今日もバイブルしましょう!(Bible Today)

QTを方法 (2)

投稿者: Administrator on . Posted in バイブルしましょう! Daily Devotion

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

霊的成長の第1段階:クリスチャンの少年期 : QTの方法

QTを方法 (2)

I.デボーションは赤ちゃんがお母親の乳を飲むように、私たちが神様から得る霊的な食べ物です。

マタイ4:4 イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。』と書いてある。」

2。ユダヤ人が出エジプトする時神様が天から食べ物を与えて下さいました。それが、マナという物です。

出16:4 主はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。

16:5 六日目に、彼らが持って来た物をととのえる場合、日ごとに集める分の二倍とする。」

16:31 イスラエルの家は、それをマナと名づけた。それはコエンドロの種のようで、白く、その味は蜜を入れたせんべいのようであった。

16:35 イスラエル人は人の住んでいる地に来るまで、四十年間、マナを食べた。彼らはカナンの地の境に来るまで、マナを食べた。

3.デボーションの過程

形はありませんが、基本的な原則があります。デボーションの中に賛美、祈り、主との交わりを取り入れると良いでしょう。

主の御言葉が私たちの日々の霊的な糧になるまで、次のようなステップがあります。

1)御言葉を読む

御言葉を読む時、どこを読むかは自分で決めるか、主に求めて示されたところを読むと良いでしょう。人によって読む長さは違うと思いますが、8節―12節くらいの長さが適当でしょう。

§ 一回目の読み方

一回目は全体を理解するために読みます。文脈を追い、全体的な流れを知る事が必要となるので、素早く読み進んでください。

§ 2回目の読み方

2回目に読む前に、主にお祈りします。「この個所から、主が私に教えたいことを私の心に示して下さい。」とお祈りします。

二回目の目的は、主が今日あなたに語りたい御言葉を見つける事です。その個所は、決まったパターンはなく、一つの単語、一節、または一語の漢字かもしれません。

主が私に教えようとする御言葉は私の心に他の御言葉より強く感じられます。

2)黙想する。

§ 強く感じた御言葉に集中してその意味を主に求めます。

これから、黙想に入ります。強く感じられた御言葉をもう一度読む前に、「主よ、この御言葉は何の意味がありますか?」とお祈りします。

デ ボーションは聖書研究と違って、知識的に学ぶ事ではなく、主からの召し、啓示、知恵を受ける時です。ですから、正しいかを心配せずに、主から受けとってく ださい。聖書研究の時は「どのように?」、「正しいか?」という質問をしますが、デボーションの時には「なぜ?」「わたしの状況に合う主からの答えは何で すか?」と質問します。

その意味を求めるときには、色んな角度から、いただいた御言葉を観察します。その中で示された意味を自分の生活と関連付けます。

3)実行する。

§ 教えられた意味を自分の生活に適用する。

自分の生活に適用する為にお祈りします。「主よ、今、教えられた御言葉を私の生活に適用する為に、今日何をすれば良いですか?」とお祈りします。その祈りの中で示された事を自分の生活において実行します。

実行する時は、ただ、「聖書をもっと読む」「もっと、祈る」などといった、一般的な適用ではなく「1週間に1章を読む」「寝る前に5分間祈る」のように具体的な適用をします。

全ての事に心を込めて主の前に出る事が必要です。神様は私達の心の中心を見るからです。ただ、しなければいけないからする事は、宗教的な行いで、主を喜ばれる事になりません。

結論的に、毎日新しい主の恵みを体験する事が必要です。

哀歌 3:23-24 それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。 主こそ、私の受ける分です。」と私のたましいは言う。それゆえ、私は主を待ち望む。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q 50代を過ぎると性欲が減退するのは避けられないことですか。

    A  年を重ねるにつれて欲求がなくなるという器質的な理由は何もありません。
    肉体的な年齢よりは、性欲の場合、心の持ち方と情緒的な条件により左右されます。夫と妻が自分を年老いて魅力がないと考えるなら、年齢よりも、二次的な理由からお互いに対する関心を失います。
    しかし、肉体的な観点からは更年期の男女が性的に無関心になるという根拠はありません。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • 人に不快な思いを与えるようなものでさえなければ、礼拝に出席する服装の決まりは基本的にありません。ただ、礼拝に集まる信者たちは、「神様のみ前に出 る」という思いをもって集っています。礼拝にどういう服を着ていくか、ということは、「人の前でお洒落をする」ということではなくて、「神様のみ前にどの ような思いで出るか」ということなのです。
  • 洗礼とは、キリスト信者となり、教会の一員に加えられるための儀式です。洗礼は、聖餐(せいさん)と並んで、主イエス・キリストご自身がお命じになった、 神様の救いのしるしです。それを聖礼典(せいれいてん)と言います。洗礼を受けることによって、私たちの罪の赦しのために身代わりになって十字架にかかっ て死んで下さったキリストの救いにあずかり、キリストの復活によって打ち立てられた新しい命に生きる者となり、礼拝を守りつつ生涯を歩むキリスト者(クリ スチャン)となるのです。教会が言い表している信仰を自分も信じ、受け入れることを表明する「信仰告白」をした人に洗礼が授けられます。
  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから