注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 3

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どうしてテントメーキングが必要なのか?

下に上げる9つの理由は、私達がイエスキリストの教会がすべての民族に立てあげられるのを見たいという願いを持つときに、どうしてテントメーキングが重要なのかということを示しています。

1) テントメーキングによって、反キリスト教国への入国が可能になります。 世界の人口の80%の人々が、ほとんどのまだ福音を聞いたことの無い人々を含めて、宣教師としてクリスチャンを入国させない国々に住んでいます。

2) キリスト教の活動が制限された国、または開かれた国において、自然で、継続的な未者との交流が与えられます。これは彼らをキリストに勝ち取るために不可欠 なことです。テントメーカーは外国において、彼らと専門分野を同じくする人々と容易に関係を造ることが出来ます。

3) 世界的に物価が上昇し、ドルの価値が安定しないこの時代にあって、全面的なサポートを必要とするような宣教師の宣教活動を少しの献金によってまかなうことが出来ます。

4) 福音従事者の数が増えます。テントメーキングは最適な宣教の原動力としての私達の最善の希望です。十分に給料をもらっている福音従事者はいないことでしょ う。しかし専門を持った職場における平信徒の証し人は世界宣教に偉大な貢献をします。もとはといえば世界宣教というのは平信徒の活動として始まったので す。

5) それはクリスチャンのラジオ放送を聞くことの出きる何百万という人に対して、その福音を生きると言うことによって補足することが出来ます。福音は聞くこと と同時に、見られるものでなければなりません。テントメーカーはラジオのリスナーを釣り、弟子化し、交わりを構築していくのです。

6) 第1の期間を終えない宣教師の数、また次の宣教地を探すために帰ってくる宣教師の数を減らすことが出来ます。(30%の割合で宣教師が減っています。)言 葉や文化を学ぶ間はセルフサポートをし、その後で通常の宣教師としての献金を受ける奉仕に適応する人々も今までにいました。彼らは、彼らがもどってくるべ き生活を知っているので、長続きしやすいのです。

7) テントメーキングは、開かれた国の政府において宣教団体が合法化されやすくし、反キリスト教的な国に対してもその存在を正当化しなければならないようにし ます。宣教団体は、もしそのメンバーの技術が非宗教的な機関において国を建てあげるようなものであれば、その国からの好意を受けることが出来ます。

8) テントメーキングは新しく宣教師を送っている第三世界の国々において宣教団体が現れてくるのに理想的な形です。これらの国々は西側の国々の献金に支えられ る宣教スタイルについていくことが出来ないのです。なぜなら彼らには送るお金が無かったり、外国に献金を送ることが合法的でなかったりするからです。

9) テントメーキングは、こんにちの世界的な雇用マーケットを有効利用する事になります。これは世界宣教達成のために神が私達に備えてくださった状況です。私 達は、この何百何千という世界規模の整った雇用状況を無視していられるでしょうか。偽の宗教やカルトがその異教の教えを広めるためのこの状況を利用してい るのに、です。

しかし、1世紀の偉大な教会開拓者であるパウロは21世紀に生きる私達に向かってテントメーキングをするもっと大きな理由を与えてくれます。彼の不滅の理由は歴史の終わりに近づいている私達に とってはもっと重要な意味を持つようになってきます。それらを見る前に、私達は経済的な選択権について考える必要があると思います。パウロが、どれくらい いったい働いたのか、またどれくらいの献金を受け取っていたのか、そしていったいなぜ彼は働いたのかということについてです。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. アーメンとは、どういう意味?

    A. アーメンは「その通りです。」「真実です。」という意味です。クリスチャンがお祈りの後でアーメンと言うのは、「このお祈りの通りです。」ということを宣言しているのです。他の人のお祈りの後でも、賛同の意を込めてアーメンと言います。
  • 洗礼とは、キリスト信者となり、教会の一員に加えられるための儀式です。洗礼は、聖餐(せいさん)と並んで、主イエス・キリストご自身がお命じになった、 神様の救いのしるしです。それを聖礼典(せいれいてん)と言います。洗礼を受けることによって、私たちの罪の赦しのために身代わりになって十字架にかかっ て死んで下さったキリストの救いにあずかり、キリストの復活によって打ち立てられた新しい命に生きる者となり、礼拝を守りつつ生涯を歩むキリスト者(クリ スチャン)となるのです。教会が言い表している信仰を自分も信じ、受け入れることを表明する「信仰告白」をした人に洗礼が授けられます。
  • Q. 神はどんな方?どうやって知ることが出来る?

    A. ほんとうの神は、人間が木や石で作ったものではありません。人格を持たれる生きた方です。聖書は、まことの神は
    (1)天地万物の創造者
    (2)目に見えない霊なる存在者
    (3)罪を憎まれる聖い神
    (4)愛なる神
    であると語っています。この神が、罪人である私たちを罪から救い出し、永遠のいのちと豊かな人生を与えるために、イエス・キリストを十字架につけて私たちの救いの道をつくってくださったのです。
    誰でも、自分の罪を告白して悔い改め、イエス・キリストを救い主として信じるなら、この神のゆるしと限りない素晴らしい永遠の愛を受けとることが出来ます。
    神を知る道は、聖書のみことばと心からのキリストへの信仰です。神を知るための修行や訓練、功績は必要ありません。
  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)