電道(E-vangelism)

計画を練る:計画

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2.1 新しい「言語」を学ぶ

ク リスチャン専門用語は避けてください。ほとんどの人は意味がわからないのです。自分の読者のことを絶えず思い描いてウェブページを作成して下さい。あなた の読者はもしかしたら、若い人、学生などでキリスト教なんかより、もっと色んな世界のことに興味があるかもしれません。ほとんどの場合、あなたの読者は" ジェネレーションX"と呼ばれる世代の人たちでしょう(伝道、特有の考え方については次のリストを参照して下さい)。

参考(日本語)

若者向けの肩ひじ張らないメッセージ

ア―サ・ホ―ランド率いるクリスチャンのバイクミッション。目一杯走り、そして目一杯神の愛を伝える。

ク リスチャン作家のBeverley Carusoは"Writing for the International Reader(国際的な読者向けに文章をかくには)"でこう言っています。"私たちの読者は、情報を個人的に取り入れます。ですから、私たちはたくさんの 人たちを対象にするより、たったひとりの読者のためにというような気持ちで書いてください。作家としての仕事は、ひとりの人に代表されるような読者を認識 することです。ある作家は、読者代表の写真を机の上に置いているほどです。" ですから、まず書き始める前に読者についてできる限り知ってから、あなたの 語ろうとしていることを同じ立場の者として語ってください。(権威ある者の見下した態度では誰も読みたいとは思いません。)1人の人に書こうと心がけた 時、クリスチャン専門用語は自然と避けるようになるのではないでしょうか?

自分の常識に基づいた憶測は避けてください。未信者は、クリスチャンとは違った考え方をするのです。私たちは絶対的な真実を信じていますが、彼らは絶対的なものなんてないとしています。 "それは、あなたにとって真実かもしれないけど、わたしにとっては違う。お互い違う真実があってもいいんじゃない?"という考え方です。

2.2 伝わらない「言語」-宗教的な専門用語は通じないー

すべてのことをクリスチャン専門用語を使わずに説明してください。もし、どうしてもクリスチャン専門用語を使わなくてはならない場合は、その意味を説明してください。以下の言葉は、よほどの事がない限り、まず未信者には無意味だと思ってください。

"新しく生まれる"、"救い"、"罪人"、"救い主"、"義とされる"、"聖霊"、"証"、"伝道"、"確信"、"贖い"、"キリストに導かれる"、"宣教"、"届いて行く"、"悔い改め"などほか1000くらいあります。

教会用語の紹介(日本語)

日本語になったキリスト教の言葉

もし、あなたが今までクリスチャンを対象に本を書き、説教をしてきたなら、言葉の切り替えは簡単ではないかもしれません。ブラジル在住のクリスチャン作家のマリオさんはこう言っています。

" わたしが物語の中で気をつけていることは、宗教、牧師、教会などの名前は避けるということです。たくさんの人たちは宗教にうんざりしているし、宗教くさい ものには避けてしまうのです。ですから、「彼は第一バプテスト教会へ牧師の説教を聴きに行った」とはせずに、「彼は誰かが聖書について教えているところへ と出かけていった」とします。"

あなたが、コンピュータの本や何かのマニュアルを相手に苦戦しているところを想像して見て下さい。"何で、この略語や専門用語の説明がないんだ?!"と言いたくなるでしょう?

2.3 聖書の箇所をウェブページで引用するには

聖 書は力強く、愛に満ちた剣――真理の道を切り開き、心に受け入れる道を備えてくれるもので、人々の頭を打つようなものではありません。けれども、読者が聖 書についての基礎知識をもっているとは限らないのです。西洋のキリスト教国と呼ばれる国々でさえも、人々は聖書についてわずかの知識しか持ちあわせていな いのです(イギリスで52%の人はピラト総督を知らないとする)。もし、あなたが、"使徒パウロがコリントで語ったように"といった表現を使うなら、読者 は、"使徒って何?パウロって誰?コリントって何処?"ということになります。すべてのことを説明しながら書いてください。対象はクリスチャンではないの です。ページの左端にインフォメーションコーナーを設け、聖書の略語、歴史的背景、その他の情報を説明するのも一策です。

