注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 2

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どんな働きがなされたのか?

ダンはアラブの大学で言語学を教えながらまだ聖書をまったく読んだことの無い500万人のイスラム教徒が使う言語に新約聖書を翻訳していました。彼は自国で 住む事が出来なかったので、何千という外国からの人々が働く国に就職することを決めたのです。

エンジニアであるジムは、クリスチャンが公に集まることを制限されたアラブの国で、10の家々で牧会する平信徒の牧会者を導いていました。彼は彼らがその週の説教を準備するのを導き、いっしょに祈っていたのです。

高校の科学の先生であるケンは、アフリカのある村の教会に毎月第3日曜日に招かれて説教をしていました。インドのヒンズー教の文化と宗教の学校を卒業したド ンは、地域教会で働き、近くの神学校で教鞭をとっていました。大学の英語講師のグレッグは、中東でクリスチャンの出版会社を設立する手伝いをしました。メ アリーは文章を教えながら地域のクリスチャンが東アジアで小説を書く手助けをしました。高校教師のノラは、アフリカのクリスチャンラジオ局で、台本の執筆 と番組制作をしました。南部ヨーロッパの交響楽団でプロのバイオリニストをしていたナンは、地域教会の音楽の発展に貢献しました。中国の英語教師達は近く の孤児院で時間を割き世話をしました。多くの教育者は彼らの働く大学や学校でキャンパス・ミニストリーを導いています。何人かのテントメーカー達はビジネ スマンに、また女性達に、子供に、スラムの人々に、また囚人に対する働きをしています。健康診断や家庭問題を扱っている人も多くいます。テントメーカー は、多くの働きの中に専門知識生かすことが出来るのです。新しい働きを始め、あなたがそこを去らなければならないときにはその地域の人々が続けられる様に 訓練をする、というのが理想です。

テントメーカーの第1の働きは職場での 伝道です。彼らの非宗教的な立場(または勉学のプログラム)は彼らの第1の目標である伝道から時間を奪うようなものではありません。これらのものは神が与 えた伝道のための必要な舞台なのです。何も無い場所での伝道が多くを生み出すことはめったにありません。

ゆっくりした漁師伝道は霊的に反抗的な国において最も適切です。クリスチャンは彼らの周りにいる無関心な人々、反抗的態度を持つ人の中から求道者を釣るために えさを使います。彼らは魅力的で、信仰的で、さばかない態度を持って福音を生きるのです。彼らは苦しみの中にあるときにも神を知る喜びと希望を生活の中に 実行するのです。彼らは綿密な調査の元で個人的な誠実さ、質の高い仕事を実行し、愛のある関係を広げていくのです。彼らは完璧ではないので、すぐに謝り、 彼らもまだ神を喜ばせることにおいて勉強中であることを認めるのです。

彼らのライフスタイルはえさの一部です。しかし言葉なしの模範的な生活は人々を混乱させます。彼らの口から証しをしなければなりません。友達関係、愛のある 人間関係を作ったあとで、テントメーカーは非宗教的な会話の中に機転を効かせて適切な神に関する言葉を織り込みます。彼らはみんなが同意するような気軽 な、自然なやり方で会話の中に小さな霊的爆弾を落とすことを覚えていきます。彼らの生活と言葉は霊的に渇いた人の食いつきを引き起こします。求道者は質問 をしてくるのです。

漁師伝道は構成され、マニュアル化されたような活動で はありません。人々と自然な形で関わりを持つことです。私達は質問をしてくる人に向かって福音を説明することに喜びを見出します。求道者のプライバシーに 侵入しているわけでも、不便な時間に彼らを煩わしているのでもないことを知っているのですから。最初に会話を始める質問をして会話をリードするのは求道者 のほうなのです。私達はしばしばあまりにも早く、あまりにも多くのことを言いすぎてしまいます。彼らの質問が彼らに言うべきことを私達に教えてくれます。 それらの質問はは彼らの内側の必要、心の傷、離婚、信仰に対する葛藤や、どの真理が彼らにかけているか、誤解しているのかなどを教えてくれるのです。

