注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 3

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どうしてテントメーキングが必要なのか?

下に上げる9つの理由は、私達がイエスキリストの教会がすべての民族に立てあげられるのを見たいという願いを持つときに、どうしてテントメーキングが重要なのかということを示しています。

1) テントメーキングによって、反キリスト教国への入国が可能になります。 世界の人口の80%の人々が、ほとんどのまだ福音を聞いたことの無い人々を含めて、宣教師としてクリスチャンを入国させない国々に住んでいます。

2) キリスト教の活動が制限された国、または開かれた国において、自然で、継続的な未者との交流が与えられます。これは彼らをキリストに勝ち取るために不可欠 なことです。テントメーカーは外国において、彼らと専門分野を同じくする人々と容易に関係を造ることが出来ます。

3) 世界的に物価が上昇し、ドルの価値が安定しないこの時代にあって、全面的なサポートを必要とするような宣教師の宣教活動を少しの献金によってまかなうことが出来ます。

4) 福音従事者の数が増えます。テントメーキングは最適な宣教の原動力としての私達の最善の希望です。十分に給料をもらっている福音従事者はいないことでしょ う。しかし専門を持った職場における平信徒の証し人は世界宣教に偉大な貢献をします。もとはといえば世界宣教というのは平信徒の活動として始まったので す。

5) それはクリスチャンのラジオ放送を聞くことの出きる何百万という人に対して、その福音を生きると言うことによって補足することが出来ます。福音は聞くこと と同時に、見られるものでなければなりません。テントメーカーはラジオのリスナーを釣り、弟子化し、交わりを構築していくのです。

6) 第1の期間を終えない宣教師の数、また次の宣教地を探すために帰ってくる宣教師の数を減らすことが出来ます。(30%の割合で宣教師が減っています。)言 葉や文化を学ぶ間はセルフサポートをし、その後で通常の宣教師としての献金を受ける奉仕に適応する人々も今までにいました。彼らは、彼らがもどってくるべ き生活を知っているので、長続きしやすいのです。

7) テントメーキングは、開かれた国の政府において宣教団体が合法化されやすくし、反キリスト教的な国に対してもその存在を正当化しなければならないようにし ます。宣教団体は、もしそのメンバーの技術が非宗教的な機関において国を建てあげるようなものであれば、その国からの好意を受けることが出来ます。

8) テントメーキングは新しく宣教師を送っている第三世界の国々において宣教団体が現れてくるのに理想的な形です。これらの国々は西側の国々の献金に支えられ る宣教スタイルについていくことが出来ないのです。なぜなら彼らには送るお金が無かったり、外国に献金を送ることが合法的でなかったりするからです。

9) テントメーキングは、こんにちの世界的な雇用マーケットを有効利用する事になります。これは世界宣教達成のために神が私達に備えてくださった状況です。私 達は、この何百何千という世界規模の整った雇用状況を無視していられるでしょうか。偽の宗教やカルトがその異教の教えを広めるためのこの状況を利用してい るのに、です。

しかし、1世紀の偉大な教会開拓者であるパウロは21世紀に生きる私達に向かってテントメーキングをするもっと大きな理由を与えてくれます。彼の不滅の理由は歴史の終わりに近づいている私達に とってはもっと重要な意味を持つようになってきます。それらを見る前に、私達は経済的な選択権について考える必要があると思います。パウロが、どれくらい いったい働いたのか、またどれくらいの献金を受け取っていたのか、そしていったいなぜ彼は働いたのかということについてです。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 子育てQ 私も家内も、最近信仰を持つようになったのですが、子育てには失敗したなと思っています。今は、成人した子どもたちの事で、親として後悔することが多いのです。親として、今からできる事は、何かありますか。

    A. 随分と自分を責めておいでになりますね。
    母親、また父親として失敗したという、なんらかの後悔の念や苦い思い出を抱いていない方は、恐らくないだろうと思います。

    子 供は、とても複雑な生きものですから、完全な人間がいないように、完全な親もいません。日常生活の悩みは尽きません。誰でも、疲れ果てて平静を失います し、体調や気分の上下によって、言うべきでない事を口走ってしまったり、模範的とは言えない言動をしてしまうことがあります。感情的に子どもにあたってし まって、しばらくたって振り返ると、自分の愚かさに気付く事もあります。

    そういう失敗は誰にもあります。完璧な仕事をする人はいないのです。ですから、私たちは神の前に、こう祈るのです。

    「神さま、あなたは私の不完全さをご存じです。子育てに関してだけでなく、他のことでも同じです。精一杯やってみましたが、それでも足りませんでした。
    イエス・キリストが、五つのパンと二匹の魚をとって何倍にも増やして下さった奇跡のように、今、私の小さな手の努力を取り、祝福してください。
    足りなかったところを、あなたが補ってください。私が満たすことができなかったものを、あなたが満たしてください。
    偉大な御手で、子どもたちを包み、ご自身のもとに導いてください。
    彼らが人生の岐路に立つ時に、導きを与えてください。
    私は、ベストを尽しましたから、子どもたちも、私も、また親として私のしたことも、全てあなたに委ねます。全て、あなたのものです。」

    親としての仕事が終わった方にとっても、そういう祈りは神様に受け入れられると思います。
    あなたの手の届かないところにある事柄について、罪意識を持ち続けるのは、神様のみ心ではありません。過ぎた事は、過ぎた事です。くよくよするのはやめましょう。結果は神に委ねて、手を離しましょう。そうしたら、神の助けの手を実感する事ができるでしょう。

    「私 は、すでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・ イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」(新約聖書:ピリピ人への手紙3章13~14節)


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q 博士は「健全な夫婦は喧嘩の仕方を知っている」とおっしゃいますがそれはどういう意味ですか。
    A 私の言いたいのは、フェアな争いの仕方を学ぶ必要があるということです。結婚生活では健全な争いもあれば不健全な争いもあります。不安定な家庭では、ののしりの言葉が相手のもっとも弱い所に向けて投げつけられます。
    「あなたって何一つまともにできないわね。」
    「そもそもおまえと一緒になったのが間違いの元だった。」
    「おまえ、ますます母親に似てきたよ。」こういう攻撃的な言葉は、あなたの伴侶の自尊心の中核を傷つけます。
    反対に、健全な争いは不一致をもたらした問題点に焦点を当てます。例えば、「夕食に間に合わない時には連絡してくれないと困るわ。」あるいは、「夕べのパーティーであんなふうに言われちゃ、まるで僕が馬鹿に見えるじゃないか。」という具合です。
    違いが分かりますか。前者は相手の尊厳を傷つけ、後者は摩擦の元になった問題を追及しているのです。この大切な違いを夫婦が学びとるなら、互いを傷つけたりおとしめたりせずに不一致を解決していくことができるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • Q. 献金とはどういうものですか。会費とどう違いますか。

    A.  礼拝に参集した者は神への感謝の応答として献金します。 よく「収入の10分の1が基準」と言われますが、献金は信仰に基づく自由な応答によるものであって、会費のように額を定められるものでも、まして何かの強制によるものでもありません。
    教会は経済的基盤を殆ど献金に負っています。当教会の規則では献金は教会員(洗礼を受け、教会のメンバーになった人)は自己申告によって決まった額の「月 定献金」を捧げ、教会を支えることになっています。他に礼拝の席上で捧げる「礼拝献金」、イースターやクリスマスなどの「特別献金」、またそれぞれの自由 意志によってささげる「感謝献金」があります。
  • 子育てQ. 父親として、子どもが10代のうちにしておかなければならないこととは何ですか。

    A. 「少年をふさわしい男性に結びつけなさい。そうすればめったに道を誤ることはない。」とある人が言いました。これは真実だと思います。

    父と息子が、趣味や興味あることを一緒にするなら、反抗期も比較的平穏に過ぎるでしょう。一緒に経験したことは生涯の思い出となります。

    ダ ン・フォーゲルバーグ作詞の歌を思い出します。主人公と年老いた父親はともに音楽好きでした。題名は「バンド・リーダー(父親のこと)」。そのメッセージ には、私も深く共感させられます。息子は「ぼくを育ててくれたお父さん、大きな優しい手で」と歌います。「父の歌は、今もぼくの心に~」息子自身が、「バ ンド・リーダーの生きた遺産」になったのです。この男性が、老いた父親を訪ねる時、生涯つちかった親子の愛情が二人の間に行きかうのを見ることができるの ではないでしょうか。
    神さまが父親を創造なさった時に意図していたのは、きっとそういう光景だったに違いありません。

    ご質問に ストレートに答えて見ましょう。あなたは、感じやすい息子さんとの間にどんな共通の興味を育てていますか。息子と車の修理をする父親もいます。ある人はプ ラモデルを組み立て、木工細工をします。私は父とハンティングや釣りを楽しみました。早朝、森の中へ一緒に入っていったあの幸せな日々のことはどのような ことばでも言い表すことはできません。私のために時間をとってくれた父に向かって、どうして腹を立てることができたでしょう。野原で楽しみ、笑いあって帰 宅しながら素晴らしい会話の時を持ちました。

    私は自分の息子とも同じ様な関係を保とうと努力しました。自由に話しあえる親子関係を築く機会は、積極的に作り出さねばなりません。
    それはどのような犠牲を払っても達成する価値のあるゴールです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから