電道(E-vangelism)

電道のご紹介 - イントロダクション

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

記事インデックス

20世紀後半にはじまった"インターネット革命"により、インターネットはメディアの世界で重要な位置を占めるようになりました。ビデオ、CD、カセットテー プ、テレビ、ラジオを凌ぐ勢いです。これらは、私たちクリスチャンが伝道に用いて来たものでもあります。2年以内に、インターネットは欠かせないコミュニ ケーション手段となるでしょう。一月ごとのインターネットの需要量は目覚ましく、この4年以内に利用者がアメリカで5千万人に到達したそうです。(ラジオ の利用者が5千万人に到達するまでに38年、テレビで13年かかったそうです。)アレクスリア・サービスの調べによると、毎日150万の新しいウェブペー ジが作り出されているとのことです。

イギリスやヨーロッパはアメリカに少々遅れを取り、今年中には40%の人がインターネットにアクセスするようになる見込みです。世界各国の学生たちは学校内 のコンピュータでインターネットへのアクセスが可能であり、卒業後も90%の人がアクセスを続けることでしょう。さらに、驚くべきことは毎日9万人以上の 人たちがインターネットを利用し始めています。クリスチャンに扉の閉ざされている中国でさえも、505,000人から1,175,000人と1998年の 6月から半年以内に2倍以上に、そして今年中に利用者は1千万人を越える見込みです。世界中でさらに1億人が5~10年以内に新しくインターネットを利用 し始めることになるでしょう。

そこで、私たちクリスチャンへの挑戦は、どのようにしてインターネットを伝道の場として利用するか、です。もう、諸々の宗教、ニューエイジ、異端はインター ネット上で動き始めています。たくさんのクリスチャンのウェブページを見て励まされますが、それらのほとんどはクリスチャンだけの為なのです。伝道的なも のは、ごくわずかしか存在していません。

私たちはインターネットを通して、世界中に福音を伝える機会を見逃しているのです! 私たちは、インターネット上での伝道が、一対一の伝道やメディア(書籍、ラジオ、ビデオ)を通しての伝道を凌ぐものだといっているのではありません。た だ、今急速に成長しているインターネットを伝道の道具に加えたらどうかと思うのです。私たちが実際地の果てまで出て行く必要は今まで以上なのです。

"Soon Gospel Literature"(イギリスの伝道的文学ミニストリー)で1996年からインターネット伝道を試みたところ、得たものが 多く、とてもエキサイティングでした。一日に1500件のアクセスがオーストラリアからジンバブエまで、世界中からありました。この事を通して、たくさん のことを学び、今もなお、学ばされています。他のクリスチャンにも分ち合い、彼らの助けとなれば幸いです。私たちはすべてのことに関する答えや絶対的な方 法を提案するのではなく、皆様からのご意見、お便りもこれからの向上にためにもお待ちしております。

大きなウェブページを作成し、運営管理をしていくのは大変ですが、私たちがここで提案したいのは、どんなクリスチャンでもウェブページを作成することがで き、世界宣教に貢献できるということです。インターネットは健康上の理由、その他の理由で家の中で時間を過ごしがちな人には、素晴らしい伝道の手段です。 時間とコンピュータさえあればできるのです。もし、あなたの賜物が文章を書くこと、技術的なこと、カウンセリングなどであったならば、色んな賜物をもつ何 人かでチームを作ってウェブページを通して伝道を始めてみてはいかがでしょうか?ウェブページに限らず、インターネット上でのチャットやEmailを利用 して効果的に伝道するのもいいでしょう。

"ほむべきかな。我が岩である主。主は、戦いのために私の手を、いくさのために私の指を鍛えられる。"  詩篇144:1

あなたの指は、キーボードの上で魂の戦いのために使われるのです!

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ 性教育を行えば、10代の妊娠者数は減ると言われますが、本当ですか。

    A  とんでもありません。「安全なセックスをしなさい」という考えが国中の学校で教えられるようになって以来、未婚者の妊娠率と10代の中絶率はうなぎ上りです。

    ス タン・ウィード氏およびジョゼフ・オールソン氏による大がかりな研究によれば、家族計画協会の性教育法は、思春期の性行動の問題を悪化させこそすれ、減少 させることはありません。ウィード氏とオールソン氏は、妊娠率、中絶率、通常の出産率を各州ごとに比較しました。それによると、その他の条件が同じ場合、 15~19歳の女性たちで、避妊法の指導を受けている千人には、受けていない千人より、なんとおよそ50~100件以上も多くの妊娠数が予測できるので す。
    家族計画協会自身のデータに基づいたその報告は、協会が出した妊娠また中絶率の減少予測と、実際の増加率との著しい違いをも明らかにしています。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. 教会には、なぜ十字架があるの?