聖書を引用する時、聖書箇所を省いて、"いかにも、教会臭い"のを避け、聖句を単独で使うより、文章上で意味が分かるように引用する。事実、聖書に書いてある事を、聖句をそのまま引用しなくても説明できるはずです。

2.4 分けることも必要ークリスチャンとノンクリスチャンのウェブページは混合しないー

私 たちはクリスチャンの為のウェブページと伝道ウェブページを混合しないことをお勧めします。もし、クリスチャンの為のウェブページは、あなたのミニスト リー、宣教、教会などについて書けますが、伝道ウェブページと両立する場合には、クリスチャン相手に説教しながら片手間に未信者に福音を語る事になってし まいます。ウェブページ上では、複数のターゲットとなる人たちに語るというより、個人に語るのです。

この 2種類のグループ(クリスチャン&ノンクリスチャン)には言葉と考え方には明暗を分けるほどの違いがあります。そのため、この2種類のグループを同時に取 り扱うのはとても難しいのです。もし、この2つのあいだでリンクを結ぶとしても、目次、イントロダクションは別に書き分けてください。そして、未信者の為 のウェブページにオプションとして、伝道ウェブページへと導くリンクを付けてください。もし、未信者が"どのように福音を語るか"といったウェブページに 簡単にアクセスしてしまったら、きっとその人は嫌な気がしてしまうでしょう。多くの人は、"罪人を救い出す"ことのターゲットにされているのを快くは思い ません。それを見るなり、大抵の人はそのウェブページから抜け出てしまいます。手際の悪さによって、つまずきを与えてしまわないように気を付けてくださ い。(けれども、クリスチャンの為に作られたウェブページが未信者の為に用いられることがあるのも考慮に入れてください。)

2.5 心を通わせるにはー他の人の「基準」に敏感になるー

誤 解しないでください、私たちは福音が妥協されたり、低くされたりすることを提案しているのではなく、他の人に解りやすく表現されるべきだと言いたいので す。諺にもあるように、"もし、彼らに聞こえなかったのなら、あなたは言っていないのと同じです"。また、他の人のもっている"文化"に敏感に対応しなけ れば、あなたは彼らに福音を伝える機会を失ってしまうでしょう。宣教師達は文化と宗教に関してとても敏感に対応しなくてはならないことを肌で理解していま す。国外追放される可能性があるばかりではなく、否定的な説教や公然と非難することによっては福音は広まらないからです。

不 適当ウェブページ作成において、国外追放される可能性はまずないですが(笑)、福音に汚名を着せてしまったり、福音対する偏見を持たせてしまったりする可 能性もあるのです。残念なことですが、とあるクリスチャンのグループがある国のクリスチャンのリーダー達の忠告を無視し、ダイレクトメールで不適当な伝道 的文書をあちこちに送ったため、その国でのクリスチャンの活動は規制されてしまいました。ですから、抗議をうけてしまうようなことのない様に気を付けてく ださい。私たちは人々を宗教に売り渡すのではなく、神様との交わりを薦めているのです。

2.6 説教的なページにしないー説教よりも、ユーモアを用いたアプローチをするー

イ ンターネットは最近できた気軽なメディアです。私たちは宣言すべき絶対的な真実がありますが、頭ごなしに説教的、教義的にするのはいい方法とは言えませ ん。見下したような書き方はせず、他の考え方にも敬意を払ってください。柔らかい言い回しで、ユーモアに溢れる書き方をお勧めします。時には、読者に考え させるような質問を投げかけてみるのもいいでしょう。説教よりも、ユーモアを用いたアプローチをするほうが効果的です。ユーモアは、防御の壁を壊し概念を 人々の心に植え付けることができるのです。作家のShmuley Boteachはこう言っています。

"私たちが恐れるような話題でも、ユーモアを使うと、恐れないような方法でアプローチすることができるのです。ほとんどの人がユーモアの乏しいひとからの情報は受け入れにくいとしています。"

FEBA's  ガイドは、説教的にせず、3人称を使うことを薦めています。例えば、"あなたは善い事をすることによって神に近づくことはできません。あなたはイエス・ キリスト信じなければなりません。"とするより、"クリスチャンは善い事をすることによって神に近づくことはできるとは考えません。人は皆イエス・キリス ト信じなければなりません。"とします。人は自分の在り方に敬意を払ってもらい、選択の自由を与えられた時のほうが、メッセージを受け入れやすいもので す。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ. 最近、子どもと過ごす時間があまりとれないのですが、一緒にいられる時は大事にしたいと思っています。子どもと過ごす時間の質が、長さよりも大事だという意見に、先生は同意なさいますか。

