注目ニュース

ゴスペルハウスが提供している「今日もバイブルしましょう!」サイトのシステム全体のアクセス数が、8,000,000を超えました。

このサイトの目的は、毎日1章ずつ聖書をともに読むことをお勧めし、そこに互いに投稿しあうことを目指しています。

「今日もバイブルしましょう!」のサイトは、http://www.bible-today.com/ です。

テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 1

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

テントメーカー新しいこと

教会は、世界宣教達成のために何千というクリスチャンプロフェッショナルのテントメーカーを必要としています。エンジニア、科学者、ビジネスマン、保健従事者、スポーツマン、農業 家、コンピュータ技術者、マスコミ関係者、教育者など、すべての部門において、21世紀において証しと仕事を融合させるテントメーカーが必要とされていま す。1世紀においてパウロがそうしたように。 しかし実際のところ、使徒パウロはどれぐらいテントメーキングをしながら働いたのでしょうか。そしてどれぐらいの献金を受け取っていたのでしょうか。いっ たい彼はどうしてその手で仕事をしたのでしょうか。彼の戦略は私たちの住む近代世界にも適応できるものなのでしょうか。これらの質問を調べる前に、私たち は現代のテントメーカーたちが何をしているのか、そしてどうしてそんなにもテントメーカーが必要とされているのかを考えましょう。私たちは、まず現代のテ ントメーキングの実際的な合理性を考えた後に、パウロの原則を学びましょう。

テントメーカーとは誰か?

テントメーカーとは、非宗教的な場所で働きながら自分自身をサポートし、その仕事において、また仕事外の時間に海外での宣教をする宣教を動機としたクリス チャンのことです。彼らの職業はさまざまで、企業家、専門を持ったサラリーマン、従業員、有給のボランティアワーカー、またクリスチャンの専門の留学生、 調査員、インターン、留学生などです。彼らは少しの給料または無償で教会で奉仕を願い出ることができます。他方で、普通の宣教師は、送り手から宣教団体や 教会を通して献金を受け取っています。彼らは、たとえ彼らが看護や教育など、技術を用いて仕事をしても、宗教人だとおもわれます。なぜなら彼らがクリス チャンの組織から援助を受けているからです。これらの双方のそれぞれすばらしい働きのモデルはもし彼らが互いにオープンで誠実でありさえすれば融合し、調 和するものです。いくらかの送り手の献金を受けて低い給料で働いているテントメーカーもいますし、サポートと未信者との交流のために学校や大学といった非 宗教的な場所でパートタイムで働いている宣教師もいます。宣教団体がその職員に組織的な信頼性を加えるための援助をするときもあります。神はクリスチャン を献金によって生活するかテントメーキングをするか状況によって変えるように召される場合もあります。

不幸なことに、海外で仕事をしているほ とんどのクリスチャンはテントメーカーではありません。彼らはその家庭においてほとんどもしくはまったくミニストリーを持たない人たちで、海外に行っても それは変わりません。彼らは同国人のいるインターナショナル教会に行くだけです。アメリカ人なら英語を話す会衆に加わるために。しかし少数の国外のクリス チャンは現地の市民そして受け入れ国での彼らの職場にいる外国人に伝道をしようと願っています。たぶん1パーセント以下の人がテントメーカーでしょう。

働きの仲間での間での主要な誤解の一つはテントメーカーの仕事をしていたら、ミニストリーをする時間もエネルギーもほとんど残っていないのでは、というもの です。クリスチャンの働き人はよく私に聞きます。「あなたはそんなに多くの時間を非宗教的な場所に使って、神のためにはほとんど時間が残っていないという ことで葛藤したことはないのですか?」しかし私は私のすべての時間は神に属していると信じて来ました!神は私をペルーのリマにある非宗教的なバイリンガル スクールに導いてくださり、そして次にブラジルのサオ・パウロにある学校へと導いてくださいました。主はそこで私にペルー人やブラジル人の先生、小学校の 生徒や、彼らの上級生や家族とわくわくするようなミニストリーを与えてくださいました。それに加えて、そこには学校の看護婦も、管理人も、バスの運転手さ んも、調理人もいました。このミニストリーの中心は私の職業でしたが、それらは私の私生活、つまり家に人を招いたり、家庭で聖書研究会を開くことにも広が りを見せました。

私は自由な時間には地域の教会で教えたり、訓練を導いたり、大学生会を始めました。大学での働きは30年の間私の主な働きで、IVCF-IFES学生運動をペルーとブラジルで、後にはポルトガルとスペインで開 拓をしました。そして多くの外国の国々で学生やスタッフの訓練をしました。後半の時期は私はフルタイムスタッフとして働き、送り手の献金を受けていまし た。なぜなら私は仕事と証しを融合させていたからです。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q.祈っても祈ってもなかなか答えられません。次第に祈ることがおっくうになってしまいました。祈りは答えられるのでしょうか。答えられない祈りを繰り返して、どんな意味があるのでしょうか。(三十代男性、会社員)

    A.  古代から現代にいたるまで、人間は変わりなく何らかの力ある存在に自らの願い事、祈りをぶつけてきました。しかし、そのとおりにならず、事が悪いほうに 進むと、その人は呪われているとか、何かの祟りであるとよく考えられてきました。それはどなたに祈るのかを本当の意味で知らないからです。

    ◇ 祈りは聞かれるのか?

