注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 2

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どんな働きがなされたのか?

ダンはアラブの大学で言語学を教えながらまだ聖書をまったく読んだことの無い500万人のイスラム教徒が使う言語に新約聖書を翻訳していました。彼は自国で 住む事が出来なかったので、何千という外国からの人々が働く国に就職することを決めたのです。

エンジニアであるジムは、クリスチャンが公に集まることを制限されたアラブの国で、10の家々で牧会する平信徒の牧会者を導いていました。彼は彼らがその週の説教を準備するのを導き、いっしょに祈っていたのです。

高校の科学の先生であるケンは、アフリカのある村の教会に毎月第3日曜日に招かれて説教をしていました。インドのヒンズー教の文化と宗教の学校を卒業したド ンは、地域教会で働き、近くの神学校で教鞭をとっていました。大学の英語講師のグレッグは、中東でクリスチャンの出版会社を設立する手伝いをしました。メ アリーは文章を教えながら地域のクリスチャンが東アジアで小説を書く手助けをしました。高校教師のノラは、アフリカのクリスチャンラジオ局で、台本の執筆 と番組制作をしました。南部ヨーロッパの交響楽団でプロのバイオリニストをしていたナンは、地域教会の音楽の発展に貢献しました。中国の英語教師達は近く の孤児院で時間を割き世話をしました。多くの教育者は彼らの働く大学や学校でキャンパス・ミニストリーを導いています。何人かのテントメーカー達はビジネ スマンに、また女性達に、子供に、スラムの人々に、また囚人に対する働きをしています。健康診断や家庭問題を扱っている人も多くいます。テントメーカー は、多くの働きの中に専門知識生かすことが出来るのです。新しい働きを始め、あなたがそこを去らなければならないときにはその地域の人々が続けられる様に 訓練をする、というのが理想です。

テントメーカーの第1の働きは職場での 伝道です。彼らの非宗教的な立場(または勉学のプログラム)は彼らの第1の目標である伝道から時間を奪うようなものではありません。これらのものは神が与 えた伝道のための必要な舞台なのです。何も無い場所での伝道が多くを生み出すことはめったにありません。

ゆっくりした漁師伝道は霊的に反抗的な国において最も適切です。クリスチャンは彼らの周りにいる無関心な人々、反抗的態度を持つ人の中から求道者を釣るために えさを使います。彼らは魅力的で、信仰的で、さばかない態度を持って福音を生きるのです。彼らは苦しみの中にあるときにも神を知る喜びと希望を生活の中に 実行するのです。彼らは綿密な調査の元で個人的な誠実さ、質の高い仕事を実行し、愛のある関係を広げていくのです。彼らは完璧ではないので、すぐに謝り、 彼らもまだ神を喜ばせることにおいて勉強中であることを認めるのです。

彼らのライフスタイルはえさの一部です。しかし言葉なしの模範的な生活は人々を混乱させます。彼らの口から証しをしなければなりません。友達関係、愛のある 人間関係を作ったあとで、テントメーカーは非宗教的な会話の中に機転を効かせて適切な神に関する言葉を織り込みます。彼らはみんなが同意するような気軽 な、自然なやり方で会話の中に小さな霊的爆弾を落とすことを覚えていきます。彼らの生活と言葉は霊的に渇いた人の食いつきを引き起こします。求道者は質問 をしてくるのです。

漁師伝道は構成され、マニュアル化されたような活動で はありません。人々と自然な形で関わりを持つことです。私達は質問をしてくる人に向かって福音を説明することに喜びを見出します。求道者のプライバシーに 侵入しているわけでも、不便な時間に彼らを煩わしているのでもないことを知っているのですから。最初に会話を始める質問をして会話をリードするのは求道者 のほうなのです。私達はしばしばあまりにも早く、あまりにも多くのことを言いすぎてしまいます。彼らの質問が彼らに言うべきことを私達に教えてくれます。 それらの質問はは彼らの内側の必要、心の傷、離婚、信仰に対する葛藤や、どの真理が彼らにかけているか、誤解しているのかなどを教えてくれるのです。

パウロもペテロも、求道者から正しい質問を引き起こし、それに答える準備をしておくというタイプの伝道について説明しています。この使徒たちは2人とも職場 ということを考えの中にいれていました。(コロサイ4.5.6、Ⅰペテロ3:14-16)もし誰も質問しないとするなら、それはそのクリスチャンの話すこ とや振る舞いが、神を知る価値はないと周りの人に感じさせたことを意味します。えさが無いのです。しかしすべての魚には適切な種類のえさがあって、それら のえさは求道者の最も深い願い事に届くのです。

クリスチャンは決して質問 を恐れる必要はありません。難しい質問でもです。私達は学ぶ人として伝道するべきなのです。権威者としてではなく。私達はこう言うことが出来ます。「明日 までにそれを考えさせてください。はっきり答えることが出きるように。」求道者の質問はまた、御言葉を開く機会を与えてくれます。テントメーカーはこうい うことが出来ます。「私は信仰についてまだ勉強中です。でもこのことに関してイエス様ご自身がどのように言っておられるか見て見ませんか。」そして小さな 新約聖書を出して適切な箇所から5分間の聖書研究をするのです。

このアプローチは職場やキャンパスにおいて理想的です。同じ人々と毎日会うときは、神についての最初の会話によって、それに続く会話のドアが閉じてしまってはいけません。ゴールは、人々が準備が出来たときに、もっと多くを知るために質問を続けることなのです。

このアプローチは霊的に反抗的な国々において理想的です。テントメーカーは、他の人の反感を引き起こすことなく求道者を釣ることが出来ます。個人的な会話は 仕事外の時間にもすることができるようになります。これらの会話は伝道的な聖書研究会に発展し、そして弟子訓練聖書研究会へ、そして家庭集会になっていく でしょう。これらは教会開拓の理想的な形です。

テントメーカーはチームを なして働きます。テントメーカーは決して1人だけで働くべきではなく、交わりと同じ働きをするグループの中で働くべきです。彼らは家で祈ることによって友 達や教会と協力します。彼らが行く新しい宣教地では、テントメーカーのチームや、国際教会と、協力したり、テントメーカーを送り出す団体のメンバーとし て、あるいは通常の宣教団体のメンバーとして働きます。もし言語や文化の問題で現地の人を悩ますような教会でなければ、外国人教会もいいでしょう。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q 妻として、博士のおっしゃる「男女の違いが」私たち夫婦にどれほど当てはまるか気になります。夫が私をどれほど必要としているかを、私自身が十分把握していないのでしょうか。

    A  恐らくそうだと思います。性的な欲求を除けば、男性が女性に自分の必要を告げることは大変まれです。男性自身が自分の行動形態を自分で分かっていないのか もしれません。簡単に言えば、夫が自信を持つためには、妻の助けが必要なのです。彼は自信がないように見えないもしれません。男は自分の不安をを隠すのが 上手なのです。一般的に夫は妻に「尊敬されている」ことを確認したいのです。それは、妻が夫に「愛されている」のを確かめたいのと同じようなことです。

    女性のこの重要な役割について、私の友人であるE.V.ヒル博士のよい実例があります。博士は、ロサンゼルスにあるバプテスト教会の黒人牧師です。ヒル博士 は数年前に奥さんを癌でなくしました。その葬儀で、良妻のジェーンにいかに助けられたかを彼は語ったのですが、私はたいへん心を動かされました。

    若 い頃、彼は牧師として生計を立てるのに苦労しました。彼は妻の反対を押し切り、なけなしのお金をはたいてガソリンスタンドの経営に乗り出したのです。夫に はこの事業を監督する時間も技量もないと彼女は感じていました。そして結果はその通りになりました。やがてスタンドは破産し、彼は無一文になりました。若 い牧師にとってこれは人生の危機でした。重要な企てに失敗したのですから、妻に「だから言ったでしょ」となじられても仕方がなかったのです。

    しかし、ジェーンは、夫の弱味を本能的に知っていました。それで、彼がスタンドはだめだったと電話で告げたとき、彼女の答は「いいのよ」の一言でした。

    彼 はその晩、帰宅する時、先見の明のない夫の投資に妻がふくれつらをしているだろうと覚悟していました。ところが、彼女は夫のそばに腰を降ろしてこう言った のです。「ねえ、私、計算してみたのよ。あなたは煙草も吸わない、お酒も飲まない、もし両方ともやっていたなら、今回なくしたお金はとっくになくなってい たはずよ。そう考えれば今回のことは差し引きゼロよ。忘れましょう。」妻の態度によっては、夫の自尊心は跡形もなく砕け散っていたかもしれません。特に失 敗と恥の日には、男性の自我は、驚く程もろいのです。ですから、先生は妻から「あなたを信じているわ。」という言葉を聞く必要がありました。そして彼女は 確かにそのメッセージを伝たのです。

    ガソリンスタンドの失敗から間もなくのことです。彼が帰宅すると家が暗いのです。玄関を入ると、妻がキャンド ル・ディナーを用意していました。「奥様、いったい今日は、何の日でしたかね。」と彼はおどけて見せました。「何となくムードを出してみたくて。」と ジェーンは答えました。夫もそれには大賛成で、洗面所へ手を洗いに入りました。電気をつけようとしましたが、つきません。寝室に入って別のスイッチに触り ましたが暗闇のままです。若い牧師は食堂に戻って、停電かと聞いたところ、妻は泣き出しました。「あなたは精一杯働いてくれているし、私もがんばったけど 先月の電気代は払えなかったのよ。キャンドル・ディナーにしたら、あなたに知られないでいられると思って・・・」今は亡き妻の言葉を語るヒル博士の声は震 えていました。

    「もし妻に『こんなめにあったのは生まれて初めてよ。電気を切られるなんて考えたこともなかったわ。』と言われていたら、私はすっ かり自信を失い、やる気をなくしていたでしょう。ところが、妻は、『電気はそのうちつくわ。今晩はキャンドルを楽しみましょうよ。』と言ってくれたので す。」ジェーン・ヒルさんは素晴らしい方です。

    彼女の多くの賜物や特質の中で、私が一番感心したのは、夫を励まし支える妻の役目をよく自覚してい たことです。現在E.V.ヒル博士は、影響力のある指導者です。彼が自信を得、それを保つために妻の助けが必要だったなどと誰が信じられるでしょうか。し かし、男とはそういうものなのです。われわれ男性は、特に若いうちは、自信がなくて悩むのです。私自身がそうでした。妻シャーリーのお陰で私は一人前にな れたのです。何度も繰り返し言ってきたことですが、自信に欠ける私を彼女が信じてくれ尊敬してくれたために、私は外で競いあい、努力し、冒険をすることが できました。

    私が何かを成し遂げたとするならその多くは、「私がついているからね」といってくれた妻の愛と献身との賜物です。あなたもご主人のために同じことができます。彼の必要を満たしてあげなさい。その効果は私が保証します。

    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • それでは、教会が具体的にどのような人々の集まりなのかを、共に聖書から考えてみましょう。 次の3つの特徴があります。

    (1)神と契約を交わした人々としての教会、

    (2)キリストのからだとしての人々、

    (3)神を愛し隣人を愛す人々。

    これらの3つの要素は神が制定したものです。私が作成したものでもなく、ある人間の伝統とか個人的な好みとか考えは含まれていません。 これらの要素を一つ一つ吟味してみましょう。
  • 子育てQ. 自信がなく、自尊心が低い子どもたちや若者たちがこれ程までに増えてきたのはなぜなのでしょうか。

    A. ひとつには、私たちの社会が持っている、人間の価値をはかる尺度が狂っているからです。全ての人が価値ある存在とはみなされません。全ての人がありのま まに受け入れられていません。生まれながらにして誰からも認められるような資質を持った人にしか賞賛は届きません。

    この悪循環を私たち親はなんとかすべきです。私たちの文化で最も高く評価されているのは美しさです。たまたま美しく生まれついた人は誉れと尊敬を受けます。
    そうでない人は他に落度はないのにさげすまれ、拒まれます。乳幼児でさえこの価値基準にさらされます。美しい子はより可愛がられるのです。

    そ れで、第一子を産んだ後に母親がふさぎ込むのは珍しくはありません。赤ちゃんは一般的には不器量なものとわかってはいても、自分の子どもは例外だと親は思 います。どんな母親も、まぶしい笑顔、かわいいまばたき、前歯が4本そろって、血色がよい、広告に出てくるような子どもを産みたいと内心は思っているので す。
    ところが、わが子は期待はずれで、歯も髪の毛もなく、しわくちゃで泣き叫ぶだけです。成長するにつれ、親のみならず他人からも子どもは人としての価値をはかられるようになります。

    赤ちゃんコンテストの優勝者には賞金や賞品が当り前のように与えられます。魅力的な子どもは、何もなくてもすでに有利であるのに、なんという不公平な世の中でしょう。
    ジョージ・オーウェルの皮肉が思い浮かびます。「人はみな平等であるが、ある人たちはより平等なのだ」この言葉の真実性が私たちの子どもたちの人生において証明されているのは実に悲しいことです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)