今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

堀江明夫先生の証:デボーションについて1997年

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

堀江明夫先生の証:

私にとってのデボーション(1997)

聖書を仕事で読むことをしなくなった


牧師が陥りやすい過ちの一つは、聖書を仕事として読むことです。それは必要なことですが、それだけになってしまい、一人の信仰者としてみ言葉に生 かされることがなくなってしまう危険があります。説教も教える説教になってしまい、み言葉が人を生かすことを伝える説教にならない危険があります。

知的信仰からの飛躍

何かで読みました。韓国の教会はよく祈る。台湾の教会はよく賛美する。日本の教会はよく学ぶ。

聖書を学ぶことは大切なことです。学べば、聖書の知識は増えていきます。理解も進みます。聖書的なものの見方、考え方が身について、それによって歩むことができます。それは必要なことです。でもそれだけでは不十分です。

今日、自分の与えられた場で生きる私に対する神の語りかけを聞くことも必要です。モーセは何故、約束の地に入れなかったのでしょうか。それは彼が、今語りかけて下さる神の声に聞き従わないで、信仰的常識的判断で行動したからではないでしょうか。民数記20章に次のような物語があります。荒 野を旅していたイスラエルは飲み水に困り、モーセに不満を言いました。モーセが神に解決を求めたとき、神は、「岩に命じて水を出させなさい」と答えまし た。しかし、モーセは、杖で岩をたたいて水を出しました。何故なら、以前、杖で岩をたたいて水を出した経験があるからです。彼の信仰的常識からすれば、杖 で岩をたたいて水を出すのが、神の解決でした。しかし神は、今回は、杖を使わず、岩に命ぜよ、でした。今、この時、語りかけて下さる神のみ声に聞くことは 大切なことなのです。

聖書を漠然と読むことをしなくなった

日々聖書を読むとき、ある目標・方法によって読めばよいのでしょうが、持ち合わせていませんでした。心惹かれる聖句に下線を引いたり、感想をノートに書いたり。今考えれば、漠然とした読み方でしたが、卒業しました。

私は信じる・・・

私はあなたを母の体内に造る前からあなたを知っていた。 私はあなたを聖別し諸国民の預言者として立てた」 (エレミヤ 1:5) 私の目にあなたは価高く、貴く 私はあなたを愛し (イザヤ 43:4)

私は信じます、
神のみ心によって私は誕生した。
神はかけがえのない存在として私を創造された。
神は私の人生に対して計画をもっておられる。
神の計画は私にとって最善の計画である。
神の計画に生きることが私の幸福である。
神が与えられる祝福、それは神の計画に生きることである。

私は日々生きる。 様々な問題、課題に直面しながら。
聖書に基づく、信仰的な判断を私は必要とする。
だから、聖書の学びは欠かせない。

神は、聖書を通して日々、私を導くべく語って下さる。
日々、神のみ心を知って私は生きてゆく。
私は日々、神のみ声を聞く。
だから私はデボーションをする。

あなたのみ言葉は私の道の光、 私の歩みを照らす灯。 (詩篇 119:105)

語りかける神

聖書は昔書かれた古典です。それが書かれた当時、その内容がどういう意味を持っていたのか理解することが大切なことは言うまでもありません。だから、聖書の学び、聖書の研究が必要となります。

しかし、聖書は信仰者にとっては、古典と言うだけではなく、信仰と生活のための規範ともいうべき書物です。あるいは、神の言葉であると言 えます。聖書を通して神さまは私たちに語りかけて下さいます。礼拝の説教において、説教者を通して語られる神の声に私たちは耳を傾けます。 

また私たちは聖書を開き、自分で神さまの語りかけに聞くことができます。デボーションをして、自分に語りかけて下さる神の声を確かに聞くことができますし、神の導きを受けることができます。聖書の言葉によって、私の置かれた状況が照らし出され、聖書の言葉を通して、神さまが私に導きを与 えて下さいます。その導きを受け取る、それが私にとってのデボーションです。信仰者として生きる限り、デボーションなしに済ませることはできない、そう考えています。

神の導きを受けて生きている、と実感させてくれるのがデボーションです。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 悔い改めてイエスの死と復活に預かるバプテスマを受けたものは、精霊を神の賜物として受けた、と上に書きました。 バプテスマは、言わば神と礼拝者が契約を交わす結婚式のようなものです。人はイエスを主と信じ、救い主として信じて、イエスの名によってバプテスマを受け るのです。 神がこれを認めてその人と契約を結ぶのです。その契約の証印が聖霊なのです(エペソ1:13)。 サルこれらのユダヤ人たちは、42節で述べられているように、 クリスチャンとして3つの重要なことを行なっていました。(1)使徒たちの教え(つまりイエスの教え)を忠実に守ることです。 教会の人々は、イエスに忠実に従う人々です。主の契約に預かる人は神の教えを学び、日々その教えに従って生きていきます。 (2)神に祈ることです。天地万物を創造した神がすべてを支配していることを信じ、その神の栄光が輝き、神の教えが教会内で実践され、またより多くの人々 が神を知るように祈るのです。 (3)パンを裂くとは、主の晩餐を受けることを指しています。主の晩餐はバプテスマと同様に非常に重要なので、しっかりと理解しておきましょう。 主の晩餐はイエスによって制定されました。 ぶどう

