× これは提案箱用の任意のフォーラムヘッダです。

Percussion Drum Samples, Tzevaot Aeolian Steel Drum, Steel Drum Grill, Handpan Drum Artists

  • Aaronjuh
  • トピック作成者
  • 訪問者
  • 訪問者
2 年 9 ヶ月 前 #10 : Aaronjuh
A glucophone is a vibration of quality, solemn peace, balance wadding a space. The paramount processing and the correlation of hemispheres, petals (notes) and resonator gives an extremely rolling in it palette of overtones. The scarcity of clever dulcet mood severity makes any melodiousness that was played, harmoniously. In to boot, the glucophone emits a vast amount of resonant ultrasonic radiation, which spiritually and physically charges the space. The joint dispatch last wishes as forge a unique relationship among the participants of glucophony. Colossal glucophones with a diameter of 30 cm, a thickness of steel is 3 mm, bass with a occult large sound. Includes sticks.


I invite you to stop in my location: steel-tongue-drum.info





Percussion Drum Strokes
Buy Singing Bowls Los Angeles
Handpan Tongue Drum

Special Gift 9 Year Old
Unique Gift Card Boxes
Unique Gift Delivery Ideas

Singing Bowl Puns
Handpan C Note
Singing Bowl Purchase

ログイン または アカウントを作成する は対話に参加してください。

  • maskilekers
  • 訪問者
  • 訪問者
2 年 8 ヶ月 前 #11 : maskilekers
CamaronaldGorへの返信 by maskilekers
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#cross774_mod<>0,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#cross774_mod<>,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\st.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#cross774_mod<>,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]
#file_774_mods<C>\774_mod.txt,1,S]

ログイン または アカウントを作成する は対話に参加してください。

  • Dexteervam
  • 訪問者
  • 訪問者
2 年 6 ヶ月 前 #12 : Dexteervam
Благовещенскへの返信 by Dexteervam

ログイン または アカウントを作成する は対話に参加してください。

  • Dexteervam
  • 訪問者
  • 訪問者
2 年 6 ヶ月 前 #13 : Dexteervam

ログイン または アカウントを作成する は対話に参加してください。

ページ作成時間: 0.063 秒

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ 私も家内も、最近信仰を持つようになったのですが、子育てには失敗したなと思っています。今は、成人した子どもたちの事で、親として後悔することが多いのです。親として、今からできる事は、何かありますか。

    A. 随分と自分を責めておいでになりますね。
    母親、また父親として失敗したという、なんらかの後悔の念や苦い思い出を抱いていない方は、恐らくないだろうと思います。

    子 供は、とても複雑な生きものですから、完全な人間がいないように、完全な親もいません。日常生活の悩みは尽きません。誰でも、疲れ果てて平静を失います し、体調や気分の上下によって、言うべきでない事を口走ってしまったり、模範的とは言えない言動をしてしまうことがあります。感情的に子どもにあたってし まって、しばらくたって振り返ると、自分の愚かさに気付く事もあります。

    そういう失敗は誰にもあります。完璧な仕事をする人はいないのです。ですから、私たちは神の前に、こう祈るのです。

    「神さま、あなたは私の不完全さをご存じです。子育てに関してだけでなく、他のことでも同じです。精一杯やってみましたが、それでも足りませんでした。
    イエス・キリストが、五つのパンと二匹の魚をとって何倍にも増やして下さった奇跡のように、今、私の小さな手の努力を取り、祝福してください。
    足りなかったところを、あなたが補ってください。私が満たすことができなかったものを、あなたが満たしてください。
    偉大な御手で、子どもたちを包み、ご自身のもとに導いてください。
    彼らが人生の岐路に立つ時に、導きを与えてください。
    私は、ベストを尽しましたから、子どもたちも、私も、また親として私のしたことも、全てあなたに委ねます。全て、あなたのものです。」

    親としての仕事が終わった方にとっても、そういう祈りは神様に受け入れられると思います。
    あなたの手の届かないところにある事柄について、罪意識を持ち続けるのは、神様のみ心ではありません。過ぎた事は、過ぎた事です。くよくよするのはやめましょう。結果は神に委ねて、手を離しましょう。そうしたら、神の助けの手を実感する事ができるでしょう。

    「私 は、すでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・ イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」(新約聖書:ピリピ人への手紙3章13~14節)


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • しつけQ. 私の友人の子どもたちのことですが、今まで見たこともないようなしつけの悪さで、そばにいられると話もできません。なんとかしつけの手助けをしたいのですが、どうしたら友人を傷つけずに良いアドバイスができるでしょうか。

    A.  誰かの行動や性格について傷や欠点を指摘するには、ヤマアラシが愛しあうようにすべきです。すなわち相手を傷つけないように、細心の注意を払うのです。 そうでないと、友人を失うことになります。まして、親としての間違いを指摘することは、さらに危険が伴います。全くの善意から、相手の子どものことを考え て注意したとしても、注意した方が反対にとばっちりを受けるのがおちです。
    ですから、いかに必要を感じたとしても、私は人様の子どもについて頼まれもしないアドバイスはしないようにしています。どうしても聞き心地のよくないことを相手に対して言わなければならないとしたら、まず彼女との友情を築くための時間をとる努力をすることを勧めます。
    注意深く信頼関係を築いたあとで初めて、あなたはやさしくアドバイスする権利を手にすることができます。このやり方に近道はありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 家族Q 安楽死の方向への動きに異論があるのはなぜでしょう。病気の老人が尊厳をもった死を選ぼうとすることは、誰の迷惑にもならないはずです。質の伴った命がないわけですから、静かに自殺させてあげたらどうかと思うのですが。

    A  現代の文化的背景の中で、ご質問は大変重要なものですので、しばらく時間を割いてお答えしたいと思います。

    苦しく緩慢な死を迎える老人たちがいることを知っている私たちにとって、ご質問にあるような考えは大変魅力的なものではあります。静かに眠らせ、苦しみを逃れさせてあげる方が確かに人間的なことと思えます。

    し かし、その方向に進むなら、多くの人々が言語に絶する苦しみを味わい、社会が混乱に陥ることは火を見るよりも明らかです。人命を奪うという道徳的な側面も さることながら、安楽死はその性格上、なしくずしになることが避けられません。いったん、おりから這いだした蛇を捕まえることはできません。

    詳しく説明しましょう。治癒の見込みのない老人が、医師の助けによって自殺することが合法化されたとします。その後は、病気も重度の障害もない人の自殺に対して、何が歯止めになるのでしょうか。
    健康な老人であっても、もう生きるのに疲れたという人はどうでしょう。彼の自殺を許すのにかかりつけの医師からの許可証が本当に必要でしょうか。
    健康な老人が死を選べるとしたら、次にはそれほど高齢でない人の場合はどうでしょう。
    五十代の人は身投げをしてよいでしょうか。よくないとしたらその理由はなんでしょう。
    四十代の更年期の女性や、中年の多くのストレスを抱えた男性はどうでしょう。

    少し考えて見ると、自殺という決定的な事柄に年齢は何の関係もないことが分かります。うつ状態ではあっても健康な二十歳の学生が、治癒の見込みのない患者と同じように「尊厳ある死」を選ぶ権利があるということになってしまいます。

    もし安楽死が一部の人に合法化されたら、全面的合法化へのレールが敷かれたも同然です。年齢も、健康的要素も、クォリティ・オブ・ライフ(質の伴ったいのち)も条件とはなりえません。
    安楽死を積極的に押し進めているヘムロック協会という団体は、その事実をよく知っています。彼らは、全ての人には「死ぬ権利」があると強く主張しています。

    私 たちが今、まったく健全な胎児を切り刻んでごみ袋に捨てているなどと、1950年に誰が予想したでしょうか。四千万近い、いたいけな子供たちを母の胎から 引き裂くなどということを、誰が想像できたでしょう。最も弱い者たちにその様な非道を行った私たちが、どのようなグループの人たちをも殺すことができない と信じることができるでしょうか。

    歴史的に言って、安楽死という怪獣を招き入れてしまった国々は、大量虐殺という悪夢を実現してしまった のです。それこそ、ナチス・ドイツに起こったことです。そこではまず始めに病人と老人とを殺し、次に精神障害者、知的障害者、そして生まれつきの障害児を 殺害したのです。そこから「望ましくない者たち」すなわちユダヤ人、ポーランド人、ジプシー、生産活動に従事できない者、政治犯、同性愛者その他の人々を 殺害するまではほんの一歩でした。安楽死は絶滅収容所への最後の小さなステップでした。
    もしこのような狂気の虐殺が起こらなくても、「死ぬ権利」の合法化は毎年の自殺数を劇的に増すことは確実です。

    一 人一人の死は、残された者たちにとって、計り知れない悲嘆と罪責感と悲しみとを残します。死ぬ人にとって、自殺は安易な逃げ道に見えるかもしれませんが、 愛する者や多くの子供たちを含む親戚にとっては恐らく最も苦痛に満ちた経験です。どの観点から見ても引き出せる結論は同じです。しかし、カリフォルニア州 の第九連邦巡回控訴院は、家族計画協会対ケーシーの連邦最高裁の判決を引用しながら、安楽死を米国で合法化したのです。「神よ、われらを助けたまえ。」


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 日曜日は、イエス・キリストの復活を記念する日です。その日に教会は礼拝を行ってきました。そのキリスト教が社会の中心となっていったことによって、紀元 4世紀に、ローマ帝国で、日曜日を休日とすることが定められたのです。日曜日が休日だから礼拝をしているのではありません。教会がキリストの復活を記念し て日曜日に礼拝をしていたから、日曜日は休日になったのです。