パウロもペテロも、求道者から正しい質問を引き起こし、それに答える準備をしておくというタイプの伝道について説明しています。この使徒たちは2人とも職場 ということを考えの中にいれていました。(コロサイ4.5.6、Ⅰペテロ3:14-16)もし誰も質問しないとするなら、それはそのクリスチャンの話すこ とや振る舞いが、神を知る価値はないと周りの人に感じさせたことを意味します。えさが無いのです。しかしすべての魚には適切な種類のえさがあって、それら のえさは求道者の最も深い願い事に届くのです。

クリスチャンは決して質問 を恐れる必要はありません。難しい質問でもです。私達は学ぶ人として伝道するべきなのです。権威者としてではなく。私達はこう言うことが出来ます。「明日 までにそれを考えさせてください。はっきり答えることが出きるように。」求道者の質問はまた、御言葉を開く機会を与えてくれます。テントメーカーはこうい うことが出来ます。「私は信仰についてまだ勉強中です。でもこのことに関してイエス様ご自身がどのように言っておられるか見て見ませんか。」そして小さな 新約聖書を出して適切な箇所から5分間の聖書研究をするのです。

このアプローチは職場やキャンパスにおいて理想的です。同じ人々と毎日会うときは、神についての最初の会話によって、それに続く会話のドアが閉じてしまってはいけません。ゴールは、人々が準備が出来たときに、もっと多くを知るために質問を続けることなのです。

このアプローチは霊的に反抗的な国々において理想的です。テントメーカーは、他の人の反感を引き起こすことなく求道者を釣ることが出来ます。個人的な会話は 仕事外の時間にもすることができるようになります。これらの会話は伝道的な聖書研究会に発展し、そして弟子訓練聖書研究会へ、そして家庭集会になっていく でしょう。これらは教会開拓の理想的な形です。

テントメーカーはチームを なして働きます。テントメーカーは決して1人だけで働くべきではなく、交わりと同じ働きをするグループの中で働くべきです。彼らは家で祈ることによって友 達や教会と協力します。彼らが行く新しい宣教地では、テントメーカーのチームや、国際教会と、協力したり、テントメーカーを送り出す団体のメンバーとし て、あるいは通常の宣教団体のメンバーとして働きます。もし言語や文化の問題で現地の人を悩ますような教会でなければ、外国人教会もいいでしょう。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q 既婚女性が情緒的な満足を得るには、結婚生活以外のところに目を向けるべきだということですか。

    A  まさしくその通りです。情緒的な弱さを持った女性が、ストイックで、女性の心の機微を理解しない男性と結婚している場合は特にそうです。

    もし、彼女が、意味ある全ての会話の相手、また情緒的な全ての必要を満たしてくれる相手を夫に期待するならば、結婚生活は長続きしないでしょう。妻の「魂 の渇き」をどう処理したらいいか、どうしたら妻が幸せになれるのか、夫には全く見当がつかないのです。夫が、自分の願うような夫になってくれる見込みがな いと分かった時、二人の間には不満がわだかまり始めます。この問題で行き詰まった結婚の例を、私は限りなく見てきました。解決はどこにあるのでしょう。普 通の情緒的な必要のある女性ならば、そのままではいられません。心の底で悲鳴をあげています。

    ひとつの答えは、他の女性たちと意味ある人 間関係を築くことによって、夫が満たしてくれないものを満たすことです。心から話し合い、聖書を学び、笑い、泣き、子どもを育てることのできる、女性の友 人を持つことは精神衛生のために必要です。まさにこの方法で、多くの女性たちは過去何世紀もの、自分たちの情緒的な必要を満たしてきたのです。多くの男性 たちは週に60、70時間も働いて、妻の心の必要に答える時間もエネルギーもなかったのです。しかし、女性たちのネットワークがその空洞をみごとに埋めて いました。彼女らは一緒に働き、一緒に料理し、一緒に教会に行きました。それで、どうにか満足できたのです。