    22:14 さて時間になって、イエスは食卓に着かれ、使徒たちもイエスといっしょに席に着いた。22:15 イエスは言われた。「わたしは、苦しみを受ける前に、あなたがたといっしょに、この過越の食事をすることをどんなに望んでいたことか。22:16 あなたがたに言いますが、過越が神の国において成就するまでは、わたしはもはや二度と過越の食事をすることはありません。」22:17 そしてイエスは、杯を取り、感謝をささげて後、言われた。「これを取って、互いに分けて飲みなさい。22:18 あなたがたに言いますが、今から、神の国が来る時までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」22:19 それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。わたしを覚え てこれを行ないなさい。」22:20 食事の後、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流されるわたしの血による新しい契約です。(ルカの福音書22:14-20)

    イ エスの死を覚え、イエスの復活を覚える機会が、主の晩餐によって与えられています。クリスチャンは、主の晩餐のパンを受ける時、教会をイエスのからだ(こ の概念は次に説明します)として覚え、教会内での人間関係を吟味します。また、晩餐のぶどうの実のジュースを飲む時、 クリスチャンは神の救いの業と慈悲を思い起こし、神との契約を新たなる心を持って受けます。そして、主の晩餐は主イエス・キリストが復活された週の初めの 日(日曜日)に、主の復活を覚えてクリスチャンが受けられるものです。このように、教会とは罪ある者が悔い改め、イエスの名によるバプテスマをうけて神の 子供とされる人々の集まりです。そして、聖霊で満たされたクリスチャンたちが、神を唯一の神とあがめ、神の国民とされた人たちの集まりが教会です。そこに は神の御国、神の支配、神の権威があるのです。神の権威がなければ、教会自体に権威はありません。ですから、人間によって作られた伝統や規則などはない、 人々の集まりが教会なのです。もし規則、決まりがあるとすれば、神が制定したものだけです。
  • キリスト教は、イエス・キリストを神の子、救い主と信じ、キリストの父である神様を礼拝する宗教です。旧約聖書と新約聖書とからなる「聖書」を信仰の源泉 としています。 イエスをキリスト(その意味は救い主)と信じた弟子たちの群れが教会として歩みだし、約2千年の歴史を持っています。世界的に見れば、最も多くの信者のい る、世界最大の宗教です。
  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • 家族Q 博士の中絶に対する考えは極端だという人たちがいます。近親相姦やレイプや生まれてくる子が障害児である時でさえ、中絶は許されないと言われるからです。そういう立場を取られる理由は何ですか。

    A  文字どおり母親の命がかかっているという稀な場合にのみ、人間は発達過程にある胎児の命を奪う権威を持つと私は思います。

    その理由は、次の単純な質問に基づいています。「母親の子宮にいる赤ちゃんと、産道を30センチばかり下りた赤ちゃんとどんな基本的違いがあるのでしょう。」もしあるなら、それは何でしょう。人の誕生のどの時点で、神は子供を人間であると宣言されるのでしょう。

    赤ちゃんが母体から離れることには、単なる原形質から永遠の魂を持った人間への変化を説明する、何か特別神秘的なものがあるのでしょうか。私はないと思います。子宮内の赤ちゃんも、数分後にこの世に生まれる赤ちゃんも、確かに神様は同じ愛をもってご覧になるのです。
    両者の唯一の違いは、人の目に見えるか見えないかです。

    こ の前提を受け入れるなら、産前であれ産後であれ、子どもを殺すことは同じように人の道に反します。肉体上の問題、知的な障害、また妊娠の理由はこの際関係 がありません。思いがけない障害をもって生まれた子をその場で殺すようにとは、中絶賛成派の急先峰であっても言いません。
    実際に、人並みの知的能力を持たないであろう新生児や、数週間しか生きられないであろう新生児を殺したら、当局から殺人の責任を問われます。子どもの状況がどれほど厳しくても、私たちには自然の流れに任せるという道徳的また法律的責任があります。

    同じように、私たちは、レイプや近親相姦による妊娠だったからと言って、たった昨日生まれたばかりの子を殺すことはしません。一旦生まれたなら、ことさらに命を奪うことは考えられないことです。
    そ れならば、母の子宮にいるからといって、なぜ「標的」にされるのでしょう。確かに、法律は生まれていない子と生まれた子とに違った立場を認めますが、その 場合は法律が悪いのです。このような区別をするべき生物学的、また道徳的な理由はありません。私たちがまだ会っていない小さな犠牲者の死ぬ過程を見なくて すむ時にのみ、胎児の虐殺は受け入れられるべきかに見えるだけなのです。

    ですから、欠陥があったり障害を持つ子どもの命を断つべきだとい う議論のすべては、以上の理解に照らして検討されなければなりません。「どっちみち死ぬんだから。」「生かしておいても本人が苦しむだけだ。」「親が苦し むだけだ。」「真っ当な人生を送る見込みは、まずない。」「関係者みなにとって、これがベストの選択だ。」など様々な言い分がありますが、この世に生を受 けた赤ちゃんに適用しようとすると、こういう言い訳が間違っていることは明らかです。

    新生児にシアン化合物を与えるべき正当な理由はありません。しかし、その数時間前、妊婦の陣痛がまだ始まっていない時なら、その同じ欠陥のある胎児、または誤って妊娠に至った胎児をばらばらにしてもかまわないと考える人たちがいます。

    私 は、その主張は断固として誤りだと思います。こういう見解は、哲学的また神学的に述べることは易しくても、実際問題として直面させられる親にとっては別問 題だということは分かります。特に気にかかるのは、レイプによる子を妊娠している女性です。言語に絶するうめきと苦しみとがあるでしょう。
    しか し、そのような母親でも、もし無事出産し、自分で育てるか養子に出したならば、決してその決断を後悔することがないことを私は確信します。生まれていない 子どもにとって正しく道徳的なことは、両親にとっても結局はベストなのです。私の意見に反感を覚えるする人はいるでしょうが、これは私が信じていることで す。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A