    A.  私には、その考えの論法があやまりだと思えるのです。
    なぜ、時間の質と、長さのどちらかを選ばなければいけないのでしょうか。私たちの生活の他の場面で、そういう選択を迫られることはありません。どうして、子どもと過ごす時間についてのみ、そのように考えるのでしょう。

    例 えばの話です。あなたが、町で有数のレストランで食事をするのを楽しみにしているとします。ウェイターが持ってきたメニューを見て、あなたは、一番高級な ステーキを注文しました。ところが、出てきたのは、お皿の真ん中に、三センチ四方の小さなお肉が乗っているだけです。あなたが苦情を言うと、ウェイターは 答えます。
    「確かに小さいことは小さいですが、最高品質のビーフでございます。これ以上の味はどこでもお目にかかれないと思います。なにしろ、大 事なのは量ではなく、質でございますから。」当然ながら、あなたは憤慨します。なぜなら、食事はもちろん、多くのものは質、量ともに大事だからです。

    子どもと過ごす時間についても、同じです。子どもたちは、親と過ごす時間が必要であり、私たちは最善のものを彼らに与えるべきです。私には、「量か質か」という議論が、子どもたちにそのどちらも与えない言い訳に使われているような気がしてならないのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 教会に行くには、どうしたらよいのですか?

    A. もし近くに教会があれば、思い切ってたずねてみてください。少し不安を感じる方は、まず電話で、その教会の「牧師(ぼくし)」に、礼拝や他の集まりの時間などを聞いてください。個人的に話をされたい場合は、やはり電話で訪問予約を取ることがいいと思います。
  • Q 女性が、妻(母)となることを人生の目標とすることはおかしなことですか。何か他に目標がなくてはいけませんか。

    A  全くおかしくありません。母親としての仕事は立派な仕事であり、何も恥じる必要はありません。若い女性たちが主婦となることを目指すと言っただけで、愚か者扱いされるようになったのは、ほんのここ数十年のことです。

    ある大学4年の女子生徒が卒業後のことについて相談に来たことを思い出します。様々な仕事の可能性や更に学びを続けることについても話し合いました。
    それから彼女はひと呼吸おいて、後ろをうかがってから身を乗り出し、ほとんど聞き取れない程の声で言いました。

    「本当のことを言ってもいいですか。」
    「もちろん。他に誰も聞いてはいませんよ。」
    彼女は低い声で続けました。「本当はね、仕事なんか持ちたくないの。結婚して子どもを育てるのが私の望みなの。」
    私は答えました。「何か秘密のように話さなくちゃならないことかい。君の人生じゃないか。誰に遠慮することもないよ。」
    「冗談言わないで下さい。この学校の教授や友達に聞かれたら、うわさの種にされてここにいられなくなってしまうわ。」

    信 じがたいことですが、今や子どもを産んでから数年を育児に専念することが当り前ではない時代になってしまいました。この風潮は、女性蔑視であり愚かなこと です。神を愛し、この世に貢献し役立つ子どもを育てることほど大切な仕事がこの世にあるでしょうか。何世紀もの間大切な働きとされてきた家事や育児を女性 たちが恥じるようになったことは残念至極です。

    もちろん、すべての女性が妻や母になるわけではありません。仕事にのみ生きる女性もいるで しょう。結婚するつもりのない人もいます。それはそれでいいのです。しかし、専業の母親となることを望む人がそれを公言することを(それも大学の構内で) 恥じる必要などどこにもありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q. どうしてクリスチャンは、日曜日に礼拝をするの?

    A. 日曜日に行くだけではなく、 しばしば週日にも教会に行きます。礼拝は通常日曜日が中心ですので(時間はまちまちですが)神を生活の第一として礼拝し、聖書のメッセージを聞き、そのみ ことばから励ましや希望、力をいただくのです。教会によっては、日曜日以外の曜日にも礼拝が持たれています。また、聖書の学びや賛美集会、祈り会などの集 会も開かれていますので、お近くの教会にお尋ねください。