電道(E-vangelism)

いろんな種類のウェブページ

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

・一般的な興味に対するもの

福音についてはまったく触れませんが、読者を考えさせるような質問を投げかけます。このようなページは興味深く、さらに福音が含まれているようなページへと読者を誘いこむ事ができるでしょう。

・一般的なことに対するクリスチャンの見方

宗教的ではない、一般的なことを取り上げてクリスチャンの考え方を紹介していく

・証(あかし)

実際に人がどのようにして神さまとであったかという話ですが、ある程度、世俗的雑誌の言葉や形式を使うと良いでしょう。

話し手としてのイエス・キリスト

あなたが新聞を読む時、どこから読みますか?大抵は人についての記事ではありませんか?人はみんな、抽象的な概念よりも他の人に興味があるものです。イエ ス・キリストを例として考えてみましょう。彼の教えの中心は人についての例え話ではなかったでしょうか?わたしは、キリストはユーモアに富んだ素晴らしい 話し手であったと思います。きっと主は、登場人物によって声音を使い分けたり、身振り手振りを使ったりして話をされたかもしれません。

 

"メッセージを目に見える形で伝えると、より説得力のあるものとなります。キリストが人となり、地上に来られたことにより、抽象的な真実がより明らかになったのです。

・ 私たちには、神の憐れみと裁きのバランスは知りえませんが、キリストが姦淫で捕まった女を石打の刑から救われたことならわかります。

・ 私たちには、神なしでは目的を見失っているということに気づきませんが、迷える羊のことならわかりまます。

・ 私たちには、愛に満ちた神が解りませんが、キリストが十字架上で死刑にされたことならわかります。

キリストの人生は神を表しているだけではなく、永遠の真実を表しているのです。信仰を説明しようとするよりも、ガラリヤ湖畔に生えていたからし種の木を指差 しました。罪は雑草のように育ち、パン種のように影響力があるものです。偽善の説教をすることをキリストは外側を白く塗ったきれいなお墓―内側は死人の骨 が詰まっていて、とても清らかとはいえない―のようだといっています。" James Watkins

ビリー・グラハムが説教する時に、本当に あった話を必ず取り入れることをご存知ですか?伝道ウェブページで証を効果的に使うのも得策です。けれども、"証"とは呼ばずに(クリスチャン以外には何 のことか解りません)、"本当にあった話"、"人生の経験"などとしてください。

教会で使うだけではもったいない

伝道的なウェブページで証は、教会での証とは違う書き方をすべきです。クリスチャン専門用語を証の中から取り除き、形式や内容を未信者の興味や視点に合わせ て下さい。他のクリスチャンを励ます為の証ではないのです。"私"を主語にして書くとよいでしょう。また、第三者として客観的に書くのも手です。

絵を取り入れたり、証を書いた本人の写真をスキャナで取り込んでもよいでしょう。その文章を書いた人の写真があると、読者はもっと身近に感じるものです。証 を書いた人の個人情報を載せると、インパクトがさらに強くなります。けれども、個人情報の詳細を載せてしまうと悪用されてしまう恐れもあるので気を付けて ください。

手元にある証を未信者向けに修正、書き直し、誰か(できれば未信者の人に)に一度読んでみてもらってください。何度か読み返し、改善することも大切です。

未信者に証を書くときのガイドライン

A. 対象となる読者 ・・・ いつも自分の証の対象を念頭に置いて書いてください。

B. 書き始める前に

" 何時、何処で、誰が、何故、何をした"という事を思い描いてください。最初から神さまについて、又は自分が信じた時について書くよりも、信じる前の状態や 抱えていた問題から入り、どのようにしてキリスト教に興味を持つようになったかということを建て上げていくと良いでしょう。

C. "釣り針"を使う

神さまがどのようにしてあなたの抱えていた問題(孤独、恐れ、不安、疑い、人間関係、性に関する問題、中毒、自殺未遂、無意味な人生など)から助けて出して下さったのかを"釣り針"にして、読者の関心を引いてください。

D. 内面の感情

あなたがクリスチャンになる前の内面の感情を分ち合ってください。当時を振り返って、あなたがどのように空しさや恐れを感じ、何処へ向かっていいのかわから ないような戸惑いなどがあったことを思い出して書いてみてください。あなたに共感する読者もいるはずです。あなたの信仰に興味は持ってくれないかもしれま せんが、彼らの問題に対する答えになるようなことを提案することができるはずです。もし、あなたがクリスチャンはバカで騙されているような人たちだと感じ ていたなら、そのまま書いてください。

E. 正直に

勝ち誇ったような証は避けてください。私たちのほとんどは、今もなお苦しみの中にいるのです。未信者との唯一の違いは私たちには助け手を知っていることです。 もし、あなたが今も悪戦苦闘していることがあるなら、正直に書いてみてください。大袈裟な証や、現状を"作り物のような完全な幸せな人生"とするような証 は、真実味に欠けるので避けてください。

"自分の欠点を隠すことは、クリスチャンがどのようにして勝利するのかを隠してしまうことと同じです。わたしが完全な人間ではないことをさらけだした時、彼らは私から学ぶことを望むようになったのです。書くことにおいても、同じ事が言えると思います"  Beverley Caruso

F. 前に信じていたもの

もし、あなたがクリスチャンになる前に、何か宗教を信じていたなら、それが何故あなたを満足させる事ができなかったのか(その宗教を信じている読者もいるか もしれませんから、敬意を払う事も忘れずに)書いてください。あなたの育った環境に、キリスト教の影響があった場合、今と何が違っていたのかを説明してく ださい。

G. クリスチャン専門用語は避ける(詳しくは、"計画を練る 3章 言葉"を参照してください。)

H. 台詞をそのまま引用

引用文の中に、台詞をそのまま引用すると臨場感を出す事ができます。例えば、"わたしの友人のシェリルが来て、わたしが好きそうな本を持ってきてくれたこと を告げてくれました。"とするより、"わたしの友人のシェリルが来てこう言いました。「あなたが好きそうな本もってきたわよ。」"とするほうが、インパク トがありませんか?

I. 誤解を解く

この世の風潮はクリ スチャンを誤解している傾向にあります。よく有り勝ちな誤解は、クリスチャンは古い決まり事にがんじがらめにされていて、何の楽しみもないということで す。あるかどうかもよくわからない天国に入る為に、善行を行っているというのです!ですから、あなたの証を通して、このとんでもない誤解を解いてくださ い。

J. 物事が起こった順番どおりにかかなくてもいい

Reader's Digest と Guidepostsによると、人生話はだいたい、次のように構成されているそうです。 1. 導入部: ユーモアにあふれる、または鍵となる過去の出来事 2. 現在の状態: 今、何をしているか 3. 過去を振り返って: 特筆すべき出来事(私たちの場合は、キリストとの出会い) 4. 結び: 過去の出来事に対する、今の気持ち

あなたが、誰かの人生話を読むときは、どのような構成になっているか注意してみてください。

参考(日本語)

ゴスペルハウスのデボーション・ガイド

信仰の体験談

参考ウェブページ(英語)

証の例?クリスチャン向けのデボーション

秘 密 兵 器

教 会では人々の証は、あまり有効に使われずに眠っている宝物のようなものです。わたしの手掛けているミニストリーの創立者は、毎週の礼拝で証を取り入れるべ きだと言っています。教会で発行して近所に配るようなニュースレターや機関紙に力強い証をいくつか含めることによって、効果を高める事ができるでしょう。 証は未信者に証を書くときのガイドラインに沿ったものをお薦めします。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • 子育てQ. 博士ご自身、父親としての最大のチャレンジは何でしたか。また、そこから何を学ばれましたか。

    A. 子どもの健康を保ち、教育を受けさせ、自分のことを自分でできるようにさせ、神と人とを愛するように育てることは、人生で最大のチャレンジだと思います。 その複雑さと予測できないことが多いことは、宇宙飛行の技術以上のものがあると思います。そして、クリスチャンの親が家庭で教えようとしていることと、 ちょうど反対のことを社会が教えてしまうような時代には、親の仕事はいっそう困難です。私たちは決して完全な父また母であることを求められているわけでは ありません。私たちの過ちや失敗にもかかわらず、子どもたちは普通は善良な大人に育つのであり、親に自慢する権利はありません。
    もちろん私も父親として失敗をしました。同世代の多くのお父さん方と同様、私も仕事のプレッシャーと家族の必要とのバランスを取るのに苦労しました。私が家にいなかったわけではありませんが、その時間を十分取ることは大変でした。
    私 の最初の著書「思いきってしつけましょう」が出版されたのと、第二子ライアンが与えられたのは、たまたま同じ週でした。赤ちゃんのおかげで家中がてんてこ まいになるのは普通ですが、拙著に対する反響がそれに輪をかけました。当時私は、医学部の専任教授でしたが、何千通もの手紙とありとあらゆる種類のリクエ ストが洪水のように押し寄せました。突然の反響をどう処理したら良いか途方に暮れました。ある時など、木曜日の夜にニューヨークに飛び、三日間で17のテ レビ番組と記者会見をこなし、翌週の月曜の朝に帰宅したことを思い出します。目が回るような日々でした。私にとって、いつも暗闇の中の灯台のような役目を してくれていた父は、私の事情を知って手紙をくれましたが、それが大きなきっかけになりました。
    まず、父は私の成功を祝福してくれた後で、「この世でのどれ程の成功も、家庭での失敗を埋め合わせることはできないよ。」と警告してくれました。
    子 どもたちの精神面の幸せが私の最大の責任であり、子どもたちの信仰を築き上げるただひとつの方法は、信仰生活を目で見せ、あとはひざを折って祈ることであ るということを父は思い起こさせてくれました。私が持てるエネルギーを全て仕事に注いでいたとしたら、それはとてもできないことでした。
    父の貴重なアドバイスを決して忘れたことはありません。結局、私は大学の職を退き、現在のミニストリーを始めるように導かれ、自宅にいる時間を確保できるようになりました。
    ラジオ放送を始めて、講演依頼を引き受けることをあえてやめましたので、出歩くことが減りました。拙著の販売促進のための旅行や、その他長期間家族の顔を見られなくなる種類の責任を引き受けないようにしました。
    あの時代のことを思い起こすと、子どもたちとの関わりを優先する決断をしてよかったと思います。今、息子や娘とよい関係を持っているのは、彼らが父親を必要としていたあの時期に私が家族のための時間を作ったからだったと思うのです。
    こ の回答を読んでいるお父さんの中には、あの頃の私のような立場にいる方々が多くいらっしゃるでしょう。もしあなたがその一人であるなら、ぜひ家族を第一に していただきたいと申し上げたいのです。今あなたの足元にまといつくお子さんたちは、あっという間に大きくなってしまいます。今のチャンスをみすみす逃さ ないでください。
    その代価はどんな仕事の業績や成功にも代えられません。あなたが私の年齢になった時には、家族との関わりに勝るものは人生にないことを実感なさることでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 子育て

    Q 家族のことを考えたら、忙しすぎることがよくないことは分かります。でも、私たちの教会は平日もほとんど毎晩何かの活動をしています。夫も私もそのうちの 多くの働きのリーダーシップを取るように頼まれたり、または期待されます。 正直に言って、牧師から依頼されたことを断わると、罪意識を覚えます。結果的に、家族の時間はなくなってしまいます。この矛盾をどうしたら解決できるで しょう。

    A そのジレンマは私にも分かります。私ども夫婦も、結婚して最初の10年間は同じ葛藤を経験しました。
    まだ若かった私は、当時教会から頼まれることは何でも引き受ける義務があるかのように感じました。教会学校の校長、成人クラスの教師、教会の役員などを務 め、その他、何か特別な必要がある時は何でも引き受けていました。妻も、子供聖歌隊の指導、婦人会の役員など教会活動に深く関わっていました。私は博士過 程の最終段階にあり、仕事面での責任も膨大でした。息もつけない状態で、家には私と遊びたい盛りの娘がいるのに、ある時は17日間も夜の会合が続いたこと を思い出します。

    それ自体は重要な仕事であっても、それを引き受けるには判断力と常識とを働かせるようにと、主は私に望んでおられることが少しずつ分かってきました。一人 の人間ができることには当然限界があります。クリスチャンとしての義務、仕事、レクリエーション、社会的責任そして意味ある家庭生活などをバランスよく計 画する必要があることが分かりました。この問題を整理するのに役立った聖書のことばは以下の二つです。

    第一は、マタイの福音書14章13~14節にあります。「イエスはこのこと(バプテスマのヨハネの死)を聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所 に行かれた。すると、群衆がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。イエスは舟から上がられると、多くの群衆を見られ、彼らを深くあわれん で、彼らの病気を直された。」

    この時、イエスはいとこであり友であるバプテスマのヨハネの死をいたみ悲しんでいたに違いありません。「自分だけで寂しい所に」行く必要があったのです。 それでも群衆は主の居場所を知り、いやしの御手を求めて来たのです。喪中であっても、イエスは人々をあわれみ、その必要を満たされました。このことから私 の出した結論は、私たちも困難や不都合にめげず自分を犠牲にするべき時があるということです。また別の時には何千もの人々がいやしを求めてイエスに押し寄 せました。みことばを語られた後、主は弟子たちと舟に乗り込み、その場を去りました。マルコの福音書4章36節によれば「弟子たちは、群衆をあとに残し、 舟にのっておられるままで、イエスをお連れした。」疑いなく、その日の群衆には癌、盲目、身体の障害、その他あらゆる不幸を背負った人々がいたはずです。 主は彼らすべてをいやすために徹夜することもできたでしょうが、明らかに体力の限界に達して、休む必要を感じたのです。主と弟子たちが湖にこぎ出したと き、病人たちを岸辺に置き去りにしたのです。似たような出来事がマタイの福音書14章23節にも記されています。「群衆を帰したあとで、祈るために、ひと りで山に登られた。夕方になったが、まだそこに、ひとりでおられた。」自分を与えるべき時もあれば、なすべき大切な仕事はあっても、一人になり、祈り、日 常の雑事から逃れるべき時があります。

    イエスのしたような休憩とリフレッシュの時を確保しない人は、やりたいこともうまく進まないようになります。例えて言うなら、庭のスプリンクラーの蛇口を 多く作りすぎたようなものです。どの蛇口からも不十分な水量しか出ません。もうひとつの例をあげましょう。ぶどうを栽培する人は、枯れ枝を刈り込むだけで はなく、実のなる枝さえいくらかは刈り取ることをご存じですか。収穫量をいくらか犠牲にしても、質の良いぶどうを得ようとするのです。同じように、私たち も休みなく動き回ることをやめて、働きの全体的な質を良くするようにすべきです。

    他にもうひとつ、気をつけるべきことがあります。バランスを維持すべきだといって、教会内での責任を避ける言い訳にするべきではありません。牧師たちは 「大部分の奉仕がほんの数人の肩に負わされ、他の人は何もしようとしない。」と嘆きます。これでは困ります。ひとつの極端から、反対の極端に飛躍しないよ うに、常識を働かせましょう。

