電道(E-vangelism)

ウェブページの特異性

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ネット1.1 プッシュ(押し出し)VSプル(引き出し)

インターネットとその他のメディアとの違いは書籍、ラジオ、テレビがプッシュ(押し出し)であるのに対し、インターネットはプル(引き出し)であることで す。前者は情報、広告を押し出しますが、後者は情報などが利用者により引き出されます。それゆえ、読者を引き込む戦略が必要です。

1.2 雑誌とは違う - すべてのページがなにかの始まりである

ほとんどのウェブページはホームページが目次の役割をする雑誌のように編集されています。けれども、ウェブページの有利な点は、読者が検索エンジンを使っ て、あなたの作成したウェブページのどのページにでも直接アクセスできることにあります。それゆえ、すべてのページを何かの始点としてデザインすべきで す。1ページでも成り立ち、他のページにも効率よくリンクができるように(ほとんどの読者がそのようなアクセスの仕方をするからです)。もうひとつの大き な違いは、ページの長さです。ちょっと立ち寄っただけの読者は、長いページを読んだり、入り組んだ構成のページを行ったり来たりするほど忍耐強くはありま せん。

参考(日本語)

レイアウトを考えよう

参照ウェブページ(英語)

Sun's Webriting page ウェブ記事を書く時の具体的なコツ

Writing for the Web ウェブ記事を書く時の具体的なコツ(細かい分野別)

How Users Read on the Web 利用者がどのようにウェブページに目を通すか、何に目を留めるが分析

Be Succinct - Writing for the Web 利用者が目を通しやすいページにするアドバイス記事

1.3 クリック一つで無くなる読者

雑誌を読む時、大概の人はほとんどのページを読み、それが購入されたものであれば読み返す場合もありますがウェブページは、マウスを一度クリックされただ けで、読者を失うことになります。それゆえ、すべてのページにおいて読者の興味を引き続け、もっと見たいと思わせるような工夫が必要です。ちょっと立ち 寄っただけの読者は、2~3ページ以上読むことはまずないということを念頭において、注意深くデザインしてください。(伝道集会やラジオ、テレビのよう に、視聴者を捕らえておくことはできないのです。読者はみんな、マウスの上にいつクリックしようかと指を待ち構えているのですよ!)

ページ間のリンクは興味を引くような文句を。せわしない人たちは無意味なリンク先をチェックしようとはしません。また、ダウンロードに時間がかかるようだと、読者はあなたのウェブページから抜け出し、二度と戻ってはきません。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 家族Q 学校を良くするために親は何ができますか。

    A  教育者ならたいていは、学校教育の目的を果たすためには親の協力が不可欠であることを承知しています。ただある人々は(幸い大部分ではありませんが)教育は専門家に任せて欲しいと、親を煙たがります。

    しかし、たじろいではいけません。親こそが、子どもの教育の最終責任を負うものであり、誰にもその責任を奪い取られてはなりません。教育者は、いわば従業員であり、税金で賄われ、教育委員会に責任を問われるのです。
    親が関わりを持ち、サポートする学校こそ良い学校です。

    以上を理解した上で、ぜひ学校を訪ねてみてください。教室内に計画性と互いへの尊敬としつけとが行き届いているででょうか。もしそうなら、担任と校長先生に電話して感謝のことばを伝えてはいかがでしょう。先生方も感謝されたら嬉しいものです。
    「私にも手伝えることがあれば言ってください。」と申し出るのです。風通しが悪いなら、黙っていないで行動するのです。他の親たちと話し合いなさい。積極的にPTAに参加してください。教科書を開いてみてください。

    繰り返します。親たちがよく動く時に、学校は一番よく機能するのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • 子育てQ 親が性教育をしようとするとき一番助けになるのは何でしょう。

    A.  結婚前の純潔と生涯続く互いへの忠誠の大切さを強く信じるキリスト教会こそが、同じ信念を分かち合う親たちの助けになるべきです。

    こ のような倫理観の歪んだ時代に、伝統的な道徳を見い出せるところは他にありません。キリスト教会の持っている信仰を最もよく体現しているのは教会そのもの です。今日のように聖書的道徳が攻撃されて、この働きを担おうとする教会が少ないことは残念です。一部の私立校では親の望むような性教育の助けが与えられ ます。
    しかし、そこでも時に全く無視されたり、不適当な扱いをされることがあります。それで必要な情報を与えるために公立校などでは不幸なことに親の意思に反する、行き過ぎた「性教育」が、時には幼稚園からなされることがあります。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. あるクリスチャンより、祈りが大切であると言われました。祈りとはどのようなものですか。

    A. 祈りとは見えない神さまと心と言葉をつなげることです。人間関係が会話で成り立っているように、祈りはわたしたちと天の父なる神とを結びあわせ、交わりを 深くするものです。わたしたちの祈りがどのようなものであれ、神さまは注意深く耳をそばだてて聴いていられます。またわたしたちは本当に祈るべき言葉を知 らない者です。主イエスキリストは、わたしたちに「主の祈り」を教えてくださいました。
  • Q. 三位一体とは何ですか。キリスト教は唯一の神ではないのですか。

    A. 今も教会の「神認識」を根幹をなす、最も重要な教理です。 万物の造り主である父なる神と、子なる神であるわたしたちの救い主イエス・キリスト、そして今も共にいる慰め主なる聖霊はそれぞれ固有の人格(ペルソナ) であり、共に交わり、一つとなっている、ということです。これは神を分析した結果 、判ったものではなく、聖霊と聖書に導かれた教会が信仰の告白として言い表したものであり、わたしたちはその信仰を受け継いでいます。