注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 5

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロはどのくらい働いたか?

第一伝道旅行において、第1コリント9:6から、パウロとバルナバはキプロスからガラテヤへの道においてすでにセルフサポートをしていたように思われます。また、 パウロが現在時制を使っていることから、彼らのチームが別れてからもセルフサポートを続けていたことがわかります。

第二伝道旅行で、パウロはピリピに贈り 物を届に行きます。(第2コリント11,12章)彼の改宗者へのこれらの手紙によると、彼はテサロニケで働いていました。彼は「昼も夜も」働いていました。こ れは、朝早くと午後遅くのシフトということです。マケドニア地方では、今日でも同じような時間帯で仕事をしている人々がいます。労働者は朝まだ暗いうちに 仕事に行き、日中の暑い時間帯に3、4時間の休憩を取り、暗くなるまでもう一度働くのです。夕食は9時から深夜12時までの間に取ります。

使徒18章5節はよくパウロがテモテとシラスがお金を持ってピリピから帰って来るまでの間だけ働いていたというふうに解釈されます。しかしギリシャ語の聖書 には、彼がみことばを宣べ伝えるのに一生懸命だったとだけしか書かれていません。パウロが見つけたばかりのテントメーキングの仕事をすでに止めてしまった と解釈される事がしばしばあります。しかし聖書を調べてみると、同労者の到着後にも彼の活動は変わらなかったということが読み取れます。彼が自分の手で働 くことを止めたと信じる理由はどこにもないのです。彼は自分の手で働くこととミニストリーを融合させていたのです。

もしパウロが何日間、あるいは何週間で自分の仕事を止めてしまっていたとするなら、コリントでそのことは決して話題にはならなかったでしょう。しかしパウロ がエペソに行った後、ユダヤ教徒たちがコリントに来て、まさにこの話題についてパウロを非難しようとしたのです。彼らは、パウロがその手で働いたことは、 彼が本物の使徒でないので献金を受ける資格がないことを証明している、と言ったのです。

しかしもしパウロがコリントやほかの場所でほとんどの時間を働いて過ごしたのでないなら、彼に対する非難は根拠の無い物であり、彼の自分の仕事に対する熱心な弁護も意味の無い物になってしまいます。この食い違いのゆえに、私たちはコリントの新しい教会に対してかかれた彼の二つの手紙の中に、セルフサポート宣 教師の働きに関するパウロの価値ある見解を得ることができたのです。

第三伝道旅行で、エペソからパウロはこう書いています。「今にいたるまで、私たちは飢え、渇き、着るものもなく、虐待され、落ち着く場所もありません。また、 私たちは労苦して自分の手で働いています。」(第1コリント4:11,12)ユダヤ教徒たちはパウロはみすぼらしいものを着ているから彼は重要な人物ではな いといいました。パウロは上流階級の改宗者たちにとっていやな存在となったのでしょうか。

エペソの年長の改宗者たちに対してパウロが最後に残した言葉のなかに、彼はこう言っています。「私は、人の金銀や衣服をむさぼったことはありません。あなた がた自身が知っているとおり、この両手は、私の必要のためにも、私とともにいる人たちのためにも、働いてきました。このように労苦して弱い者を助けなけれ ばならないことを私は万事につけ、あなたがたに示してきたのです。」(使徒20:33-35)

パウロはよくない環境で育った背景を持つ「弱い」人たちが簡単に誘惑されて怠けた生活をして、クリスチャンたちの親切に甘えるようになるのを防ぐため、彼ら の証になるように、いえの教会の牧師たちに、パウロ自身がしたように、自分の必要のために働くように、そしてよい働きと証のモデルとなるようにと戒めまし た。(第1コリント6:10,11)パウロがイエス様の、受けるよりも与える方が幸いである」という言葉を引用したとき、牧師は貧しい人に与えるために働く べきであるといったのではありません。

施しは、無責任と依存を育てる結果になり、パウロはそれを直そうとしていました。それよりも、牧師がセルフサポートを続けるということは、不道徳で、偶像礼拝の、ものぐさな異邦人の住民への教会開拓の段階において、必要な犠牲多いモデリングだったのです。

ではどうやってパウロは彼の仕事と働きを融合させていたのでしょう。彼は職場での個人伝道に加えて、「家から家へ渡り歩いて」改宗者たちを教えていました。 つまり、彼は、多分夜には家の教会で教え、ツラノの講堂が使われていない12時から4時までの長い昼休みの間に、そこで教えていたのです。(F.F.ブ ルースはこの詳細についての古い資料を提唱しています。)

