福音に生きるシリーズ

投稿者: Administrator on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
福音に生きるシリーズ

2021年9月26日 「福音に生きるシリーズ」





2021年10月3日 「福音のバランス」






2021年10月10日 「創世記に記されている福音」

私たちをありのまま受け入れる神様





2021年10月17日 「福音に働く御霊様」


使徒1:8





2021年10月24日 「福音:恵みと憐み」


エペソ2:8-9「 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」





2021年10月31日 「福音に関わる神様の主権」






2021年11月7日 「福音に生きる:神様は新しいことをする」


Isaiah 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。





2021年11月14日 「福音に生きる:主権の応用」


マタイ28:18「イエスは近づいて來て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。」

詩篇139篇14節 「私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私のたましいは、それをよく知っています。」
英文:I am fearfully wonderfully created.

 その1

 その2



2021年11月21日 「福音に生きる:小さいもの」


マルコ4:30-32 「また言われた。「神の国は、どのようなものと言えばよいでしょう。何にたとえたらよいでしょう。
それはからし種のようなものです。地に蒔かれるときには、地に蒔かれる種の中で、一番小さいのですが、
それが蒔かれると、生長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が巣を作れるほどになります。」」





2021年11月28日 「福音に生きる:二つ目の適用:罪と罪悪感から解放」


第1ヨハネ 1:9「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」

ローマ8:33-34「神に選ばれた人人を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。
罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト․イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。」





2021年12月5日 「福音に生きる:応用その3:すべてのことを働かせて益としてくださる神様」


ローマ人への手紙 8:28「神を愛する人人、すなわち、神のご計画に従って召された人人のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」





2021年12月12日 「福音に生きる:信じるものを通して神様は働く」


エペソ人への手紙 1:19 Ephesians 1:19 また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。





2021年12月19日 「福音に生きる:神様が望んでおられることThe Will of God for you.」


1テサロニケ5:16-18 
1 Thessalo. 5:16 いつも喜んでいなさい。
1 Thessalo. 5:17 絶えず祈りなさい。
1 Thessalo. 5:18 すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト․イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。





2021年12月26日 「福音に生きる:よみがえり主であるイエス様」適用:復活の信仰

不可能を可能に信じる信仰:へブル人への手紙11章





2022年1月2日 「福音に生きる:神様からの懲らしめ」

へブル人への手紙12章5-11節

Hebrews 12:5 そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。「わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。
Hebrews 12:6 主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」
Hebrews 12:7 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。
Hebrews 12:8 もしあなたがたが、だれでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生子であって、ほんとうの子ではないのです。
Hebrews 12:9 さらにまた、私たちには肉の父がいて、私たちを懲らしめたのですが、しかも私たちは彼らを敬ったのであれば、なおさらのこと、私たちはすべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。
Hebrews 12:10 なぜなら、肉の父親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。
Hebrews 12:11 すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人人に平安な義の実を結ばせます。




2022年1月9日 「福音に生きる:もう一つの適用:生きた供え物として捧げる霊的な礼拝」

ローマ人への手紙12章1節 12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。




2022年1月16日 「福音に生きる:主の御心を知る」

ローマ人への手紙12章の2節 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。




2022年1月23日 「福音に生きる:御言葉を守り行う」

ヨシュア記 1:8 この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行なうためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。




2022年1月30日 「福音に生きる:主が共におられる」

ヨシュア記1章9節 「わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄雄しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」




2022年2月6日 「福音に生きる:御言葉を黙想する」

詩篇1篇2-3節 「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が來ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」





コロナ時代に生きるクリスチャンのあり方

投稿者: Administrator on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効

2021年8月8日 主日礼拝


7パーツのメッセージです。

その1:横の関係より縦の関係を




2021年8月15日 主日礼拝


その2:God is Personal God (人格をもって私たちの小さなことでも興味を持っている)




2021年8月22日: 主日礼拝


その3:神の国を第一に求める(マタイ6:33)



2021年8月29日:主日礼拝


その4: 「神様に伺う」


2021年9月5日:主日礼拝


その5:「神様の御心を知る」



2021年9月12日:主日礼拝


その6:「未来を読む」


2021年9月19日:主日礼拝


その7:「与えられたもので満足する」

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q 既婚女性が情緒的な満足を得るには、結婚生活以外のところに目を向けるべきだということですか。

    A  まさしくその通りです。情緒的な弱さを持った女性が、ストイックで、女性の心の機微を理解しない男性と結婚している場合は特にそうです。

    もし、彼女が、意味ある全ての会話の相手、また情緒的な全ての必要を満たしてくれる相手を夫に期待するならば、結婚生活は長続きしないでしょう。妻の「魂 の渇き」をどう処理したらいいか、どうしたら妻が幸せになれるのか、夫には全く見当がつかないのです。夫が、自分の願うような夫になってくれる見込みがな いと分かった時、二人の間には不満がわだかまり始めます。この問題で行き詰まった結婚の例を、私は限りなく見てきました。解決はどこにあるのでしょう。普 通の情緒的な必要のある女性ならば、そのままではいられません。心の底で悲鳴をあげています。

    ひとつの答えは、他の女性たちと意味ある人 間関係を築くことによって、夫が満たしてくれないものを満たすことです。心から話し合い、聖書を学び、笑い、泣き、子どもを育てることのできる、女性の友 人を持つことは精神衛生のために必要です。まさにこの方法で、多くの女性たちは過去何世紀もの、自分たちの情緒的な必要を満たしてきたのです。多くの男性 たちは週に60、70時間も働いて、妻の心の必要に答える時間もエネルギーもなかったのです。しかし、女性たちのネットワークがその空洞をみごとに埋めて いました。彼女らは一緒に働き、一緒に料理し、一緒に教会に行きました。それで、どうにか満足できたのです。

    今日、女性たちのネットワー クはどこへ行ってしまったのでしょう。多くの女性は仕事を持ち、近所に女性たちの姿がなくなり、人々はよく引っ越すようになりました。血縁者のつながりは 薄くなり、文化は進みました。そのため女性同士の友情は見い出しにくく、多くの若い女性たち、特に二人以上の就学前の子どもを持つ母親たちは友人を探すこ とをあきらめています。あまりに面倒なためです。しかしながら、若い主婦の読者の方々は、このようなパターンに陥らないように願ってます。どれほど忙しく ても、同性の友情を育むために時間を費やしてください。家に閉じこもって、誰かが話しかけてくれるのを待つ誘惑に負けないでください。あなたの必要に答 え、聖書のみことばを宣べ伝えているキリスト教会に家族で出席してください。同じ様な気持ちを持った女性たちが周りには大勢います。彼女たちを探し出し、 愛し、そして自分を与えるのです。そのうちにあなたの自尊心も高まります。あなたが満足していれば、結婚生活もうまく行きます。

    簡単すぎる答えに聞こえるかも知れませんが、人間はそのように造られています。人間は、社会的な生き物として、神を愛するように創造されており、孤独ではうまくいかないのです。孤独を避けてください。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 罪とは何ですか?私は罪人ではないと思っていますが。

    A. 罪とは、一言で言って、神と人間の裂け目、対立です。 これによって人間同士もまた互いに裂かれた者となりました。ここから憎しみ、悲しみ、身勝手な思い、不和、相互不信などが生まれ、人生が死の彩 りを帯びたものとなるのです。例えばあなたが自分を正しいと思う心の中にもう既に罪は潜んでいます。
  • Q 心のこもった応答を全くしてくれない夫を持つ私のような妻はどうしたらいいのでしょうか。主人はいい人ですが、女ごころの機微にはうとくて、会話を楽しむことをしません。私はもう我慢できません。

    A.  妻の必要に全く答えられない種類の男性たちがいます。
    女性たちが何を考えているかが分からず、これまでに誰にも「与える」ことがなかったのです。

    女 性の機微が分からず、コミュニケーションできない、この種の男性たちと結婚した女性たちは、どこまでを期待できるのか、またどうやって意味ある生活を作り 出すかを決めなければなりません。そうでなければ、早く離婚するしかないでしょう。もちろん、前者の方が良いと私は思います。

    ご主人が上 記のような方ならば、奥さんにできることは、女性がどのように男性とは違うのか、そして、あなたの独特な必要は何かを、責めたり怒ったりせずに、よくご主 人に説明することです。お二人の間で、改善できるところは改善し、理解可能なことは説明し、解決できることは解決し、歩み寄れる部分は交渉をすることで す。
    ユニークな個性を持った、二人の不完全な人間が持ち寄った原材料で、できる限り最善の結婚生活を造りだすのです。

    また、削りとれない荒さや、直せない欠点などについて最善の努力をした後には、現実を受け入れることです。精神衛生の第一原則は、変えられないものを受け入れることです。人生の状況を見て、うつ状態に陥ることは容易です。

    し かし、それに屈せず、満足することを選ぶこともできます。「選択」がキーワードです。あなたは、ご主人をありのままに受け入れられますか。人が、伴侶の中 に自分の全ての願いや希望を実現することはほとんどないのです。コインの裏表のように、当然ながらあなたもご主人にとって完璧な奥様にはなれません。ご主 人があなたの情緒的な必要のすべてを満たすことができないように、あなたも、ご主人の男性としての必要を常に満たし続けることはできません。両者ともに、 人間の弱さ、欠点、いらいら、疲労、また時折おそう頭痛を現実として受け入れざるをえません。

    完璧主義は、良い結婚を生みだしません。解決不可能な山のような問題を見過ごせる健康な視点が、良い結婚を生み出すのです。この解決法が、実行するにやさしいものであるとか、おっしゃるような心の叫びを簡単に取り去るなどと申し上げるつもりはありません。

    しかし、誰でも遅かれ早かれ自分の手に余る困難にぶつかるものです。そこで、つぶれたり、逃げたり、腹を立てたり、その全てをすることもできます。けれども、受け入れることはそのすべてに勝るのではないでしょうか。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 聖書とは何ですか。新約聖書と旧約聖書は、どう違うのですか。

    A. 他の古文書と同様に人間が記したものです。しかしわたしたちは次のように信じます。
    「旧 新約聖書は、神の霊感によりて成り、キリストを証し、福音の真理を示し、教会 の拠るべき唯一の正典なり。されば聖書は聖霊によりて、神につき、救ひにつきて、 全き知識を我らに与ふる神の言にして、信仰と生活との誤りなき規範なり。」 (「日本基督教団信仰告白」より引用)
    わたしたちが自分自身でどれだけ正しく美しいと思えるものであっても、聖書の教えに反するものならば、わたしたちはそれを捨てます。神の言葉のみが真理であるからです。
    旧新約聖書は共に、神の救いの歴史を記しています。旧約聖書は天地創造から神の民とされた古代イスラエルの興隆、滅亡、再生の歴史を物語り、メシア預言 (神が人類に救い主を与える希望を表す)をもって閉じられます。新約聖書はメシア預言の成就として、イエス・キリストの誕生、生涯、受難、十字架の死、そ して復活と昇天、その後に聖霊によって建てられた教会(新しい神の民)の歴史を物語り、教会成立当初に生きた使徒たち(おもにキリストの十二弟子)の証言 を通して、救いの完成するキリストの再臨、終わりの日に向かっての希望を表して閉じられます。