今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

デボーションをして得られる三つ益

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

デボーションをして得られる三つ益

1. 神の導きに生きることができます

デボーションのサンプルが明確に示しているように、私たちの具体的な生活に神さまは導きを与えてくださいます。デボーションの時、聖書を読み、思 いめぐらし、祈りながら導きを受け取ります。導きは私たちの思いの中に与えられますが、これを神さまの導きと信じて受けとめます。
私たちが直面している問題や、課題、悩み、心を満たしている感情などにも神さまは導きを与えてくださいます。神さまは私たちのことをよく ご存じであり、私たちを愛してくださり、「あなたの御言葉は、私の道の光り、わたしの歩みを照らす灯」(詩編119:105)なので、私たちの生活に対して具体的な導きを受け取ることができ、神の口から出る一つ一つの言葉によって生きることができます。

2. 信仰者として成長します

聖書の言葉で言えば、
成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長」(エフェソ4:13)します。

サンプルに登場した三人は、デボーションによって得た導きを実践します。それによって彼らは「変えられる」のです。ある学生は、「それでもクリス チャンなの」と言われることを恐れずに未信者の人たちと交わり、なお神の真実が現れることを信じます。女性の信仰者は、自分だけでなく他者のことも考える 配慮に生きようとします。ある男性は、部下を責めたり、怒ったりする人から、部下の失敗をカバーする人になります。

そしてこのような変化がデボーションを通して繰り返されていきます。するとどうなるのでしょうか。
「思い」は「行動」となり、「行動」は「習慣」となり、「習慣」は「性格」をつくります。デボーションをする人の「思い」は、神の言葉に 従いたいという思いですから、デボーションを続ける人は、神さまに対して従順な人となり、愛の配慮に満ちた人になり、謙遜な人に成長していきます。信仰の 成長が確実に期待できるのです。

3. ありのままの自分でいられます

「ありのままでいいんですよ」と、色んな人が言います。でもなぜ、ありのままでいいのでしょうか。わたしの答えはこうです。
「ありのままの自分」を神さまは導いてくださるから。
「ありのまま」の自分が嫌になることってよくありますよね。人をねたんだり、自分の力のなさを思い知らされたり、人を赦せない思いが心に 溢れていたり、妻と喧嘩して口を聞いていない状態が続いたりの自分。成績が悪い自分、出世できない自分、信仰が成長していない自分。と言われればほっとしますが、ありのままでいいとは思えないのが現実です。

神さまは「ありのまま」の私に導きを与えて、わたしを別の所に導いて下さいます。神さまは御言葉を通して、励ましてくださいます。成長へと導いてくださいます。

今日の「ありのまま」は明日の「ありのまま」とは違うのです。

私はいつも神さまに愛され、いつも神さまの導きを受けることができます。神さまの導きの対象は「ありのまま」の私なのです。だから「ありのまま」の自分をいつも喜ぶことができます。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)
  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • 「人間は皆罪人(つみびと)だ」と聖書は語ります。その罪とは、法律を犯す「犯罪」という意味ではないし、倫理的な「不道徳」ということでもありません。 聖書の言う罪は神様との関係においてのみ成り立つことです。神様に造られ、生かされている人間が、その神様を見上げることなく、神様の思いを無視して、自 分が主人となって歩んでいる、そのことが罪なのです。聖書における「罪」という言葉は「的外れ」という意味でもあります。神様を見失った人間は、的外れな 生き方をしてしまっているのです。その根本的な罪から、人間どうしの関係もうまくいかなくなり、「不道徳」も、そして「犯罪」と見なされる罪も生まれてく るのです。