    今日、女性たちのネットワー クはどこへ行ってしまったのでしょう。多くの女性は仕事を持ち、近所に女性たちの姿がなくなり、人々はよく引っ越すようになりました。血縁者のつながりは 薄くなり、文化は進みました。そのため女性同士の友情は見い出しにくく、多くの若い女性たち、特に二人以上の就学前の子どもを持つ母親たちは友人を探すこ とをあきらめています。あまりに面倒なためです。しかしながら、若い主婦の読者の方々は、このようなパターンに陥らないように願ってます。どれほど忙しく ても、同性の友情を育むために時間を費やしてください。家に閉じこもって、誰かが話しかけてくれるのを待つ誘惑に負けないでください。あなたの必要に答 え、聖書のみことばを宣べ伝えているキリスト教会に家族で出席してください。同じ様な気持ちを持った女性たちが周りには大勢います。彼女たちを探し出し、 愛し、そして自分を与えるのです。そのうちにあなたの自尊心も高まります。あなたが満足していれば、結婚生活もうまく行きます。

    簡単すぎる答えに聞こえるかも知れませんが、人間はそのように造られています。人間は、社会的な生き物として、神を愛するように創造されており、孤独ではうまくいかないのです。孤独を避けてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 救いとは何ですか?

    A. 主イエス・キリストにより、この罪(Q2)から救われることです。主は自ら十字架に架かり、血を流し、世のために命を捧げ、このことを成し遂げてください ました。主は3日後に復活され、罪と死の力に勝利されました。こうして神と人、人と人とが平和に結ばれる道が開かれたのです。救いはキリストの十字架と復 活に始まり、終末への完成に向かって今も働き続けているのです。神さまがこの平和が達成される日をキリスト再臨の日、終末の日といいます。
  • Q. イエス・キリストとはどのような方ですか。どうすれば知ることができますか。

    A.  イエスは真実に人間となった神の子、そしてわたしたちの主キリストです。 それは聖書全巻を通して、神さまからわたしたちに証言されています。この方を知るには、信仰という神さまからの恵みに依らなければなりません。神さまは聖書を用いて、礼拝において、言葉を語り、わたしたちはこの方を知るのです。 人間の能力では決して知ることが出来ない人類最大の秘義です。
  • 「キリストのからだとは、教会のことです」(コロサイ1:25) とありますように、教会はからだにたとえられます。では教会の姿を次の聖句を読んで考えてみましょう。

    12:14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。12:15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。12:16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。12:17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。12:18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。12:19 もし、全部がただ一つの器官であったら、からだはいったいどこにあるのでしょう。12:20 しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。12:21 そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うこともでき ません。12:22 それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。12:23 また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうに なりますが、12:24 かっこうの良い器官にはその必要がありません。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。12:25 それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。12:26 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。(1コリント12:14-27)この聖句は人間のからだにたとえて教会の姿を言い 表しています。

    つまり、教会員のひとりひとりが重要な器官の役目を果たしており、どんなに小さな役目であっても、教会には必要な役目なの です。世の中では、偉い人や重要なポストに就いている人を重視します。しかし、「それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなく てはならないものなのです」 と書かれてあるように、教会においては重要でないと思われる人こそ必要なのです。そして、キリストのからだは、キリストにあって、同じ考え方、同じ心の持 ち方、同じ態度を持っているのです。さらに、重要な事は「もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての 部分がともに喜ぶのです」と書かれているように、苦しみと喜びを分かち合う人々の集まりだという事です。これは、イエス自身によって次の様に教えられまし た。

    13:34 あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合い なさい。13:35 もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」(ヨハネ 13:34-35)

    イエスの愛が教会の人々の中に宿ります。 それゆえにクリスチャンはイエスが愛したように愛しなさいという命令を受けるのです。お互いに愛するとは、お互いに「深い同情心、慈愛、慈愛、謙遜、柔 和、寛容を身に着け、互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合い、主が赦してくださったように、赦しあう」ことです (コロサイ3:12-13)