注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 2

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どんな働きがなされたのか?

ダンはアラブの大学で言語学を教えながらまだ聖書をまったく読んだことの無い500万人のイスラム教徒が使う言語に新約聖書を翻訳していました。彼は自国で 住む事が出来なかったので、何千という外国からの人々が働く国に就職することを決めたのです。

エンジニアであるジムは、クリスチャンが公に集まることを制限されたアラブの国で、10の家々で牧会する平信徒の牧会者を導いていました。彼は彼らがその週の説教を準備するのを導き、いっしょに祈っていたのです。

高校の科学の先生であるケンは、アフリカのある村の教会に毎月第3日曜日に招かれて説教をしていました。インドのヒンズー教の文化と宗教の学校を卒業したド ンは、地域教会で働き、近くの神学校で教鞭をとっていました。大学の英語講師のグレッグは、中東でクリスチャンの出版会社を設立する手伝いをしました。メ アリーは文章を教えながら地域のクリスチャンが東アジアで小説を書く手助けをしました。高校教師のノラは、アフリカのクリスチャンラジオ局で、台本の執筆 と番組制作をしました。南部ヨーロッパの交響楽団でプロのバイオリニストをしていたナンは、地域教会の音楽の発展に貢献しました。中国の英語教師達は近く の孤児院で時間を割き世話をしました。多くの教育者は彼らの働く大学や学校でキャンパス・ミニストリーを導いています。何人かのテントメーカー達はビジネ スマンに、また女性達に、子供に、スラムの人々に、また囚人に対する働きをしています。健康診断や家庭問題を扱っている人も多くいます。テントメーカー は、多くの働きの中に専門知識生かすことが出来るのです。新しい働きを始め、あなたがそこを去らなければならないときにはその地域の人々が続けられる様に 訓練をする、というのが理想です。

テントメーカーの第1の働きは職場での 伝道です。彼らの非宗教的な立場(または勉学のプログラム)は彼らの第1の目標である伝道から時間を奪うようなものではありません。これらのものは神が与 えた伝道のための必要な舞台なのです。何も無い場所での伝道が多くを生み出すことはめったにありません。

ゆっくりした漁師伝道は霊的に反抗的な国において最も適切です。クリスチャンは彼らの周りにいる無関心な人々、反抗的態度を持つ人の中から求道者を釣るために えさを使います。彼らは魅力的で、信仰的で、さばかない態度を持って福音を生きるのです。彼らは苦しみの中にあるときにも神を知る喜びと希望を生活の中に 実行するのです。彼らは綿密な調査の元で個人的な誠実さ、質の高い仕事を実行し、愛のある関係を広げていくのです。彼らは完璧ではないので、すぐに謝り、 彼らもまだ神を喜ばせることにおいて勉強中であることを認めるのです。

彼らのライフスタイルはえさの一部です。しかし言葉なしの模範的な生活は人々を混乱させます。彼らの口から証しをしなければなりません。友達関係、愛のある 人間関係を作ったあとで、テントメーカーは非宗教的な会話の中に機転を効かせて適切な神に関する言葉を織り込みます。彼らはみんなが同意するような気軽 な、自然なやり方で会話の中に小さな霊的爆弾を落とすことを覚えていきます。彼らの生活と言葉は霊的に渇いた人の食いつきを引き起こします。求道者は質問 をしてくるのです。

漁師伝道は構成され、マニュアル化されたような活動で はありません。人々と自然な形で関わりを持つことです。私達は質問をしてくる人に向かって福音を説明することに喜びを見出します。求道者のプライバシーに 侵入しているわけでも、不便な時間に彼らを煩わしているのでもないことを知っているのですから。最初に会話を始める質問をして会話をリードするのは求道者 のほうなのです。私達はしばしばあまりにも早く、あまりにも多くのことを言いすぎてしまいます。彼らの質問が彼らに言うべきことを私達に教えてくれます。 それらの質問はは彼らの内側の必要、心の傷、離婚、信仰に対する葛藤や、どの真理が彼らにかけているか、誤解しているのかなどを教えてくれるのです。

パウロもペテロも、求道者から正しい質問を引き起こし、それに答える準備をしておくというタイプの伝道について説明しています。この使徒たちは2人とも職場 ということを考えの中にいれていました。(コロサイ4.5.6、Ⅰペテロ3:14-16)もし誰も質問しないとするなら、それはそのクリスチャンの話すこ とや振る舞いが、神を知る価値はないと周りの人に感じさせたことを意味します。えさが無いのです。しかしすべての魚には適切な種類のえさがあって、それら のえさは求道者の最も深い願い事に届くのです。

クリスチャンは決して質問 を恐れる必要はありません。難しい質問でもです。私達は学ぶ人として伝道するべきなのです。権威者としてではなく。私達はこう言うことが出来ます。「明日 までにそれを考えさせてください。はっきり答えることが出きるように。」求道者の質問はまた、御言葉を開く機会を与えてくれます。テントメーカーはこうい うことが出来ます。「私は信仰についてまだ勉強中です。でもこのことに関してイエス様ご自身がどのように言っておられるか見て見ませんか。」そして小さな 新約聖書を出して適切な箇所から5分間の聖書研究をするのです。

このアプローチは職場やキャンパスにおいて理想的です。同じ人々と毎日会うときは、神についての最初の会話によって、それに続く会話のドアが閉じてしまってはいけません。ゴールは、人々が準備が出来たときに、もっと多くを知るために質問を続けることなのです。