ルカは、ツラノの講堂でのパウロの聴衆たちは病気が癒されるのではないかと彼の仕事に使うエプロンや手ぬぐい(彼の額についた汗拭きタオル)を借りたと記録しています。 彼が仕事着のまま教えていた様子がみえてくるようです!昼休みに聞きに来ていた労働者たちはきっと同じ格好で聞いていたことでしょう。(使徒19:11,12)

エペソでの3年間の終わり頃に、パウロはユダヤ教徒たちの非難に答えるためにⅠコリントの手紙を書いています。そして彼はコリントに警告のために「悲しい立ち寄り」をし、そこで拒絶を受けました。彼はもう存在していない 「厳しい手紙」を書きました。そしてデメテリオの暴動で死ぬ寸前のところを逃れ、トロアス行くことができたのです。そして、テトスをそこで待たずに、そこでテトスと合流するためにピリピに進んでいきました。

テトスは良い知らせを持ってきました 。パウロは第2コリントで言っています。彼が三度目に訪れるときも前と同じように働くだろうと。(11:12-21)パウロが、彼の使徒としての立場が疑わ れているときにもテントメーキングを強調したということは、テントメーキングが彼の教会開拓の戦略において譲れない部分であったことを示唆しています。で も反対に見える証拠を見てみましょう。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 献金とはどういうものですか。会費とどう違いますか。

    A.  礼拝に参集した者は神への感謝の応答として献金します。 よく「収入の10分の1が基準」と言われますが、献金は信仰に基づく自由な応答によるものであって、会費のように額を定められるものでも、まして何かの強制によるものでもありません。
    教会は経済的基盤を殆ど献金に負っています。当教会の規則では献金は教会員(洗礼を受け、教会のメンバーになった人)は自己申告によって決まった額の「月 定献金」を捧げ、教会を支えることになっています。他に礼拝の席上で捧げる「礼拝献金」、イースターやクリスマスなどの「特別献金」、またそれぞれの自由 意志によってささげる「感謝献金」があります。
  • ユダヤ人たちは、イエスについての死と復活のことばを聞き、自分たちが神の子であるイエス・キリストを十字架につけたという事実を知る時に、彼らは心を打 たれ 「私たちは何て事をしてしまったのだろう。何をすれば神に赦されるのだろう。このままでは神の怒りは私たちに来てしまう」 と途方にくれてしまいました。そこで彼らはペテロに「私たちはどうしたらよいでしょうか」と尋ねました。 ところが、ペテロの答えは予想外に簡単であったのです。ペテロは38節で非常に重要なことを3つ言います。

    (1)悔い改めるとは、生 き方の方向を変えると言う意味です。自分中心の生き方、人が作った善悪の基準による生き方、また人間の作った宗教による生き方から、神の教えに従っていく 生き方に変えるのです。人は「自分が一番かわいいもの」ですが、このような生き方から改めて、神を心から愛し、その教えに従い、隣人を自分自身のように愛 せるように方向転換するのです。 これが悔い改めです。

    (2)イエスの名によってバプテスマを受けるのです。バプテスマは信仰告白した者の全身が、水の中に浸され、象徴的にイエスともに死に、またその全身が水からあがる時、イエスとともによみがえさせられるのです。その結果

    (3)バプテスマを受けたものは、神の霊である聖霊を、神の賜物として受けるのです。
  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • 家族Q 学校を良くするために親は何ができますか。

    A  教育者ならたいていは、学校教育の目的を果たすためには親の協力が不可欠であることを承知しています。ただある人々は(幸い大部分ではありませんが)教育は専門家に任せて欲しいと、親を煙たがります。

    しかし、たじろいではいけません。親こそが、子どもの教育の最終責任を負うものであり、誰にもその責任を奪い取られてはなりません。教育者は、いわば従業員であり、税金で賄われ、教育委員会に責任を問われるのです。
    親が関わりを持ち、サポートする学校こそ良い学校です。

    以上を理解した上で、ぜひ学校を訪ねてみてください。教室内に計画性と互いへの尊敬としつけとが行き届いているででょうか。もしそうなら、担任と校長先生に電話して感謝のことばを伝えてはいかがでしょう。先生方も感謝されたら嬉しいものです。
    「私にも手伝えることがあれば言ってください。」と申し出るのです。風通しが悪いなら、黙っていないで行動するのです。他の親たちと話し合いなさい。積極的にPTAに参加してください。教科書を開いてみてください。

    繰り返します。親たちがよく動く時に、学校は一番よく機能するのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A