    A. ローマ時代、十字架刑というのは、もっとも恐 ろしい犯罪者への刑罰の方法でした。イエス・キリストは何の罪も犯されませんでしたが、約2000年前に 2人の強盗と一緒に十字架につけられました。それは、「私たちの罪の身代わり」であった、と聖書は語っています。十字架上でイエス・キリストが流された血 潮によって、私たちの罪はゆるされ、聖なる神の前で「義」とされるのです。
    そのことをいつも心に覚えて忘れないために、多くの教会には十字架がシンボルとして付けられていますが、十字架に手を合わせて拝んだりするためではありません。
  • 家族Q 老齢化に伴う肉体的な変化について教えていただけますか。

    A 全ての器官が同じレベル、また、同じ早さで衰える訳ではありません。老化には決まった順序があります。通常、すなわち病気がなにも無い時、老化のきざしは以下の順序で現れます。

    ま ず衰えるのは、まず人と外界をつなぐ感覚器官です。目の水晶体が収縮して焦点を合わせることができなくなるため、景色にも本にも焦点の合う遠近両用眼鏡を かける必要が出てきます。白内障になるとさらに視覚が衰える場合があります。三半規管が衰えると音の伝導がにぶり、若い頃のようには耳が聞こえなくなりま す。まず高い音が聞こえにくくなり、次第に低い部分に移ります。口と舌の味覚が衰えると、食物の味が落ちます。食べる楽しみがなくなります。嗅覚が落ちる ことも、味覚の変化の一因です。食事の喜びの多くは、快い香りによるからです。肌が荒れ固くなると、触覚が弱ります。このように五感がすべて弱くなり、情 報を捕えて脳に送る能力は減少します。

    次に運動機能、すなわち体を動かす力の変化です。まず指が動かなくなり、次に手の機敏さが衰え、手首、ひじ、そして肩に来ます。機能の衰えは外部から体の内側へと進みます。それで、老人の震える文字は年を表わすのです。

    そ れから循環機能に変化が訪れます。心臓内部と周囲についた脂肪のために、同じことをするにもより労力がいります。運動のあと、通常の脈拍に戻るまでにより 時間がかかります。動脈がしだいに硬化することも、心臓の負担の元です。コレステロールが動脈に溜まり血流を圧縮するので、心臓発作、脳卒中、その他の心 臓血管系の病気に結び付きます。加えて、自律神経系統が体を規則正しく機能させなくなり、血行の悪さなどの問題を起こします。生殖能力も、女性では45才 程度で、男性の場合は50才か60才で無くなります。生命を生み出すという尊い働きも終ります。

    要約すると、老化の過程に起きる重大変化は以下の通りです。第一に感覚器官が衰え、次に運動機能が衰えます。すなわち体を動かす能力です。さらに高齢になると精神的な機敏さが衰えるでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ. 自信がなく、自尊心が低い子どもたちや若者たちがこれ程までに増えてきたのはなぜなのでしょうか。

    A. ひとつには、私たちの社会が持っている、人間の価値をはかる尺度が狂っているからです。全ての人が価値ある存在とはみなされません。全ての人がありのま まに受け入れられていません。生まれながらにして誰からも認められるような資質を持った人にしか賞賛は届きません。

    この悪循環を私たち親はなんとかすべきです。私たちの文化で最も高く評価されているのは美しさです。たまたま美しく生まれついた人は誉れと尊敬を受けます。
    そうでない人は他に落度はないのにさげすまれ、拒まれます。乳幼児でさえこの価値基準にさらされます。美しい子はより可愛がられるのです。

    そ れで、第一子を産んだ後に母親がふさぎ込むのは珍しくはありません。赤ちゃんは一般的には不器量なものとわかってはいても、自分の子どもは例外だと親は思 います。どんな母親も、まぶしい笑顔、かわいいまばたき、前歯が4本そろって、血色がよい、広告に出てくるような子どもを産みたいと内心は思っているので す。
    ところが、わが子は期待はずれで、歯も髪の毛もなく、しわくちゃで泣き叫ぶだけです。成長するにつれ、親のみならず他人からも子どもは人としての価値をはかられるようになります。

    赤ちゃんコンテストの優勝者には賞金や賞品が当り前のように与えられます。魅力的な子どもは、何もなくてもすでに有利であるのに、なんという不公平な世の中でしょう。
    ジョージ・オーウェルの皮肉が思い浮かびます。「人はみな平等であるが、ある人たちはより平等なのだ」この言葉の真実性が私たちの子どもたちの人生において証明されているのは実に悲しいことです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから