テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 8

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロの戦略とは何だったのでしょう?

パウロの教会開拓におけるユニークなアプローチは、世界的な平信徒宣教師の運動、つまり世界宣教の最短距離を生み出すようにデザインされていたのです!

最初から、パウロの教会は自己増殖的でした。みなが給料無しに伝道しました。平信徒の伝道は当たり前のことでした。

彼の教会は自分たちでコントロールされていました。外国のリーダーシップに頼ってはいませんでした。パウロと彼のチームは決して教会を牧会しませんでした。 彼らは彼らが訓練し、「神のすべての御心をあますところなく」教える聖書学校で教えられた家の教会のリーダーたちを任命しました。

彼の教会は自給していました。外国の資 金源に決して頼りませんでした。家の教会の牧師たちでさえ、開拓の段階にあるときにはセルフサポートをしていました。しかし改宗者には与えることを教えて いました。なぜなら貧しい人を心にかけることは、クリスチャンにとってしてもしなくてもよいことではないからです。

パウロはほとんど突然に、家の教会の リーダーを指名しました。しかし彼らは自分の仕事を続けました。(使徒20:33-35)会衆がフルタイムの牧師を必要とするようになるときまでには、そ の地方のリーダーは明らかに家の教会の中でまた、その地域の未信者たちの中でも最も高い尊敬を受けるようになっていました。(第1テモテ3:7)もしそれら の牧師たちが、一度も未信者たちの間で働いたことがなかったら、どうしてメンバーに同じ事をするように頼めるでしょうか。どうやって彼はメンバーを訓練す るのでしょうか。(エペソ4:11-12)

家の教会が増殖し、フルタイム のリー ダーが必要になるころには、そのリーダーを支えるのに十分名献金を地域はまかなうことができました。パウロの古い教会は、牧師たちのためによく貯えておく ように教えられていました。パウロはガラテヤ人に、またその後でエペソの長老たちにそのことを思い起こさせました。(ガラテヤ6:6、テモテ5:17-18)

メンバーたちは、みな働いていたので与えることができました。パウロは仕事に対する厳しい倫理を染み込ませていました。彼らは、牧師が部外者ではなく尊敬するその地域のリーダーであったので、喜んで与えました。

無給の伝道の、もっとも大切な基本的なパターンが構築されていたので、有給のミニストリーは、決まりきったことというよりは、例外でした。

パウロは彼のどの成長段階にある教会にも、外国の資金源や指導者に頼るようになることを許しませんでした。パウロの戦略は行き当たりばったりではありません でした。もし彼自身が働いていなかったら、彼は決して自給する伝道者も、独立した教会も作ることはできなかったでしょう。彼は他の人々に注意深くおかれた 彼の土台の上に気をつけて建てる様にと警告しました。(第1コリント3:10)教理においても、方法においてもです。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 先に愛については既に触れました。しかし、神の愛、隣人愛は教会の特質として欠かすことが出来ません。そこで、もう一度愛について考えてみましょう。教会 の人々は、神を愛し、隣人を愛す人々です。イエスは何が一番大切かと質問された時に次の様に答えました。 12:28 律法学者がひとり来て、その議論を聞いていたが、イエスがみごとに答えられたのを知って、イエスに尋ねた。「すべての命令の中で、どれが一番たいせつです か。」12:29 イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。12:30 心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』12:31 次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」(マルコ12:28-31)

    一 番大切なことは、神を愛し、自分自身のように隣人を愛すことです。愛といいますとロマンチックな愛を考えがちですが、愛すために人は神から与えられている すべてを尽くすことを求められます。つまり、心(純真な思いや願い)、思い(感情や感覚)、知性(理論的な考え)、力(理知的な力と意志や肉体的な力)を 尽くして愛します。神の教えを理解し、心からその教えに従うことです。時には、理知的な力と意志や肉体的な力も必要でしょう。さらに、「人は自分自身のよ うに隣人を愛すべきだ」とイエスは言います。このことは自分自身も愛すことを裏付けています。これは、自分中心的な愛ではありません。むしろ、自分自身へ の愛は、神によって創造された確信と、神によって愛されているという確信からくるものです。同じ理由で、神によって創造された隣人を愛します。
  • 「私は、聖書を、これまでに神が人類に与えた最上の賜物と信じる。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

    「聖書は単なる書物ではない。それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。」ナポレオン・ボナパルト(フランス皇帝:在位1804~1814)

    「いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。」アイザック・ニュートン(「万有引力の法則」を発見した物理学者)
  • Q. クリスチャンになったら、仏壇はどうするの?

    A. 信仰は個人の意思によって決められるべきものとして、日本の法律でも保証されていますが、現実には、昔からの家の宗教や伝統が根強く残って力をふるっているのは事実です。
    し かし、あなたにとってまず大事なことは、あなた自身の人生を本当に自由にし、幸せにするものは何か、ということです。それを選ぶことはわがままでも家を不 幸にすることでもありません。むしろ、その逆です。あなたの子孫は、あなたがその自由と信仰を勝ち取ってくれたことをきっと喜んでくれるでしょう。勇気を 出して決断してください。神がその勇気と力をくださり、あなたの選択が正しかったことを必ず証ししてくださいます。仏壇のことは、その後で、あなたが自ず とどう処分したら良いかを見出すようになります。
  • 人に不快な思いを与えるようなものでさえなければ、礼拝に出席する服装の決まりは基本的にありません。ただ、礼拝に集まる信者たちは、「神様のみ前に出 る」という思いをもって集っています。礼拝にどういう服を着ていくか、ということは、「人の前でお洒落をする」ということではなくて、「神様のみ前にどの ような思いで出るか」ということなのです。