    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • Q 博士は「健全な夫婦は喧嘩の仕方を知っている」とおっしゃいますがそれはどういう意味ですか。
    A 私の言いたいのは、フェアな争いの仕方を学ぶ必要があるということです。結婚生活では健全な争いもあれば不健全な争いもあります。不安定な家庭では、ののしりの言葉が相手のもっとも弱い所に向けて投げつけられます。
    「あなたって何一つまともにできないわね。」
    「そもそもおまえと一緒になったのが間違いの元だった。」
    「おまえ、ますます母親に似てきたよ。」こういう攻撃的な言葉は、あなたの伴侶の自尊心の中核を傷つけます。
    反対に、健全な争いは不一致をもたらした問題点に焦点を当てます。例えば、「夕食に間に合わない時には連絡してくれないと困るわ。」あるいは、「夕べのパーティーであんなふうに言われちゃ、まるで僕が馬鹿に見えるじゃないか。」という具合です。
    違いが分かりますか。前者は相手の尊厳を傷つけ、後者は摩擦の元になった問題を追及しているのです。この大切な違いを夫婦が学びとるなら、互いを傷つけたりおとしめたりせずに不一致を解決していくことができるのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • 悔い改めてイエスの死と復活に預かるバプテスマを受けたものは、精霊を神の賜物として受けた、と上に書きました。 バプテスマは、言わば神と礼拝者が契約を交わす結婚式のようなものです。人はイエスを主と信じ、救い主として信じて、イエスの名によってバプテスマを受け るのです。 神がこれを認めてその人と契約を結ぶのです。その契約の証印が聖霊なのです(エペソ1:13)。 サルこれらのユダヤ人たちは、42節で述べられているように、 クリスチャンとして3つの重要なことを行なっていました。(1)使徒たちの教え(つまりイエスの教え)を忠実に守ることです。 教会の人々は、イエスに忠実に従う人々です。主の契約に預かる人は神の教えを学び、日々その教えに従って生きていきます。 (2)神に祈ることです。天地万物を創造した神がすべてを支配していることを信じ、その神の栄光が輝き、神の教えが教会内で実践され、またより多くの人々 が神を知るように祈るのです。 (3)パンを裂くとは、主の晩餐を受けることを指しています。主の晩餐はバプテスマと同様に非常に重要なので、しっかりと理解しておきましょう。 主の晩餐はイエスによって制定されました。 ぶどう

    22:14 さて時間になって、イエスは食卓に着かれ、使徒たちもイエスといっしょに席に着いた。22:15 イエスは言われた。「わたしは、苦しみを受ける前に、あなたがたといっしょに、この過越の食事をすることをどんなに望んでいたことか。22:16 あなたがたに言いますが、過越が神の国において成就するまでは、わたしはもはや二度と過越の食事をすることはありません。」22:17 そしてイエスは、杯を取り、感謝をささげて後、言われた。「これを取って、互いに分けて飲みなさい。22:18 あなたがたに言いますが、今から、神の国が来る時までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」22:19 それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。わたしを覚え てこれを行ないなさい。」22:20 食事の後、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流されるわたしの血による新しい契約です。(ルカの福音書22:14-20)

    イ エスの死を覚え、イエスの復活を覚える機会が、主の晩餐によって与えられています。クリスチャンは、主の晩餐のパンを受ける時、教会をイエスのからだ(こ の概念は次に説明します)として覚え、教会内での人間関係を吟味します。また、晩餐のぶどうの実のジュースを飲む時、 クリスチャンは神の救いの業と慈悲を思い起こし、神との契約を新たなる心を持って受けます。そして、主の晩餐は主イエス・キリストが復活された週の初めの 日(日曜日)に、主の復活を覚えてクリスチャンが受けられるものです。このように、教会とは罪ある者が悔い改め、イエスの名によるバプテスマをうけて神の 子供とされる人々の集まりです。そして、聖霊で満たされたクリスチャンたちが、神を唯一の神とあがめ、神の国民とされた人たちの集まりが教会です。そこに は神の御国、神の支配、神の権威があるのです。神の権威がなければ、教会自体に権威はありません。ですから、人間によって作られた伝統や規則などはない、 人々の集まりが教会なのです。もし規則、決まりがあるとすれば、神が制定したものだけです。