このアプローチは霊的に反抗的な国々において理想的です。テントメーカーは、他の人の反感を引き起こすことなく求道者を釣ることが出来ます。個人的な会話は 仕事外の時間にもすることができるようになります。これらの会話は伝道的な聖書研究会に発展し、そして弟子訓練聖書研究会へ、そして家庭集会になっていく でしょう。これらは教会開拓の理想的な形です。

テントメーカーはチームを なして働きます。テントメーカーは決して1人だけで働くべきではなく、交わりと同じ働きをするグループの中で働くべきです。彼らは家で祈ることによって友 達や教会と協力します。彼らが行く新しい宣教地では、テントメーカーのチームや、国際教会と、協力したり、テントメーカーを送り出す団体のメンバーとし て、あるいは通常の宣教団体のメンバーとして働きます。もし言語や文化の問題で現地の人を悩ますような教会でなければ、外国人教会もいいでしょう。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 日曜日は、イエス・キリストの復活を記念する日です。その日に教会は礼拝を行ってきました。そのキリスト教が社会の中心となっていったことによって、紀元 4世紀に、ローマ帝国で、日曜日を休日とすることが定められたのです。日曜日が休日だから礼拝をしているのではありません。教会がキリストの復活を記念し て日曜日に礼拝をしていたから、日曜日は休日になったのです。
  • 子育てQ. うちの中学生の息子は勉強に関して、だらしがありません。宿題は忘れるし、提出物の期限も守りません。どうしたらよいでしょう。

    A.  教育コンサルタントのチェリー・フラー女史が、学校での問題行動の原因で一番多いものをあげていますが、それはあなたの息子さんのケースによく当てはまります。

    彼女によれば、それは怠け心でも勉強の仕方がまずいのでもないのです。主な原因は息子さんのように、整理能力が著しく欠けていることです。フラー女史によれば、生徒のノートを見ると、その成績がほぼ分かります。
    優秀な生徒のノートは、プリントや宿題を入れる仕切りページやフォルダーがきれいに並んでいます。
    成績が劣る生徒のノートは、普通めちゃくちゃで、全く使われていないかもしれません。
    生まれつきだらしがない子もいますが、ほとんどの生徒は、よりよい整理の仕方を身につけることができます。この技術は小学校で教えるべきだというのが、フラー女史の意見です。

    中 学校へ入るや否や、何人もの先生方が違った教科書、問題集、プリントを配り、またいろいろな教科の宿題を出します。ものを整理する訓練を受けなかった生徒 に、それら細かな事柄を整理し、また取り出せるように期待するのは無理なことです。子供の学校生活を有意義なものにしたいなら、そのために不可欠な手段を 教える必要があります。

    また、お子さんがADD(注意力欠如症)か、整理をすることが難しい、何らかの気質的な特徴を持っているかどう か確かめるために、診察を受けた方がよいかもしれません。その結果を見た上で、担任や保健の先生と相談して、もう少しきちんとした学校生活ができる方法を 考えてみてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q 妻も私も引退の年に近づいています。私たちは経済的には大変祝福されてきました。いくつかの大きな会社とかなりの不動産を三人の子どもたちに残すことにな ります。多額の財産を次世代に残すことについてはどうお考えになりますか。気をつけるべき点は何でしょうか。

    A この話についての私の意見は、耳ざわりかも知れませんが、自分が観察したところと私が固く信じるところを申し上げる以外にありません。端的に言って、労さずに大金を手にすることはとても危険なことです。

    「裕 福な子供たち」と題した社会学上の研究結果がしばらく前に発表されましたが、私の懸念を裏書きするものでした。著者たちは、「多額の信託財産は通常相続者 の破滅の元である」という結論を得ました。引用された事例は説得力のあるものでした。人類史もお金の危険について証しています。男も女も金をむさぼり、殺 人を犯し、命を落としまた「永遠の命」を失いました。お金は友情を引き裂き、おごる者や力ある者は倒れました。そして数え切れぬ家庭が無残に崩壊しまし た。

    またお金ほど兄弟の仲を引き裂くものもありません。莫大な財産を相続することにより家族の中に緊張と不調和が生まれる確率は高まります。お子さんたちはあなたが残された会社をめぐって争い、決定権を委ねられた人を恨むでしょう。

    責 任ある生活をする意欲を失い、お酒やギャンブルなどの中毒症状に陥る人も出ます。このような否定的結果にはもちろん例外もあり、富と権力を上手に取り扱う 人々もいます。しかし、これはよく行っても困難な仕事で、最高度の成熟と自制心とが要求されます。「私が子孫に残す多大な財産は、愛する者たちに及ぼす危 険に見合っているだろうか」と自問すべきです。

    あなたご自身が成功するために勤勉に働き、節約し、貯蓄し、築き、額に汗して生産に従事したという 苦労を、お子さん方には味わわせたくないのかどうかをまず決めなければなりません。彼らが自分を鍛練し勤勉に働くという必要を感じず、出来合いの事業を引 き継いでその処置を誤り、乱費してしまうとしたらどうでしょう。

    私の見解が人気のあるものではないことは承知しています。人々が懸命に働く理由の 一つは、子どもたちに苦労させたくないからです。子どもを愛する余り、安楽な人生を歩ませようとします。それに、一生をつぎ込んで発展させたビジネスと築 いた富を売り飛ばして自分は消え去るというのは、どんな親にとっても愉快な選択ではないでしょう。もちろん、自分の財産をどうするかは、親が自分で決めね ばなりません。私にできるのは、ただ自分の見た通りの事実をお知らせすることです。

    私の経験では、富の相続は家族関係、自制心、信仰心また責任ある社会人としての生き方を危うくする傾向があるということです。もし相続させるなら十分に注意をし、何年もかけて準備し、祈り深くなすべきです。

    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A