注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 1

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

テントメーカー新しいこと

教会は、世界宣教達成のために何千というクリスチャンプロフェッショナルのテントメーカーを必要としています。エンジニア、科学者、ビジネスマン、保健従事者、スポーツマン、農業 家、コンピュータ技術者、マスコミ関係者、教育者など、すべての部門において、21世紀において証しと仕事を融合させるテントメーカーが必要とされていま す。1世紀においてパウロがそうしたように。 しかし実際のところ、使徒パウロはどれぐらいテントメーキングをしながら働いたのでしょうか。そしてどれぐらいの献金を受け取っていたのでしょうか。いっ たい彼はどうしてその手で仕事をしたのでしょうか。彼の戦略は私たちの住む近代世界にも適応できるものなのでしょうか。これらの質問を調べる前に、私たち は現代のテントメーカーたちが何をしているのか、そしてどうしてそんなにもテントメーカーが必要とされているのかを考えましょう。私たちは、まず現代のテ ントメーキングの実際的な合理性を考えた後に、パウロの原則を学びましょう。

テントメーカーとは誰か?

テントメーカーとは、非宗教的な場所で働きながら自分自身をサポートし、その仕事において、また仕事外の時間に海外での宣教をする宣教を動機としたクリス チャンのことです。彼らの職業はさまざまで、企業家、専門を持ったサラリーマン、従業員、有給のボランティアワーカー、またクリスチャンの専門の留学生、 調査員、インターン、留学生などです。彼らは少しの給料または無償で教会で奉仕を願い出ることができます。他方で、普通の宣教師は、送り手から宣教団体や 教会を通して献金を受け取っています。彼らは、たとえ彼らが看護や教育など、技術を用いて仕事をしても、宗教人だとおもわれます。なぜなら彼らがクリス チャンの組織から援助を受けているからです。これらの双方のそれぞれすばらしい働きのモデルはもし彼らが互いにオープンで誠実でありさえすれば融合し、調 和するものです。いくらかの送り手の献金を受けて低い給料で働いているテントメーカーもいますし、サポートと未信者との交流のために学校や大学といった非 宗教的な場所でパートタイムで働いている宣教師もいます。宣教団体がその職員に組織的な信頼性を加えるための援助をするときもあります。神はクリスチャン を献金によって生活するかテントメーキングをするか状況によって変えるように召される場合もあります。

不幸なことに、海外で仕事をしているほ とんどのクリスチャンはテントメーカーではありません。彼らはその家庭においてほとんどもしくはまったくミニストリーを持たない人たちで、海外に行っても それは変わりません。彼らは同国人のいるインターナショナル教会に行くだけです。アメリカ人なら英語を話す会衆に加わるために。しかし少数の国外のクリス チャンは現地の市民そして受け入れ国での彼らの職場にいる外国人に伝道をしようと願っています。たぶん1パーセント以下の人がテントメーカーでしょう。

働きの仲間での間での主要な誤解の一つはテントメーカーの仕事をしていたら、ミニストリーをする時間もエネルギーもほとんど残っていないのでは、というもの です。クリスチャンの働き人はよく私に聞きます。「あなたはそんなに多くの時間を非宗教的な場所に使って、神のためにはほとんど時間が残っていないという ことで葛藤したことはないのですか?」しかし私は私のすべての時間は神に属していると信じて来ました!神は私をペルーのリマにある非宗教的なバイリンガル スクールに導いてくださり、そして次にブラジルのサオ・パウロにある学校へと導いてくださいました。主はそこで私にペルー人やブラジル人の先生、小学校の 生徒や、彼らの上級生や家族とわくわくするようなミニストリーを与えてくださいました。それに加えて、そこには学校の看護婦も、管理人も、バスの運転手さ んも、調理人もいました。このミニストリーの中心は私の職業でしたが、それらは私の私生活、つまり家に人を招いたり、家庭で聖書研究会を開くことにも広が りを見せました。

