注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 3

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どうしてテントメーキングが必要なのか?

下に上げる9つの理由は、私達がイエスキリストの教会がすべての民族に立てあげられるのを見たいという願いを持つときに、どうしてテントメーキングが重要なのかということを示しています。

1) テントメーキングによって、反キリスト教国への入国が可能になります。 世界の人口の80%の人々が、ほとんどのまだ福音を聞いたことの無い人々を含めて、宣教師としてクリスチャンを入国させない国々に住んでいます。

2) キリスト教の活動が制限された国、または開かれた国において、自然で、継続的な未者との交流が与えられます。これは彼らをキリストに勝ち取るために不可欠 なことです。テントメーカーは外国において、彼らと専門分野を同じくする人々と容易に関係を造ることが出来ます。

3) 世界的に物価が上昇し、ドルの価値が安定しないこの時代にあって、全面的なサポートを必要とするような宣教師の宣教活動を少しの献金によってまかなうことが出来ます。

4) 福音従事者の数が増えます。テントメーキングは最適な宣教の原動力としての私達の最善の希望です。十分に給料をもらっている福音従事者はいないことでしょ う。しかし専門を持った職場における平信徒の証し人は世界宣教に偉大な貢献をします。もとはといえば世界宣教というのは平信徒の活動として始まったので す。

5) それはクリスチャンのラジオ放送を聞くことの出きる何百万という人に対して、その福音を生きると言うことによって補足することが出来ます。福音は聞くこと と同時に、見られるものでなければなりません。テントメーカーはラジオのリスナーを釣り、弟子化し、交わりを構築していくのです。

6) 第1の期間を終えない宣教師の数、また次の宣教地を探すために帰ってくる宣教師の数を減らすことが出来ます。(30%の割合で宣教師が減っています。)言 葉や文化を学ぶ間はセルフサポートをし、その後で通常の宣教師としての献金を受ける奉仕に適応する人々も今までにいました。彼らは、彼らがもどってくるべ き生活を知っているので、長続きしやすいのです。

7) テントメーキングは、開かれた国の政府において宣教団体が合法化されやすくし、反キリスト教的な国に対してもその存在を正当化しなければならないようにし ます。宣教団体は、もしそのメンバーの技術が非宗教的な機関において国を建てあげるようなものであれば、その国からの好意を受けることが出来ます。

8) テントメーキングは新しく宣教師を送っている第三世界の国々において宣教団体が現れてくるのに理想的な形です。これらの国々は西側の国々の献金に支えられ る宣教スタイルについていくことが出来ないのです。なぜなら彼らには送るお金が無かったり、外国に献金を送ることが合法的でなかったりするからです。

9) テントメーキングは、こんにちの世界的な雇用マーケットを有効利用する事になります。これは世界宣教達成のために神が私達に備えてくださった状況です。私 達は、この何百何千という世界規模の整った雇用状況を無視していられるでしょうか。偽の宗教やカルトがその異教の教えを広めるためのこの状況を利用してい るのに、です。

しかし、1世紀の偉大な教会開拓者であるパウロは21世紀に生きる私達に向かってテントメーキングをするもっと大きな理由を与えてくれます。彼の不滅の理由は歴史の終わりに近づいている私達に とってはもっと重要な意味を持つようになってきます。それらを見る前に、私達は経済的な選択権について考える必要があると思います。パウロが、どれくらい いったい働いたのか、またどれくらいの献金を受け取っていたのか、そしていったいなぜ彼は働いたのかということについてです。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • Q 女性が、妻(母)となることを人生の目標とすることはおかしなことですか。何か他に目標がなくてはいけませんか。

    A  全くおかしくありません。母親としての仕事は立派な仕事であり、何も恥じる必要はありません。若い女性たちが主婦となることを目指すと言っただけで、愚か者扱いされるようになったのは、ほんのここ数十年のことです。