    祈りは科学的説明を越えた神との深くそして豊かな対話です。ところが現代人は科学的説明と矛盾する祈りの世界を軽視します。祈ってもその通りにならない苛 立ちの中で、祈りの大切さを見失い、この時代の傾向に染まっていくなら、それは実に悲しむべきことです。しかし、もしキリストを信じその名によって祈るの なら、必ずその祈りは聞かれます。聖書はそのことを約束しています(ヨハネ十四・十三)。ただし聞かれるということと、祈りの通りに成ることとを混同して はなりません。ニューヨーク大学にあるリハビリテーション研究所の壁にかかっている、ある一人の患者の詩の一部を紹介いたしましょう。

    大事を成そうとして
    力を与えてほしいと神に求めたのに、
    慎み深く、従順であるようにと 
    弱さを授かった。
    より偉大なことができるように 
    健康を求めたのに、
    よりよきことができるようにと
    病弱を与えられた。

    幸せになろうとして 富を求めたのに、
    賢明であるようにと 貧困を授かった。
    世の人々の賞賛を得ようとして 権力を求めたのに、
    神の前に跪くようにと 弱さを授かった。
    人生を享楽しようと あらゆるものを求めたのに、
    あらゆることを喜べるように 命を授かった。

    求めたものは 一つとして 与えられなかったが
    願いはすべて聞き届けられた。
    神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、 
    心の中の言い表せない祈りは 
    すべてかなえられた
    私は あらゆる人の中で
    最も豊かに祝されたのだ。

    ◇ 様々な祈りの答え

    神は祈りをお聞きになるばかりではなく、必ずその祈りに答えられるのです。その答えは少なくとも五つあります。1)すぐその通り(叉は祈り以上)になる。 2)ノーという答え(自己中心的な、叉は不信仰な祈りに対して、ヤコブ4:3、1:5-6)。3)待ちなさいという答え(忍耐が必要なとき)。4)予期し ない別のことが答えとして返ってくる(祈りが真実であっても的がずれているとき)。5)しばしの沈黙(ヨブ記)。すべての場合において祈りは届いていま す。しかし答えは違います。あなたの場合、第一の答え以外でしょう。祈り続けていく時に必ず何らかの答えが与えられます。
    「天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に
    良いものを下さらないことがあろうか」(マタイ七・十一)。


    OMSウエストロサンゼルスホーリネス教会から
  • Q. 三位一体とは何ですか。キリスト教は唯一の神ではないのですか。

    A. 今も教会の「神認識」を根幹をなす、最も重要な教理です。 万物の造り主である父なる神と、子なる神であるわたしたちの救い主イエス・キリスト、そして今も共にいる慰め主なる聖霊はそれぞれ固有の人格(ペルソナ) であり、共に交わり、一つとなっている、ということです。これは神を分析した結果 、判ったものではなく、聖霊と聖書に導かれた教会が信仰の告白として言い表したものであり、わたしたちはその信仰を受け継いでいます。
  • 子育てQ 子どもが巣立つときに、母親がうつ的になり「空になった部屋」を受け入れることができなくなることをよく聞きますが、わが家の場合はむしろ父親で、一ヵ月以上も意気消沈していました。こういうことはまれなのでしょうか。

    A. いいえ、よくあることです。最近の調査ですが、大学一年生を持つ189人の親に、子どもが家を出た時の気持ちを聞きました。驚いたことに、母親より父親の 方がこたえたというのです。米国ではこれを「空っぽの巣」症候群などと言いますが、映画「花嫁の父」(1950年)は、これがメイン・テーマでした。あの 映画は娘を思う父親への、心にしみる素晴らしい捧げ物であると思います。父親のジョージは、食卓で娘の婚約のニュースを耳にして驚きます。自分の耳を信じ られないのです。目をこする彼の前に、娘の赤ちゃん姿、次に10歳のおてんば娘、そして18歳の美しい娘盛りの姿が次々に現われました。娘はあっと言う間 に成長し、もう家を出ようとしているのです。もう自分は娘にとって第一の男性ではなくなったのであり、彼には悲しみの時が必要でした。
    なぜ男性が時に子どもの巣立ちをこれ程に悲しむのでしょうか。主なる原因のひとつは後悔です。あまりに忙しく働きすぎて、年月は矢のように過ぎてしまいました。そして新しい家庭を築こうとしている娘と、もう一度親子関係をやり直すには遅すぎることに気づくのです。
    子どもたちがまだ家にいるお父さん方に申し上げます。一緒にいることのできる、一時一時を大切に味わってください。この時は、またたく間に過ぎ去って行くのですから。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 教会には、なぜ十字架があるの?

    A. ローマ時代、十字架刑というのは、もっとも恐 ろしい犯罪者への刑罰の方法でした。イエス・キリストは何の罪も犯されませんでしたが、約2000年前に 2人の強盗と一緒に十字架につけられました。それは、「私たちの罪の身代わり」であった、と聖書は語っています。十字架上でイエス・キリストが流された血 潮によって、私たちの罪はゆるされ、聖なる神の前で「義」とされるのです。
    そのことをいつも心に覚えて忘れないために、多くの教会には十字架がシンボルとして付けられていますが、十字架に手を合わせて拝んだりするためではありません。