私は自由な時間には地域の教会で教えたり、訓練を導いたり、大学生会を始めました。大学での働きは30年の間私の主な働きで、IVCF-IFES学生運動をペルーとブラジルで、後にはポルトガルとスペインで開 拓をしました。そして多くの外国の国々で学生やスタッフの訓練をしました。後半の時期は私はフルタイムスタッフとして働き、送り手の献金を受けていまし た。なぜなら私は仕事と証しを融合させていたからです。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ. うちの中学生の息子は勉強に関して、だらしがありません。宿題は忘れるし、提出物の期限も守りません。どうしたらよいでしょう。

    A.  教育コンサルタントのチェリー・フラー女史が、学校での問題行動の原因で一番多いものをあげていますが、それはあなたの息子さんのケースによく当てはまります。

    彼女によれば、それは怠け心でも勉強の仕方がまずいのでもないのです。主な原因は息子さんのように、整理能力が著しく欠けていることです。フラー女史によれば、生徒のノートを見ると、その成績がほぼ分かります。
    優秀な生徒のノートは、プリントや宿題を入れる仕切りページやフォルダーがきれいに並んでいます。
    成績が劣る生徒のノートは、普通めちゃくちゃで、全く使われていないかもしれません。
    生まれつきだらしがない子もいますが、ほとんどの生徒は、よりよい整理の仕方を身につけることができます。この技術は小学校で教えるべきだというのが、フラー女史の意見です。

    中 学校へ入るや否や、何人もの先生方が違った教科書、問題集、プリントを配り、またいろいろな教科の宿題を出します。ものを整理する訓練を受けなかった生徒 に、それら細かな事柄を整理し、また取り出せるように期待するのは無理なことです。子供の学校生活を有意義なものにしたいなら、そのために不可欠な手段を 教える必要があります。

    また、お子さんがADD(注意力欠如症)か、整理をすることが難しい、何らかの気質的な特徴を持っているかどう か確かめるために、診察を受けた方がよいかもしれません。その結果を見た上で、担任や保健の先生と相談して、もう少しきちんとした学校生活ができる方法を 考えてみてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 神はどんな方?どうやって知ることが出来る?

    A. ほんとうの神は、人間が木や石で作ったものではありません。人格を持たれる生きた方です。聖書は、まことの神は
    (1)天地万物の創造者
    (2)目に見えない霊なる存在者
    (3)罪を憎まれる聖い神
    (4)愛なる神
    であると語っています。この神が、罪人である私たちを罪から救い出し、永遠のいのちと豊かな人生を与えるために、イエス・キリストを十字架につけて私たちの救いの道をつくってくださったのです。
    誰でも、自分の罪を告白して悔い改め、イエス・キリストを救い主として信じるなら、この神のゆるしと限りない素晴らしい永遠の愛を受けとることが出来ます。
    神を知る道は、聖書のみことばと心からのキリストへの信仰です。神を知るための修行や訓練、功績は必要ありません。
  • Q. どうしてクリスチャンは、日曜日に礼拝をするの?

    A. 日曜日に行くだけではなく、 しばしば週日にも教会に行きます。礼拝は通常日曜日が中心ですので(時間はまちまちですが)神を生活の第一として礼拝し、聖書のメッセージを聞き、そのみ ことばから励ましや希望、力をいただくのです。教会によっては、日曜日以外の曜日にも礼拝が持たれています。また、聖書の学びや賛美集会、祈り会などの集 会も開かれていますので、お近くの教会にお尋ねください。
  • Q テレビに映る暴力や、退廃について私たちができることはないのでしょうか。

    A  私たちは、自分で考えている以上にテレビに対する影響力を持っているのです。ある調査によれば、テレビ局が受け取る一通の手紙は、同じように感じたが、 手紙を書こうとはしなかった他の4万人の視聴者を代表していると推測されるそうです。しかしながら、誰に手紙を書くかを知ることは重要です。

    私はかつて大手ネットワーク・テレビのディレクター、プロデューサー、また重役たちに手紙を書いたことがありますが、あまり効果がなかったと感じました。
    私が発見したのは、お金を出しているスポンサーに訴えることの方がより効果的ということです。彼らは我々視聴者の意見には敏感です。なぜなら、彼らがあるプログラムを支持する理由は、スポンサーの製品に我々視聴者を引きつけようとすることだからです。

    ブラウン管の中に流れていることに私たちは賛成できないことを知らせることによって、スポンサーにプレッシャーをかけることができますし、そうすべきなのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A