    ある大学4年の女子生徒が卒業後のことについて相談に来たことを思い出します。様々な仕事の可能性や更に学びを続けることについても話し合いました。
    それから彼女はひと呼吸おいて、後ろをうかがってから身を乗り出し、ほとんど聞き取れない程の声で言いました。

    「本当のことを言ってもいいですか。」
    「もちろん。他に誰も聞いてはいませんよ。」
    彼女は低い声で続けました。「本当はね、仕事なんか持ちたくないの。結婚して子どもを育てるのが私の望みなの。」
    私は答えました。「何か秘密のように話さなくちゃならないことかい。君の人生じゃないか。誰に遠慮することもないよ。」
    「冗談言わないで下さい。この学校の教授や友達に聞かれたら、うわさの種にされてここにいられなくなってしまうわ。」

    信 じがたいことですが、今や子どもを産んでから数年を育児に専念することが当り前ではない時代になってしまいました。この風潮は、女性蔑視であり愚かなこと です。神を愛し、この世に貢献し役立つ子どもを育てることほど大切な仕事がこの世にあるでしょうか。何世紀もの間大切な働きとされてきた家事や育児を女性 たちが恥じるようになったことは残念至極です。

    もちろん、すべての女性が妻や母になるわけではありません。仕事にのみ生きる女性もいるで しょう。結婚するつもりのない人もいます。それはそれでいいのです。しかし、専業の母親となることを望む人がそれを公言することを(それも大学の構内で) 恥じる必要などどこにもありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ. 自信がなく、自尊心が低い子どもたちや若者たちがこれ程までに増えてきたのはなぜなのでしょうか。

    A. ひとつには、私たちの社会が持っている、人間の価値をはかる尺度が狂っているからです。全ての人が価値ある存在とはみなされません。全ての人がありのま まに受け入れられていません。生まれながらにして誰からも認められるような資質を持った人にしか賞賛は届きません。

    この悪循環を私たち親はなんとかすべきです。私たちの文化で最も高く評価されているのは美しさです。たまたま美しく生まれついた人は誉れと尊敬を受けます。
    そうでない人は他に落度はないのにさげすまれ、拒まれます。乳幼児でさえこの価値基準にさらされます。美しい子はより可愛がられるのです。

    そ れで、第一子を産んだ後に母親がふさぎ込むのは珍しくはありません。赤ちゃんは一般的には不器量なものとわかってはいても、自分の子どもは例外だと親は思 います。どんな母親も、まぶしい笑顔、かわいいまばたき、前歯が4本そろって、血色がよい、広告に出てくるような子どもを産みたいと内心は思っているので す。
    ところが、わが子は期待はずれで、歯も髪の毛もなく、しわくちゃで泣き叫ぶだけです。成長するにつれ、親のみならず他人からも子どもは人としての価値をはかられるようになります。

    赤ちゃんコンテストの優勝者には賞金や賞品が当り前のように与えられます。魅力的な子どもは、何もなくてもすでに有利であるのに、なんという不公平な世の中でしょう。
    ジョージ・オーウェルの皮肉が思い浮かびます。「人はみな平等であるが、ある人たちはより平等なのだ」この言葉の真実性が私たちの子どもたちの人生において証明されているのは実に悲しいことです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q テレビが引き起こす悪影響を考えたら、子どもが大きくなるまでいっそのことテレビなどなくしてしまったらよいとは思われませんか。

    A  あるご家庭では、おっしゃる通りのことを行いました。そのような勇気は立派と言う他ありません。

    しかし私は、テレビをつけても、それに支配されずにいることは可能と考えます。私の提案は、家族全体でテレビについて話し合ってみることです。
    何が悪いのか、どうしたら良いか、子どもたちがどうしたら番組の良し悪しを判別することを学べるかなどです。

    もう一つは、ご両親がお子さんたちと一緒にテレビを見ることです。見ていることを理解させようとするだけではなく、家族としての楽しい団らんの一つとしてです。

    正しいアプロ一チを用いれば、テレビは、教育やディスカッションの大変有益な道具となりえるのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A