら、安楽死を米国で合法化したのです。「神よ、われらを助けたまえ。」


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. イエスキリストは、どんな方ですか?

    A. イスラエルのベツレヘムという小さな田舎 町で、処女マリヤより降誕された救い主です。(西暦は、このイエス・キリストが生まれてから何年であるかを表しています。)この方は、人として生まれて来 られましたが、神の御子でした。人類すべての罪の身代わりとして、十字架にかかるために来られたのです。人はみな生きるために生まれてきますが、この方だ けは、死ぬために生まれて来られました。それは、彼の死によって、すべての人が罪のゆるしと永遠のいのちの救いに到るためだったのです。聖書全巻が預言し 啓示して来たのは、この方のことでした。
  • 一般に教会とは建物を指していることが多いようです。「教会に行ったことがある」「教会で結婚式を挙げる」と言う時、教会の建物を指して言っているようで す。 中世の教会では神の威光を表現するために、より高い教会堂、より大きな教会堂を建設しました。この長い歴史の中で、教会イコール教会堂(建物)というよう に変わっていったのです。元々、初期教会が存在した頃、教会堂のようなものはありませんでした。 クリスチャンは個人の家で集まっていたのです。 長い歴史の中で、本来の教会の性質も変わっていきました。 キリスト教の中には様々な宗派があり、各々の宗派がそれぞれの伝統を持っています。 そして、それぞれの教会が各々の伝統に基づいて違ったことを教えています。このような事は神が計画したことではありません。 教会はある宗教的なリーダーによって築かれた、という印象を持っている方もいると思いますが、本当の教会の姿は違います。 イエスは次の様に言われました。

    16:18 ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。16:19 わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天に おいても解かれています。 (マタイの福音書16:18-19)

    聖書が教えている教会とは、イエスが建てたものです。教会の起源は神 自身にあるのです。宗教的なリーダーが建てたものでも、ある特定の人間が建てたものではありません。では教会がどのように始まり、いったいどんなものなの かを共に考えてみ見ましょう。イエスが十字架に架けられ死んで3ヶ日後に復活され、その時にイエスは弟子たちに言いました。

    24:45 そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、24:46 こう言われた。「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり 24:47 その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。24:48 あなたがたは、これらのことの証人です。24:49 さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさ い。(ルカの福音書24:45-49)
  • Q. 献金とはどういうものですか。会費とどう違いますか。

    A.  礼拝に参集した者は神への感謝の応答として献金します。 よく「収入の10分の1が基準」と言われますが、献金は信仰に基づく自由な応答によるものであって、会費のように額を定められるものでも、まして何かの強制によるものでもありません。
    教会は経済的基盤を殆ど献金に負っています。当教会の規則では献金は教会員(洗礼を受け、教会のメンバーになった人)は自己申告によって決まった額の「月 定献金」を捧げ、教会を支えることになっています。他に礼拝の席上で捧げる「礼拝献金」、イースターやクリスマスなどの「特別献金」、またそれぞれの自由 意志によってささげる「感謝献金」があります。